PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

MFI( モバイルファーストインデックス)の実装前にチェックすべき5つのポイント

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. もう目前!?実施間近の“モバイルファーストインデックス”とは?
    2. モバイルファーストインデックスで影響を受けるサイトって?
    3. 当てはまったら即対応しよう!モバイルファーストインデックスの実施前にチェックすべき5つのポイント
      1. 01.構造化データ
      2. 02.コンテンツの差異
      3. 03.ページネーション
      4. 04.タグ
      5. 05.モバイルフレンドリー対応
    4. まとめ

スマートフォンでの検索がPCの検索を上回るようになった現在、ますますモバイルへの取り組みが重要視されるようになりました。

Googleの検索アルゴリズムにおいても、これまで何度もモバイルフレンドリーアップデートをはじめとしたモバイルへの取り組みが行われてきましたが、ついに昨年2016年10月にGoogleのGary lllyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏によって近々“モバイルファーストインデックス”へ移行することが発表されました。

これは今までPC向けのページを評価対象としていた検索結果を、モバイル向けページを評価対象とする検索結果に変更するというもので、実施時期は未定ながらも今からの対応が必須なのは明らかです。

本コラムでは、この“モバイルファーストインデックス”について解説した上で、実施前にどのような対応を取るべきなのかを紐解いていきます。


もう目前!?実施間近の“モバイルファーストインデックス”とは?

これまでGoogleの検索エンジンはPCサイトの内容をもとにコンテンツの質を評価していました。これをスマホメインに置き換える方針転換が“モバイルファーストインデックス”(以下 MFI)です。

検索エンジンは、評価した情報をインデックス(データベース内に登録)し、それをもとに検索結果や掲載順位を決定しています。つまり、今後自社サイトが掲載上位を獲得するためには、スマホへの対応が必須に。

MFIの実施時期について正式な発表はまだないものの、一説では「2017年中には実施される」とも言われています。まだ対応が十分ではない、という企業は今すぐに対応へと着手して損はないでしょう。

モバイルファーストインデックス


モバイルファーストインデックスで影響を受けるサイトって?

では、具体的にどのようなサイトが影響を受けるのでしょうか?

MFIは「スマホをメインの評価対象とする変更」であるため、PCページのみで運営されているサイトや、スマホページへの対応が中途半端なサイトが大きく影響を受けます。

例えば主なコンテンツや構造化マークアップが大きく異なっているような場合や、レスポンシブデザインでもPCページとスマホページで表示されるコンテンツに大きく差がある場合、変更を検討する必要があります。

これまではPCサイトのコンテンツがメインの評価対象だったため、重要なコンテンツをPCページには用意している一方でスマホページには用意していない、という場合も問題はありませんでした。しかし、今までと同様に評価されたかったら、PCページとスマホページに差がないサイトにすることが必要不可欠となるのです。

評価されるページとは

PCページしか存在しない場合は、引き続きPCページのコンテンツが評価されます。ただし、その際もスマホユーザにとって見やすい・使いやすいかという視点が欠かせないため、できればスマホページも用意すると良いでしょう。


当てはまったら即対応しよう!モバイルファーストインデックスの実施前にチェックすべき5つのポイント

MFI実施前に対応を完了しておきたいポイントについて見ていきましょう。

MFI 5つのポイント

01.構造化データ

検索エンジンに容易にコンテンツの内容を理解させるために欠かせない要素が、構造化データによるマークアップです。PCページのコンテンツには施しているが、スマホページのコンテンツには施されていないケースが少なくありません。

両方ともに同じ構造化データが記述されているか、ユーザに見えるページがもれなくマークアップされているかチェックしましょう。

構造化データを設定する方法は、HTMLに直接追加する方法とGoogle Search Consoleの一機能である「データハイライター」などのツールを活用する方法があります。自社に適した方法を選択すると良いでしょう。

02.コンテンツの差異

特にBtoBビジネスをメインで行っている企業に多く見られるのが、PCページのコンテンツをスマホページでは省略してしまっているケース。

MFIが実装されれば、当然スマホにないページは評価されなくなるため、そのコンテンツで検索上位を獲得することは困難になります。今の内にPCページと同じコンテンツをスマホページにも用意し、両者に差がない状態にしていきましょう。

また、UXを考慮してアコーディオンで隠しているコンテンツについては評価対象となるため、「PCページのコンテンツをスマホページに用意することでUXを損なってしまう」と懸念されている方は、上手く工夫してみると良いでしょう。

03.ページネーション

スマホページにおいて、PCページよりも細かくページネーションしているサイトが多々見られますが、実はSEOの視点からは悪影響になっているケースも少なくありません。

基本的にはPCページとスマホページの長さを揃えるように心がけることがポイントです。ただし、どうしても揃えたくないという場合は、

rel=”prev/next”

をPCページ、モバイルページ両方に設置し、関連性を明記すると良いでしょう。

04.タグ

PCページとスマホページが別々のURLで存在している場合、検索エンジンから別のページだと認識されてしまうことで評価が分散し、順位低下を引き起こす可能性が高くなります。

canonicalタグ・alternateタグが適切に設定されているか、スマホページのタイトルタグ・ディスクリプションタグが適切に設定されているか(検索順位に影響はないですが、クリック率の影響が出ます)を見直し、しっかりと関連性が伝わる形にしていきましょう。

05.モバイルフレンドリー対応

MFI自体がスマホユーザの検索ニーズの増加をうけての変更であるため、そもそもモバイルフレンドリーになっているかは重要な要素。

モバイルフレンドリーになっていなければそれだけでマイナスになってしまいます。Googleが提供しているモバイルフレンドリーチェックツールを使って、チェックしておきましょう。

Google Search Consoleからもモバイルフレンドリーになっていないページの一覧を確認することができるため、登録しておくのもおすすめです。


まとめ

いかがでしたか?

本コラムでは、MFIの基礎知識に触れた上で、実施前にチェックすべきポイントについて解説しました。MFIは実施時期こそ未定ながらも、近い将来実装されることは明らか。早めの対策を心がけておくに越したことはありません。

この機会に自社サイトを今一度見直してみるのも良いかもしれません。

とはいえ、「自社だけでは満足に対策できるのか不安」という方も少なくないでしょう。そのような場合は、プロに頼ってみるのも1つの手です。ぜひお気軽にご相談ください。

その他のGoogle検索アルゴリズムアップデートについてはこちらを御覧ください。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!