Google広告の広告カスタマイザとは|設定方法をご紹介

リスティング広告で成果が出ない方へ。 今こそ見直したい11のポイント
今すぐ無料ダウンロード
リスティング広告で成果が出ない方へ。 今こそ見直したい11のポイント
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. 広告カスタマイザのメリット・デメリットと機能
    2. 広告カスタマイザの機能詳細と設定方法
      1. 検索したキーワードと広告文を連動
      2. イベントに向けてカウントダウン
      3. 地域の挿入
      4. IF関数を活用して状況に合わせて広告文をカスタマイズする
    3. 広告カスタマイザデータをアップロードして設定することも可能
      1. 広告カスタマイザで使用できる属性
        1. 属性のデータ型(カスタム属性用)
        2. 標準の属性
        3. ターゲット設定の属性
    4. まとめ:広告カスタマイザを活用してサービスを最大限PRしよう

キーワードに合わせて広告文をユニークにすることでクリック率が上がりCPCが抑えられるというのは運用者の中では広く知られていると思います。

ユニークな広告文にしたいけれど、商品数が多くてそれぞれの広告文を作るのが追いつかない!ということや、イベントが次々にあるから広告切替が頻繁でデータがたまらない!ということありませんか?

そういう時に役立つ機能をご紹介します!その名も「広告カスタマイザ」

本記事では、広告カスタマイザの機能やメリットやデメリット、各種設定方法について解説します。


広告カスタマイザのメリット・デメリットと機能

広告カスタマイザとは、{ } で囲まれたパラメータをいれることで、広告が表示されるときに動的テキストで置き換えられる機能のことです。

さまざまなメリットがあるため、上手に活用すればよりユニークで効果的な広告出稿が可能となります。

広告カスタマイザを設定するメリット

  • メッセージのカスタマイズ(Webページごとに広告文をカスタマイズできる)。
  • カウントダウン機能を利用して行動を促す(カウントダウン機能)。
  • 少ない手間で様々なバリエーションに対応。
  • レポート機能(掲載結果データをリセットしなくても、広告の文面を自動的に更新)。
  • データが分散することなく1つの広告文にたまり続けるため、ABテストもしやすくなる。

広告カスタマイザを設定するデメリット

  • 脱毛、美容院などの、商品ラインナップがあまり変わらない場合は向かない。
  • リンク先URLは変えられない。

広告カスタマイザは、大きく分けると2つの機能があります。

広告カスタマイザの機能

  1. イベントに向けてカウントダウン
  2. 検索したキーワードと広告文を連動

それぞれの機能詳細と設定方法を詳しく見ていきましょう。


広告カスタマイザの機能詳細と設定方法

広告カスタマイザには、いくつかの機能があります。それぞれの機能や設定方法について解説します。

広告カスタマイザでできることは、非常にたくさんあります。

  1. キーワードに応じて広告文面をカスタマイズ(キーワードの挿入)
  2. ユーザーが検索する時間に応じて広告文をカスタマイズ(カウントダウン)
  3. 広告文に地域の挿入ができるカスタマイズ(地域の挿入)
  4. 条件に応じて広告文面をカスタマイズ(IF関数)
  5. データアップロードによる柔軟なカスタマイズ(広告カスタマイザ)

それぞれ広告設定画面の広告見出しや説明文などの広告文に、属性に合わせた構文を挿入して設定します。

Google広告の管理画面から、「広告と広告表示オプション」をクリックし、カウントダウンを追加する広告をクリックしましょう。

広告が作成されていない場合は、プラスボタンをクリックし「レスポンシブ検索広告」を選択して新規に広告を作成します。

※IF関数やデータアップロードによる広告カスタマイザは「テキスト広告」のみサポートしています。利用時は「レスポンシブ検索広告」から、「テキスト広告」へ切り替えが必要です。

カウントダウンを追加したい部分に直接「{」と入力すると、広告カスタマイザのプルダウンメニューが表示されます。それぞれ目的に合わせて選択し、設定を行いましょう。

ではそれぞれのカスタマイズ広告の詳しい設定方法や、具体的な構文例を解説します。


検索したキーワードと広告文を連動

最もシンプルなのが、検索キーワードに連動して広告文を表示させる広告カスタマイザです。

さきほどのプルダウンメニューで「キーワードの挿入」を選択すると、下記のようなパラメータ構文が挿入されます。

{keyword:デフォルトテキスト}

上記のデフォルトテキストがトリガー(ユーザーの検索ワード)となり、それに連動して広告文が変動するのが特徴です。

広告見出し1に画像のように、「人気{KeyWord:チョコレート}の購入は」と入力した場合には、検索ワードに応じて広告文が下記のように変化します。

ユーザーの検索ワード 表示される見出し文
置き換えができない場合人気チョコレートの購入は|PLAN-B菓子店
シュガーレス チョコレート人気シュガーレス チョコレートの購入は|PLAN-B菓子店

イベントに向けてカウントダウン

広告文にカウントダウンを挿入することで、イベントへの訴求や販促が高まる効果が期待できます。

{=COUNTDOWN(“イベント終了日程”,”言語”,残り日数”)}

商品の割引キャンペーンやオープンキャンパスなど、日時が決まっている場合にこのカウントダウン機能を活用すれば、広告切替をせずに済むでしょう。

実はこの機能を使用することで、CVRが3%も高くなったという事例もあります。他の反応の良い広告文と比較しても、広告カスタマイザのカウントダウン機能は非常に効果的です。

割引によるオトク感や早くしないとという限定感から、成約に至りやすくなっているのかもしれません。

それでは、実際の設定手順です。

イベントに合わせて、カウントダウンの開始日時と終了日時を設定します。適用をクリックすると、広告文にカスタマイザのカウントダウン構文が挿入されます。むずかしい構文など知らなくても、簡単にカウントダウンが設定できます。

上記入力の登録広告文は、下記のようになります。

  • タイトル1・・・(公式)PLAN-B学院
  • タイトル2・・・AO入試/願書受付中
  • 説明文1・・・4月入学がまだ間に合う!
  • 説明文2・・・高等部オープンスクールまであと{=COUNTDOWN(“イベント終了日程”,”言語”,残り日数”)}

イベント日程には、カウントダウンの終了日時を指定します。言語部分はデフォルトで「英語」になっているため、出稿文に合わせて「日本語」に設定しなおしましょう。残り日数の項目で、終了日の何日前からカウントダウンをはじめるのか指定できます。

地域の挿入

ユーザーの住んでいるエリアや、関心のある地域に合わせて、広告文に地域名を挿入できる広告カスタマイザです。レスポンシブ検索広告で利用できます。

{LOCATION(レベル):デフォルトのテキスト}

ほかの広告カスタマイザと同様、「広告見出し」や「説明文」に「{」と入力すると、プルダウンメニューから選択できます。

形式は以下の3種類から選択が可能。

  • 市区郡(例:横浜市)・・・・{LOCATION(City):デフォルトテキスト}
  • 都道府県(例:神奈川県)・・{LOCATION(State):デフォルトテキスト}
  • 国名(例:日本)・・・・・・{LOCATION(Country):デフォルトテキスト}

地域が取得できない場合や長すぎる場合の対策として、デフォルトのテキストの設定も可能です。広告文に地域名が挿入されることで、ユーザーはサービスをより身近に感じられ、訴求力も高まります。

IF関数を活用して状況に合わせて広告文をカスタマイズする

特定の組み合わせ条件に一致する場合に、指定した広告文を表示できるカスタマイズです。ディスプレイ広告やレスポンシブ検索広告では使用できず、「テキスト広告」に使用が限定されています。

プルダウンメニューから「IF 関数」を選択するとフォームが表示されますので、条件や結果を入力します。

  • IF:デバイスやオーディエンス(ユーザーリスト)が設定可能
  • THEN:IFに当てはまる場合に表示させたいテキスト文
  • OTHERWISE:デフォルトのテキスト(省略可能)

例:

美味しすぎるとSNSでも話題のチョコレート!{=IF(device=mobile,スマホからのご注文で送料無料!):今すぐ購入!}

と説明文に入力した場合には、

スマホユーザー:美味しすぎるとSNSでも話題のチョコレート!スマホからのご注文で送料無料!
パソコンユーザー:美味しすぎるとSNSでも話題のチョコレート!今すぐ購入!

と表示されます。デフォルトのテキストは、省略することもできます。

広告カスタマイザデータをアップロードして設定することも可能

広告カスタマイザのフィード設定は、「.csv、.tsv、.xls、.xlsx」などのファイルに記入してアップロードして複数まとめて設定することもできます。アップロードしたデータは、テキスト広告に対してのみ設定可能です。(レスポンシブ検索広告には対応していません。)

手順は以下の通りです。

1.Google広告上部メニュー「ツールと設定」
2.「設定」の「ビジネスデータ」を選択
3.「+」ボタンをクリックし、「広告カスタマイザデータ」を選択

4.データファイルの準備

いちからデータファイルを作成してもいいですが、データテンプレートが用意されていますので、活用すると便利です。「広告カスタマイザのデータテンプレート(CSVファイルとしてダウンロード)」のリンクをクリックし、テンプレートファイルをダウンロードします。

(.csvのほかにも、「.tsv、.xls、.xlsx」などの拡張子のデータがアップロード可能です。)

5.データファイルの作成

テンプレートデータにはすでに例としてデータが記載されている状態です。2行目以降を削除し、適宜必要な項目を設定してデータを作成します。A~Iまで項目が入っていますが、使用する項目や順番は任意です。必要に応じて選択し、記入しましょう。

6.データファイルのアップロード

データテンプレートのダウンロードリンクの下に「名前」と「パソコンからファイルを選択」という項目があります。名称(データセット名)を決めて、ファイルをアップロードしましょう。

プレビューをクリックし、エラーがなければアップロード成功です。エラーが表示される場合には、エラーメッセージを参考に適宜修正のうえ、再アップロードしましょう。

アップロード直後はステータスが審査中となっています。審査が完了すると、広告カスタマイザで使用できるようになります。

7.広告作成

広告作成画面で、作成したデータを広告に当てはめていきます。むずかしく感じられるかもしれませんが、基本的なパラメータ構文は以下の通りです。(広告は必ず「テキスト広告(拡張テキスト広告)」で作成します。)

{=データセット名.属性名}

Google広告ヘルプの例をもとに、広告作成時の広告文例を解説します。

たとえば以下のようなデータを、「Mix」というデータセット名でアップロードしたとします。

Target keywordモデル (text)キャパシティ (number)タイプ (text)開始価格 (price)セール終了日 (date)
プロウィップ 300プロウィップ 3005チルトヘッド\19,9002015/05/15 20:00:00

上記を広告文に挿入する場合、以下のように設定します。

  • 見出し1:{=Mix.モデル} ミキサー
  • 見出し2:任意の見出し
  • 説明文:{=Mix.キャパシティ)} L {=Mix.タイプ} ミキサー
  • 説明文2: {=Mix.開始価格 (price)} – セール終了まで {=COUNTDOWN(“Mix.セール終了日 (date”,”ja”,)}

といった感じです。

アップロードしたデータが承認されていれば、「{」を入力するだけで上記のように入力候補が表示されます。あとは、広告文に合わせて選択するだけです。

上記の広告を出向すると、「プロウィップ300」と検索したユーザーに対して、下記のような広告が表示されます。

はじめてみるまでは、多少むずかしく感じられるかもしれません。

ですが実際はプルダウンメニューから選択できるようになっており、構文を理解していなくても広告文が作成でき、とても簡単です。

広告カスタマイザで使用できる属性

広告カスタマイザでは、下記のような属性が使用できます。

属性のデータ型(カスタム属性用)

属性のデータ型一般的な用途使用できる文字値の例
text商品名文字、数字、記号ハイキング靴
number在庫数整数11
price金額数字(小数を含む)と有効な通貨記号$24.99
dateタイムスタンプyyyy/MM/dd hh:mm:ss2014/08/14 17:01:00

標準の属性

属性機能有効な値
Device preferenceスマートフォン(タブレット、コンピュータ以外)で表示する広告のデータ行を制限mobile または all
Scheduling広告カスタマイザを表示する曜日と時間曜日、開始時間 – 終了時間。たとえば、月曜日の午前 9 時~午後 5 時までのスケジュールを指定する場合、「Monday, 09:00 AM – 05:00 PM」と入力します。複数の曜日をスケジュール設定する場合は、曜日をセミコロンで区切ってください。月曜日と火曜日の両方に設定する場合は、「Monday, 09:00 AM – 05:00 PM; Tuesday, 09:00 AM – 05:00 PM」と入力します。
Start dateフィード アイテムの掲載を開始する日yyyy/mm/dd hh:mm:ss(24 時間表示)
End dateフィード アイテムの掲載を停止する日yyyy/mm/dd hh:mm:ss(24 時間表示)
Custom IDデータ行を識別する一意の値。各行に自動的に “Item ID” と呼ばれる値が指定されますが、独自の custom ID 値を作成して Google 広告から認識させることもできます。文字と数字の任意の組み合わせ
Target location restriction“Target location” に記載されている地域に適用されているターゲット設定の種類。Physical location または空のセル

ターゲット設定の属性

属性機能有効な値
Target keywordこの行をトリガーするキーワードキーワードとマッチタイプ記号(例: 完全一致の場合は[花])。
Target keyword textこの行をトリガーするキーワード。キーワードのマッチタイプは “Target keyword match type” 列で指定マッチタイプ記号を付けないキーワード
Target keyword match type“Target keyword text” 列の対象キーワード
Target ad groupこの行のデータを使用する広告グループ既存の広告グループ名
Target campaignこの行のデータを使用するキャンペーン既存のキャンペーン名
Target locationユーザーの現在地や関心のある地域にマッチした場合に、この行をトリガーする場所。地名(言語は自由)
Target location restriction“Target location” に記載されている地域に適用されているターゲット設定の種類。Physical location または空のセル

まとめ:広告カスタマイザを活用してサービスを最大限PRしよう

広告カスタマイザは活用次第で、訴求力をぐっと高められる便利な機能です。

それぞれプルダウンメニューから選択できるようになっているので、構文を手入力する必要もなく、慣れてしまえばとても簡単です。

広告カスタマイザを広告文に導入し、ユーザーに合わせて広告の種類を増やしていくことで、CVRやCTRの改善にもつながるでしょう。

フィードを一回登録すれば、他の広告文にも利用できるのでぜひ取り入れてみて下さい!