PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

今後、重要度が増す可能性大!「強調スニペット」とは?

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム プロダクトオーナー

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. 強調スニペットとは?
      1. どういう時に強調スニペットは現れるのか?
      2. 強調スニペットの表示形式の例
    2. 強調スニペットのメリットとは?
      1. 強調スニペットの特徴
      2. ユーザーにとってのメリット
      3. サイト運用者にとってのメリット
    3. どうしたら強調スニペットに自分のサイトが表示できるのか?
      1. 強調スニペットに選ばれるサイトは、やっぱり有名でないとだめ?
      2. Googleに強調スニペットとして選ばれやすくなるポイント9つ
    4. まとめ

用語やその内容を調べる時にGoogle検索を使ったら、同じようなタイトルのページが表示され、何を選べばいいか迷った……といった経験があるのではないでしょうか。反対に、サイトタイトルが並ぶ検索結果の一番上に検索したワードが太字で分かりやすく表記され、短い説明文や画像、動画も一緒に表示された、という場合に出くわしたこともありませんか。
Googleによって選ばれ、検索結果での特別な扱いを受けた表示を「強調スニペット」といいます。今回は、そんな強調スニペットについてご紹介します。

強調スニペットとは?

Google検索結果の一番上に生じる、サイトから抽出された情報の表示です。

どういう時に強調スニペットは現れるのか?

Googleサーチコンソールのヘルプによると、「ユーザーの質問に回答する形で作られたサイトのページ」がプログラムで検出され、質問への回答の概要とページへのリンク、ページタイトル、URLが表示されます。

つまり「検索する際に質問形式で入力すると、ユーザーがどんな情報を求めているかをGoogleが推測し、強調スニペットが表示される」、ということです。

例えば検索ボックスに「インターネット」と入力した場合、このようなサイトタイトルの羅列が現れます。

しかし質問の形式で「インターネットとは」と検索すると、


サイトタイトルの一番上に、ボックスの形で回答が表示されます。これがスニペットです。サイト全文ではなく回答の部分が短い切れ端のように抽出されるので「Snippets(切れ端、断片)」と呼ばれます。

ただし完全な決まりごとではないため、「〜とは」というキーワードをつけても表示されなかったり、つけなくてもスニペットが表示されることがあります。また、強調スニペットは説明文だけではなく様々な形式を取り、検索に対して最適な結果を表します。

強調スニペットの表示形式の例

    1. 文章





    2. 強調スニペット例_表

    3. 手順



    4. リスト



    5. 画像



    6. 動画

強調スニペットのメリットとは?

強調スニペットのメリットとは何でしょうか?まず、“ユーザーにとってのメリット”を説明する前に、強調スニペットの特徴がこちらです。

強調スニペットの特徴

  • 類似サイトの中でGoogleから特別に選ばれている
  • クリックされやすい位置に表示されている

この特徴が、メリットを考える時のポイントになります。

ユーザーにとってのメリット

あなたがユーザーである場合を想像してください。Google検索をして似たようなページタイトルが多数表示された場合、どれを選べばいいか迷ったことはありませんか。上から順にクリックして、サイト内に自分の知りたい情報があるかを確かめることが多いと思います。しかしそれでは時間がかかってしまいますよね。加えて情報には要らないものや嘘が混じっている可能性があり、自分で真偽を見極めるのは難しいでしょう。

そんな時、強調スニペットがあれば手っ取り早くあなたの望みを解決することができます。なぜなら強調スニペットは、Googleが膨大な類似サイトの中から、もっともあなたが欲しい回答に近いであろうものを、抽出した表示だからです。

強調スニペットの文章や貼られたリンクは検索結果の上位に表示され、とてもクリックしやすくなっています。それをクリックすれば、ユーザーは他のサイトに迷うことなく、一発で知りたい情報にアクセスすることが出来ます。Googleのふるいにかけられているので回答の信頼性も高いでしょう。このようにユーザーにとって強調スニペットは、すぐに知りたい情報を得られる、信頼できる、というメリットがあります。

サイト運用者にとってのメリット

一方、“サイト運用者にとってのメリット”とは何でしょうか?

あなたのサイトがGoogleに選ばれ、強調スニペットに設定されたとします。前述したように強調スニペットはユーザーにとって大変便利で信頼性が高いため、他の類似サイトよりもクリックする確率が飛躍的に上がります。そのため、あなたのサイトのPV数やコンバージョン率の増加に繋がる可能性がアップするでしょう。サイト運用者にとって自身のサイトが強調スニペットとして選ばれると、SEOの観点から大きな効果がある、というメリットがあります。

どうしたら強調スニペットに自分のサイトが表示できるのか?

強調スニペットは検索結果の最も目立つ場所に表示されるため、活用できれば強力なSEO効果を得ることができるでしょう。しかし強調スニペットはアルゴリズムで生成されており、ずっと同じように表示される訳でなく、入れ替わりがよく起こります。「こうしたら絶対に表示される!」という方法もありません。ただ、『Googleに選ばれやすくする』という点を気にすることは可能です。

強調スニペットに選ばれるサイトは、やっぱり有名でないとだめ?

強調スニペットに表示されるリンクはWikipediaなど知名度の高い大規模サイトである場合が多いかもしれませんね。しかし、大規模サイトのみが強調スニペットとして選ばれる訳ではありません。小さなサイトでも強調スニペットとして表示されている例はたくさんあります。また、その質問キーワードで検索1位をとっているサイトが選ばれる、ということもありません(ただし、知る限りでは検索結果1ページ目に表示されるページから選ばれていることが多い傾向があります)。

Googleに強調スニペットとして選ばれやすくなるポイント9つ

強調スニペットはユーザーがクリックするページを選ぶ基準の1つになるため、概要が分かりやすく信頼できる情報でなければいけません。Googleは膨大な数のサイトから“強調スニペット候補”を選ぶ際に、ユーザーがどんな回答を求めているかを推測しています。そのため、あなたが気をつけられるポイントを9つご紹介します。

  • Googlebotがページやサイトを正しくクロールできる(HTMLタグが正しい形)
  • 見出し構造が最適化されている
  • 表示させたいものは質問形式のキーワードに絞る
  • Search Consoleの検索アナリティクスで質問系のクエリでフィルタをかけ、掲載順位が1位のクエリに目星を付けて表示されるのを狙う
  • 現在の掲載順位を知る(上位10位以内が望ましい)
  • 画像ではなくテキストで回答されている(回答の近くに画像があると選ばれる可能性が上がる)
  • 明確にキーワードについてきちんと網羅している
  • 質問と「質の高い」回答が同一ページにあり、簡潔にまとまっている(簡潔でも質が悪い回答の場合は選ばれにくい。選ばれる文字数は約300字前後が多い)
  • 過程が分かるリスト形式、または番号形式を使う

そもそもGoogleのプログラムがきちんとサイト内を把握できなければ意味がないので、基本的なSEOは抑えられていた方が良いでしょう。また強調スニペットは「切れ端」なので、文量的には長すぎない回答が好まれる傾向にあります。しかしGoogleはコンテンツの量と質を見ているので、情報量の少ない質の低いコンテンツははじかれることがあります。長すぎず短すぎず、回答としてきちんと要約が成立した情報があると良いでしょう。

まとめ

SEOの観点からも、獲得できれば非常に効果の高い「強調スニペット」。
米国では、すでにSEOにおける注目トピックとして、強調スニペットを扱うケースが増えていると言います。
その理由は、AmazonのAlexaやGoogleによるGoogle Homeなど、音声検索デバイスが普及し始めていることです。
音声検索の際、ユーザーは「〜とは?」や「〜の方法」など質問形式で検索をかけています。
つまり、質問形式に対して回答したサイト(強調スニペット)が、音声検索デバイスの回答として選ばれているということです。今後、日本でも音声検索の機会は増えることが予想され、強調スニペットはどんどん重要度を増していくでしょう。

強調スニペットの確実な取得方法はなく入れ替わりも多いので、すぐに獲得するのは難しいですが、無視できない領域でもあります。サイト作りの際は強調スニペットの表示も意識しつつ、「質問への回答を返していくこと」を心がけていくと良いかもしれません。