2021.07.27

久野 将司

SEO SOLUTION

検索順位チェックツール・サイトは何がおすすめ?有料・無料ツール6選をご紹介!

WRITER

久野 将司

デジタルマーケティング本部 東日本デジタルマーケティング戦略事業部 セールスユニット

2019年11月にPLAN-BにWebコンサルタントとして中途入社。前職では、CM制作や運用・AD広告のディレクションからCROやLPOといった新規顧客獲得のためのあらゆるWebマーケティングを経験。アフィリエイトの事業責任者とオウンドメディアを同時に2つ立ち上げの経験を持ち、プロダクト別の月ごとの獲得件数で過去最大を叩き出した実績があるため、新規顧客の獲得に関して幅広い提案を行うことが可能。
目次
    1. 検索順位チェックツールとは
    2. 検索順位をチェックするメリット
      1. ①サイトの現状把握・SEO対策に役に立つ
      2. ②検索クエリごとの評価URLが一目瞭然
      3. ③順位・アルゴリズムの変化に気づける
    3. Web上で検索順位を計測できる完結できる無料サイト
      1. 検索順位チェッカー(無料)
      2. ohotuku.jp 順位チェック(無料)
      3. SEOチェキ(無料)
    4. 継続して掲載順位を計測できる有料ツール
      1. GRC(有料 ※一部無料)
      2. Gyro-n SEO(有料)
      3. SEARCH WRITE(有料)
    5. まとめ

「自社サイトの検索順位はずっと上位表示できているのだろうか…。」と疑問に思われたことがあるマーケティング担当者の方は多いのではないでしょうか?

GoogleSearchConsoleで期間を切り取った検索順位は見ることができても、日ごと・週ごとでどのように推移しているかも合わせて確認したいと思う方は多いでしょう。

今回は、自社サイトの検索順位を確認する方法として、様々な検索順位チェックサイトやツールについてご紹介いたします!どのようなツールを使えば順位計測が効率的に行えるか分からない方には今回の内容は必見です。

検索順位チェックツールとは

「検索順位チェックツール」とは、その名の通り特定のWebサイトが検索結果上で何位なのかを確認するためのツールです。
 
検索順位をチェックツールは、ダウンロードして自分のPC上で計測を行うものと、クラウド上で計測を行うものの大きく2種類に分かれます。

検索順位をチェックするメリット

 検索順位をチェックするメリットは下記のようなものが挙げられます。
検索順位をチェックするメリット

①サイトの現状把握・SEO対策に役に立つ

まず1つ目は、サイトの現状把握ができる点です。
 
自社サイトが他の競合他社と比べた際に、現状どのあたりの位置にいるかを把握していなければ正しいSEO対策はできません。
 
自社サイトの現状の順位を常に把握することで、対策を行うべきなのか対策は後回しでいいのか判断材料になります。まずは検索順位をチェックすることによって、SEO対策を行うための土台を整えましょう。

②検索クエリごとの評価URLが一目瞭然

 次に2つ目は、検索クエリごとの評価URLが一目瞭然なことです。
 
GoogleSearchConsoleで細かく見ていけば、検索クエリごとのURLを確認することは可能です。ただ、上位表示を狙っている検索クエリごとにどのURLが評価されているのをGoogleSearchConsole上で一個ずつ確認していくのは非常に手間になります。
 
その負担を解消してくれるのが、検索順位チェックツールです。検索順位チェックツールを使うことで、検索クエリごとの評価URLを一覧でまとめてみることが可能になります。これにより、想定外のページが上位で表示されていてあげたいページに評価が集まっていない場合などに早く気づくことができます。

③順位・アルゴリズムの変化に気づける

 最後に3つ目は、順位・アルゴリズムの変化に気づけることです。
 
例えば、検索アルゴリズムの大きな変動があったときに、検索順位を定点観測していないと、自社サイトが良い影響を受けたのか悪い影響を受けたのかを把握しづらいです。
 
自社サイトの健康診断のためにも常に検索順位をチェックしておくことが求められます。 

Web上で検索順位を計測できる完結できる無料サイト

ではここからは、検索順位を計測できるサイトについてまずは紹介させていただければと思います。
 
「検索順位チェックツールの導入はめんどくさいので、サイト上で簡単に済ませたい!」という方におすすめです。では1つずついきましょう!

検索順位チェッカー(無料)

 検索順位チェッカー
 
まずご紹介するのは『検索順位チェッカー』です。
 
上記ツールは、サイト上でログインなし、かつ無料で利用することができます。
 
対象のURLと順位を計測したいキーワードを5つまで設定でき、順位を確認することが可能です。
Google以外にも、YahooやBingといった順位やパソコンとスマートフォンでの順位も合わせて確認できるのでぜひ試してみてください!

ohotuku.jp 順位チェック(無料)


順位チェック『otoku.jp』
 
 次に紹介するのは『ohotuku.jp』です。
 
上記のツールも基本的な使い方は『検索順位チェッカー』と同じで、URLを入力し順位を計測したいキーワードを入力するだけです。
 
順位は3つずつ確認することができ、『検索順位チェッカー』よりも少ないですが、検索した履歴をサイト上で遡って確認することが可能ですので、同じKWを定期的に確認したい人にとっては何度も入力する手間が省けるため、おすすめです。

SEOチェキ(無料)

 SEOチェキ(無料で使えるSEOツール)
 
3つ目に紹介するのは、『SEOチェキ』です。
 
基本的には、上記で紹介したツールと同様の使い方ができます。
 
このサイト上で他にも、『タイトル・ディスクリプション・hタグ・発リンク数・インデックス数』などさまざまな指標も合わせて確認することが可能です。キーワードの順位を計測するほかに、様々な指標を見たいという方におすすめです。

継続して掲載順位を計測できる有料ツール

先ほどは、検索順位をサイト上で一時的に計測できるツールを紹介しましたが、ここからは継続して定点観測をするためツールご紹介します。
 
都度調べるのではなく、デイリーで検索順位の推移を知りたいという方におすすめです。では1つずついきましょう!

GRC(有料 ※一部無料)

 
 
『GRC』が有料ツールの中で最もシンプルで低価格から実施できるツールです。(※2021年6月11日現在)
 
GRCは、計測をしたいキーワードを登録しておけばボタン1つで検索キーワードの順位を一括で計測できます。GRCを起動時に順位チェックを開始する設定をしておけば、ボタンを押さなくても毎日計測することが可能です。

直近の順位変化はもちろん、 過去の全ての順位変化も、グラフ表示で一目瞭然!順位グラフ上にメモを残したりすることもできるので、アルゴリズムの変動や順位の大きな変動にコメントを入れて後で見返すことも可能です。

GRCは、5キーワードの定点観測のみだと、無料で使用することができるのでまずは試してみましょう。

Gyro-n SEO(有料)

 検索順位チェックツール『Gyro-n SEO』
 
「Gyro-n SEO」は、検索順位チェックにおいて必要とされる幅広い機能を備えています。
 
競合サイトとの順位比較、検索地域を指定したローカル検索など、順位変動から読み取るべきシグナルを発見することができるので、順位計測を立体的に可視化することが可能です。
 
モニタリングできる『変動ミニグラフ』や検索結果ページの情報と期間別グラフも合わせてみることができます。

SEARCH WRITE(有料)

 SEARCH WRITE(サーチライト)
 
 
『SEARCH WRITE(サーチライト)』は弊社(株式会社PLAN-B)が提供しているツールで、掲載順位をデイリーで非常に見やすく可視化しているツールになります。
 
掲載順位を計測するだけではなく、SEO・コンテンツマーケティングにおけるめんどうな集計・分析・施策立案を自動化し、Web担当者の方の業務内容を簡略化することが可能です。
 
  • まじめに記事運用しているのに流入が伸びない
  • 分析ツールを使いこなせていない
  • 狙うべきキーワードや行うべき施策が分からない
という課題がある方にご満足をいただけているツールになります。
『課題抽出』『施策立案』『施策管理』『効果検証』の4つのSEO対策のPDCAを『SEARCH WRITE(サーチライト)』ひとつで叶えてくれます。
 

まとめ

検索順位を一時的に取得する場合は、Webサイト上で検索が完結するようなサービスが便利です。

ただ、継続的に定点観測をしていくことを考えると、ツールの導入を検討すべきだと考えています。検索順位は一時的に切り取った状態では分析は難しいため、継続的に計測してこそ活用できるデータになることが多いです。

弊社はSEARCH WRITEの他にもSEOコンサルティングなどのサービスも展開しておりますので、SEOにお悩みの方は是非一度お問い合わせください。