PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

水野 皓章

INTERNET ADVERTISING

【遂に日本でも】App Storeの検索広告「Search Ads」とは

WRITER

水野 皓章

株式会社PLAN-B 事業統括本部 インターネット広告事業部西日本

インターネット広告事業部西日本において、プランニング、広告運用、クリエイティブ関連と幅広い業務に従事。好物は、ユニークな企画やコンテンツを考えること。

目次
    1. Search Adsとは?
      1. Search Ads Basic
      2. Search Ads Advanced
    2. 他のプロモーション手段との違い
      1. 高いダウンロード率
    3. 配信イメージ
      1. 掲載場所について
      2. クリエイティブについて
    4. 設定やターゲティングの種類
      1. キーワード
        1. 01:推奨キーワード
        2. 02:広告グループのキーワード
        3. 03:広告グループの除外キーワード
      2. お客様のタイプ
      3. ユーザー層
      4. 地域
      5. 広告スケジュール
    5. まとめ:今がチャンス。Search Adsを始めてみませんか?

「アプリのダウンロード数が伸びない…」
「ダウンロードを促す広告を出しているけど効果が今ひとつ…」

このような悩みを抱えている企業様や担当者様は意外と多いのではないでしょうか。そんな皆様に朗報です。この度、2018年7月26日よりAppleから、iOS向けアプリストアである「App Store」上で検索広告を配信できるようになりました。

その名も「Search Ads

本記事ではそんなSearch Adsについて詳しく説明していきたいと思います。


Search Adsとは?

冒頭でも簡単に説明したとおり、App Store上の検索結果へ広告を配信できるサービスです。以前より、アメリカを始めとする海外諸国では提供されていたサービスですが、この度、ついに日本でもサービスの提供が開始されました。

このSearch Adsには「Advanced」と「Basic」という2種類のプランが存在し、それぞれできることや特徴が異なります。このパートでは、それぞれのプランの詳細や違いについて説明したいと思います。

BasicとAdvanced

Search Ads Basic

「プロモーションは行いたいけど、多くの時間をかけることができない」「簡単に広告配信を始めたい」といった方におすすめなのがこちらのSearch Ads Basicプランとなっております。

  • プロモーションを行うアプリケーション
  • 毎月の予算
  • 最大インストール単価

を設定するだけで、あとはこれらを元に自動的に広告配信が行われます。設定した予算や最大インストール単価に関してはいつでも変更が可能です。

課金方法はインストール単価型(CPI)であり、広告経由でインストールが行われた場合にのみ料金が発生する仕組みとなっています。現在こちらのプランはアメリカでのみ利用できるもので、日本では2018年8月23日にリリースされる予定です。

Search Ads Advanced

Search Ads Basicプランに比べて、細かい設定を元に配信を行うことができるのが、Search Ads Advancedプランになります。

設定できる内容やターゲティングに関しては後ほど詳しく説明しますが、大きな特徴としては「キーワード」や「ユーザー」の設定ができることです。キーワードごとに入札単価を決めることができ、柔軟なコスト設定を行うことも可能です。

課金方法はタップ単価型(=クリック単価型)であり、広告がタップされた場合のみ予算が発生します。最低出稿金額がないので、少額の予算、特定のキーワードだけでの出稿も可能です。

設定が細かくできる分、手間はかかりますが、運用次第ではより最適な配信をすることが可能になります。


他のプロモーション手段との違い

アプリのプロモーションを行う広告メニューや手法は以前から存在していました。では、それらと比べてなぜこの「Search Ads」が注目されているのでしょうか。

このパートではその理由となる、強みや特徴の部分ついて説明していきたいと思います。

高いダウンロード率

Search Adsの圧倒的な強みとして挙げられるのが「高いダウンロード率」になります。

ダウンロード率

引用:Search Ads

Appleによると、App Storeの検索結果からそのままアプリがダウンロードされる割合は65%。また、一足先にサービスが開始されていたアメリカでは、Search Adsの平均コンバージョン率は50%となっています。他のプロモーション手法を試したことがある方や広告運用の知識を持っていらっしゃる方はお解りかと思いますが、これは圧倒的に高い数字となります。

一般的なアプリのプロモーション手法が、コンテンツの閲覧中など、別の目的を持ったユーザーに対して広告表配信を行うのに対し、Search Adsでは、App Storeで検索中という、「今まさにアプリをダウンロードしようとしているユーザー」に対して広告配信を行うことが可能です。

このようなことが高いコンバージョン率の理由、そして他のプロモーション手法との圧倒的な違いであり、強みとなっています。


配信イメージ

ではApp Storeの「どこに」「どのように」広告が表示されるのでしょうか。このパートでは広告の掲載位置とクリエイティブについて説明していきます。

掲載場所について

掲載イメージ

引用:Search Ads

上記のように、App Storeの検索結果画面の一番上に表示されます。しかも広告枠は1つのみで、視認性が非常に高いのが特徴です。

クリエイティブについて

表示される広告の内容については、App Storeの製品ページ用に作成したメタデータや画像に基づいて自動生成されます。広告画像の入稿作業が簡略化されていることも、手軽に始められる要因の1つではないでしょうか。


設定やターゲティングの種類

前述したとおり、Search Ads Advancedプランでは詳細な設定やターゲティングをすることが可能です。設定できる項目としては主に以下のようなものになります。

キーワード

以下の3種類を用いてキーワードを設定することが可能です。

01:推奨キーワード

自社アプリと関連性の高い単語やフレーズをAppleが推奨してくれるもの。

02:広告グループのキーワード

独自で自由に入力、設定するもの。

03:広告グループの除外キーワード

広告を表示させないキーワード。キーワードの一致タイプ(マッチタイプ)としては下記の2つがあります。

  • 部分一致
  • 完全一致

デフォルトの一致タイプは部分一致となっております。また、「検索マッチ」をONにしておくことで、登録していないキーワードでも、Apple側がアプリと関連性が高いキーワードだと判断した場合に広告を表示することが可能です。

こちらを用いることで、新たなクエリの発見や広告の配信機会を増やすことができます。

お客様のタイプ

以下の4種類から選択することが可能です。

お客様のタイプ4つ

  • 新規ユーザー
  • すべてのユーザー
  • すでにアカウントのあるユーザー
  • その他の自社アプリのユーザー

Appleとしては「すべてのユーザー」での配信を推奨しています。

ユーザー層

広告を配信する「性別」と「年齢」の設定になります。性別に関しては「男性」「女性」「すべて」から、年齢に関しては1歳刻みでの設定が可能です。

地域

広告を表示する地域の設定になります。市区町村または都道府県での設定が可能になっています。

広告スケジュール

広告配信を行うタイミングの設定になります。配信開始日、終了日に加え、時間別、曜日別の配信スケジュールの設定が可能です。


まとめ:今がチャンス。Search Adsを始めてみませんか?

冒頭でも説明させていただきましたが「Search Ads」は、日本ではリリースされたばかりのサービスです。徐々に配信を始める企業様が増えてはいるものの、まだまだ競合が少ない状況であると言えます。

ぜひこの機会に利用することで、アプリのダウンロード数の増加、ひいては、貴社ビジネスの発展を目指してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、運用のノウハウや時間がないし…というそこのあなた。そんなあなたに、またまた朗報です。

弊社では、Search Ads Advancedプランの運用代行を行うことが可能です。弊社の広告運用のノウハウを活かした、緻密な配信設計やPDCAによって貴社ビジネスの発展をサポートします。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。