PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2020.06.03

百々 雅基

SEO SOLUTION

リライトの効果実証!やはりリライトはメディア成長には欠かせない施策だった!

WRITER

百々 雅基

東日本デジタルマーケティング本部 Webコンサルティング事業部 マーケティングユニット マネージャー

パブリックDMP Juicerが保有する、3rd party dataの営業、データ加工、BIツールでの可視化、分析、クライアントへのプランニングを一貫して担当。
2019年7月からPDMチームに異動し、新規プロダクトの開発に携わっている。
マーケティングチーム、インサイドセールスチームの立ち上げも行い、現在両チームのマネージャーとして躍進中。Twitterを見る

目次
    1. そもそもリライトすると何が良いのか 
    2. リライトなしで伸長し続ける記事は全体の約24%
      1. 新規記事だけでメディアは伸びない
      2. リライト前提の心づもりをした方が良い 
    3. リライトによって効果が出た記事は全体の62.2%
      1. リライトした記事の8割は200%以上の伸長!
      2. 3,000%以上のセッション伸長も可能
    4. まとめ
    5. オススメのコンテンツSEOツール

オウンドメディアの運用における重要施策であるリライトについて、弊社で独自の調査を行ったところ、多くの方が想像しているであろう以上の結果を出すことができるということがわかりました。 

既存記事のリライトによって、実際何割の記事で成果が出て、どの程度セッション伸びるのかということが今回明らかになりました。 

新規顧客を獲得できるコンテンツマーケティングについて知りたい方はこちらから資料をご覧ください。
コンテンツマーケティングについてはこちら

そもそもリライトすると何が良いのか 

そもそもリライトをするとどういうメリットがあるのかおさらいしておきましょう。結論からいうと表示順位が上がり、大幅にセッションを伸ばすことができます。 

リライトとは、「すでにリリースされたコンテンツの改善」を意味します具体的には、記事コンテンツの本文を編集することや、タイトルを変更することを指します。 
リライトを行うことで、Googleからより高い評価を受け上位表示されるようになり、ユーザーからクリックされやすくなります。どういった内容にすればよいのかは下記の参考サイトをご覧ください。 

参考:コンテンツSEOをおさらいしよう!良質なコンテンツが上位化の鍵になる! 

リライトなしで伸長し続ける記事は全体の約24%

新規記事だけでメディアは伸びない

弊社で行った調査の結果リライトなしで伸長し続ける記事は全体の僅か24%程度ということが明らかになりました。

もちろんここでの記事はすべてKW設計に基づき、記事執筆のプランニングも行っています。SEOに精通したプロの設計があってやっと24%なので、新規記事だけで流入を増やし続けることがいかに難しいかわかってもらえるかと思います。 

新しくメディアをスタートした場合は、当分の間、新規記事を追加していくことになるかと思います。しかし、新規記事の追加はいつまでも行える訳ではありません。記事を書くべきテーマはどんどんなくなっていきます。また、コンテンツの内容が重複してしまうと、評価が下がってしまうことから、テーマを無理に見繕ってなんでもかんでも記事を増やすことはむしろ逆効果です。 

リライト前提の心づもりをした方が良い 

上記のグラフは公開後の記事がどのように伸長していくのかを表したものになります。 

前述のようにリライトなしで伸長する記事は全体のわずか24%に過ぎないことがわかりました。ここでいうと、記事E,記事Fがそれにあたります。 

およそ76%の記事は記事A~Cのように伸長しないか、記事Dのように伸長が6か月程度でセッション数が停滞します。時間もかけて10記事を書き上げても、そこから伸長し続ける記事は2,3本しかないということです。 

もちろん新規記事の追加はメディア成長には欠かせないですが、どれだけ時間をかけて丁寧に記事を作成しても、それが伸長するとは限りません。精度の高い分析のもと、新規記事は追加するにしても、その中から伸びない記事は出るものだと割りきって、リライトはするものだという前提は持っておいたほうがいいでしょう。 


リライトによって効果が出た記事は全体の62.2%

リライトした記事の8割は200%以上の伸長!

リライトによってセッションが伸びた記事は全体の62%でした。しかもリライトした記事のうち80%以上の記事はリライト前に比べて、200%以上の伸長を見せました。

この結果から一通りの新規記事をアップできた後はどんどん既存記事のリライトを行っていくことを強くお勧めします。

3,000%以上のセッション伸長も可能

下記のグラフは、リライト後記事のセッションがどのように推移したのかを示したものです。 

セッションの伸長がリライト前の3,048%という衝撃的な結果になった記事もありました。そのほかも905%、348%と大幅にセッションが増加していることがわかります。 

記事②と記事③については市場の変化に伴ってセッション数が低下傾向だったため、てこ入れとしてリライトを行うと、リライト実施後1か月後には成果が出始め、2か月後にはリライト前の200%以上のセッション数を達成しています。



リライトは新規記事を作成するときのように記事のテーマを探、ページの構成を0から考える、といった時間は必要としません。上位表示されているコンテンツと比較し、自社サイトに不足している要素について、独自の観点を加え加筆修正するといった手順になります。それで3000%以上のセッション増加も可能というのですから、リライトはかける時間に対しての効果絶大です。 

まとめ

ここまで、記事のリライトがいかに効果的であるかを説明してきました。ただ効果的とはわかってはいてもなかなか継続して行うことが難しいかもしれません。やはり後回しになりかねない作業だからです。

ツールの導入などにより、楽にリライトを実施して流入を増やすこともぜひ検討してみてください。コンテンツマーケティングでお困りの方、ツールの導入のご相談についてはこちらからお問い合わせください。

オススメのコンテンツSEOツール

SEARCH WRITEは、シンプルなUIで、SEOの課題分析・施策立案・効果測定を簡単に行えるコンテンツマーケティングツールです。

今までのツールでは機能がもの足りなかったり、逆に機能が多すぎて使いこなせなかったりすることがありましたが、SEARCH WRITEでは本当に必要な機能だけをプロが厳選しています。
そのため、SEOのためにコンテンツマーケティングをこれから始めようとしている方やSEOに知見が深くない初心者でも使いこなしやすいツールとなっています。

複数のユーザーが同時接続しても価格の変わらない「フリーライセンス制」やタスク管理機能も実装しているため、チーム全体でのKPIモニタリングや施策実行のタスク管理も可能となっています。

また実績5000社を超えるSEOコンサルタントがツールの運用支援からSEO戦略立案までをサポートするプランもあるため、インハウス化に不安のある方でも安心して使いこなせ、初心者〜中級者に大変おすすめのツールです。