PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.02.27

張 ヨンヒ

MARKETING

目次
    1. AI(人工知能)1つである音声検索
    2. AI(人工知能)によってモバイル広告はよりカスタマイズ化され、プライベート化していく
    3. AI(人工知能)がアプリ市場を作っていく
    4. 最後に、、、

昨年、AI(Artificial Intelligence, 人工知能)について議論が、モバイルマーケティング業界を盛り上げていました。

2019年になった今モバイルマーケティング業界では、昨年に増して多くの人々がAIに関連した議論を交わすようになりました。ある研究によると、2020年までAIはマーケティングに革命を及ぼすとまで言われています。

今後、AIがモバイルマーケティングの中心になると言われている中で、時代に遅れることなくついていくためにも、「なぜ、今後AIがモバイルマーケティングの未来になっていくのか?」また、「変化するモバイルマーケティングに向けてどんな準備をしていくべきか?」を明らかにしていきたいと思います。

AI(人工知能)1つである音声検索

近年すでにAIが浸透している事例がモバイルアプリのインタラクションです。モバイルアプリの操作方法(インタラクション:データ入力、およびそれに伴うアプリの挙動)が、テキストデータ出の操作メインから画像データや音声データによる操作に移り変わっていっているのを皆さんも目の当たりにされていると思います。

市場の成長が進んでいる音声技術ですが、音声検索技術が用いられているモバイル会計アプリに見られるように、これからマーケティング担当は音声認識のマーケットに徐々に目を向けていかなければならないけません。

一部の予測によると、音声関連コーマス市場は2022年まで400億ドルの価値があると見込んでいます。2017年に25%の消費者が既に音声のヘルパーを使用しているのを見るとそこまで遠い話ではないみたいですね。

しかも、消費者の中で40%は、1日1回は、少なくとも音声検索を使用するといった話もあります。

音声を使用することで自社のブランドと顧客との距離を、これまでのソーシャルメディア経由のコミュニケーション以上に、より近くしていくことが可能です。企業は音声技術の活用によって、モバイルでの認知度、顧客への露出をより強めていくことも可能になるでしょう。

音声検索は便利で素早く結果を呼んでくるため、マーケティング担当は顧客の用いている言語はもちろんのこと、彼らが求めていることを正確に理解しなければいけません。Google検索時に行う機械的な会話に反して、音声検索や人間的で自然な会話はどんな時に行うのか?などをしっかりと把握していく必要があるのです。

自然の言語処理はAI技術の核心です。顧客の嗜好性や習慣について、計り知れない量の知見を得ることが出来るようになるので、彼らが共感する言葉を用いて顧客にアプローチすることができます。もちろん、未だまだ道は遠いですが、事前にマーケティングチャンネルを最適化しておくと競合より一方早く走れますね。

AI(人工知能)によってモバイル広告はよりカスタマイズ化され、プライベート化していく

本格的に広告の話をしてみましょう。

2016年、71%の消費者がより多くパーソナライズされた広告がほしいというデータがあります。関連性のない広告を継続的に露出すると、不満を持つ使用者が広告をブロックすることも起こり得るのです。

モバイルデバイスはデスクトップの画面よりプライベート的な特徴を持っています。
まだモバイル使用者の22%しか広告のブロック機能を使用していませんが、だからこそ今まさにマーケティング担当者はそれより前からモバイル広告をプライベート化し始めるタイミングです。

AmazonとNetflixのような会社は、既に特定の顧客をマーケティングするために機械学習(マシンラーニング)を活用しています。

動的素材の最適化と呼ばれるマーシンラーニングのひと種類ですが、このアルゴリズムは特定の個人と積極的にコミュニケーションする可能性が高い広告を自動的に生成します。このようなモバイル広告は、操作履歴・人口通計及びポジジョンに合わせて設定されます。突き詰めれば、天気を軸にプライベート化することも可能です。

49%顧客は自分の購入行動が追跡されることに同意しているので、広告のプライベート化は、より良い購入を提案できる良いチャンスになりますね。

AI(人工知能)がアプリ市場を作っていく

Appl社は、既に2010年度にsiriを世の中に展開しました。その後、Cortana, Alexa及びGoogle Assistantのような競合サービスが登場しました。AIは段々多くのモバイルアプリに力を持たせてくれています。

例として、Kraft Foods iPhone Assistantのようなサービスも確認してみてください。AIで残った食材を基本にどんな料理が作れるかのレシピを提供してくれます。また、予算と好みによってショッピングの項目も作成可能です。


AIの応用プログラムを直接開発できない場合は、開発者と協力し、特定の問題を解決できるアイディアを提示すれば問題ありません。あなたが開発するアプリが技術的だけでなく美しさも備えていくために、ぜひデザインにも注目してみましょう。

API基盤アキテクチャーを実現する方法を確認し、アプリでAIを使用する方法を説明するブログをチェックするなど、初めてみるのはいかがでしょうか。AIがビジネスにどのように役に立つか、AIを使用してどのようなターゲットオーディエンスが可能かなど、人たちの日常生活にアプリがどんな価値を与えるか、気になりますね。

最後に、、、

AIは既にマーケティング分野では大きい話題になっていますが、まだ新しい領域にあります。複雑な部分をもう少し探求すればマーケティング担当には強い武器になりそうですね!

【引用】 Blog – Applift から。