Pinto!

企業のマーケティングを支援する「ピント!」

noindexタグとは?インデックス最適化で評価を上げる方法

Writerライター

蔦 友也

株式会社PLAN-B Web戦略事業部

2016年PLAN-B中途入社。金融業界からの転身者という経歴を活かし、「決算の読めるSEOコンサルタント」としてコンサルティング業務に従事。お客様の収益向上にコミットしたSEO施策を行う。

目次
    1. noindexタグとは?
      1. noindexタグの仕組み
      2. 設置方法
    2. noindexタグはどんな時に使う?
      1. 01.重複コンテンツ
      2. 02.コピーコンテンツ
      3. 03.情報量の少ないページ
      4. 04.HTMLサイトマップページ
      5. 05.エラーページ
      6. Googleのコンテンツ評価基準E-A-Tとは?
    3. 参考事例
    4. 補足(robots.txtとnoindexタグの違い)
    5. まとめ

2017年2月3日 Googleが「日本語検索の品質向上にむけて」という題目でキュレーションメディアを対象としたコピーコンテンツに関するアップデートを行ったことは直近で最も大きなアップデートでした。(2017年6月現在)

文字数が少なかったり、重複コンテンツがあったりするページをGoogleは品質の低いページとみなし、サイト全体の評価を下げることがあります。

インデックス数を増加させることで上位表示化を狙った低品質なサイトについてGoogleは適切に評価しています。

しかし、こちらの意図とは裏腹にGoogleに品質の低いページと判断され、サイト全体の評価が下がってしまうことになると大変です。

タグ回りは最適化しているはずなのになかなか順位が上がらないといった場合、もしかしたらGoogleから低品質なページとみなされているかもしれません。

今回はnoindexタグを上手に使ってサイトインデックスを最適化する方法をご紹介します。


noindexタグとは?

SEO対策を行っているWeb担当者ならnoindexタグについて一度は耳にしたことがあると思います。

「noindexタグ」とはサイト内のページを検索エンジンにインデックスさせないために使うメタタグの1つです。

noindexの使い方を説明するにあたってまずはこのタグの仕組みと設定方法から説明します。


noindexタグの仕組み

Googleにページが認識、評価される過程はクロール→インデックス→ランキングの3段階に分かれます。noindexはこの過程を2段階目、インデックス前で止める働きをします。

noindexタグ

つまり、グーグルはサイトを認識するが、評価の対象にはしないため検索結果には表示されないということです。

ページの内部について認識はしているため、noindexがついたページでも内部リンク先へのクロールは続きます。

仮に低品質とされたページについてサイト内部のリンクが設置されていたら、リンク先のページの評価を下げることに繋がりかねないので注意が必要です。

このような場合にはnoindexと共にnofollowタグを活用し、リンク先にリンクパワーを与えないようにすることを推奨します。


設置方法

HTML内のhead要素に下記のnoindexメタタグを埋め込みます。

<meta name=”robots” content=”noindex” />


noindexタグはどんな時に使う?

主に、低品質なページに対してインデックスを削除する際に使用します。

低品質なページとは以下のようなコンテンツのページが挙げられます。

コンテンツが少なく低品質と見なされかねないページについては、インデックスをコントロールすることが重要です。

noindexを使うページ

01.重複コンテンツ

コンテンツの内容が同じサイト内で一致する。【※システムにより自動的に作成されたタグページ】


02.コピーコンテンツ

他サイトのコンテンツをコピー&ペーストしたもの。


03.情報量の少ないページ

コンテンツの量が極端に少ない、またはまったく存在しないページ。


04.HTMLサイトマップページ

サイトに設置するサイトマップページは悪く言えばリンク集です。

検索結果にてサイトへの流入口としては必要ないと考えられ、noindexを活用することでインデックス最適化が図れます。


05.エラーページ

そのURLが存在しないことを表すページであり、検索結果に表示される必要はないため、noindexを設定しましょう。

その場合にnoindexタグを挿入、対象ページがインデックスされないことにより順位に変動があるか確認します。

もし、インデックスされないことで順位が上がればそのページに改善が必要ということが分かり、改善次第で順位上昇が見込めるという仮説を立てることができます。


Googleのコンテンツ評価基準E-A-Tとは?

ただ、低品質なページという基準は難しく、noindexタグを挿入する際は慎重に判断する必要があります。

せっかくのオリジナルコンテンツなのに文字数が少ないという理由だけでnoindexすると返ってインデックス数を下げることに繋がり、評価減少にも繋がりかねません。

Googleによるサイトの具体的な評価基準は明らかになっておりませんが、「ユーザーに使いやすいコンテンツにすること」を大前提に「E-A-T」と呼ばれる以下の評価ポイントが挙げられています。

こちらを基準としてコンテンツの品質を担保することが重要です。

  1. Expertise(専門性)内容が深く、独立性の高い
  2. Authoritativeness(権威性)内容が正確であり、ユーザーの役に立つ
  3. Trustworthiness(信頼性)内容が信頼のおける事実である

参考事例

PLAN-Bの案件にてnoindexタグを設置し、順位が回復したという例もあります。

こちらの案件は冒頭で触れた「日本語検索の品質向上にむけて」のアップデートの際に順位が17位→ランキング圏外まで下落しました。

重複コンテンツのアップデートということも周知されていたため、地域ページについて調べてみると都道府県名のみが変更されているだけのコンテンツであり、評価に悪影響を与えている可能性が見つかりました。

この仮説を基にnoindexタグを設置すると順位は圏外→52位に回復し、地域ページが低品質であると見なされているということが判明しました。

現在、コンテンツを書き換えを進め、10位以内への上昇が確認できています。

順位推移


補足(robots.txtとnoindexタグの違い)

noindexとよく似た働きをするrobots.txtについて説明しておきます。

robots.txtとは、サイトのルートディレクトリに置くテキストファイルのことです。

Googleのクロールを拒否できます。つまり、Googleはページの認識自体を行いません。

robots.txtはnoindexと使う対象に関しては大きく変わりませんが、クローラーを制御するという点で切り口が異なります。

例えば、

User-agent: Googlebot

Disallow: /item/01.html

の場合は特定のURLをクロール制御することができ、

Disallow: /item/

とするとディレクトリごとクロール制御することができます。

注意すべき点はnoindexと併用できないということです。

先にインデックスされたものに対してrobots.txtでクローラーを制御し、後からnoindexタグを入れた場合は、インデックスされたままの状態で残ってしまいます。

この場合はnoindexでインデックスされなくなってからrobots.txtを使用するなど、検索結果に与える影響を考えて対応する必要があります。


まとめ

noindexタグは使い方次第でサイト評価を最適化するためにとても重要な役割を果たします。無意識の内に重複してしまっているページや自動生成されたタグページ等はサイト制作において仕方ない部分もあります。

「SEO対策をしているが順位がなかなか順位が上昇しない」、「2月から急に順位がランキング圏外に下落してしまった」ことはありませんか?

もしかすると、低品質とみなされたページがサイト全体に悪影響を与えているかもしれません。

そんな時はサイト内部を本記事を参考にして頂き、問題のあるページについてnoindexを活用してみてください。順位上昇のための糸口が見つかるかもしれません。

SEOコンサルティングの最新事例 サービスページはこちら

関連する記事を読む