PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2020.07.27

久野 将司

SEO SOLUTION

【2020年最新】MEO(ローカルSEO)対策にオススメの書籍3選!

WRITER

久野 将司

株式会社PLAN-B 東日本デジタルマーケティング本部 Webコンサルティング事業部 第一セールスユニット

2019年11月にPLAN-BにWebコンサルタントとして中途入社。
前職では、CM制作や運用・AD広告のディレクションからCROやLPOといった新規顧客獲得のためのあらゆるWebマーケティングを経験。
アフィリエイトの事業責任者とオウンドメディアを同時に2つ立ち上げの経験を持ち、プロダクト別の月ごとの獲得件数で過去最大を叩き出した実績があるため、新規顧客の獲得に関して幅広い提案を行うことが可能。
目次
    1. そもそもMEOとは?
    2. MEOを知るためのオススメの書籍3選
      1. ①Googleマイビジネス集客の王道〜Googleマップから「来店」を生み出す最強ツール
      2. ②儲かる飲食店に変わる「Googleマイビジネス」超集客術
      3. ③ゼロからはじめるお店にお客様が集まっちゃうGoogleマップの使い方
    3. まとめ

「店舗を持っている人はMEOをやった方がいい!」

そんなことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

ただ何から勉強すればいいのか分からない…。

そんな方のために今回は、MEO(ローカルSEO)やGoogleマイビジネスを対策するためにオススメの書籍を3つご紹介いたします。

そもそもMEOとは?

MEOとは、『Map Engine Optimization』の略称で、直訳をすると『マップエンジンの最適化』です。※ここでのマップというのはGoogleマップのことを指しています。

Googleマップ上で検索をした際に、自社にとって最適な結果を表示させるための施策のことで、Googleマイビジネスというツールを活用します。

Googleマイビジネスについて詳しく知りたい方は、こちらの関連記事をご覧ください。

参照:Googleマイビジネスとは|登録方法やO2O広告活用のヒント

MEOを知るためのオススメの書籍3選

①Googleマイビジネス集客の王道〜Googleマップから「来店」を生み出す最強ツール

本書は、ある程度GoogleマイビジネスやMEOについて知った上で読むことをオススメします。

おすすめの章は、2章の『店舗情報を効果的に掲載する方法』です。

MEO対策をするうえで、基本的な店舗情報をいかに効果的に見せていくかは来店していただくユーザー数を増やす上で非常に重要なポイントになります。その点の説明が簡潔に分かりやすく書いてありますので、項目ごとに実施していくことで基本的なMEO対策は網羅的に行えるでしょう。

また、特徴的なのは『競合に差をつけるための攻めのテクニック』についても記載されている点です。

MEO対策というのは、基本的なことを行うだけで大きな効果をもたらしますが、どの競合よりもユーザーを獲得したい!となると、細かいテクニックと緻密な運用をすることが求められます。本書ではその点も丁寧に解説しています。

そしてMEO対策本の中では珍しく、『お客様のためのライティング術』についても触れられております。

MEO対策では、情報の発信や口コミへの返信などによって大きくMEO効果が変わってくるため、お客様のことを第一に考えた文章にすべきです。なかなか文章力に自信がなく、お客様とどのようにコミュニケーションを取ればよいかが心配な方には非常に良いコンテンツかと思います。

その他にも効果的なテクニックや気になるQ&Aまで幅広く記載されているので、MEOやGoogleマイビジネスを知るための一押しの書籍です。

②儲かる飲食店に変わる「Googleマイビジネス」超集客術

この本を読めば、Googleマイビジネスの登録の仕方から活用方法まで幅広く理解することができます。Web知識がゼロという方でも、本書を読み進めることによってMEO対策に問題なく取り組めるでしょう。

MEOを業者に任せずに自分で行っていくための分析機能「インサイト」の使い方や、ユーザーがどのように検索し結果を目にしているかを具体的な例から理解することができます。

具体的に最低限どのようなことをすれば良いのかが第4章、第5章で明確に説明されており、Googleマイビジネス運用後のイメージが鮮明になるかと思います。

また、MEOと聞くとGoogleマイビジネスのみの活用を思い浮かべる方も多いですが、運用していくとSNSや自社ブログなどに力を入れていきたくなるものです。

SNSや自社ブログへの取り組み方についても本書は触れられており、基礎を覚えた後の多角的な展開もこの本一冊で補うことが可能になっています。

③ゼロからはじめるお店にお客様が集まっちゃうGoogleマップの使い方

本書の特徴として、超初心者向けに書かれているという点が挙げられます。

「MEOやGoogleマイビジネスについて分からない!Webの情報ではなく、書籍で1から勉強したい」という方に向いている書籍です。

「MEO対策をしたいけど面倒だな…。」という方は、本書を読むことでMEOに対する意欲が湧いてくるでしょう。

Googleマイビジネスに登録するためのキッカケ本として考えていただければと思います。ただその反面、ある程度MEOやGoogleマイビジネスを知っている人にとっては退屈な内容になりますのでオススメできません。

また、書籍に書かれている内容はWebサイト上で調べても出てくる情報がほとんどなので、『MEO 対策』『Googleマイビジネス 活用』などのキーワードで検索して出てきた記事をいくつか読むことで代用できると私は考えています。

まとめ

MEOについての知識はWeb上でも色々と知ることができますので、書籍と合わせて勉強してみることをオススメいたします。

MEOは奥深く、『上位表示するためのアルゴリズムはどうなっているのか?』『競合に打ち勝つにはどうすればいいのか?』など、知れば知るほど様々な疑問が沸いてくるでしょう。

「そんなに複雑なことは分からない!端的に効果が出ることだけやりたい!」

という方は、MEOについて下記の記事で簡潔にまとめておりますので、ご確認いただければ幸いです。

参照:MEO(ローカルSEO)って何?MEOのメリット・デメリットと5つの必須対策とは