PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2018.02.14

浅岡 慎也

目次
    1. 高級キーボードと低価格キーボードの違い
      1. 違いその1:打鍵感
      2. 違いその2:打鍵音
      3. 違いその3:キーキャップ
    2. 高級キーボードを使用するメリット
    3. 高級キーボード使用感
      1. 20,000円〜30,000円台の高級キーボード
      2. 10,000〜20,000円台の高級キーボード
    4. まとめ

最近、また新しいキーボードが欲しくて仕方がありません。

以前読んだ本にあった「仕事の為に投資したお金(何分の1かは忘れた)が自分の年収に返ってくる」という格言がトリガーです。ただキーボードが欲しい訳ではなく、仕事への投資ですね。

で、どうせキーボードを買うなら高級キーボードだなぁということで、高級キーボードについて自分なりに簡単にまとめてみました。


高級キーボードと低価格キーボードの違い

高級キーボードと低価格キーボードの違い3つ

違いその1:打鍵感

打鍵感(入力時のボタンを押し込んだ感じ)が違う。

キーボードが採用している内部の仕組みでパターンは複数ありますが、高級キーボード系はどれも押し心地が大変良いです。キー入力のストレスが減る可能性が高いです。

違いその2:打鍵音

打鍵音(キータイピング時の入力音)が違う。

「カタカタ」、「パチパチ」、「スコスコ」など、キーボードの種類によって大きく異なりますが、趣深いアナログ感を感じる打鍵音が多いです。

違いその3:キーキャップ

キーキャップ(アルファベットが印字されているボタン)が違う。

押しやすいように微妙に曲面仕上げになっている。列によって高さが不揃いになっている。高級キーボードだからといって、何故このような違いがあるのか?の部分についてはもっとマニアックな人達が記事にしてくれているので、そちらを参照して下さい。

  • キーボード 軸
  • キーボード cherry
  • キーボード 静電容量無接点

などで検索すれば出てきます。

参考サイト:https://tokyoboy.me/keyboard/


高級キーボードを使用するメリット

プログラマ・コーダー・ライターといった職業についている方の過半数が、仕事時間の多くをキー入力に使っていると思います。

私が思う高級キーボード使用メリットは、下記の3点です。

1:キー入力が速くなれば仕事がちょっと早く終わる

キーボードを交換したからといってキー入力が急激に速くなるわけでもないのですが、押しにくいキーボードよりは速くなると思います。タイピングの練習をするのも、押し心地が良いキーボードで練習した方が楽しめるはずです。

2:キー入力のストレスが減れば、仕事のストレスもちょっと減る

押しにくいキーボードは本当にストレスが溜まります。それが仕事であれば改善したいですよね。

3:キー入力が楽しく感じれば仕事もちょっと楽しくなる

どうせ仕事で沢山のキー入力をしなければならないのであれば、少しでも気持ち良く使えるキーボードを使った方がメンタルにも良いはずです。

以上は私の主観ですので、そうではない、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、10,000円前後でこのようなメリットがあれば、コスパも悪くないのではないでしょうか。


高級キーボード使用感

使ったことがある高級キーボードを値段別にレビューしていきます。

20,000円〜30,000円台の高級キーボード

Happy Hacking Keyboard

Happy Hacking Keyboard

価格は25,000〜30,000円と高級キーボードの中でも高い部類ですが、熱狂的な愛用者もいるようです。プログラマ界隈だと、これを使って仕事をしていると「あの人、できる人かもしれない」と注意を引くくらいはできるかもしれません。

製品の詳細について、マニアックなファンの人がいろいろ記事に上げているので、HHKB、Happy Hacking Keyboardなどで検索すれば、かなり出てくると思います。

個人的には、打った感じも良く、音もうるさすぎず周りに迷惑をかけないのでかなり良かったです。ただキーボードの配列がかなり特殊なので、自分には合わないなぁと思いました。逆に問題点は、キー配列と値段が高いことだけです。同類の商品としては、

REALFORCE

REALFORCE

LEOPOLD

LEOPOLD

などがあります。

この3つでいうと、キー配列が一般的なREALFORCEが一番とっつきやすくてオススメです。

10,000〜20,000円台の高級キーボード

この価格帯のキーボードは、ほぼメカニカル方式という内部構造になっています。内部に使われている部品もドイツCherry社のMX軸という部品がメジャーのようです。同じ構造でキーボードの配列も一般仕様が多いので、どこのメーカーでも大きな差はありませんでした。

微妙な打ち心地の違いや、見た目などの好みで決めてしまっても問題ないと思います。

メーカーは、

FILCO

FILCO

アーキサイト

アーキサイト

などがあります。

このタイプのキーボードで一番大事なのは軸の色です。Amazonなどで、

  • キーボード 赤軸
  • キーボード 茶軸

などで検索すると高いキーボードがたくさん出てくるのですが、このタイプのキーボードは軸の色で打鍵感と打鍵音が大きく変わります。軸の色による違いは、

  • キーボード 軸 特徴

などで検索するとたくさん詳しいサイトが出て来るので比較・検討の参考にしてください。

参考サイト:http://fps.game2ji.com/gamingkeyboard-jiku/

個人的には、赤 > 茶 >>黒 >>> 青が使用した感想です。赤か茶色を選べば大体の人が失敗したなと感じることはないでしょう。


まとめ

幸福感を上げるためには、生活の中で多くの時間を消費している行動の改善が近道だと思います。「クオリティ オブ ライフ」的な考え方ですね。

社会に出てから人が生活で多くの時間を使うのは仕事です。その仕事時間で多く時間を使うキー入力の満足度を高めるという選択肢に高級キーボードは結構ありなんじゃないかなぁと思います。