Pinto!

企業のマーケティングを支援する「ピント!」

ライティング前に!SEOの競合分析ツールを駆使して上位表示を達成しよう

Writerライター

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B プロジェクト推進室 ビジネス開発

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、各種アライアンス構築活動を中心とした事業開発や、SFA/MAなどを駆使した営業支援業務に従事。

目次
    1. SEOで競合分析する理由
    2. 競合サイトを分析するには?SEOチェック項目を紹介します
      1. 1.記事数
      2. 2.インデックス数
        1. 「site:対象のドメイン」をGoogleで検索する
      3. 3.記事の平均的な文字数
        1. SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール
      4. 4.カテゴリー・タグ・ジャンルをチェック
      5. 5.更新頻度
        1. 「site:対象のドメイン」をGoogleで検索し、期間指定を選択する
    3. 目に見えない部分はツールで分析する
      1. SimilarWebを利用
        1. アクセス数
        2. トラフィック(流入経路)
        3. 検索キーワードと検索エンジンの割合
      2. Majestic SEO・Ahrefs・Open Site Explorerを利用
        1. 被リンク数
        2. SNSの人気度
      3. 気づかなかった他の競合サイトを最後にチェック
        1. MORE SITES LIKE(モアサイトライク)
    4. まとめ:SEOに競合分析は必要不可欠

「Googleが公表しているウェブマスター向けガイドラインに遵守したWebサイトを構築する」SEOで結果を出したいのであれば、必ず押さえておきたいものです。

しかしながら、このガイドラインに書かれていることは、あくまでもGoogleから評価を受けやすくなるという基本的なものです。更なる上位表示を目指すには、競合分析が必要不可欠です。


SEOで競合分析する理由

ではなぜSEOを考慮するうえで競合分析が重要なのでしょうか。

それは、検索結果で上位表示するということが、同時に他のWebサイトを追い越すということでもあるからです。自分のWebサイトの評価がどれだけ高くても、他のサイトがそれ以上に評価されているのであれば勝ち目がありません。

多くのアクセスを集めるには、狙っているキーワードで検索結果1ページ目に表示されている、10サイトよりも高い評価を得ることが大事です。


競合サイトを分析するには?SEOチェック項目を紹介します

単に競合分析をすると言っても、確認するべき項目が多数存在します。今回はSEOを最大化するために重要な、競合サイトの分析方法についてご紹介します。

5つの分析方法


1.記事数

キュレーションサイトや、ニュースサイトの様なテキストが中心となるサイトが競合の場合、記事数を確認しましょう。記事系のコンテンツはその質が一番重要となるため、単に数を多くすれば良いという訳ではありません。

しかし、上位表示しているサイトを比べることで、最低限必要な記事数が見えてきます。少なくとも、トップ10圏内に存在するWebサイトよりは、多く記事を増やすことを心がけましょう。


2.インデックス数

SEOにおいて最も重要なインデックス。その数を調べることは、全てのWebサイトにおいて大切な作業となります。こちらも記事数と同様に、数を増やすことだけを考えてはいけません。

ただし、インデックス数が多いWebサイトは、評価されやすい傾向にあります。また、ビッグワードではなく、ロングテールワードでの上位表示を増やすことにより、Webサイト全体の評価を上げることに繋がります。

Webサイトによってはインデックス数が万単位を超えるため、調査する際は以下の方法をお勧めします。


「site:対象のドメイン」をGoogleで検索する

「site:対象のドメイン」をGoogleで検索する

Googleの検索窓に、上記の様に「site:」の後ろに対象のドメインを入れて検索すると、検索結果上部にインデックス数が表示されます。

この数は実際の数値とは異なりますが、競合を分析する上で十分な参考値となります。 すぐにできる作業のため、一度チェックしてみてください。競合の強みだけではなく保有サイトの弱みも見つかるかもしれません。


3.記事の平均的な文字数

上位表示しているページのテキスト数を抽出し、平均の文字数を調査します。検索エンジンのロボットは、そのページがどのような内容なのかをテキストや画像などから判断しています。その中でもテキストが大部分を占めているため、記事の平均的な文字数がSEOの鍵となります。

少々時間が掛かりますが、上位化しているWebサイトの約100記事程チェックして平均を出すと良いです。文字数を確認する際には、以下の様なチェックツールを使用すると便利です。


SEO文字数(テキスト量)評価チェックツール

https://seolaboratory.jp/seotext/

SEO文字数チェックツール

上記のサイトでは、対象のページのURLを入力することでテキスト量を調べることができます。また、上位化させたいキーワードを入れることで、そのキーワードで上位表示させるために必要な「文字数」「単語数」「ユニーク単語数」が出力されます。テキスト量を増やす際の参考にしましょう。


4.カテゴリー・タグ・ジャンルをチェック

狙ったキーワードで上位表示している競合サイトのカテゴリー・タグ・ジャンルをチェックしましょう。これらはサイトのテーマを決める際の重要な指標となります。また、この様にテーマを細分化させることは、ユーザービリティの向上に役立ちます。

競合サイトが含めている内容は、自身のWebサイトにも入れておくことをお勧めします。カテゴリー・タグ・ジャンルはユーザーの検索意図のあるワードで設定しましょう。


5.更新頻度

競合サイトがどれくらいの頻度で更新しているかを確認します。更新頻度を上げることは、SEOにとってプラスに働きます。他サイトよりも定期的にコンテンツを更新するように努めましょう。

更新頻度は以下の様に調べることができます。


「site:対象のドメイン」をGoogleで検索し、期間指定を選択する

先ほどご紹介したインデックス数を確認する方法と同様に、「site:対象のドメイン」をGoogleの検索エンジンで検索します。その後、検索窓下部に表示される項目の中から「ツール」を選択すると、以下の様に期間を指定する7つの項目が表示されます。

期間指定

  1. 期間指定なし
  2. 1時間以内
  3. 24時間以内
  4. 1週間以内
  5. 1ヶ月以内
  6. 1年以内
  7. 期間を指定

通常の検索は「期間指定なし」がデフォルトの状態です。例えば「1ヶ月以内」を選択した場合は、その期間内に更新されたコンテンツのインデックスが表示されます。こちらも全てが反映される訳ではないため、あくまでも参考値として扱ってください。


目に見えない部分はツールで分析する

ここまで紹介してきたものはいずれもWebサイトや、Googleの検索結果から目視による分析が可能となります。しかし、その他目視では確認することができない数値を、ツールを利用して抽出することができます。

ここからは、競合分析ツールとしてよく利用されるものをご紹介します。


SimilarWebを利用

https://www.similarweb.com/ja

SimilarWeb

SimilarWebは、競合サイトを分析するツールとして有名です。このツールを使用することで、Googleアナリティクスで取得できるようなデータを見ることができます。無料での使用が可能ですが、有料版と比べると機能に制限が掛かります。

欲しいデータが無料で取得できない場合は、有料版へアップグレードしましょう。以下は、SimilarWebで利用できる機能の一部です。


アクセス数

競合サイトへのアクセス数を見ることができます。期間を指定して流入数を確認することができるため、検索結果の順位変動が激しい期間と、そうでない期間とでどれだけアクセスが変わっているかが分かります。大きな順位変動が起きた際に、自社サイトのみ大きくアクセスが落ちている場合は、他サイトと比較して足りないコンテンツを補う必要があります。


トラフィック(流入経路)

Webサイトの流入経路はキーワードの検索(オーガニック検索)によるものだけではありません。リスティングの様な有料広告や、被リンク元となるサイトからの流入(リファラ)など複数存在します。それらの流入経路がグラフとなって可視化されます。競合サイトがアクセスを集めるために、何に注力しているのかが一目瞭然です。「意外とSEOではなく広告に投資をしている」など、トラフィックの結果から読み取ることができます。


検索キーワードと検索エンジンの割合

流入している検索キーワードが表示されるため、競合サイトがどのようなキーワードでサイトへのアクセスを獲得しているかを把握出来ます。その結果次第では、SEOで狙うキーワードを変更することも1つの手段です。競合サイトが1位を獲得しているワードにも関わらず、ほとんどアクセス数を獲得できていない場合には、別のキーワードに注力しましょう。

また、どの検索エンジンからのアクセスが多いか、割合で確認することができます。現在は、Googleを利用するユーザーが多いですが、取り扱う商材や年齢層により使用頻度の高い検索エンジンが若干異なってきます。どちらかというとSEOよりも、広告を出す際の指標として役立ちます。


Majestic SEO・Ahrefs・Open Site Explorerを利用

次に、外部対策に関連する調査を行うツールをご紹介します。その代表格として挙がるのが以下の3つのツールです。

いずれのツールもトライアルで利用が可能です。3つのツールを比べて、使用しやすいものを有料版で利用することをお勧めします。


被リンク数

上記で挙げたツールは全て、競合サイトの被リンク数をチェックすることが可能です。数のチェックだけでなく、リンク元のサイトが確認できるため、どのようなサイトからリンクを受けることで良い評価に繋がるのかが判断できます。逆に、上位化を目的とした自作自演で作成した悪質なリンクを見分けることも可能です。ツールを利用して、より良質な被リンクを獲得するための参考にしましょう。


SNSの人気度

「Ahrefs」で利用できるコンテンツエクスプローラーを利用することで、ページ毎にSNSの人気度を測ることができます。競合サイトのどのコンテンツがSNSで拡散されているかが分かり、ユーザーから支持されるコンテンツ作りの参考になります。

多くのSNSはURLに自動でnofollowタグが付与されるため、被リンクとしての効果はあまり期待できません。しかし、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することはSEOの改善に繋がります。Webサイト利用者が支持する、競合サイトの人気コンテンツを調査しておきましょう。


気づかなかった他の競合サイトを最後にチェック

ここまでの説明で、SEOの改善に役立つ競合分析としては十分できたかと思いますが、「MORE SITES LIKE」を使用してもう一歩踏み込んだ調査をしましょう。


MORE SITES LIKE(モアサイトライク)

http://moresiteslike.org/

MORE SITES LIKE

その他に似た様な競合サイトがないかチェックします。このツールは検索キーワード、またはサイトのURLを入力することで、その内容に近しい競合サイトを確認することができます。競合分析というと、検索結果のTOP10圏内に入ってくるサイトだけを対象にしてしまいがちです。

しかし、日々のアルゴリズム調整による順位変動の影響で、明日には新たな競合サイトが上位化してくる可能性は十分にあります。新規参入してきた競合サイトが、どのような戦略でコンテンツを提供しているかを調査し、独自コンテンツの作成に役立てましょう。


まとめ:SEOに競合分析は必要不可欠

競合がひしめくインターネットの世界では、SEOの競合分析が必須となります。

ただ闇雲に模索するのではなく、必要な情報を整理し、適切な方法で競合分析を行いましょう。その分析結果を基に、ユーザーが求める情報をコンテンツとして反映させることができれば自ずとSEOは改善されます。

SEOコンサルティングの最新事例 サービスページはこちら

関連する記事を読む