PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.12.06

勝見 隼人

INTERNET ADVERTISING

コンテンツに個性を与えたい人必見!まずは抑えておくべき3つのヒント

WRITER

勝見 隼人

株式会社PLAN-B 事業統括本部 デジタルマーケティング 戦略事業部(西日本) 部長

2017年1月にPLAN-B中途入社。大手旅行代理店、漁師、ベンチャー役員、総合広告代理店と様々な業種を経て今に至る。国内・海外プロモーションにおいてのプランニングから広告運用、解析まで幅広い知識と経験値を保有する。現在はデジタルマーケティング 戦略事業部(西日本)の部長として、インターネット広告運用・Webコンサルティンググループを率いる。

目次
    1. 其の一「良いストーリーを伝える」
    2. 其の二「読者から感情的な反応や態度変容を引き起こす」
    3. 其の三「読者に対して修辞的な質問をする」

コンテンツマーケティングにおいて基本の原則は読者の関心を惹きつけ、維持することです。
インターネットにも多くの情報が落ちているように、これらにはいくつかの方法がありますが、個性に満ちたコンテンツを書くことは最も効果的な方法の1つであることが証明されています。
事実、SEOにおいても評価されるためにコンテンツの質というのは非常に重要となってきます。

しかし、面白いコンテンツを作成することは非常に難しい場合があります。
皆さんの作成するコンテンツをより輝かしく、そして多くのユーザーを惹きつけるため、多くの個性を詰め込むために今回は簡単に実装出来る13のヒントをお伝えしたいと思います。

其の一「良いストーリーを伝える」

読者というのは基本的に物語が大好きです。
先史時代(文字を使用する前の時代)の人々が遥か昔、火の周りに集まって以来、この迷信はずっと受け継がれています。
もしも現在、皆さんが作成しているコンテンツが単調であると感じられたり、核心な事実や詳細に行き詰まった時は関連する逸話を注入するということを実践してみて下さい。

ポイントは、エンターテイメントの価値と、コンテンツの目的(またはミッション)に一致するメッセージのいずれも持つストーリーを作成するということです。
これを行うことで読者に少しでも長く滞在して貰える可能性があります。

其の二「読者から感情的な反応や態度変容を引き起こす」

ペンシルベニア大学の教授ジョナバーガーは、ソーシャルメディア全体において最も共有されている記事の共通要因に注目するためThe New York Timesの7,000件の記事を分析しました。

その結果、良いニュースに関する話の方が悪いニュースの話よりもはるかに頻繁に共有されていることに気付いたと同時に、驚くべき事実も発見しました。
それは感情的な反応を誘発した記事は、その反応が怒りや欲求不満、そして不安などの否定的なものと一般的に考えられていたとしても、
読者の感情を惹きつけなかった記事よりもシェアされる可能性が随分と高くなっているということでした。

魅力的なコンテンツを作成するために大事な点は以下の3つです。

  1. 感情で満たされた言葉で自分なりの文章を作成すること
  2. ユーザーから特定の反応を引き出せるように設計されたコンテンツを考えること
  3. 自分が訴えたい感情に合うような全体トーンを形作ること

これらを守るだけで、普段より個性が詰まった作品になるだけではなく、他の人にシェアされる可能性が高い作品となります。

其の三「読者に対して修辞的な質問をする」

修辞的(文章やスピーチなどに豊かな表現を与えるための一連の技法)な質問を盛り込むことは、単に情報を取り入れだけではなく、読者が一瞬であっても自分自身で考えるようになることが利点となります。

ただし、修辞的な質問を作成する時は注意すべきこともあります。
修辞的な質問でコンテンツを散らかすということは、場合によっては受け手が尋問を受けているかのように感じることがあるからです。
または読者が望む答えを得ていないと感じる可能性があるからです。
文章を書くことで会話というのは完全に一方的なものへと変わります。
つまり聞き手には応答する機会がないということです。
従って、修辞的な質問は視聴者にブランドメッセージについて考えさせ、行動させるように説得するという別の目的を果たす必要があります。

修辞的な質問をどの程度盛り込めばいいのかという質問に対しては、経験上500文字のテキスト量に間隔を空け2ワード以下を含めることです。
正しい方法で実行することで修辞的な質問は、コンテンツ作成者にとって強力な武器となり得ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はコンテンツに個性を与えるために3つのヒントを挙げさせて頂きましたが、実際にはコンテンツに個性を与えるために13のヒントがあります。
残りの10は次回に書かせて頂きます。まずは今回の3つを意識してコンテンツ記事を作成してみて下さい。
グッと内容が変わり、読者からの反応を身近に感じることが出来るでしょう。