PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.10.03

百々 雅基

WEB CREATION

今から使える!苦手な導入文が書きやすくなる、6つの書き方ポイントとは

WRITER

百々 雅基

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム

パブリックDMP Juicerが保有する、3rd party dataの営業、データ加工、BIツールでの可視化、分析、クライアントへのプランニングを一貫して担当。
2019年7月からPDMチームに移動し、新規プロダクトの開発に携わっている。

目次
    1. 「導入文」とは
      1. 導入文の役割・その1「記事を読みに来てもらう入口」
      2. 導入文の役割・その2「最後まで読ませるために導く」
    2. 読みたくなる導入文の特徴3つ
      1. 1.記事を読むメリットを感じられる
      2. 2.「共感」があり、安心できる
      3. 3.記事の内容が本当だと分かる
    3. 押さえるだけで「読みたい」が書ける!導入文の書き方ポイント6つ
        1. 今回の記事の導入文
      1. 1.インパクトのある出だしでグッと引き込む
      2. 2.読者の疑問と回答をハッキリさせる
      3. 3.メリットを提示する
      4. 4.共感や安心感を与える
      5. 5.分かりやすく、簡単に。要約文と間違えない!
      6. 6.信頼性があることを見せる
    4. 簡単、使える!導入文の型
    5. まとめ

記事を書こうとキーボードに向かったはいいけれど、いざ書こうとするとどうしたらいいか分からず、気づけば時間が立っている…。

こんな風に、ブログや記事を書く際、書きたい気持ちはあるけれど「どう書き出したらいいのか」悩んだことはありませんか。

導入文の書き方はライター経験を重ねている人でも悩むことが多いものです。

特に意識せず「なんとなく…」で書いていることもあるなら、それはもったいない!
せっかく記事のテーマが良くても、最後まで読んでもらう機会を手放している可能性がありますよ。

今回は、

  • 導入文があなたの記事で果たす役割
  • 書きやすくなる6つのポイント
  • 実際に筆者も使っている簡単な「導入文の型」

をご紹介します。読み終わった後に実践すれば、導入文が書きやすくなっているはずです。

「導入文」とは

導入文は記事の中で「見出しや目次の前」にある文章。読者にしてみればタイトル後の本文でまず目につく部分です。
一見、さらっと読み飛ばされそうに思えますが、実はこの部分だけで記事全体の印象が決められているといっても過言ではありません。

導入文の役割・その1「記事を読みに来てもらう入口」

例えば、あなたがweb検索をしている状況を想像してください。

目の前にずらりと検索結果が並んだとき、どれをクリックするでしょうか?
検索上位にあることはもちろん、そのなかでも表示されている文章を見比べて、興味を惹かれたものを選ぶのではないでしょうか。

SNSで拡散された記事をクリックするか考えるときも同じでしょう。
記事はタイムラインにカード形式で表示され、私たちは導入文を見て読むか読まないかを考えます。

導入文は、インターネット上で読者に目にとめられ、クリックされるキッカケとなる役割を果たします。“記事を読みに来てもらう入口”とも言えるでしょう。

導入文の役割・その2「最後まで読ませるために導く」

前述したように”記事を読みに来てもらう入口”としてだけでなく、読者が記事に抱く期待値をあげ、”最後まで読ませるために導く”役割もあります。

例えばあなたが本や漫画の新作を手に取った時を想像してください。
始まりで心をグッとつかまれれば期待値が上がり、「もっと読みたい」と先へ先へとページをめくっていくでしょう。
反対に、始まりがつまらないと感じてしまえば、それだけでこの先も求める面白さがないだろうと、がっかりして読むのをやめることもあるかもしれません。

これと同じで、いくら良い内容を取り上げている記事だとしても導入文がイマイチであれば、読者は読んでくれない可能性があります。逆に導入文の段階で読者の興味関心を引くことが出来ると、記事の読了率はあがります

近年はたくさんの記事がネット上にあふれ、読者による「読む・読まない」の取捨選択はますます厳しくなっています。ワンパターンや適当な導入文では、読者の気持ちをつかむことは困難です。

読みたくなる導入文の特徴3つ

導入文の役割をまとめると、「読者を引き込み、導いていく」ものと言えるでしょう。
では読者はどのような文に「読みたい!」と引き込まれるのでしょうか。

読みたくなる導入文には、決まった特徴や意識すべきポイントがあります。

まずは読者が読みたくなる導入文にある、3つの特徴を押さえておきましょう。

  1. 記事を読むメリットを感じられる
  2. 「共感」があり、安心できる
  3. 記事の内容が本当だと分かる

1.記事を読むメリットを感じられる

時間をかけてでも記事を読みたい、と読者が思うのはどんな時でしょうか。
結論を言うと、その記事に「自分にとって必要・価値がある」と思わせる理由があるからです。

単純に面白そうだから、という感情も、その記事が

「面白いものが読みたいという欲求を叶えている=本人にとって価値がある」

と言えます。

つまり、導入文には「この記事にはあなたが求めているものがあるよ、読む価値があるよ」と読者にとって必要性や重要性が分かる部分が必要です。読むメリットが感じられると、読者は記事への期待感を抱いていきます。

ただ、「価値があるから読みなさい」のように、強制的もしくは上から目線に勧められたとしたら。
いくら良い記事だとしても読みたくなくなりますよね。

そこで、読者を気持ちよく読みすすませるために「共感」を盛り込むことが重要です。

2.「共感」があり、安心できる

夢中で読まれる記事には「この記事は自分にぴったり、自分のことを分かってくれている…!」という「共感」を強く読者に与えている、という特徴があります。

例えば、同じ悩み解決系の記事だとしても、いきなり解決方法を提示されるより、「いまあなたはこんな風に悩んでいて、こうなりたいと思っていますね?」と語りかけるような文章があると、読者は”自分のことをわかってくれている”と感じ、最後まで読みたくなるはずです。

3.記事の内容が本当だと分かる

例えば「誰もが必ず億万長者になれる方法を教えます」と導入文に書かれている記事を、あなたは読みたいと思いますか?
少し興味を惹かれるかもしれませんが、たいていの人は胡散臭いと思うのではないでしょうか。誰もが必ず億万長者になれる、そんな方法があれば、いまの世の中は誰もが億万長者になっているはずですから……。

情報リテラシーの概念が叫ばれるようになった現在、根拠や専門性を求める読者も増えてきています。あまりにも現実とかけ離れた理想を語っていれば疑ってしまいますし、まったく根拠のないことばかり書いていると判断されれば信用性が失われ、読者は離脱していくでしょう。

確かに、導入文は人を引きつけるための部分なのでインパクトを重視するのは正しい戦略なのですが、過剰や嘘はよくありません。

導入文には最後まで読ませる役割もあるので、信頼される情報を盛り込み、読者が安心して読み進めていけるようにしましょう。

導入文の段階で「この記事は確からしい…!」と読者に感じさせる工夫があると良いですね。

押さえるだけで「読みたい」が書ける!導入文の書き方ポイント6つ

先ほどあげた3つの特徴は、たくさんの「読みたいと思える導入文」に共通して見かけられます。
では具体的にどのようなことを書けば、その特徴を含んだ文を組み立てられるのでしょうか。

意識するだけで導入文が書きやすくなる、6つのポイントがこちらです。

1.インパクトのある出だしでグッと引き込む
2.読者の疑問と回答をハッキリさせる
3.メリットを提示する
4.共感や安心感を与える
5.分かりやすく、簡単に。要約文と間違えない!
6.信頼性があることを見せる

早速、この記事の導入文と照らし合わせて、6つのポイントを見ていきましょう。
ポイントを意識した文とそれに対する読者の反応イメージも考えていくと、書きやすくなります。

今回の記事の導入文

記事を書こうとキーボードに向かったはいいけれど、いざ書こうとするとどうしたらいいか分からず、気づけば時間が立っている…。

こんな風に、ブログや記事を書く際、書きたい気持ちはあるけれど「どう書き出したらいいのか」悩んだことはありませんか。

導入文の書き方はライター経験を重ねている人でも悩むことが多いものです。特に意識せず「なんとなく…」で書いていることもあるなら、それはもったいない!せっかく記事のテーマが良くても、最後まで読んでもらう機会を手放している可能性がありますよ。

今回は、導入文があなたの記事で果たす役割と、書きやすくなる6つのポイントをこの記事の導入文を元に掘り下げていきます。さらに実際に筆者も使っている簡単な「導入文の型」もご紹介します。読み終わった後に実践すれば、導入文が書きやすくなっているはずです。

1.インパクトのある出だしでグッと引き込む

たくさんの記事があふれるネット上。読者も一つひとつをじっくり見ることはないので、ありがちな文では目にとめられません。

そこでインパクトのある、読者を驚かせるような出だしで導入文を始められると、周りにグッと差をつけることが出来ます。
いきなり「今回は~について…」などと始めるより、冒頭に工夫を凝らしてみましょう。
今回は実際に読者が場面を想定できる工夫をしてみました。

記事を書こうとキーボードに向かったはいいけれど、いざ書こうとするとどうしたらいいか分からず、気づけば時間が立っている…。
⇒読者の反応イメージ:あるある、まさに昨日の自分のことだ。続きを読みたいな。

2.読者の疑問と回答をハッキリさせる

「これは自分が求めている記事だ!」と読者に思ってもらうには、この記事にはあなたの悩みとその答えが書いてありますよ、といった”疑問と回答”の存在をハッキリさせておくことが大切です。
「メリットの提示」や「共感を与える」ことと同じで、読者が「これは自分に必要な記事だ…!」と価値を感じる理由になります。自分に有益な記事だと思うほど、読者はじっくり記事を読み進めたくなるものです。

こんな風に、ブログや記事を書く際、書きたい気持ちはあるけれど「どう書き出したらいいのか」悩んだことはありませんか。
⇒読者:ちょうどそのことで悩んでいるんだよね。

今回は、導入文があなたの記事で果たす役割と、書きやすくなる6つのポイント、さらに実際に筆者も使っている簡単な「導入文の型」をご紹介します。
⇒読者:知りたいことが、この記事を読めば分かりそうだ!

3.メリットを提示する

疑問が回答によって解消されるのはもちろん、この記事を読むことで読者に生じる”未来像”を想起させられる部分があると良いでしょう。

読み終わった後に実践すれば、導入文が書きやすくなっているはずです。
⇒読者:苦手が克服できるんだ、ワクワク。

4.共感や安心感を与える

自分自身に寄り添ってもらえる文章に、人は安心して心を惹かれるものです。読者と同じ立場になって、「この記事はあなたのためにある」ことを伝えましょう。
最初のポイントと重なりますが、「疑問」の状況を提示することでも、「あ~こういうこと、あるなあ」と共感してもらえる要素になります。

こんな風に、ブログや記事を書く際、書きたい気持ちはあるけれど「どう書き出したらいいのか」悩んだことはありませんか。
⇒読者:うんうん、悩んだことがあるなあ。

導入文の書き方はライター経験を重ねている人でも悩むことが多いものです。
⇒読者:そうか、悩んでいてもおかしくないんだ。この記事は自分のことをわかってくれているな。

特に意識せず「なんとなく…」で書いていることもあるなら、それはもったいない!せっかく記事のテーマが良くても、最後まで読んでもらう機会を手放している可能性がありますよ。
⇒読者:そうなんだ!確かになんとなく書いていたな。じゃあどうしたらいいんだろう、続きを読んでいこう。

5.分かりやすく、簡単に。要約文と間違えない!

導入文の長さは人によって差はあり、100文字の時もあれば300文字の時もあります。ただし専門的な単語が多すぎたり文章の言い回しが分かりにくいと、読み進める意欲を失ってしまいます。読者にとって出来るだけ簡潔で分かりやすくあることは大切です。(もちろん、導入文だけでなく本文も分かりやすく書きましょう) 

また、初心者で導入文と要約文を混同している方がいます。要約文は本文の趣旨をすべてまとめたもので、言ってしまえば「本文を最後まで読まなくても、内容を理解できる文章」です。

導入文はあくまでも入口あるので、要約文と間違えず、本文の内容を書きすぎないようにしましょう。

6.信頼性があることを見せる

「あなたの疑問に一般人が答えます」というよりも「専門家が答えます!」のほうが、より信頼性が高く感じられませんか?
導入文に「○○歴×年の私が~」や、「この方法で実際にうまくいっています」など、現実的な信頼度の裏付けがあると、読者はより安心して読みたいと思ってくれるでしょう。

実際に筆者も使っている簡単な「導入文の型」をご紹介します。
⇒読者:実際に使っているんだ!信頼できそう。

簡単、使える!導入文の型

今まで紹介してきた「読みたい」と思われる導入文の特徴やポイントを押さえた、導入文の型をご紹介します。
簡単な1例なので、これをもとにアレンジしながら、自身の記事にぴったりの導入文を考えてみてくださいね。

(インパクトのある始まりかた)

「◯◯(読者の疑問)」と思っていたり、悩んでいたりしませんか?(疑問・共感の提示)
でも××をすれば、解決できるんです!(回答の提示)

そこで今回は、○○について××を、この歴×年の私がご紹介していきます。(信頼性の提示)
これを知れば、あなたも△△できますよ。(メリットの提示)

まとめ

自由に書けるからこそ、「何を書いたらいいのかわからない…」と悩みがちな導入文。ですが、「導入文の出来でその記事が読まれるかどうかの”7割”が決まる」と言うライターさんもいます。「読みたい」と思われる導入文には特徴や書き方のポイントがあり、これらを押さえればあなたもすぐに読まれる導入文を書くことができますよ。

今回ご紹介した書き方の型も参考に、さっそく書いてみましょう!