PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2018.12.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

目次
    1. SEOの集客用記事とは?
    2. SEOで集客するために考えるべき記事の種類
    3. SNSとSEO向けではどのように違うのか?
    4. 特別な処理は必要か?
    5. 注意点
    6. まとめ:SEOの集客用記事はターゲットが命!

企業のホームページを立ち上げたものの、全く手を加えずにそのまま放置してしまってはいないでしょうか?とりあえず企業名で検索された際にサイトが出てくれば良いという理由から、ページの更新を一切行わないケースがあります。

折角サイトを立ち上げたのですから、是非ともSEOで集客をして欲しいものです。今回はSEOによる集客用の記事についてお話します。


SEOの集客用記事とは?

基本的に企業ホームページというと、企業概要、サービス内容、問い合わせ等の数ページで構成されている場合が多いですが、最近では1ページで完結させているサイトも増えてきました。しかし、1ページ、または数ページのみで構成されている企業サイトでは、SEOによる集客は見込めません。

集客用記事

そこで必要になるのが集客用の記事です。SEOの集客用記事とは、狙ったキーワードで記事を上位化させ、その企業を知らないユーザーをサイトに集めるためのものです。


SEOで集客するために考えるべき記事の種類

SEOの集客用記事を作成する場合は、「顕在層」「潜在層」とでターゲットを明確に分けましょう。

例えばダイエット食品を販売している企業サイトであれば、「顕在層」はダイエット食品を探しているユーザーなので「ダイエット食品」を含んだキーワードで上位化する記事を作成します。

一方で「潜在層」とはダイエット食品を探しているわけではなく、漠然と痩せたいと思っているユーザーを指します。

顕在層と潜在層

痩せるための方法の一つとして「ダイエット食品」を提示することで「顕在層」へと成長させることができます。ユーザーのパイとしては「潜在層」の方が多いですが、商品の購入や問い合わせといったコンバージョンに繋がりやすいのは「顕在層」です。

そのため、集客用の記事では「顕在層」と「潜在層」のどちらも獲得できるようにキーワードの設定をしましょう。


SNSとSEO向けではどのように違うのか?

記事による集客といえば、SEOだけでなくSNSでも可能です。

ただしSEOとSNSでは、集客用記事の内容が異なります。SEO向けの場合、ユーザーだけでなく検索エンジンのロボットを意識し、上位化しやすい記事にする必要があります。対象となるキーワードを使用するだけでなく、共起語を取り入れ、見出しや内部リンクの使用など、記事の内容とは別にSEO的なテクニックが要求されます。

SEOとSNS

一方SNS向けの場合は、SEOを意識した文章の構成にする必要はありませんが、ユーザーの間で話題になりやすい(バズる)コンテンツでなければなりません。

思わず誰かにシェアしたくなるような記事にするには、企画力が全てです。SNS向けの集客用記事を作成する場合は、実際に拡散されたコンテンツを参考にしてみましょう。( マーケター必見!バズマーケティングの成功事例10選)


特別な処理は必要か?

集客用の記事を上位化させるためには、コンテンツの質が最も大切です。特別にSEOの目的で処置を施す必要はありません。

その代わり、SEOで成果を達成できているかどうかの指標として、アクセス解析に用いるGoogleアナリティクスと、サイト内のエラーや検索クエリごとの順位が確認できる「Googleサーチコンソール」の登録を忘れずに行いましょう。

SEOの効果が現れていない(集客に役立っていない)記事をツールから判断し、テキストの追加や修正を行います。データを確認してテキストの追加、修正の作業を繰り返すことで、コンテンツの質を高めてSEOの評価を上げることができます。

記事に記載する内容で困った際は、競合サイトのコンテンツを参考にしましょう。記事に足りない情報を補うヒントが得られるかもしれません。

コンテンツの質をあげる


注意点

SEOを目的とし過ぎて、中身の薄い記事を作成するのは避けてください。SEOによる集客が目的ですが、集めたユーザーに記事を読んでもらい、ブランドの認知やコンバージョンに繋げる必要があります。

そもそも質が伴わない記事は上位化しませんので、狙ったキーワードとユーザーの検索意図がマッチした内容を取り入れましょう。

また、ターゲットがはっきりとしていない記事を量産してはいけません。ブログでスタッフの日常を切り取って記事にするのは企業を知ってもらうコンテンツとしては良いですが、できればサイトにアップするのではなく、TwitterやInstagramなどのSNSを利用するようにしてください。

サイトのテーマにマッチしていない記事の量産はSEOにおいては逆効果です。

注意点


まとめ:SEOの集客用記事はターゲットが命!

企業サイトで集客を行うには、リスティング広告やオフラインでの宣伝活動など、ある程度の投資が必要となりますが、SEOによる集客ができれば、大幅なコストカットが実現可能です。

SEOで成果を上げるには、「顕在層」「潜在層」のターゲットを明確にして集客用記事を作成することが大切です。キーワードごとに対象となるユーザーを想像しながら、コンテンツの作成に励んでください。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!