PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.04.04

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

目次
    1. キーワードマップとはそもそも何なの?
      1. キーワードマップの活用目的とは?
      2. キーワードマップの無料版と有料版の違いとは?
    2. キーワードマップの機能ってどんなのがあるの?
      1. キーワードマップの機能:ユーザーニーズ分析
        1. ユーザーニーズ分析①:ワードマップ
          1. ①ワードマップ
          2. ②SEO競合獲得ワード
          3. ③サジェストワード
          4. ④ソーシャル反響
        2. ユーザーニーズ分析②:共起語分析
          1. ①共起語一覧
          2. ②自社記事比較
          3. ③上位サイト強調テーマ
          4. ④共起語順位評価
          5. ⑤βクラスタリング
        3. ユーザーニーズ分析③:キーワードDB
          1. ①キーワード検索
          2. ②指定キーワード検索
          3. ③検索Vol推移グラフ
        4. ユーザーニーズ分析④:関連ワード
        5. ユーザーニーズ分析⑤:コンテンツサーチ
      2. キーワードマップの機能:サイト流入分析
        1. サイト流入分析①:自然検索ワード
          1. ①自然検索ワード
          2. ②競合ドメイン
          3. ③競合ページ
          4. ④上位ページ
          5. ⑤上位ディレクトリ
        2. サイト流入分析②:競合取得ワード
        3. サイト流入分析③:ドメイン比較
        4. サイト流入分析④:SEO占有サイト
      3. キーワードマップの機能:一括分析レポート
        1. 一括分析レポート①:一括順位チェック
        2. 一括分析レポート②:バルク順位
        3. 一括分析レポート③:競合コンテンツ分析
      4. キーワードマップの機能:広告出稿分析
        1. 広告出稿分析①:PPC広告ワード
          1. ①PPC広告ワード
          2. ②広告クリエイティブ
          3. ③上位LPページ
        2. 広告出稿分析②:PPC出稿サイト
        3. 広告出稿分析③:広告バナー
      5. キーワードマップの機能:アルゴリズム分析
        1. アルゴリズム分析①:SERPs変動
        2. アルゴリズム分析②:アルゴノート
    3. まとめ:キーワードマップをフル活用しよう!

メディアを構築するにあたりキーワードの選定はとても重要なことです。 どのキーワードが他のキーワードとどう関連性があるのか一目で分かるのが今回ご紹介する「キーワードマップ」。 SEOツールとしては大変優れておりプロのメディア運営者の多くが活用しています。

しかしながら、いくら優れたSEOツールであっても使いこなせなければ意味がありません。 今回はそんな大変便利なSEOツール「キーワードマップ」の利用方法について初心者の方でも理解できるように詳しく解説していきたいと思います。

キーワードマップとはそもそも何なの?

キーワードマップとはそもそも何なの?

キーワードマップ(Keywordmap)はSEO対策でとても大事な「キーワード選定」を的確に行なってくれるSEOツールの一つ。 ご自身で運営しているサイトのキーワードの競合性や関連性、検索ボリューム等をビジュアル形式ではなくマインドマップ形式で視覚的に分かりやすく表示してくれる特徴を持っています。 そのため、コンテンツを作る際や顧客調査等にも役立つSEOツールです。  

キーワードマップの活用目的とは?

キーワードマップの活用目的とは、簡単に言うならば「狙ったキーワードを上位表示させるために必要な関連キーワードをマインドマップで見やすくすること」と言えます。 キーワードマップがリリースされる前までは、goodkeywordやGoogleキーワードプランナーなどを活用し手作業で単一キーワードに関連する関連キーワードを検索意図を考慮してカテゴライズして来ました。 しかし、代等として「キーワードマップ」が使われるようになり、より効率的に関連キーワードを自動でカテゴライズしてくれるようになりましたね。 そのことにより、短時間でコンテンツ作成やサイト構築ができるようになり、重複コンテンツ等もなくなりSEOに特化したサイト作成が容易に可能となったのです。 「キーワードマップ」は使い方さえしっかりとマスターすれば、初心者の方でもしっかりとしたSEO対策を練ったサイトを作ることが可能ですね。  

キーワードマップの無料版と有料版の違いとは?

SEOツールである「キーワードマップ」では無料で使えるデモ機能と有料でないと使えない機能が存在します。

キーワードマップの無料版と有料版の違いとは?

無料版でデモとして使えるのは、以下の通りです。 自然検索調査 ユーザーニーズ調査 「自然検索調査」とはご自身のサイトの流入が多いキーワードや機会損失しているキーワード、ライバルサイトの上位表示キーワードなどを調べることができます。 また、「ユーザーニーズ調査」とはユーザーの興味関心などの検索意図をデータとして瞬時に把握し、見やすくマインドマップとして表示してくれる機能です。 これらの機能は「無料デモ」として使えるようになっていますね。 そして有料で使える機能はこれらにプラスして以下のものが使えるようになります。 自然検索調査【無料デモ】 ユーザーニーズ調査【無料デモ】 競合ドメイン調査 流入貢献ページ調査 競合獲得ワード リスティング広告調査 季節要因調査 共起語分析 ソーシャル調査 アルゴリズム変動調査 順位レポート抽出 それぞれの機能の役割については、次の項目で詳しく解説しますがやはり無料版と比べると圧倒的に使えるツールが多いのがお分かりいただけると思います。

▼Kwyword map(キーワードマップ)のサービス詳細はこちら:https://keywordmap.jp/

キーワードマップの機能ってどんなのがあるの?

キーワードマップには全部で5つのカテゴリーに別れた機能が備わっています。 ユーザーニーズ分析 サイト流入分析 一括分析レポート 広告出稿分析 アルゴリズム分析 それぞれのカテゴリーで用途別に使えるツールが別れており、全部で12個のSEOツールが使えるようになっています。 それぞれのツールの詳しい用途や使用目的についてはカテゴリー別に分かりやすく分類し 、一つ一つ解説しているので是非とも参考にしてみてください。  

キーワードマップの機能:ユーザーニーズ分析

「ユーザーニーズ分析」とは前述した通り、ユーザーの検索する欲求や目的をデータとして表したものになります。 より詳しいユーザーニーズを把握することで、SEOに特化したユーザーファーストなコンテンツを作成できるようになります。 それぞれのSEOツールによって、得られるデータが異なるため以下から一つずつ見ていきましょう。   

ユーザーニーズ分析①:ワードマップ

ユーザーニーズ分析①:ワードマップ

「ワードマップ」とは、ユーザーの興味関心ごとを分かりやすくマインドマップとして表示する機能のことです。 使い方はいたって簡単で気になるキーワードを入力することで、そのキーワードに関連性の強い「関連キーワード」を瞬時にマインドマップとして分かりやすく表示してくれます。 また、ワードマップのカテゴリーの中にも ワードマップ SEO競合獲得ワード サジェストワード ソーシャル反響 といったSEOツール項目が用意されています。

①ワードマップ

「ワードマップ」では、例えば「転職」と入力すると以下のようなマインドマップが表示されます。

ワードマップ

中央に花火のように広がっているのが、「転職」に関する「関連キーワード」ですね。 関連性の強いキーワードは右にピックアップされるので、更にそれぞれの「関連キーワード」をクリックすると更に詳しく表示されるようになっています。

関連キーワードマップ

それぞれのキーワードに関するマインドマップは、ファイルとしてダウンロードすることも可能。CSVダウンロードをクリックするとできます。 また、上記の写真の一番右上にある「網羅チェック」機能を活用するとコンテンツの中にどれだけの関連キーワードが含まれているのかをチェックすることも可能。

テーマ網羅チェック

「▼文字列を入力」の欄に記事の内容をコピペして貼り付ければ、どのぐらいの検索語句が含まれているのか瞬時に割り出すことが出来ます。

不要ワードの非表示

また、「網羅チェック」の右にある「ワード非表示」を使うと、指定したワードを外して表示させることが可能です。

②SEO競合獲得ワード

SEO競合獲得キーワード

「SEO競合獲得ワード」では、指定したキーワードで検索した場合の上位6サイトが他にどのようなキーワードで順位を取得しているのか詳しくデータとして表示してくれます。 同時に各キーワードの検索ボリュームも表示してくれるので、競合サイトの調査・分析に大いに役立つことでしょう。

③サジェストワード

サジェストワード

「サジェストワード」ではその名の通り指定したキーワードのサジェストを全て表示してくれます。機能的にはgoodkeywordと変わりませんね。

④ソーシャル反響

ソーシャル反響

「ソーシャル反響」とは指定したキーワードを含んだコンテンツがどのようにSNSで拡散されているのかを調べるSEOツールです。   

ユーザーニーズ分析②:共起語分析

ユーザーニーズ分析②:共起語分析

共起語分析とは、上位表示させたいコンテンツに必要な単語を抽出するためのSEOツールのことです。 狙っているキーワードを入力することで、コンテンツに含めた方が良いキーワードを提示してくれる優れもの。 また、共起語分析では以下の5つのSEOツール機能が使えるようになっています。 共起語一覧 自社記事比較 上位サイト強調テーマ 共起語順位評価 βクラスタリング 以下からそれぞれの機能については、詳しく解説して行きます。

①共起語一覧

「共起語一覧」は共起語分析のカテゴリーの中ではメインとなる機能です。 例えば「コーヒー淹れ方」で分析すると、上の画像のような分析結果が表示されます。

共起語一覧

左の青い見出しの方では指定したキーワードに対して、全ての共起語が「出現数」「出現頻度」「重要度」に別れて数値で表示されていますね。 また、右の黄色の見出しの方では上位5サイトに絞ったデータが表示されます。 競合サイトの調査として役立つデータですね。

②自社記事比較

自社記事比較

「自社記事比較」の機能では、記事をコピペし本文入力欄へ入力することにより、指定したキーワードの共起語がどれだけそのコンテンツに含まれているか分析することができます。

自社記事比較事例

上の画像は実際に「自社記事比較」を行なったものです。 実際に含まれている共起語がどれくらいあるかと、含まれていない共起語がどれぐらいあるかが明確に分かります。

③上位サイト強調テーマ

上位サイト強調テーマ

「上位サイト強調テーマ」では、実際に最初に指定したキーワードがタイトル、h1、h2、h3に分けて各ランキングを確認することができます。

④共起語順位評価

共起語分析

「共起語順位評価」では、指定キーワードに基づく各共起語の「出現率」「重要度」「順位」を対象ページを元に確認することが可能です。 また、気になるページを指定して調べることも出来るので、ご自身のコンテンツも共起語順位評価を確認することができますね。

⑤βクラスタリング

βクラスタリング

「βクラスタリング」では競合サイトがどのようなテーマを取り扱っているのか、独自の機械学習機能を用いて調査してくれます。 このキーワードを元にして、コンテンツのリライトを行なったりといったことが出来ますね。   

ユーザーニーズ分析③:キーワードDB

「キーワードDB」は指定したキーワードの季節ごとの検索ボリュームの推移を知ることができるSEOツールです。

キーワードDBでは3つの機能が備わっており、

  1. キーワード検索
  2. 指定キーワード検索
  3. 検索Vol推移グラフ

が使えるようになっています。

①キーワード検索

キーワード検索

「キーワード検索」では2、3つのキーワードを指定して検索をかけることにより、上記の画像のように季節ごとの検索ボリュームや競合性、CPC(Cost Per Click)を知ることが可能です。 (※CPCとは、「クリック単価」のことです。) また、上記では「佐賀県 観光」でキーワードを指定していますが、指定キーワードは「含まない・含む」で選べるようになっており、その他にも各項目で細かく設定を指定することが出来ます。

②指定キーワード検索

指定キーワード検索

「指定キーワード検索」では最大800個までのキーワードを指定してデータを割り出すことが可能です。 例えば「サジェストワード」を全て入力欄に入力することで、全てのサジェストワードの季節別の検索ボリュームを知ることが出来ますね。

③検索Vol推移グラフ

検索vol推移グラフ

「検索Vol推移グラフ」では文字通り指定したキーワードの季節ごとの検索ボリュームを見やすいようにグラフで表してくれます。 グラフだとどの時期が一番検索ボリュームが多いのか、また少ないのか一目で把握できますね。

ユーザーニーズ分析④:関連ワード

ユーザーニーズ分析④:関連ワード

「関連ワード抽出」では指定キーワードに関連するキーワードを抽出してくれるSEOツールです。 活用シーンとしては、キーワード選定でアイディアがなくなった時や違った視点から関連キーワードを探したい時に役立ちますね。 例えば「佐賀県 観光」でキーワード指定して関連ワード抽出した場合、以下のような結果が表示されます。

関連ワード抽出

関連キーワードを「検索Vol」「CPC」「競合性」「関連性」でランキング別に見ることが可能となっているため、掘りだりキーワードの発見等にも役立ちますね。   

ユーザーニーズ分析⑤:コンテンツサーチ

ユーザーニーズ分析⑤:コンテンツサーチ

「コンテンツサーチ(β版)」では指定したキーワードを含むコンテンツがSNS等でどのように反響を呼んでいるのか調べることが可能です。 Facebookの「いいね数」や「シェア数」「コメント数」など細かく設定できるようになっているのも特徴的ですね。 以下は実際に「東京 オリンピック」で指定して、検索をかけた結果となります。

コンテンツサーチβ版

SNSでどれだけシェア、いいね、コメントされているのかによってランキング順に分かりやすく表示されていますね。 また、文字数も表示されているのでそのコンテンツがどのぐらいのボリュームかも一目で分かります。

コンテンツサーチβ版(ワードクラウド)

「テーマワード」を選んでもらうと指定した「東京 オリンピック」に関連するキーワードが分かりやすく表示される他、品詞別の出現ワードも数値で分かりやすくランキング付けされて表示されます。  

品詞別出現キーワード

 

▼検索ニーズが簡単に分析できるkeyword map(キーワードマップ)のサービス詳細はこちらから:https://keywordmap.jp/

キーワードマップの機能:サイト流入分析

「サイト流入分析」では運営しているサイトにどれほどのユーザーが訪れているのか、分析することができます。 ただ、分析するだけではなくどのようなユーザーなのかそれぞれのSEOツールで細かく知ることが出来るので、SEO対策としては大変役立つツールの一つですね。   

サイト流入分析①:自然検索ワード

サイト流入分析①:自然検索ワード

【SEO】自然検索ワードでは、ドメインを指定することで指定サイトの

  1. 自然検索ワード
  2. 競合ドメイン
  3. 競合ページ
  4. 上位ページ
  5. 上位ディレクトリ

を把握することができます。

①自然検索ワード

自然検索獲得キーワード

「自然検索ワード」では指定したサイトのコンテンツの中で、どのようなキーワードが上位に来ているのかなどを確認できるようになっています。 順位の他にも「検索Vol」「CPC」「競合性」「想定流入数」まで知ることが可能ですね。

②競合ドメイン

競合ドメイン

「競合ドメイン」では、「自然検索ワード」で提示されたキーワードの競合ドメインをランキング順で表示してくれます。 狙っているキーワードのライバルサイトがどのぐらいの流入数かまで知ることが出来るので、ライバルサイトに勝つためのSEO対策等にも活用できそうですね。

③競合ページ

競合ページ

「競合ページ」ではページ単位でライバルサイトのコンテンツを提示してくれます。 競合サイトがどのようなコンテンツで上位表示を獲得しているのか、内容を把握しておくこともとても大事なことですね。

④上位ページ

上位ページ

「上位ページ」では最初に指定したドメインの中のコンテンツが、どのぐらいのユーザー流入があるのか分かりやすくランキングで表示されます。 また、獲得KW数も表示されるのでSEO対策としては、それも一つの指標になるでしょう。

⑤上位ディレクトリ

上位ディレクトリ

「上位ディレクトリ」とは、簡単にいえば記事を束ねる箱のようなもので、それがご自身のサイト内にいくつあるのかを調べるツールです。   

サイト流入分析②:競合取得ワード

サイト流入分析②:競合取得ワード

「競合獲得ワード」では競合サイトと自社サイトを比較し、キーワードごとにどれぐらい順位等に差があるのか把握できるようになっています。 以下は、実際に比較した画像です。

競合取得ワード

「オンライン英会話 上級者向け」で比較されており、競合サイトでは21位で自社サイトでは29位といった結果が出ていますね。 このように競合サイトとキーワード順位を比較することで、自社サイトにどのようなキーワードが足りないのかを細かく把握することができます。   

サイト流入分析③:ドメイン比較

サイト流入分析③:ドメイン比較

「ドメイン比較」では最大4つまでのドメインを指定してそれぞれの検索流入数とヒットキーワード数をグラフで同時に確認することができます。

SERPsキーワードヒット数推移

また、上の画像は「SERPsキーワードヒット数推移」になりますね。 ここでいうSERPsとは、検索結果のことを指します。   

サイト流入分析④:SEO占有サイト

サイト流入分析④:SEO占有サイト

「SEO占有サイト」では指定したキーワードを獲得しているサイト順にランキング形式で分かりやすく表示してくれます。 以下の画像は実際に「佐賀県 観光」でキーワード検索をかけたものです。

占有Webサイト抽出

各キーワードで一位を取得しているドメインが一目で分かるように色分けされており、細かくその他の情報についても分かるようになっていますね。  

キーワードマップの機能:一括分析レポート

「一括分析レポート」のカテゴリーでは、主にご自身が運営しているサイトのキーワード順位や競合コンテンツ分析が一括で出来るようになっています。 以下からそれぞれのSEOツールの特徴について解説して行きます。   

一括分析レポート①:一括順位チェック

サイト流入分析④:SEO占有サイト

「一括順位チェック」ではご自身のサイトのドメインと知りたい順位のキーワードを入力することで、一括でランキングを提示してくれる優れものです。 キーワードは最大で50個まで入力が可能となっているので、気になるキーワードを一括で調べることができますね。

一括分析レポート②:バルク順位

一括分析レポート②:バルク順位

「バルク順位」では、調べたいキーワードを最大3000個入力することで、検索結果をリアルタイムで抽出し競合サイトの選定や検索順位を表したレポートを作成します。 以下は、実際にキーワードを複数指定しレポートを作成したものです。

バルク順位

レポートでは指定したキーワードの検索Volや順位、ドメイン、URLをそれぞれ提示していますね。 これを元に、キーワード獲得状況の調査や競合サイトの分析が行えるようになっています。   

一括分析レポート③:競合コンテンツ分析

一括分析レポート③:競合コンテンツ分析

「競合コンテンツ分析レポート」では、指定キーワードを入力することにより、キーワードごとの想定流入数や順位を上げるために必要なコンテンツの文字数、今現在上位表示されているコンテンツのタイトルや見出しなどがレポートとして書き出されるSEOツールです。 指定キーワードは全部で、200個まで入力する事が出来ます。 また、以下は実際に「佐賀県」の関連キーワードを全て入力しレポートとして書き出したものになります。

コンテンツ管理レポート

上記の画像を見て頂いたらお分かりいただけると思いますが、指定したキーワード毎に上位表示されているページの文字数や検索Volが分かりやすく表示されていますね。

コンテンツ判定レポート(詳細)

また、こちらの表では指定キーワードごとにURLがランキング形式で表示されており、ヒットKW数や想定流入数も細かく把握する事が可能です。  

キーワードマップの機能:広告出稿分析

「広告出稿分析」とは、簡単にいったらサイトが出している広告の量や質を分析するためのSEOツールです。 広告出稿分析のカテゴリーでは、3つのツールが使えるようになっています。

  • PPC広告ワード
  • PPC出稿ワード
  • 広告バーナー

また、ここでいう「PPC」とはPay Per Click(ペーパークリック)の略語で「クリック課金型の広告」を意味します。 そして「バナー広告」は、サイトによって画像やアニメーションを活用して広告することを言いますね。 それらの語句を理解した上で、それぞれのSEOツールの特徴を以下からみて行きましょう。

▼広告にも活用可能なkeyword map(キーワードマップ)のサービス詳細はこちら:https://keywordmap.jp/

広告出稿分析①:PPC広告ワード

広告出稿分析①:PPC広告ワード

「PPC広告ワード」では、対象サイトのドメインを入力することによりどのようなキーワードで広告を出しているのかを調べる事が出来ます。 機能としてはPPC広告ワードを含めて3つあります。 PPC広告ワード 広告クリエイティブ 上位LPページ また、「リスティング広告」とは検索結果に連動して表示される広告のことを意味します。代表的なもので「Google広告」と「yahoo!広告」がありますね。

①PPC広告ワード

以下の画像は、Amazonのサイトを検索分析した結果です。

PPC広告ワード

 それぞれ広告を出しているキーワードの「想定費用」が一目でわかりますね。

②広告クリエイティブ

広告クリエイティブ

「広告クリエイティブ」では指定したサイトがどのページで「リスティング広告」を出しているのか確認する事ができます。

③上位LPページ

上位LPページ

「上位LPページ」では、出稿キーワード数に応じてランキング順にLP(ランディングページ)を提示する事が出来ます。 また、ここでいう「LP」とはサイトを含むWebページ全般のことを指します。   

広告出稿分析②:PPC出稿サイト

広告出稿分析②:PPC出稿サイト

「PPC出稿サイト」では指定したキーワードに対して「リスティング広告」出稿の多いサイトをランキング順に提示してくれるSEOツールです。 以下は、実際に「九州」でキーワード指定した際に抽出されたデータとなります。

広告出港Webサイト抽出

指定キーワードを含むサイトのキーワードごとの順位や想定費用、検索Volなど一括で分析する事が出来ますね。 また、「広告クリエイティブ」も知る事ができるので、広告クリエイティブの詳しい機能については前の項目をご参照ください。   

広告出稿分析③:広告バナー

広告出稿分析③:広告バナー

「広告バナー」では、指定したサイトが出しているバナーを一覧で確認する事が出来ます。 以下は、実際にAmazonが出しているバナー広告一覧です。

バナー広告一覧

Amazonほどの大規模なサイトになると、数え切れないほどのバナー広告を出されているので把握するのは困難ですね。  

キーワードマップの機能:アルゴリズム分析

「アルゴリズム分析」とはGoogleアルゴリズムの変動により、サイトにどのような影響が出たのか分析するSEOツールです。 アルゴリズム分析で使えるツールは、主に2つあります。 SERPs変動 アルゴノート それぞれのSEOツールの特徴について以下からみて行きましょう。   

アルゴリズム分析①:SERPs変動

 アルゴリズム分析①:SERPs変動

「SERPs変動」とは、Googleアルゴリズムの変動による指定サイトの影響度合いをデータ化し分かりやすくグラフや表にする事ができるSEOツールです。

SERPs変動:SEOツール

上記の画像では、アルゴリズムの変動により影響を受けたサイトを、ランキング順で表示し分かりやすくしていますね。

キーワード別SERPs変動

また、「キーワード別変動」では各キーワードごとの影響を受けた度合いが強いものを視覚的に分かりやすく表示してくれます。   

アルゴリズム分析②:アルゴノート

アルゴリズム分析②:アルゴノート

「アルゴノート」とは”キーワードマップ”が独自にGoogleアルゴリズムを分析した結果をまとめたノートの事です。 Googleが公式に発表したアップデートなどの情報を随時ノートにまとめ、利用者に情報として提供しています。 また、このノートの良いところはGoogleが公式発表していない情報も”キーワードマップ”独自で分析し知らせてくれるところですね。

まとめ:キーワードマップをフル活用しよう!

有料版のキーワードマップでは、様々なSEOツールが活用できるようになっています。 有料版の方ではデモ期間として無料で1週間使えるようになっているので、是非とも気になる方はまずは試しに活用してみてくださいね。

SEOツールとしては「キーワードマップ」だけでも十分な機能が備わっているので、是非ともこの記事を参考にしながら使いこなしてみて下さい。

▼keyword map(キーワードマップ)のサービス詳細はこちらから:https://keywordmap.jp/