PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2020.03.19

財前 裕一

SEO SOLUTION

ナレッジグラフを徹底解説!使いこなせば多くの流入に!

WRITER

財前 裕一

株式会社PLAN-B 事業統括本部 東日本営業部

2019年、新卒採用でPLAN-Bに入社。東日本営業部に配属。学生時代に台湾と中国の外交関係や中国の宇宙戦略など国際政治の分野を研究。入社後は東日本営業部にて世界レベルの仕事ができるようになれるよう日々奮闘中

 

目次
    1. ナレッジグラフとは
      1. 人物の場合 
      2. 会社の場合
      3. 作品の場合
      4. 場所から場所の場合
    2. ナレッジグラフのメリット・デメリット
      1. ナレッジグラフのメリット
        1. 検索結果の占有率が高い
        2. ユーザーの行動を可視化できる
      2. ナレッジグラフのデメリット
        1. 競合が多いと流入が難しい
        2. 自らナレッジグラフを編集することができない
    3.  強調スニペットとの違い
    4. リッチスニペットとの違い
    5. 自社の情報をナレッジグラフカードに表示する方法
      1. 1.Googleマイビジネスに登録
      2. 2.構造化データの利用
    6. ナレッジグラフカードの情報を変更する方法
    7. まとめ

Googleは検索結果の内容だけでなく、そのデザインも数々の変更を行ってきました。検索結果の右側に写真や地図などが大きく表示されるため非常に目立つものですが、ここに自社の情報を表示できることをご存じでしょうか?

今回の記事では、検索結果の右側に表示される「ナレッジグラフ(ナレッジパネル)」と呼ばれるものについて紹介していきます。


ナレッジグラフとは

ナレッジグラフとは、Googleの検索の右上に表示される画像や地図情報、簡単な説明などが集まったものであり、検索キーワードに関する情報をまとめて表示してくれる機能のことです。

ナレッジグラフは2012年に導入された機能であり、ユーザーが複数のサイトを見て回って、自ら情報を収集・整理しなくても、Googleが検索キーワードに関する情報をWEBサイトから収集し、表示してくれます。検索の対象によって表示内容の違うナレッジグラフをみてみましょう。

人物の場合 

例えば、「スティーブ・ジョブズ」で検索すると、以下のようなナレッジグラフが表示されます。

本人の顔写真や基本的な情報以外にも、生年月日や職業、名言までもが表示されます。このように、人物の情報が事細かに表示されます。

会社の場合

ナレッジグラフは会社の情報も表示してくれます。例えば、「PLAN-B」で検索すると、以下のようなナレッジグラフが表示されます。

会社の基本的な情報以外にも口コミや営業時間も表示され、質問をすることもできます。地図や営業時間、口コミなどは飲食店の検索をした際にはユーザーにとって大変必要な情報ですよね。

作品の場合

その他にも、映画やドラマといった作品についての情報もナレッジグラフで表示されます。

表示される情報はあらすじや基本情報だけでなく、出演者の顔写真や映画の評価もナレッジグラフ内で表示されます。またそれだけでなく予告編がYouTubeにアップされている場合は、予告編を見ることもできます。

場所から場所の場合

今の場所から目的地までどのようにいけば良いかを調べたい時にも役立つナレッジグラフがあります。

このようにある地点からある地点を検索すると経路を示してくれます。

車で行くのか、電車で行くのか、徒歩で行くのかも選べるのでルート検索アプリと同じような活用が可能です。

このようにナレッジグラフには検索キーワードに関係する様々な情報を、ユーザーが複数のサイトを回る必要なく表示してくれる機能になっています。


ナレッジグラフのメリット・デメリット

ナレッジグラフ導入のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

ナレッジグラフのメリット

検索結果の占有率が高い

ナレッジグラフはユーザーの行動を非常に促しやすいものになっています。

ページへ移動しなくても検索結果の画面のから移動せずに情報を得られ、直接予約などの行動に移しやすい構造になっているためユーザーは自然検索の順位の高いコンテンツよりもナレッジグラフに注目するようです。

またモバイル検索画面ではより顕著にその傾向にあるようです。

モバイル検索画面はナレッジグラフが以下の画像のように、検索結果の2位や3位よりも上に表示されるため、もしナレッジグラフカードに自社や店舗の情報を表示させることができれば、大幅な流入が見込めるでしょう。

実際にモバイル検索ではナレッジグラフカードが自然検索よりも視線を集めるという調査結果が出ているので、もしまだナレッジグラフカードへの表示を試みてない方は是非お試しください。

ユーザーの行動を可視化できる

登録をGoogleマイビジネスから行うことによって、自社の情報やサービス・コンテンツなどをナレッジグラフを表示してもらえるようになります。そうしてユーザーに位置情報や検索キーワードから、自社の情報がユーザーの求めているものであれば、ナレッジグラフに表示されます。

実際に表示されてユーザーがどのように行動したかはGoogleマイビジネスの管理画面から見ることができます。そこで、自社へのルート検索をどれくらいしたのか、電話を何回かけたのか、WEBサイトへどれくらい訪問したのかを確認することができるのです。

また、ユーザーはそのナレッジグラフに口コミを書き込むことができます。

そのようなユーザーの新鮮な意見は他のユーザーにも響きやすく、他のユーザーにも良い影響を与えることがあります。

ナレッジグラフのデメリット

導入することでマイナスを及ぼすようなデメリットはありませんが、以下のことは押さえておきましょう。

競合が多いと流入が難しい

ユーザーが検索をする際にラーメンを検索する際に「吉村家」と特定の名前で検索した際にはそのラーメン屋が1つだけナレッジグラフに表示されます。

しかし、「横浜 ラーメン」と検索した際には1つのラーメン屋だけでなく複数のラーメン屋が表示されます。そのため競合が多くなるとナレッジグラフの効果は分散されてしまうことになるでしょう。

そもそもこのトップ3つに掲載されなかったり、「さらに表示」の中にもなかったりすることもあるので競合が多いということはナレッジグラフからの流入が難しくデメリットなるでしょう。

自らナレッジグラフを編集することができない

ナレッジグラフはGoogleによる作成であるため、完全にGoogleに委ねられます。

そのため、適切な写真が掲載されるとは限りません。

このようにラーメン屋ならラーメンの写真をトップに掲載したいところですが、内装の写真がトップになってしまっています。

また、口コミはメリットとしてもありましたが、逆に悪い内容が書かれていれば他のユーザーのネガティブなイメージにも繋がりかねません。

このようなマイナス面も意識しながらナレッジグラフを活用していきましょう。


 強調スニペットとの違い

強調スニペットとは「○○とは」等の質問クエリを入力したときに、検索画面の上部に表示されるものです。質問に関しての回答を表示してくれる仕組みになっていているので、ユーザーにとっては求める情報をすぐにたどり着けるものとなっています。

ウェブサイト上のあらゆる情報をまとめて表示するナレッジグラフとは違い、強調スニペットはウェブサイトからの一部抜粋を表示させているものになります。

強調スニペットに関する詳細は以下の記事をご覧ください。

強調スニペットとは|検索結果の一番上に表示されるアレの正体:

https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/6575/


リッチスニペットとの違い

リッチスニペットとは、検索結果の下にある、ユーザーがページの内容や検索キーワードとの関係性を把握できる「スニペット」に画像やレビューを載せたものになります。 通常スニペットは文字だけなのですが、そこに画像やレビュー評価などの情報を載せるこでユーザーの目を引くことができます。

実際のリッチスニペットは以下のように画像がでてきたり、レビュー評価の星が表示されます。

リッチスニペットについて詳しく知りたい方はこちら:

https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/8806/


自社の情報をナレッジグラフカードに表示する方法

ナレッジグラフカードは検索結果の上部に表示されるので、サイト運営者にとっては、認知と集客の面で非常に魅力的です。

しかしナレッジグラフカードは、あくまでもGoogleのユーザーにとって便利な機能という前提があるので、企業や店舗がナレッジグラフカードを自分たちに有利なように編集することはできません。したがって、企業や店舗は「ユーザーにとって便利な情報」であることをGoogleに認識してもらう必要があります。

そのために行えることは二つあります。

・Googleマイビジネスに登録
・構造化データの利用

1.Googleマイビジネスに登録

Googleマイビジネスに自社や店舗の情報を登録することで、会社名や店舗名でのキーワード検索の場合、ナレッジグラフに表示されやすくなります。ネットビジネスなどの十店舗や住所がなくても登録できるので、まずはGoogleマイビジネスへの登録をお勧めします。

2.構造化データの利用

構造化データとは、サイトの構造となるHTMLのデータにタグ付けを行ったものになります。これによってクローラーや検索エンジンに、サイト内の構造や内容を把握してもらいやすくなり、ユーザーにとって有益な情報か否かを判断してもらいやすくなります。


ナレッジグラフカードの情報を変更する方法

ナレッジグラフカードに誤った情報が表示されている場合、Googleに変更依頼をすることができます。具体的にはまずナレッジグラフカードの代表者であることをGoogleに認識してもらう必要があります。その後、ナレッジグラフカード上部に表示される「変更提案」から訂正案をGoogleに送ることができます。具体的な変更に関する方法は以下のURLをご覧ください。


まとめ

いかがでしたでしょうか?ナレッジグラフのような機能以外にもGoogleは検索画面のデザイン変更を定期的に行っています。検索結果に対するアップデート以外にも情報収集を行い、変更点をうまく自社のメリットにつなげていきましょう。

SEARCH WRITE