PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

キーワード出現頻度チェックツールの使い方・おすすめをご紹介

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム プロダクトオーナー

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. キーワード出現頻度チェックツールとは?
    2. キーワード出現頻度チェックツールの使い方・おすすめ
      1. ohotuku.jp
      2. FunkeyRating(ファンキーレイティング)
      3. 高屋のSEO診断チェックツール
      4. FC2キーワード出現率チェッカー
    3. ツール利用の際の注意点
    4. ツールを利用することで得られるメリット
    5. まとめ:キーワード出現頻度は意識せず記事の質を高めることに注力しよう

皆さんは、キーワードの出現頻度を意識して記事を書いていますか?かつてSEO効果を高める際の指標として、記事内に存在するキーワード比率が何%なのかを気にすることがありました。ただし、現在では検索エンジンのロボット(クローラー)の進歩に伴い、記事内の関連する語句からテーマ性を判断し、実際に上位化対象となるキーワードが無かったとしても、SEO効果が高まる様になっています。

その為、以前の様にSEOで上位化するにはキーワード比率が高くなければならないということはありません。しかし、出現頻度が関係ないからといって、必要以上にキーワードを使用することはNGです。逆にSEOの評価が下がってしまう恐れがあります。そこで、自分がキーワードを多く記載してしまっていないかどうか確認する為に、キーワード出現頻度チェックツールを利用します。

キーワード出現頻度チェックツールとは?

その名の通り、キーワードの出現頻度をチェックする為のツールです。記事内にどれだけキーワードが使用されているかが、一目で確認出来ます。元々の使用目的としてはSEOを上位化させる為に必要なキーワード比率に達しているかどうかを確認する為のツールでした。ですがこれから使用する場合は、過度にキーワードを詰め込んでいないかどうか確認する為に使用することをおすすめします。

キーワード出現頻度チェックツールの使い方・おすすめ

それではキーワード出現頻度を確認するのに役立つチェックツールをご紹介します。

ohotuku.jp

対象となる記事のURLを入力し「チェックする」ボタンを押すと、出現数の多いキーワードの順に結果が表示されます。1度のチェックで20~50単語まで確認可能です。また、任意でキーワード毎に出現率目標を設定することが出来ます。例えば、「レンタカー」というキーワードの出現率を5%に設定した場合、目標の出現率にする為に単語がいくつ必要、または不要かが分かります。現在のSEO対策としてはあまり使用する機会の無い機能ですが、記事の読みやすさを考えて、同じキーワードの出現率を抑えたい場合に役立ちます。

http://ohotuku.jp/keyword_ratio/

FunkeyRating(ファンキーレイティング)

ohotukuと同様にURLからキーワードの出現頻度を確認出来るだけでなく、テキストのみでもチェック可能です。またキーワード出現率の目標設定も、同時に3キーワードまで行えます。まだサイトにアップする前にキーワード出現頻度を見ておきたい場合は、FunkeyRatingで確認すると良いでしょう。

https://funmaker.jp/seo/funkeyrating/

高屋のSEO診断チェックツール

検索順位チェックや、タイトル・ディスクリプションなどを調査するSEO診断チェックツールの一部機能として、キーワード出現膣チェックが利用出来ます。上記2つのツール同様、URLを入力してキーワード出現率が表示されます。1度に30キーワードまで結果が表示されますが、その他に目標設定などの機能はありません。単純にキーワードの出現回数と比率のみを調べたい場合は、こちらのツールを使用しましょう。

http://seo-takaya.com/keywords.php

FC2キーワード出現率チェッカー

キーワード出現率を表示させる際の条件設定を細かく変更出来るツールです。調査結果として表示させるキーワードの数を、こちらが入力した数だけ表示させられる為、記事内の全ての単語を表示させることも可能です。また、抽出品詞の指定が出来るので、不要な品詞を除いて、結果として返すことが出来ます。条件設定の内容に関しては、こちらをご参照ください。 キーワード抽出詳細オプション指定 文字数が多い記事のチェックや、品詞毎に抽出するキーワードを抑えたいという方は、こちらのツールをおすすめします。

https://seo.fc2.com/keywordrate/

ツール利用の際の注意点

キーワードの出現頻度はあくまでも目安でしかなく、数が少ないからと言って上位化しないということは決してありません。大切なのはキーワードの量よりも記事自体の質なので、ツールを利用する際は必要以上にキーワードを使用していないかどうかを調べるだけに留めておきましょう。

ツールを利用することで得られるメリット

SEOを意識して記事を作成すると、同じキーワードを何度も使用してしまうことがあります。ツールを利用することで、実際にどれ位の頻度でキーワードを使用しているかが視覚的に把握し、キーワードの数を減らしたり、別の言い回しに変更するなどの作業が効率良く行えます。記事の修正を繰り返し行うとボキャブラリーが増え、SEOを意識せずとも自然に上質なコンテンツへと成長していきます。

まとめ:キーワード出現頻度は意識せず記事の質を高めることに注力しよう

キーワード出現頻度チェックツールを使用して、SEOの為にキーワード比率をコントロールする時代は終わりました。コンテンツの質、テーマ性が重要視される様になった現在では、以前の使い方はあまり意味がありません。あくまでも記事の質を高める目的で使用し、ユーザー目線の有益なコンテンツに仕上げる様にしましょう。