PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2020.06.12

久野 将司

SEO SOLUTION

MEO(ローカルSEO)って何?MEOのメリット・デメリットと5つの必須対策とは

WRITER

久野 将司

株式会社PLAN-B 東日本デジタルマーケティング本部 Webコンサルティング事業部 第一セールスユニット

2019年11月にPLAN-BにWebコンサルタントとして中途入社。
前職では、CM制作や運用・AD広告のディレクションからCROやLPOといった新規顧客獲得のためのあらゆるWebマーケティングを経験。
アフィリエイトの事業責任者とオウンドメディアを同時に2つ立ち上げの経験を持ち、プロダクト別の月ごとの獲得件数で過去最大を叩き出した実績があるため、新規顧客の獲得に関して幅広い提案を行うことが可能。
目次
    1. MEOとは
    2. MEOとSEOの違い
    3. MEOのメリット
      1. ①MEOは無料で始められる
      2. ②MEOを実施している競合が少ない
      3. ③SEOに比べてMEOは対策難易度が低い
      4. ④Web上で検索した際にGoogleマップで表示されることが増えている
      5. ⑤ユーザーが行動を起こすまでが早い
      6. ⑥Googleマップ上で検索するユーザーのニーズは明確である
      7. ⑦上位表示されるまでの時間が短い
    4. MEOのデメリット
      1. ①Googleのガイドラインは絶対厳守である
      2. ②クチコミに悪評を書かれる可能性がある
      3. ③実店舗を持っていない企業は恩恵をそこまで受けない
    5. これだけはやっておきたい!MEO5つの対策
      1. ①NAPを記載する
      2. ②写真や動画を掲載する
      3. ③適切なカテゴリ群を設定する
      4. ④クチコミに必ず返信をする
      5. ⑤最新情報を更新するようにする
    6. MEO対策で気を付けるべきポイント
      1. ①企業名・店舗名にキーワードを盛り込むのはNG
      2. ②クチコミや画像などの投稿を第三者に依頼し報酬を支払うのはNG
      3. ③不快または不適切なコンテンツはNG
    7. まとめ


「最近、MEO対策がアツい!」「MEOをやらなきゃ損でしょ!」という話は聞くけど、具体的に何のことか分からない、、、そんな方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、MEOとは一体何なのかという解説から、MEOを行うメリットやデメリット、これだけはやっておきたい5つの対策についてお伝えいたします。

MEOとは

MEOとは、『Map Engine Optimization』の略称で、直訳をすると『マップエンジンの最適化』です。※ここでのマップというのはGoogleマップのことを指しております。

MEOは、Googleマイビジネスというツールを活用し、Googleマップで検索をしたときに自社にとって最適な結果を表示させるための施策と考えていただければ大丈夫です。

Googleマイビジネスってそもそも何?という方は下記の記事も合わせてご覧ください。
参照:Googleマイビジネスとは|登録方法やO2O広告活用のヒント

みなさんも一度は、Googleマップを使って検索したことがあるのではないでしょうか?

例えば、「東京駅 ラーメン」で検索をすると下記のような検索結果が出力されます。

今回は「東京駅 ラーメン」で検索をしたときの結果が表示されておりますが、「ラーメン 美味しい」「おすすめ ラーメン」などと検索した際にも自店舗が表示されるように対策していくのがMEOだとまずはざっくりと認識しておいてほしいです。

MEOとSEOの違い

よくMEOと比較されるのがSEOです。MEOは別名で『ローカルSEO』と言われることもあるため、混乱する方も多いかと思われます。

SEOとは、『Search Engine Optimization』の略称で、直訳をすると『検索エンジンの最適化』です。検索エンジンの最適化なので、GoogleやYahooなどの検索ポータルサイトなどでWebサイトなどを検索する際に、自社のWebサイトを上位表示させるための対策と考えてください。

ざっくりとですが、下記のように理解してもらえればと思います。

SEO⇒Webサイトを上位表示させる対策

MEO⇒Googleマップ上で競合より優位に表示させる対策

SEOについては下記記事で詳しく解説しているので、興味がある方はコチラの記事からご確認ください。
参照:【完全版】コンテンツSEOとは|本当にSEOに強いブログや記事の書き方

Web対策をするなら、SEOを!
実店舗の対策をしたいなら、MEOを!という具合ですね。

MEOのメリット

ではなぜ今MEOをする必要があるのか、MEOを行うとどんなメリットがあるのかについて7点お伝えします。

①MEOは無料で始められる

MEOが簡単に無料で始められることは大きなメリットです。GoogleマイビジネスというGoogleが無料で提供しているサービスのアカウントを作成し、必要な情報を記載するだけでも最低限の効果が期待できます。

②MEOを実施している競合が少ない

MEOをまだしっかりと行っている企業や店舗は少なく、競合が少ないのは大きなメリットです。Webサイトでは、多くの企業がSEO対策を行っており競争が激化しており勝ち抜くのはきちんと対策を行わないと難しい状況です。

それに比べMEOの認知度は低く、都内でもMEO対策を行っている企業は半分もいないでしょう。だからこそ、あなたが簡単なMEO対策をするだけで大きく集客を伸ばし利益を最大化できる可能性があります。

③SEOに比べてMEOは対策難易度が低い

上記でも述べているように競合が少ないので、施策対効果が非常に大きいのがMEOの特徴です。

SEOでは、上位にいけばいくほどクリックされる確立が高く1位を取るために競合としのぎを削ります。SEOでは多くの場合が各検索キーワードで1位を目指すわけですが、MEOでは必ずしも1位を獲得する必要はなく、10位以内に入れれば問題ありません。

通常、あなたがWebサイトを探すときを思い出してください。

実際に検索してみて、上の方に表示されているWebサイトを確認して疑問が解決すればそのまま満足をして離脱してしまうでしょう。つまりSEOで考えると、上位表示されなければほとんどの方がWebサイトを見てくれないわけです。

ですが、Googleマップ上で検索するときはどうでしょうか?もちろんSEOに比べて検索ニーズが明確なこともありますが、上に表示されたものを見ただけで離脱するユーザーは少なく、いくつか表示された候補の中から比較して意思決定をすると思います。

だからこそSEOのようにより上位表示を目指す必要はなく、10位以内に入ることが大切になるのです。

④Web上で検索した際にGoogleマップで表示されることが増えている

以前は、Googleなどの検索エンジンで検索した際にはほとんどのケースでWebサイトが表示されていました。ですが、現在ではユーザーのニーズに合わせてGoogleマップを表示することが増えています。

例えば、「練馬区 高校」といった『地域 × 〇〇』の検索キーワードで調べた場合、検索結果の上から2番目にはGoogleマップが表示されています。

nerima highschool

このようにGoogleマップからではなくても、Web上にGoogleマップが表示されクリックが発生することが日に日に増えているので、MEOは優先的に対策していく必要があります。

⑤ユーザーが行動を起こすまでが早い

SEO対策を行ったりリスティング広告を出したりするのは、Webサイトがあってこそ出来る集客方法です。ただWebサイトを作るのにも多大な労力と費用がかかりますので、誰もが簡単に作成することは出来ません。

しかもWebサイトを作っただけで集客するのは難しく、長い時間をかけてWebサイトの内容を補填していったりリスティング広告を最適化しながら、来店予約やお申込みなどのCV(コンバージョン)へ促すことが必要です。

それに比べMEOでは、WebサイトがなくてもGoogleマイビジネスに登録をするだけで簡単に集客までの導線をひくことが可能です。

※Webサイトがある方が信頼性の担保できユーザーの信頼が高まるのであるに越したことはありません。

また、Googleマップ上で検索をするユーザーはCVまでが近いユーザーなので、Googleマップ上に表示されている電話番号から電話をしてくれる可能性がWebサイトよりも高いです。店舗情報を見られることが、そのまま電話などに直結しやすいのもMEOの特徴と言えます。

⑥Googleマップ上で検索するユーザーのニーズは明確である

Googleマップで検索するときのユーザーの多くが、『地域名 + 〇〇』です。たとえば、「練馬区 高校」や「目黒駅 ラーメン」、「大阪 餃子」などです。このようなキーワードはユーザーのニーズは明確ですよね。

例えば「練馬区 高校」の場合、『練馬区には高校はどんなところがあるのか?』とユーザーが考えて検索したのが分かりますし、「目黒駅 ラーメン」の場合、『目黒駅周辺にあるラーメン屋を探したい!』というのが検索したニーズでしょう。

Web上で検索しているキーワードに比べて、Googleマップで検索するキーワードは対策がしやすいので、的確な対策を打ち成果に繋がりやすいというわけです。

こうしたユーザーの検索ニーズが明確なキーワードに対して対策が打てるのもMEOならではのメリットです。

⑦上位表示されるまでの時間が短い

Webサイトを上位表示させるためのSEOは、非常に多くの労力が必要になります。

サイト構造の見直し、内部リンクの最適化、必要なコンテンツの補充など挙げればきりがありません。今はSEOでWebサイトを上位化させるためのアルゴリズムは日々複雑になっており、自社のWeb担当者が対策をするのは手に負えません。

しかし、MEOはまだ始まったばかりの黎明期ですので、当たり前の対策をすれば顕著に効果を感じることができます。

SEOも黎明期の頃は簡単に上位表示することができました。なので、MEOは黎明期の今だからこそブルーオーシャンなのですぐに取り組んで恩恵を受けるべきなのです。

MEOのデメリット

①Googleのガイドラインは絶対厳守である

Googleが提供するコンテンツすべてにいえますが、Googleのガイドラインを守らなければ問答無用で検索画面に表示されなくなったり、アカウントを削除されることがあります。いわゆる圏外に飛ばされるという現象です。

せっかくとコツコツとGoogleマイビジネスのアカウントを育ててMEO対策していたのに、突如として検索画面から存在が消され、大きく集客が減少してしまうのです。

ただ、これは不正を行う業者や店舗への制裁になりますので、スパム行為を行わなければまず問題ないです。しっかりとGoogleが提示するガイドラインを読みそれを遵守していれば何も問題ありません。

参照:Googleマイビジネス ガイドライン

 

②クチコミに悪評を書かれる可能性がある

Googleマイビジネスのアカウントを作成し、MEO対策をしていくと『悪いクチコミ』を書かれてしまうことがございます。根も葉もないことを書かれた場合には、Googleに申請し削除をしてもらうことでクチコミを削除してもらえますが、基本的にはクチコミを削除することは出来ません。

ただ『悪いクチコミ』を書かれることはデメリットではありますが、ユーザーに誠意を伝える重要な場でもあります。

例えば、下記のようなコメントがきたとしましょう。

「人気のお店ということもあり、30分以上待たされ入店しました。ラーメン自体は美味しかったけど、店員の態度が最悪…。忙しいのは分かるけど丁寧な対応をしてほしかった。」

店側としては、書いてほしくないクチコミかもしれませんが、そのまま放置するのではなく、誠意を持って改善する意図をユーザーに返信で伝えることで、他のユーザーがクチコミを見たときにいい印象を与えることができます。

③実店舗を持っていない企業は恩恵をそこまで受けない

飲食店やアパレルなどは実際に店舗を持っており、Googleマイビジネスを活用することでMEO対策をした効果を実感しやすいですが、実店舗を持っていない企業の場合あまり恩恵を受けられない可能性があります。

例えば、ECサイトやPV数を増やすことで収益を出しているオウンドメディアの場合は、Googleマイビジネスに登録しても恩恵をあまり受けることができません。自社の状況を鑑みて行うべき施策かどうかは検討してください。

これだけはやっておきたい!MEO5つの対策

MEO対策を突き詰めると、どこまでやればいいのか分からなくなると思うので、これだけはやっておきたいMEO対策のポイント5つをご紹介させていただきます!

①NAPを記載する

NAPとは、『Name Address Phone』の略称で「店舗名(Name)」「住所(Address)」「電話番号(Phone)」のことを表しています。NAPの記載とは、基本情報について記載をするというただそれだけです!

ただ、この基本的なことでも行っていない店舗や企業が多いため、基本情報を記載するだけで一定の効果が期待できます。

また、NAPを記載する際に注意しなければならないのが、現在使われているものと整合性が取れているかを確認することと、Webサイトなどを持っている場合はGoogleマイビジネスのアカウントと自社Webサイトやリスティング広告などに記載しているNAPが完全に一致している必要があるということです。

表記もできるだけ同じようにすることを心掛けてください。

②写真や動画を掲載する

これも基本的なことですが、自社や店舗のことを表す写真や動画をできるだけ多様な種類を登録することが重要です。さまざまな写真や動画が掲載されていることで、ユーザーが興味を持ってくれる確率が上昇するので、興味喚起されるような素敵なものを用意しましょう。

ただここで理解しておかなければならないのが、Googleマイビジネスで写真や動画をオーナー(あなた自身)がしっかりと登録したとしても、一般ユーザーが投稿した写真も合わせて一覧に掲載されるということです。

よくいただく質問として、「一般のユーザーが投稿した変な写真を消したいんだけど、どうすればいいか?」というものがありますが、結論として消すのは難しいです。一般ユーザーが投稿した写真もオーナーが投稿している写真と合わせてランダムで表示されるので、順番を指定することもできないことは覚えておきましょう。

ただ、オーナーが設定した写真の方が一般ユーザーが投稿した写真や動画よりも優先して表示されやすいので登録しておくことは非常に重要です。

③適切なカテゴリ群を設定する

Googleマイビジネスには『カテゴリ』を設定できる箇所があります。カテゴリは登録する企業や店舗の『業種・種類』を設定できる機能です。

1分もあれば簡単に設定をすることが可能なので必ず設定するようにしましょう。

設定するときに誤ったカテゴリを選ばないように気を付けてください。間違ったカテゴリを選んでしまうと検索結果上にうまく表示されない可能性があるので注意が必要です。

セブンイレブンであれば「コンビニエンスストア」、みずほ銀行であれば「銀行」といった具合に設定しましょう。

④クチコミに必ず返信をする

MEOのデメリットとして、先述しております『悪評のクチコミ』に対しての返信はもちろんのこと、ユーザーが投稿してくれた貴重なクチコミには必ず返信をしましょう。

ユーザーに対して真摯に対応する姿勢を伝えることもできますし、クチコミへの返信はGoogleの評価ポイントとしても非常に高いため、忙しくても口コミの返信は対応することがオススメです。

ただ、大きな店舗で毎日大量のクチコミが投稿されるような場合、「すべてのクチコミに返信するのは無理…。」という方もいるでしょう。そのような場合にはルールを作って、返信するようにしてください。

【口コミに対する返信ルールの例】

良いクチコミ ⇒ 定型文のお礼文

悪いクチコミ ⇒ 定型文の謝罪文 + α

それ以外のクチコミ ⇒ 返信なし

といったようなイメージです。

一番良くないのが、返す時と返さない時があることです。

ただ、やはりすべてのクチコミに返信するのがベストではあります。ユーザーは勇気を振り絞ってクチコミを投稿してくれているケースもあるので真摯に対応しましょう。

⑤最新情報を更新するようにする

Googleマップ上で上位表示するためには、Googleマイビジネスの更新頻度も重要です。

対象のWebサイトを上位表示させるSEOでもそうですが、情報が最新かつ信憑性が高いものであることをGoogleは非常に大切にしています。

MEOでも同様に情報の信憑性が高く、最新のものであるかは上位表示されるための評価の指標の1つとなっております。

Googleも下記のように公式ページで言及しております。

“必ずすべてのビジネス情報を Google マイビジネスの管理画面に入力して、ユーザーにビジネスの内容、所在地、営業時間が表示されるようにします。入力する情報は、実際の住所、電話番号、カテゴリなどです。ビジネス情報は必ず最新の状態を保つようにしてください。”

“祝祭日や特別イベント向けの特別営業時間も含め、営業時間を最新の情報に保つことで、見込み顧客は営業時間を把握でき、安心して営業時間中に店舗を訪れることができるようになります。”

引用:Googleマイビジネス ヘルプ

ただ具体的にどれくらい投稿をすればいいのか迷われると思われますので、週に1回を目安に更新しましょう。

※Googleマイビジネスに登録すると、週に1度ほどGoogleから通知がくるため、仮説として週1回ほどの更新頻度をGoogleは臨むのではないかと考えています。

更新頻度がここまで重要なのは、以前Googleマップに表示されている店舗が、「閉店ばかりだ!」と問題になったことがあったからです。

そのため、最新情報をお届けすることで店舗を営業していることをアピールすることで上位表示されやすくなるわけです。

 

MEO対策で気を付けるべきポイント

簡単にできて集客効果も見込めるMEOですが、良いところだけではなく注意点も存在します。こちらを怠るとせっかくのMEO対策も無駄になりかねないので気を付けましょう。

①企業名・店舗名にキーワードを盛り込むのはNG

企業名・店舗名に『検索キーワード』を対策しようと思い、盛り込む方がいます。

<例>【おすすめの豚骨ラーメン全国1位】赤のれん 赤ビル店

といったように、キーワードを詰め込んでしまおうというケースがありますが、これは絶対にしないでください!

キーワードを詰め込んだことによって、スパム認定されるわけではないですが、やりすぎるとGoogleからペナルティを受け検索画面上に表示されなくなることがあります。

企業名や店名にはシンプルな名称のみを記載することがルールとしてあるので必ず守るようにしましょう。

②クチコミや画像などの投稿を第三者に依頼し報酬を支払うのはNG

まれにMEO業者が、クチコミ施策として『インフルエンサーに依頼し1件いくらでクチコミを書いてもらいましょう!』という話が持ち掛けられますが、絶対にやらないようにしてください。

クチコミや画像などの投稿を第三者に依頼をして、報酬を支払うというのはガイドラインの違反になります。

不正なクチコミ施策を行って、今は上手くいっていたとしてもいつか圏外に飛ばされてしまう可能性があるので気を付けてください。

正々堂々とサービスや提供するコンテンツの質を上昇させることでクチコミを上昇させ、ユーザーの満足に繋がるような取り組みをしていくことがベストです。

③不快または不適切なコンテンツはNG

Googleのガイドラインにもありますが、下記のようなコンテンツは不快または不適切だとされておりますので、絶対に記載しないようにしましょう。

・嫌がらせ、いじめ、差別にあたるコンテンツ。

・猥褻、冒とく的、侮辱的な言葉を含むコンテンツ。

・テロ関連のコンテンツ。

・性的な内容を示唆するコンテンツや露骨なコンテンツ。

・危険または違法な商品やサービスの販売に関連するコンテンツ。

・児童の搾取や虐待にあたるコンテンツ

引用:Googleマイビジネス ヘルプ

当たり前の内容のため、普通に運用していればこういったガイドラインに触れることはないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

MEOとは?というところから何をするとよいのかを解説してまいりましたが、実際に行動される方はそう多くはありません。自社の状況を鑑みたときにMEO対策をした方がいいかもしれないと思った方はいますぐ、Googleマイビジネスに登録してください。

今回の内容をまめると下記になります。

MEOは、今の黎明期の時期だからこそすぐにでもやった方がよい施策です。

Googleマイビジネスに無料で登録すれば、すぐに誰でも始めることができます。

もし始めるにあたって不安な方はぜひ一度下記お問い合わせフォームから弊社PLAN-Bまでご連絡いただければと思います。

MEO以外にも、SEOや広告運用、インフルエンサー施策など幅広くご相談に乗りますのでよろしくお願い致します。