アクセス解析で分かることは? 基礎知識とデータ分析のポイント

SEARCH WRITEサービス概要資料
今すぐ無料ダウンロード
SEARCH WRITEサービス概要資料
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. そもそも「アクセス解析」とは?
      1. 1.ユーザー情報やユーザーの行動が分かる
      2. 2.アクセス経路が分かる
      3. 3.ユーザーの利用環境が分かる
      4. 4.評価が高い/低いページが分かる
    2. アクセス解析を実施する目的と理由
      1. 1.Webサイトの現状把握するため
      2. 2.施策の効果測定を行うため
      3. 3.ユーザーの行動を把握するため
    3. アクセス解析に必要な準備事項
      1. STEP 01 : 自社サイトの目的を設定する
      2. STEP 02 : 具体的な目標を設定する
    4. アクセス解析データの分析ポイント
      1. 1.アクセスの有無やコンバージョンをチェックする
      2. 2.一定期間のデータを比較する
      3. 3.コンテンツの改善に活用する
    5. オススメのアクセス解析ツール5選
      1. 1.Googleアナリティクス/Google
      2. 2.Googleサーチコンソール/Google
      3. 3.シミラーウェブ/SimilarWeb
      4. 4.アクセス解析研究所/qualitte
      5. 5.SEARCH WRITE/PLAN-B
    6. まとめ:アクセス解析ツールを実施して自サイトの状況を把握しよう

Webサイトの課題を抽出する際の重要なプロセスである「アクセス解析」。アクセス解析を行うことでユーザーの属性や特性が明らかになるため、問題点の洗い出しや施策の改善に活かすことができます。しかし、アクセス解析のデータを活用するには十分な知識と理解が必要です。

そこで本稿では、「そもそもアクセス解析とは何か」「アクセス解析を実施する目的と理由」「オススメの解析ツール等、アクセス解析について幅広く解説していきます。アクセス解析はWebサイトの改善に欠かせないプロセスのひとつです。上手に活用して、成果につながるWebサイト運営を目指しましょう。

そもそも「アクセス解析」とは?

Webサイトにアクセスがあった「ユーザー数」「属性」「行動」等をデータログとして保存し、目的や状況に応じてそのデータを分析する工程を「アクセス解析」と言います。アクセス解析を行うことでWebサイトに訪れる人々の行動や実態を把握(ユーザー像を可視化)することができ、それにより課題点を洗い出して効果的な改善策が検討できるというわけです。データ収集は「Googleアナリティクス」や「Googleサーチコンソール」等で行い、必要な指標を選定して分析します。

ここからは「Googleアナリティクス」や「Googleサーチコンソール」を例に、アクセス解析で収集できるデータについて解説していきます。「Googleアナリティクス」や「Googleサーチコンソール」についてより詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

1.ユーザー情報やユーザーの行動が分かる

Webサイトにアクセスしたユーザーの年代や性別の割合、購買意向の強いセグメント(趣味趣向や購買傾向を基にしたデータ)ごとのユーザー属性が分類可能です。その他、ユーザーがWebサイトを離脱するまでの動きや、新規アクセスユーザー/リピーター、セッション数、滞在時間、閲覧経路など、一連の行動を追うことができます。

また、年代や好まれる記事の傾向等を解析してコンテンツの改善や強化に活用したり、ページの移動以外にも「ユーザーがどこでURLをクリックしたのか」といったコンバージョンに関する情報を解析したり。さらに、資料のダウンロードや動画の再生をはじめとした「イベントアクション」をキャッチするなど、ユーザーの反応を詳細に把握することができます。

2.アクセス経路が分かる

アクセス解析を実施することで、Webサイトに訪れたユーザーのアクセス経路が分かります。例えば、他社ブログ記事経由でのアクセス数計測や、広告配信によって得られるアクセス数などの効果測定、さらには改善や対策が可能です。

筆者の場合は下記のようにユーザーの参照元が表示されます。

  • Direct:直接流入(ブックマークやURLの直接入力など)
  • Generic Paid Search:有料検索
  • Display:ディスプレイ広告
  • Branded Paid Search:ブランド関連有料検索
  • (Other):検索やSNS以外のその他
  • Other Paid Search:その他の有料検索

また各流入元からのアクセス数も分かるので、どこからのアクセスが多いのかを特定することも可能です。「参照URL」の情報も残るため、自社のコンテンツが紹介されているWebサイトも把握できます。

サイト訪問者の流入経路に関しては以下の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

3.ユーザーの利用環境が分かる

Webサイトにアクセスしたユーザーの利用環境を把握して、Webサイトの改善に活かしたいというときにもアクセス解析が活躍してくれます。ユーザーが使用した端末(PC、スマートフォン、タブレット等)、ブラウザ(Google、Edge等)、OS等のデータを収集・分析することでアクセス数の多いデバイスやOSが明確になり、それら環境に適したデザインへと改善する手がかりとなります。

また、海外からのアクセスや国内の地域(都道府県)のアクセスエリアも分かるので、地域性の高い情報を発信しているWebサイトにとって有益な情報も収集できます。

4.評価が高い/低いページが分かる

アクセス解析によってアクセスが集中しているページを特定できます。Googleアナリティクスの「上位のランディングページ」やGoogleサーチコンソールの「ページ」等では視覚的に上位ページを知ることができ、さらに検索されているクエリや検索エンジン上での順位、クリック数や平均CTRも分かるので、評価が高いページやアクセスが集中しているページが分かります。

また、評価が高いページだけではなく「滞在時間が短いページ」や「直帰率が高いページ」といった評価が低いページの洗い出しも重要です。改善の余地があるページをリライトして、Webサイト全体のパフォーマンスを上げていきましょう。

アクセス解析を実施する目的と理由

アクセス解析の重要性を理解したところで、次に着手すべきは「アクセス解析を実施する目的を明確にすること」です。実施の目的を明確にすることで、データを解析する際に着目すべき指標が選定され、効率良く解析作業が進めることができます。以下でアクセス解析を実施する目的を3つ紹介します。

1.Webサイトの現状把握するため

PV数やセッション数等の数値でWebサイトの現状を把握することは、成果を上げるために必須です。アクセス解析の実施でWebサイトに訪れるユーザーの行動データ(新規/リピート等)や属性データ(性別、年齢、地域等)、環境データ(デバイス、OS等)といった蓄積されたデータを分析できます。

また、「Googleサーチコンソール」でアクセス時に検索されたキーワードも把握できるので、「狙ったキーワードで上位表示されているか」「記事の内容やタイトルに対してクエリとの乖離がないか」等が把握できます。ユーザー像を可視化することで、効果的な改善策を打ち出すことが可能です。

加えて、アクセス解析に関する専門用語を理解しておく必要もあります。「セッション数の減少理由を調べたい」「コンバージョン数が増加した要因を知りたい」などアクセス解析を行う目的は多岐にわたり、収集したデータから目的に応じて指標を抽出することが求められます。例えば、PV(ページビュー)の向上やUU(ユニークユーザー)の増加という指標がWebサイト全体に及ぼす影響なども、専門用語を理解しておくことでスムーズに理解できます。

■アクセス解析を行う際に知っておきたい基本的な用語の一例

  • PV(ページビュー):特定期間中にページが閲覧された回数
  • UU(ユニークユーザー):特定期間中にWebサイトを訪れたユーザー数
  • セッション数:特定の期間内にWebサイトに訪問したユーザーの訪問回数
  • ページ /セッション:ユーザーが1訪問あたりにアクセスしているページ数

2.施策の効果測定を行うため

SEO対策を行う上で「PDCAサイクルを高速で回すこと」はとても重要です。PDCAサイクルを回すプロセスで「施策の効果測定」を行う必要があるのですが、そこでアクセス解析が活躍してくれます。
 

例えばWebページの改善や修正を行なった際、アクセス解析を実施していれば施策前後の変化を時系列で解析して効果測定を行うことができます。多くのアクセス解析ツールは、リアルタイムあるいは1日程度のラグで解析できるため、ユーザーの反応の変化を速やかに読み取ることができます。

3.ユーザーの行動を把握するため

Webサイト内で何らかのコンバージョンを狙う場合、ユーザーのアクセスからコンバージョンまでの指標が重要になります。アクセス解析では、サイトにアクセスしたユーザーのページ移動やURLクリック、離脱するまでの行動を把握することが可能です。狙った道筋でユーザーが行動しているかの確認に加え、意外なルートからの流入が判明することもあります。

アクセス解析に必要な準備事項

目的によって分析すべき箇所が異なり改善施策も変わります。アクセス解析で収集したデータを活用するため、事前に準備を整えておきましょう。具体的な事前準備の手順は以下の通りです。

STEP 01 : 自社サイトの目的を設定する

「ブランドの認知度を上げたい」「資料請求の数を増やしたい」「ECサイトの売り上げ向上を目指す」等々、どのような目的でアクセス解析を利用するのかを明確にする必要があります。あらかじめゴールを明確にしておくことでアクセス解析のデータから見るべき指標が選定でき、効率的な改善施策の提案につながるからです。

STEP 02 : 具体的な目標を設定する

STEP 01で目標を設定したら、具体的な数値目標を決めていきます。アクセス解析で収集したデータは、主にKPIを達成するための施策や改善に活用していくことになるので、「KGI(最終的な目標)」を定めることはもちろん「KPI(中間目標)」の設定も非常に重要です。

例えば、受注数を増やすためにコンバージョン率の向上を目指す場合、KPIを「資料請求ページへのアクセス数を○%増」と設定します。これをアクセス解析の結果と照らし合わせて、改善施策の検討を具体的に進めていきましょう。

アクセス解析データの分析ポイント

ここまでアクセス解析の重要性を解説してきました。ここからは、初めてアクセス解析を取り入れた方でも取り組みやすいよう、収集したデータの活用法やデータの分析ポイントについて紹介します。

1.アクセスの有無やコンバージョンをチェックする

アクセスが多いページと少ないページを見分けることができ、「特定のキーワードで上位表示できているか」「実際にユーザーの反応があったか」といった成果が可視化されます。集客やコンバージョンなど目的に合った指標を確認することで、より効果的な改善施策を打ち出すヒントが得られるはずです。

2.一定期間のデータを比較する

アクセス解析ではまとまった期間でのデータ分析が重要です。「週単位」「月単位」といった一定期間を軸に比較することで、流入状況やコンバージョン状況などの様々な指標の推移が見えてきますツールによっては指定した数値に関するレポート作成機能もあるので、それらを活用して施策前後の変化に目を向けましょう。

3.コンテンツの改善に活用する

アクセス解析を実施することでデータに基づいた改善策や仮説を立てることができます。アクセス解析によって判明した具体的な数値を基に、客観的かつ効果的な改善策を練ったり、アクセス解析で得られた数値を活用してA/Bテストを実施して効果測定を行なったり。アクセス解析で得られたデータはコンテンツの改善に大いに役立ってくれるでしょう。

オススメのアクセス解析ツール5選

各社から様々なアクセス解析ツールが提供されています。気軽に実施できる無料のアクセス解析ツールか、それとも気が利いた機能でストレスなくデータが取得できる有料アクセス解析ツールか。各ツールの特徴や強みを知り、目的に合った解析ツールを選びましょう。

1.Googleアナリティクス/Google

「Googleアナリティクス」は無料のアクセス解析ツールながらも、高機能で幅広い計測が可能となっており、アクセス状況や集客経路、ユーザーの行動など一連の流れが解析できます。またレポートのカスタマイズ機能も備えており、目的に応じた内容を設定することが可能です。現在、「ユニバーサルアナリティクス(以下、UA)」と呼ばれる3世代目のバージョンと、次世代の「Googleアナリティクス4(以下、GA4)」の両方が提供されていますが、2023年7月1日(土)以降から「UA」のサポートを終了する旨のアナウンスされています。これから実施される場合は「GA4」のみか、「UA」と「GA4」の併用がオススメです。

引用:Googleアナリティクス/お客様のビジネスに適した分析ツールとソリューション – Google アナリティクス

「UA」と「GA4」の違いについては下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

2.Googleサーチコンソール/Google

「Googleサーチコンソール」は、Webサイトへのアクセス数と上位表示されているクエリに関するデータの計測ができるアクセス解析ツールです。Googleアナリティクスのようにアクセスユーザーの属性や行動は計測できませんが、ページへのアクセス数や検索キーワードの状況などの解析が行えます。また、Webページに発生している異常や問題点も通知してくれるので、セキュリティやペナルティに関する情報を知ることができます。同じくGoogleが提供する「Googleアナリティクス」との併用(連携)もオススメです。

Googleサーチコンソール:Google Search Console

「Googleサーチコンソール」の使い方は下記の記事で細かく解説しています。

3.シミラーウェブ/SimilarWeb


「SimilarWeb(シミラーウェブ)」は、イスラエルの企業が提供するアクセス解析ツールです。入力したWebサイトのアクセス概要やリファラー解析、検索流入数、訪問ユーザーの属性など、幅広い情報収集が可能となっています。また、Webサイトに設置するのではなくURLを入力して計測を行うので、自サイトだけでなく競合サイトの情報調査にも活用できます。機能に制限が設けられている無料版と、上限なく利用可能な有料版が提供されています。

SimilarWeb:サイトアクセス解析 | シミラーウェブ (similarweb.com)

4.アクセス解析研究所/qualitte

「アクセス解析研究所」は日本の企業が開発したアクセス解析ツールで、アクセス数やリンク元情報、検索キーワードやコンバージョンなどの一般的なアクセス解析に加えて、訪問ユーザーを追跡できるのが特徴です。日本で開発されているツールということもあり、操作画面や解析データなども日本人にとって親しみやすいデザインとなっています。現在、有料版と無料版が提供されています。

アクセス解析研究所:アクセス解析研究所・最強の解析能力を無料で (accaii.com)

5.SEARCH WRITE/PLAN-B

「SEARCH WRITE(サーチライト)」はPLAN-Bが開発したアクセス解析ツールです。「知識がなくてもすぐに使えるSEOツール」をコンセプトに、初心者でも簡単にアクセス解析ができるようデザインされています。重要指標の確認から対策すべきキーワード、上位表示されるための記事の書き方まで、アクセス解析に関連した様々な作業がこれ1つで完結。チームでの運用を前提としており、「タスクの進行管理機能」やチーム全員で編集・成果観測ができる 「ふり返り機能」も搭載しています。

SEARCH WRITE:本当に必要な機能だけを集めたSEOツール | SEARCHWRITE(サーチライト)

まとめ:アクセス解析ツールを実施して自サイトの状況を把握しよう

アクセス解析ツールの実施により、「どのようなユーザーが訪れているのか」や「どのようなページが人気なのか」等を知ることができます。さらに、Webサイト内でのユーザーの行動やコンバージョンに関する情報等も計測できるので、Webサイトの運用や改善には必須となるツールです。まずは一度設置してみて、その効果を体感してみてはいかがでしょうか。

成果に直結する、オウンドメディア立ち上げサービス