PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

SEOと滞在時間の関係性|ユーザー行動は順位に影響を与えるのか

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. SEOで滞在時間が見られているって本当?
    2. Googleはどう言っているの?
    3. 今後滞在時間はどう判断されるのか?
    4. まずSEOで意識するところ
      1. アルゴリズムリストにトップ3は存在しない
    5. まとめ:滞在時間はSEOに関係ないが改善は必要

SEOを考える上でまず理解すべきことは「検索エンジンのクローラーではなく、ユーザーの行動を意識する」ということです。SEOを勉強している人、または従事している人なら既に理解している内容だと思います。

ユーザーの役に立つコンテンツの提供こそが、検索結果で上位を獲得する鍵となります。しかし、ユーザーを満足させるようなコンテンツを本当に提供できているのか、皆さんも一度は悩んだことがあると思います。

質の高いコンテンツの判断基準はいくつかあります。例えば、特定の商品をPRする記事の場合、その記事を経由して購入に至った商品の数が参考になります。また、Webサイト内の滞在時間の長さもひとつの指標となります。今回はそんな滞在時間とSEOの関係について解説します。


SEOで滞在時間が見られているって本当?

Webサイトの滞在時間は、Googleアナリティクスなどの解析ツールで確認することができます。

滞在時間が長い方が、ユーザーをWebサイトに留めているという観点から良しとされています。そこでひとつの疑問としてよく挙げられるのが、滞在時間がSEOのランキングシグナルとして使用されているか否かということです。


Googleはどう言っているの?

この件について、2016年8月26日に公開された「Google Webmaster Central office hours hangout」にてGoogle社員により言及がありました。Google社員の見解としては「ランキングには直接影響しない」とのことです。

ただし、アルゴリズムの改良や、検索結果の品質を上げるためのアップデートに参考として利用することはあるようです。つまり、滞在時間が長いWebサイトだからといって、順位が上がるわけではありません。逆に短かったとしても、現状は順位を落としてしまうという問題は起きないようです。

滞在時間についてのGoogleの見解


今後滞在時間はどう判断されるのか?

現在は滞在時間が直接ランキングに影響していないとはいえ、今後はどうなるか分かりません。というのも、Googleは日々ランキングアルゴリズムに変更を加えています。

実際にアルゴリズムに改良を加える際の参考にしている以上、いつランキングシグナルとして扱われてもおかしくはないです。そうなる前に、事前に直帰率や滞在時間の改善に注力しておくことをお勧めします。

始めにお話ししましたが、SEOを成功させる秘訣はあくまでもユーザーに質の高いコンテンツを提供することです。直帰率が高くても問題はないとは言え、その状態を放っておいて良いというわけではありません。

滞在時間、直帰率への向き合い方


まずSEOで意識するところ

直帰率や滞在時間に関してはSEOのランキングに直接関係することは無いため、SEOで上位化を目指したい場合は、他のランキングシグナルを意識しましょう。ただし、Googleは検索順位を決定するために、正式に公表していないものも含めて200以上もの項目を利用しています。

下記サイトでは、その項目を網羅したリストを公開しています。

【2017年】検索アルゴリズムリスト200:Google検索順位要因

このようなリストを参考に、必要性が感じられる箇所を改善していくと良いでしょう。


アルゴリズムリストにトップ3は存在しない

しかし、200以上の項目を改善するとなると、気の遠くなるような作業が発生します。できる限り、その中で重要度の高い順に修正をしていきたいと考えると思います。以前、あるGoogle社員がランキングを決定するアルゴリズムの要因トップ3を発表したことがありました。

1番目にコンテンツ、2番目にリンク、3番目にRankBrainとなっていました。発表の後、ユーザーが改めてこのトップ3に関する質問をすると、Googleはその存在を否定しました。

否定した理由としては「検索クエリによって重要なランキングシグナルが異なるため」とのことです。

例えば、ある検索クエリで表示されるサイトの中には、リンクが全くされていないサイトや、PDFファイルが表示されることもあります。このようなサイトはトップ3とされている内容を満たしていませんが、上位化できています。トップ3の存在が無い以上、検索クエリ毎に重要と思われる項目を自分なりに考え、コツコツと改善を加えていく必要があります。


まとめ:滞在時間はSEOに関係ないが改善は必要

Webサイトの滞在時間が直接ランキングを左右することはありません。

これはGoogle社員による正式な発表がありましたので、まず間違いないでしょう。ただし、滞在時間が極端に短かったり、直帰率が非常に高い場合は、ランキング以前の問題として改善が必要です。ランキングを意識し過ぎて、重要な改善ポイントを見失わないように気をつけましょう。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!