PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

サイトが危ない?アクセスが落ちた時に使える改善策

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム プロダクトオーナー

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. アクセスが落ちたかどうかはどうやって判断するの?
    2. アクセスが落ちた時の改善策 
      1. どのページから減少しているかチェックする
      2. リスティングで回復まで出稿する
    3. 今後同じ状態にならないようにするのはどうしたらいいか?
      1. たくさんのチャネルから集客する
    4. まとめ:アクセスが落ちたら改善と保持のどちらも大切!

自身で運営しているWebサイトにおいて、突然コンバージョンが減ってしまったということはありませんか?

Webサイトのテーマによってコンバージョンの内容は異なりますが、例えば「問い合わせの電話が減った」「資料請求が少なくなった」「来店が減った」などが挙げられます。このような現象は、Webサイトへのアクセスが落ちたことが原因で起こります。今回は、アクセスが落ちた際の改善策についてお話します。


アクセスが落ちたかどうかはどうやって判断するの?

ではコンバージョンが減ってきていると感じたときに、実際にアクセスが落ちているかどうかをどのように判断すれば良いのでしょうか?

その場合は解析ツールを利用してWebサイトへのアクセス数を確認しましょう。解析ツールの中で最も有名なのが「Googleアナリティクス」です。Googleアナリティクスは無料版でも十分過ぎる程の機能が付いていて、アクセス数を確認するためなら何不自由ありません。

Googleアナリティクスの設定を行った日から流入数をカウントすることができるため、アクセス数が減り始めた日にちが正確に分かります。

Google Analytics


アクセスが落ちた時の改善策 

アクセスが落ちたときには、まずはその原因を探る必要があります。原因を特定した後、アクセス数を増やすための改善を施していきましょう。

よくある原因の一つに、検索結果の順位が下落してしまうことが挙げられます。例えば今までは特定のキーワードで検索結果の上位に位置していたものが、2ページ目以降にサイトが表示されるとアクセスが大幅に減ります。

特に検索数の多いキーワードの場合は、減少の幅は更に大きくなります。オーガニック検索からのアクセス数が減っている場合には、まずSEOによる影響が無いかどうかを確認しましょう。

アクセス減少のよくある原因

どのページから減少しているかチェックする

漠然とサイト全体のアクセス数が減っていることが分かった場合は、次にどのページが大きく減少しているのかを特定しましょう。Googleアナリティクスでは、ページ単位でアクセス数を確認することが可能です。

特定のページのアクセス数が突然減っている場合は、SEOによる順位降下の影響、またはなんらかのエラーによりページ自体が表示されなくなっている可能性があります。前者の場合は順位が下がってしまったキーワードを意識した、SEO的な改善が必要となります。

最も効果的なのはテキストの追加やリライトです。現在のランキングアルゴリズムはコンテンツの内容を重視する傾向にあるため、検索意図に合わせたテキストの拡充により、サイトの順位を上げることができます。

SEOライティング方法はこちらの記事をチェックしてください。

リスティングで回復まで出稿する

 

オーガニック検索のアクセス改善策

オーガニック検索からのアクセスが減ってしまっている場合、SEOの改善が必要となりますが、テキストに修正を加えてから順位が上昇するまでに時間が掛かります。上位表示するまでの間に、リスティングを出稿することでアクセス数を補いましょう。

リスティングはGoogleやYahoo!の検索結果にある広告枠で、お金を支払うことでサイトを表示させることができます。また広告枠をキーワード毎に設定することが可能なので、順位が下がってしまったキーワードのアクセス数は、ある程度の回復が見込めます。


今後同じ状態にならないようにするのはどうしたらいいか?

例えサイトへの流入数が減ってしまったとしても、SEOの改善やリスティングを出稿することで徐々に元の数値へと戻すことはできます。しかしそれ以前に、今後同じ状態にならないようにすることが何より大切です。そのためには、SEO以外にもユーザーを集める方法を実施する必要があります。

たくさんのチャネルから集客する

さまざまなチャネルからの集客

先ほどリスティングを順位が回復するまでの補点として利用すると説明しまたが、広告にかける予算に余裕がある場合は、リスティングを集客のメインとして行うのが良いでしょう。リスティング+SEOにより、順位が落ちてしまう前よりもコンバージョン数を上げることも可能です。

またリスティング以外にも出稿可能な広告があります。それがDSPやアドネットワークです。これは複数のサイトにある広告枠へ出稿することができるサービスで、自社のサイトだけでは集めることのできないユーザーのアクセスを稼げるのが魅力です。

他サイトからユーザーを集めるということで言うと、アフィリエイトサービスも有効な手段の1つです。アフィリエイターが所有するWebサイトからアクセスを得るだけでなく、「資料請求」や「商品購入」といったコンバージョンに繋げやすいという特徴があります。

広告費をかけられないという場合は、twitterやfacebook、instagramといったSNSを活用しましょう。ユーザーの興味関心を惹く写真や企画によっては、SEOや広告費をかけた施策よりも多くアクセスを集めることができます。

このように沢山のチャネルからユーザーを集めることができれば、検索結果の順位下落によりアクセスを失ったとしても、大きな被害を受けることは無いでしょう。


まとめ:アクセスが落ちたら改善と保持のどちらも大切!

アクセスが落ちてしまうことでコンバージョン数に大きな影響を与えます。その影響を最小限に留めるためにも、原因となるページを即座に改善しましょう。

またアクセスを集める方法を一つに絞ることなく、多角的に集客をすることで一定数のアクセスを保持することも大切です。以上のことを意識し、日々のアクセス数を増やすように努めてください。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!