PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

塩飽 拓哉

SEO SOLUTION

無料のSEO対策ツール「Ahrefs Site Explorer」の使い方を徹底解説

WRITER

塩飽 拓哉

株式会社PLAN-B Webコンサルティング事業部 ソリューショングループ リーダー

Web2012年にPLAN-B第1期新卒として入社。SEO事業部内部コンサルタントとして従事。2017年よりR&D事業部沖縄ラボへ異動し、Googleアルゴリズムの研究開発に没頭。
2019年よりWebコンサルティング事業部ソリューショングループへ異動。

目次
    1. Ahrefs Site Explorerとは?
    2. アンカー機能
    3. オーガニックキーワード機能
    4. コンテンツエクスプローラー機能
    5. まとめ

みなさんはSEO施策を進める上で「Ahrefs Site Explorer(ASE)」をうまく使いこなせていますか?

ASEは、自社のWebサイトに集まっているバックリンクを調査するのみではなく、キーワードやコンテンツについても調査できるため、使いこなすことができれば、必ずSEO施策に役立ちます。今回は数多くある機能のなかでも基本的な3つの機能について紹介していきます。


Ahrefs Site Explorerとは?

Ahrefs Site Explorerとは、主にバックリンクの調査ができるツールとして人気を集めていました。

ただし、現在ではバックリンク調査以外にもコンテンツ調査やキーワード調査ができ、SEO施策を進める上では欠かすことのできないツールとなっています。

ライトユーザーからヘビーユーザーまで使えるプランが5つありますが、まずは「Lite」「Standard」のどちらかを試してみましょう。最初の14日間は無料で使うことができます。15日目以降は有料でLiteプランは月額82ドル、Standardプランは月額179ドルとなっています。

※こちらのURLよりご導入頂けます:https://ahrefs.com/

2017.06.09追記:

Ahrefs社の戦略的オフィシャルパートナーとして日本国内でのAhrefsの認知啓蒙をサポートする株式会社フルスピード様より、日本語版サービスページがリリースされました。
日本語版サービスページはこちら:http://ahrefs.jp/


アンカー機能

まずはバックリンク調査に使える「アンカー」です。ここでは、自分のサイトに設置されたバックリンク元のURL(どこからリンクを張られているのか)と、どういったアンカーテキストでリンクが設置されているのかを知ることができます。

バックリンクは検索結果の評価基準として大事な項目の1つであり、どのようなサイトからリンクを獲得しているかを把握することはサイトを運営していく中で重要です。Ahrefs Site Explorerにログインしたら、まずはページ左側のメニューを見て下さい。下図の「被リンクのプロフィール」の中に赤枠で囲った「アンカー」という項目があります。

この「アンカー」部分をクリックすると、下図のようにバックリンク情報が表示されます。
※調査URLは「https://www.google.co.jp/」です。

1番左の項目「Anchor text」でサイトに設置されたリンクのアンカーテキストをチェックすることができます。上図であれば、1番上にアンカーテキスト「大きな地図で見る」が表示されています。

今回は対象サイトがGoogleなので、Googleマップへのリンクが多く設置されています。また、画像右上の検索ボックス「Search in results」部分に単語を入力することで、入力した単語をアンカーテキストに含むバックリンクが表示されます。

自分が狙っているキーワードがある場合には、どんなサイトからどれくらいのリンクを集めているか調べておきましょう。左から2番目の「Referring domains」では、そのアンカーテキストでいくつのドメイン(サイト)からリンクを獲得できているかを確認することができます。

例えば、アンカーテキスト「大きな地図で見る」では、「20,164」個のドメインからリンクを獲得していることが分かります。

赤枠内の「Details」→「Referring domains」をクリックすると、そのアンカーテキストでリンクを設置しているドメイン元が表示されます。表示されたドメイン横の「Backlinks」をクリックすると、より詳細にリンクが設置されているURLを見つけることができます(下図赤枠内)。

表示されたURLにアクセスして、もしも全く自社サイトと関連性が無いと考えられるサイトからのリンクであれば、サイト運営者に削除依頼、もしくはGoogleのリンク否認ツールを使用し、バックリンクを無効化する必要があります。

このように、「アンカー」の項目では、リンクが設置されているURLまで詳細にチェックすることができます。

自社のサイトへのバックリンクを確認して、SEO施策上、不利に働くリンクが設置されていないかどうか、自社の狙っているキーワードをアンカーテキストに含むリンクが増えているかどうかを定期的に確認するようにしましょう。


オーガニックキーワード機能

2つ目は、「オーガニックキーワード」です。

オーガニックキーワードでは、対象サイトがどういったキーワードでどれくらいの順位がついているのかをチェックすることができます。同時に、各キーワードの検索ボリュームや順位のついているURLなども分かります。

まずはページ左側にあるメニューの「オーガニック検索」にある「オーガニックキーワード」をクリックしてください。

オーガニックキーワードのページは下図のようになります。赤枠で囲った左側から、「キーワード」「検索ボリューム」「順位」「URL」と並んでいます。

先程の「アンカー」の項目と同様に、画像右上の検索ボックス「Search in results」部分に単語を入力することで、入力した単語を含むキーワードが表示されます。自社の狙っているキーワードを入力して、今何位なのかをチェックしましょう。ここで同時にチェックしておきたいのが、「URL」です。

順位も気になるところですが、自社が評価してもらいたいと考えているURLで順位がついているのかも非常に重要です。もし評価してもらいたいURLではないURLで順位がついている場合には、コンテンツ内容や内部リンクの見直しが必要となってきます。

また、自社のサイトだけではなく、競合サイトも調べてみましょう。競合サイトで順位がついているキーワード・URLには、自社のサイトにはないコンテンツが掲載されていることが多いです。

このような場合には、自社のサイトでも同様のコンテンツが書けないか、どこか取り入れられる部分がないかを調査しましょう。ただし、全く類似したコンテンツを掲載しても意味がありません。それではただのコピーコンテンツとして、逆にGoogleからの信用を落とす結果につながりますので注意が必要です。

Ahrefsではバックリンク調査のみでなく、キーワードに関する調査もできるので、競合サイトと比較して自分のサイトに足りてないコンテンツを確認することができます。


コンテンツエクスプローラー機能

最後は、「コンテンツエクスプローラー」です。この項目では、どういったコンテンツに人気があるかを調べることができます。ページ上部にある「Content Explorer」をクリックすると、下図のような画面が開きます。

ページ中央左の赤枠内「Enter topic」にキーワードを入れ、オレンジ色部分の虫眼鏡マークをクリックすると、入力した単語で人気のコンテンツが表示されます。また、ページ中央右のプルダウンから「すべて」「タイトル」「コンテンツ」の条件を選ぶことができます。それぞれの意味は、下記の通りです。

  • すべて  :タイトルタグ、もしくはコンテンツ内にキーワードを含んでいるURLを表示
  • タイトル :タイトルタグにキーワードを含んでいるURLを表示
  • コンテンツ:コンテンツ内にキーワードを含んでいるURLを表示

検索した結果は以下のようになります。今回は「レンタカー」で検索した際のコンテンツ一覧となっています。

上図の赤枠内で表示させるコンテンツの条件を選ぶことができます。

  • Publish date : コンテンツがどの期間に作成されたか
  • Language : コンテンツがどの言語で書かれているか
  • シェア : twitter、Facebook、Google+、LinkedIn、Pinterestからシェア数を選択できます
  • Domain Rating : ドメインの評価
  • Referring domains : コンテンツがいくつのドメインからバックリンクをもらっているか
  • オーガニックトラフィック : 自然検索でのトラフィック数
  • 単語数 : コンテンツ内の単語数

条件を絞ることで、より詳細に人気のあるコンテンツをチェックできます。

コンテンツ作成に悩んだ際には、今どういったコンテンツが人気があるのかを調べて、自分のサイトに取り入れていきましょう。


まとめ

今回は、「アンカー」「オーガニックキーワード」「コンテンツエクスプローラー」の3機能を紹介してきました。

Ahrefs Site Explorerは、バックリンクを調査できる優れたツールであると同時に、順位がついているキーワードやURL、どういったコンテンツが今SNS上で話題になっているかまでも調べることができる、Web担当者には欠かせないツールとなっています。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!