PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.17

張 ヨンヒ

INTERNET ADVERTISING

位置情報を活用した新しいマーケティング技術、GEO Fencing(ジオフェンシング)とは

WRITER

張 ヨンヒ

株式会社PLAN-B 事業統括本部 インターネット広告事業部東日本 部長

2018年2月中途採用でPLAN-Bに入社。デジタルマーケティングエージェンシー、アメリカ発の総合ECサイトのマーケター、アパレル業界のマーケティングスペシャルリストとして活躍。様々な業界を跨ぐデジタルマーケティング経験を持ち、今に至る。

目次
    1. 位置基盤サービス、ジオフェンシングとは。
    2. 企業が活用するジオフェンシング(ジオマーケティグ)
      1. ①コカ・コーラPersonal Road(イスラエル・2013)in オーストラリア
      2. ②Meat Pack 「Hijack」プロモーション in グアテマラ
      3. ③映画「ベルリン」ポスター in 韓国
    3. まとめ

私達が普段有効に使用している路線検索、天気、場所探しなどのサービスは、全てが位置情報を活用したサービスです。初期は単純な情報伝達に過ぎながった位置情報を活用したサービスが、今はジオフェンス技術と共にもっと高度化されています。

位置基盤サービス、ジオフェンシングとは。

最近多くの関心をもたらせているジオフェンシングは、

地理(Geographic)とフェンシング(Fencing)の合成語

で、使用者のファンス内の出入りの現状を知らせてくれるのが特徴です。

※この技術を利用したマーケティグをジオマーケティグといい、位置情報追跡技術のGPSを利用して仮想のファンスを構築し、ユーザーの出入りを知らせてくれる監視者の役割を果たします。

GPSとジオフェンシングは技術面では同じ原理ですが、活用面では少し異なります。

GPSは使用者の位置を点と線で表示させるが、ジオフェンシングは面で表示する。また、GPSは人を「位置」を、ジオフェンシングは位置の「範囲」、つまり仮想のフェンス領域を重要視します。

ジオフェンシングの作動はGPSと同じく、位置サービス使用についてユーザーの同意を基本にし、ユーザーが同意した場合なら、現在の位置から適切なサービスが提供されます。 例えば、ライブ会場ではイベント情報を知らせてくれるアプリが利用可能ですし、訪問したお店のアプリをダウンロードすれば、割引やお得な情報を得ることができます。

より多くの機能と情報を獲得したい場合、ユーザーがジオフェンスを直接設定することも可能です。

ジオフェンシングの機能があるiosアラームアプリの場合、アラームが鳴る場所を指定すると、該当する位置に到着した際、ほしいアクションを実行させる事が可能となります。

つまり

「あれこれ(if this, then that)」の命令で

「渋谷に着く10m前に〇〇へメッセージを送る」「家の100m以内に入ったらクーラーをつけて」

のような方式です。 こんな有用性のおかげでジオフェンシングは、モバイルアプリに限定せず各分野で多様に活用されており、特に運送業界では全国各地にちらばっているトラックをコントロールしたり、追跡が可能となっています。

企業は出退社の記録を自動化でき、現場社員の管理及び保安区域監視、資産追跡・管理などの目的で使用が可能です。ドローンを活用することも可能です。

企業が活用するジオフェンシング(ジオマーケティグ)

企業はジオフェンシングを

  • 消費者の現在位置を把握する
  • 一番近い店舗を教える
  • 必要そうな製品を案内する

といったことに利用しています。

一部の会社は競合の周りにジオフェンスを設置し、潜在顧客が境界線に接近したら他の店舗に行ってとのプッシュ通知を送るなど、ジオフェンシングを利用したマーケティグの競争は激しくなっています。

では一足速くジオフェンシングサービスを適用した海外事例を紹介していきます。

①コカ・コーラPersonal Road(イスラエル・2013)in オーストラリア

アプリを設置した後、自分の名前を入力すると自分の位置がコカコーラ看板へ近づく際に、自分の名前が看板に浮かぶようになっています。

②Meat Pack 「Hijack」プロモーション in グアテマラ

グアテマラのプレミアムスニーカー売り場の「ミットパック(Meat Pack)」は、消費者確保のためにジオフェンシングプロモーションの「Hijack」を実行しました。

競合の売り場にGPS機能を設置し、訪問顧客の位置を把握した後でショッピングアプリを通して「99%OFFクーポン」が獲得できるメッセージを転送、

特徴的なのは、99%だった割引率が1秒に1%ずつ減って行き、ミットパックの店舗に着いてからカウントダウンが止まるように設定されていました。

消費者はなるべく早く店舗に着くために全力疾走。

ミットパックは競合顧客を確保することに成功しました。 このキャンペーンで最大89%の割引率を獲得した消費者を含め、1週間で600人以上の参加を促すなど、既存ショッピングアプリを活用し、顧客達に楽しいブランド経験を与えることができました。

③映画「ベルリン」ポスター in 韓国

ベルリンという映画の公開日に合わせて行ったWi-FiポスターはPull形のジオフェンシングのマーケティグを活用した事例です。

このポスターはポスターが設置された近所に無料Wi-Fiスポットを提供し、人たちがこのWi-Fiスポットを通る際に自動でベルリンのWi-Fiが利用できるようにしました。

人々がベルリンWi-Fiを利用する際に

  • 予告編
  • 映画情報
  • イベント情報

などと接することになり、映画ベルリンはこのプロモーションでチケット販売が60%増加、ベルリンのサイト流入数が25%増加など、成功的なPRが行われました。

まとめ

ジオフェンシングはターゲットポジションが重要なスマートモバイル時代にかなり重要な意義を持っています。

過去話題になったプライベート侵害の問題を超え、分野を網羅して新しいインスピレーションをくれる技術は継続して発展していくはずです。

この技術を活用し、お客様に最高のマーケティングを提供していきましょう。