Facebook広告の運用に欠かせない、広告マネージャーとは?

Facebook/Instagramの特徴と広告運用時のポイント
今すぐ無料ダウンロード
Facebook/Instagramの特徴と広告運用時のポイント
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. Facebook広告マネージャーとは
      1. Facebook広告マネージャーでできること
        1. 広告キャンペーンの作成
        2. 複数の広告の一括管理
        3. 広告配信レポートの確認
    2. Facebook広告マネージャーの開設方法
      1. Facebookビジネスマネージャーのアカウント開設
      2. 広告アカウントの開設方法
    3. Facebook広告管理画面の見かた
      1. 広告管理画面の構造
      2. 広告配信成果の確認
    4. まとめ:Facebook広告マネージャーを開設して広告運用を始めよう

Facebook広告をこれから始めようと思っている方はまずFacebook広告マネージャーの開設や設定などのステップが発生します。

Facebook広告マネージャーは初めて触る人などにとっては少しわかりづらい部分や、馴染みのない名称などが出てきます。そこで本ブログでは、Facebook広告マネージャーの概要と開設方法、広告アカウントの開設方法までお伝えさせていただきます。

Facebook広告マネージャーとは

まず始めに、Facebook広告マネージャー(以下広告マネージャー)とは何なのかということからお話させていただきます。広告マネージャーとはMeta社(旧Facebook社)が提供している無料の広告管理ツールです。

この広告マネージャーでは、広告の作成や配信実績の確認など広告運用に欠かせない機能があり、Facebook広告を出稿し、運用する方には必須のツールとなっています。

Facebook広告マネージャーでできること

広告マネージャーでは以下の3つの機能があります。

  • 広告キャンペーンの作成
  • 複数の広告の一括管理
  • 広告配信のレポートの確認

どの機能も重要ですのでそれぞれ解説させていただきます。

広告キャンペーンの作成

広告キャンペーンの作成を行うとまずこのような画像が出てきて、[配信の目的]を選択することができます。広告配信がコンバージョンを獲得するのか、認知度をあげたいのか、などに応じて選択しましょう。

また、予算の設定や配信期間の設定、広告クリエイティブのアップロードなどが編集設定できるので、広告キャンペーンの作成だけで出稿はできるようになります

複数の広告の一括管理

配信の目的やターゲットが異なる複数の広告キャンペーンを配信している場合、配信のオンオフや予算の設定などの編集を一括で行うことが可能です。

広告配信レポートの確認

広告の配信後に、コンバージョンはどのくらい出ているのか、クリックは何回されているのか、どのくらいの金額を使用しているのかなど成果を確認することができる機能です。

項目や期間を指定することで欲しい期間の欲しいデータだけに絞って成果を確認することも可能です。

Facebook広告マネージャーの開設方法

広告マネージャーは実はFacebookビジネスマネージャーというビジネス全体の管理ツールの中の1つの機能になります。

Facebookビジネスマネージャーを開設することによって、広告マネージャーも使用できるようになるという階層構造になっているので、まずはFacebookビジネスマネージャーを開設する方法をお伝えします。

Facebookビジネスマネージャーは主に企業のページや広告アカウントを管理したり編集するツールになっています。個人のアカウントとビジネスのアカウントを切り分けて管理することが可能なので、企業で複数のメンバーが利用する際などに活用しやすいツールです。

Facebookビジネスマネージャーのアカウント開設

ビジネスマネージャーのアカウント開設は3ステップで完了します。

①ビジネスマネージャー作成ページへ移動

②画面右上の「アカウント作成」をクリック

③表示されている入力箇所へ・アカウント名(会社名)・開設者の名前・メールアドレスを記載して[送信]をクリックすると記載したアドレス宛にFacebookよりメールが届くので、内容を確認しアカウント開設を完了させます。

広告アカウントの開設方法

ビジネスマネージャーが開設された後に、広告アカウントが作成可能になります。

広告マネージャーは広告アカウントを管理するものなので、広告アカウントの開設を行うと同時に広告マネージャーも使用可能になります。

ですので、ここでは広告アカウントの作成方法をお伝えします。

まず、ビジネスマネージャーにログインして[アカウント]の中にある[広告アカウント]をクリックします。

[広告アカウント]ページの上部にある[追加]をクリックして「新しい広告アカウントを作成」をクリックすると
・広告アカウント
・タイムゾーン
・通貨
を記入する画面が出るのでこちらを設定し[次へ]をクリック。

次に作成している広告アカウントで宣伝をするビジネスを選ぶ項目が出てきます。

自社のサービスの宣伝の場合は「自分のビジネス」にチェックを入れましょう。

他の企業の宣伝を使う場合は(主に代理店はこちらのパターン)「別のビジネスまたはクライアント」にチェックを入れて[作成]をクリックすると広告アカウントが作成されます。

Facebook広告管理画面の見かた

これまではFacebookビジネスマネージャーと広告マネージャーの開設方法についてお話させていただきました。

次にFacebook広告を出稿する際に設定や入稿などを行う広告管理画面のご説明をさせていただきます。

広告管理画面の構造

広告アカウントを作成して広告マネージャーへログインすると下のような広告の管理画面になります。

Facebook広告は3つの階層があり構造と役割はそれぞれ下のようになっています。

階層:キャンペーン>広告セット>広告

■キャンペーン:広告配信の目的や予算などが設定できます。

■広告セット:最適化したいコンバージョンポイントの設定や配信スケジュール、配信したいターゲットなどが設定できます。

■広告:広告画像やテキストなど配信したい広告クリエイティブが設定できます。

広告配信成果の確認

広告を配信してどのような成果が出ているかなどを確認することも管理画面上で可能です。

確認したい内容によってさまざまな項目を設定し詳細に成果を分析することができます。

広告管理画面から右の「パフォーマンス」(↑赤枠上)をクリックすると「列をカスタマイズ」(↑赤枠下)をクリックします

そうすると下のような画像が出てきて必要な項目を選択すると配信の成果が確認できるようになります。

CPCやCTR、CPMなどはよく使う項目になるかと思いますので、チェックしてみましょう。今回、目的別チェックしておきたい項目をリストアップしましたのでぜひ参考にしてください。

目的:コンバージョンの場合

項目:「パフォーマンス」・インプレッション・クリック・CPC・CTR・結果・結果レート「広告関連度診断」・コンバージョン率ランキング「費用」・結果の単価

目的:ブランド認知度アップ

項目:「パフォーマンス」・インプレッション・クリック・CPC・CTR・フリークエンシー「クリック」・リンクのクリック「認知」・推定広告想起リフト(人)・推定広告想起リフト率

よく使われるコンバージョン目的と認知拡大目的において確認しておきたい項目をそれぞれ挙げさせていただきました。

他にもさまざまな項目が確認可能ですのでぜひ目的に応じてや、欲しいデータに応じてカスタマイズしていただければと思います。

まとめ:Facebook広告マネージャーを開設して広告運用を始めよう

Facebook広告マネージャーはFacebookが無料で提供している、 広告の作成や複数の広告の一括管理、成績の確認ができるツールです。

Facebook広告マネージャーの開設には、Facebookビジネスマネージャーの開設と、広告アカウントの開設が必要になります。広告マネージャーを活用して、Facebook広告の出稿や、成果の確認などを行ってビジネスの目的を達成しましょう。

最後に、「自社でFacebook広告を始めたが成果が出ない」「Facebook広告に取り組みたいがよくわからない」などのお悩みをお持ちの方はぜひお問い合わせください。Facebook専任の担当者がサポートさせていただきます。

Facebook広告についての関連記事はこちら: