PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.10.07

浅井千明

SEO SOLUTION

Web担当者必見!絶対失敗しない個人でできるオウンドメディアの立ち上げ方・作り方を徹底解説

WRITER

浅井千明

株式会社PLAN-B 事業統括本部 Webコンサルティング事業部

神戸大学発達科学部人間表現学科・同大学院を卒業後、2019年に新卒としてPLAN-Bに入社。
内定時は人事部にて採用活動の一部を担当。入社後はWebコンサルティング事業部配属。

目次
    1. オウンドメディアとは何か?
      1. オウンドメディアを含む3種類のWebメディアとは?
        1. ①オウンドメディア
        2. ②ペイドメディア
        3. ③アーンドメディア
      2. オウンドメディアのメリットとは?
        1. オウンドメディアのメリットその1
        2. オウンドメディアのメリットその2
        3. オウンドメディアのメリットその3
    2. 個人でもできるオウンドメディアの立ち上げ方・作り方
      1. オウンドメディアの立ち上げと作成に必要な項目とは?
        1. ①目的設定
        2. ②ペルソナ設定
        3. ③サイトのコンセプト設定
        4. ④トップページやカテゴリーページ、記事ページのキーワード選定
        5. ⑤コンテンツ制作
        6. ⑥CMSでビジネスブログを立ち上げる
      2. 失敗しないオウンドメディアに必要な要素とは?
    3. まとめ

近年、「オウンドメディア」という言葉が企業の間でも個人の間でもよく耳にするようになりました。

このページを見てくださっているみなさんの中にも、オウンドメディアを立ち上げようとしている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はオウンドメディアのメリットと、個人で立ち上げようとしている方のために、その作り方をゼロから徹底解説します。

オウンドメディアとは何か?

オウンドメディアを含む3種類のWebメディアとは?

まずオウンドメディアとは何なのかということですが、Web上にはそもそも次の3種類のメディアが存在します。     

①オウンドメディア

オウンドメディアのオウンドとは、「所有する」を意味する英語の「Owned」のことであり、企業が自社の情報を発信するために所有している専用のメディアを指します。
ここ最近では、商品やサービスを紹介するページだけでなく、オウンドメディアの中にスタッフが更新するブログやお客様からの声を発信する口コミ掲示板が設置されるなど、企業とユーザーとの心理的距離を縮めるためのコンテンツを含んでいるものが多くみられます。

オウンドメディアは運営する企業が所有するものなので、こうした商品やサービスの購入に一見直接的には関係なくとも、間接的に関係するようなコンテンツを取り入れることができます。  

②ペイドメディア

ペイドメディアのペイドとは、「支払う」を意味する英語の「Payed」のことであり、費用をかけて運用するリスティング広告やマス広告などに掲載するメディアを指します。     

③アーンドメディア

アーンドメディアのアーンドとは、「獲得する」を意味する英語の「Earned」のことで、ここでは顧客からの信頼や評判を獲得するメディアを指しています。具体的には、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSによって評判の獲得や口コミによる効果を狙うメディアのことです。 Web上では、これら3つのいずれかによって情報の発信や共有が行われています。 ではこれらのなかでも、オウンドメディアのメリットとは一体何でしょうか。

オウンドメディアのメリットとは?


オウンドメディアのメリットは大きく次の3つに分けることができます。     

オウンドメディアのメリットその1

一つ目のメリットは、「広告費を抑えながら顧客の信頼を得るために継続的な対策ができる」ことです。
先ほど述べた通り、オウンドメディアは完全に自社が所有している専用メディアであるため、広告費用が一切かかりません。

費用に限らず、字数やレイアウトにも制限がないため本当にお客様に届けたい自社の情報を最適な方法で、さらに継続的に発信することができるメディアです。
また自社内でしっかりと運用できれば、記事作成から入稿、訂正や修正といった一連の工程にも迅速に対応できるため、PDCAサイクルを速く回すことが可能です。

定期的に更新され、さらに顧客の知りたい情報が記載されたコンテンツとなれば、費用をかけずに顧客の信頼を獲得できる一つの手段となります。     

オウンドメディアのメリットその2

2つ目のメリットは、「見込み顧客を獲得することができたり、今いる顧客とさらに関係値を含められる」ことです。

オウンドメディアとアーンドメディアは企業とユーザーが直接コミュニケーションを取ることができる数少ない場所です。
そのため、現状はサイトの訪問だけにとどまっているユーザーをファンにさせ、将来の顧客へと導くこともできます。
さらにすでに顧客となっているユーザーに対しては、さらに密度の濃いコミュニケーションをとることで永続的な関係性を築いていける可能性も秘めています。     

オウンドメディアのメリットその3

3つ目のメリットは、「SEOの観点から、ユーザーからもGoogleからも評価の高い価値のあるサイトだと認識される」ことです。

現在のSEOにはコンテンツSEOという概念があるように、コンテンツの質やユーザーニーズとの適合性をかなり重要視します。
そのため、顧客の求める情報を発信し続けるサイトはユーザーにとって価値の高いサイトとなり、ユーザーにとって価値の高いサイトは結果的にGoogleのアルゴリズムに高評価を受けるサイトとなりえます。

また継続的で定期的な更新は、サイト本体の文字数を増やすこととなるため、そういった観点からもGoogleに評価され、掲載順位のアップを目指すことができます。

個人でもできるオウンドメディアの立ち上げ方・作り方

ここまででの内容で、オウンドメディアを自社で運営していくメリットと、将来自社サイトに与える可能性のある貢献性を感じていただけたかと思います。 ではここから早速、具体的な作成方法と重要項目をご紹介します。

オウンドメディアの立ち上げと作成に必要な項目とは?

前述の通り、自社でオウンドメディアを立ち上げることには多くのメリットがあります。 一方、オウンドメディアを立ち上げるには最低でも100以上の記事が必要だと言われるよう、そう簡単なことではありません。 ここではオウンドメディアの立ち上げに必要不可欠な項目をご紹介したいと思います。

①目的設定

オウンドメディアを立ち上げるには、自社内でまず組織体制を整え、記事コンテンツを書き、入稿、修正、再入稿、維持、管理…を継続的に行いながら日々更新しなくてはなりません。

大変な労力を要する中で最も重要となるのがこの「目的設定」ではないでしょうか。
ここで目的をどこに設定するかでそのあとの方向性も大きく変わります。

実際にオウンドメディアの目的には ・サービスのお問い合わせ数を増やすこと ・メルマガの登録者を獲得すること ・サービスの会員登録者を増やすこと ・企業や商品の認知を広めること ・採用を強化すること など、企業によって様々な オウンドメディアの目的が存在します。
立ち上げたメディアによって何を成し遂げたいのかを明確に設定しましょう。

②ペルソナ設定

目的が定まれば、次に誰に届けたいのかを考えるペルソナを設定します。 ペルソナ設定の際は、年齢、性別、居住地、勤務地だけでなく、 「共感マップ」というフレームワークを用いて、 ターゲットが抱えている悩みなどのインサイトまで分析しましょう。

ペルソナ分析に関してもっと知りたい方はこちらもチェック: https://service.plan-b.co.jp/blog/marketing/933/

ペルソナ設定の粒度を細かくすることで、 制作者の足並みもそろいやすくなり、 サイトテーマも一貫性のあるものにできるため、 結果的にユーザーニーズに適したメディアにすることができます。

③サイトのコンセプト設定

目的とペルソナが決まれば、サイトのコンセプトを決めます。 コンセプトというのは、「誰(ペルソナ)に対してどんなことを行ってくれるサイトなのか」というものです。

④トップページやカテゴリーページ、記事ページのキーワード選定

コンセプトまで設定されて、ようやくコンテンツ制作に向けて動き出します。

①~③が明確であればあるほど、 これ以降のメディアの質が高くなるので、 メディアの目的・ペルソナ・コンセプトは必ず納得がいくまで考えるようにしましょう。 キーワード選定において重要なのは、 ペルソナの心情や行動を基準に選定することです。 ペルソナはいつ、どこで、どんな心境でそのキーワードを検索するのか、 自社で伝えたい情報にふさわしいキーワードを選定するのはもちろんですが、 それ以上にペルソナになりきって、顧客視点でキーワードを設定することが コンテンツ制作の鍵となります。

⑤コンテンツ制作

いよいよターゲットに届けるコンテンツ記事を制作します。 ユーザーニーズに沿ったコンテンツを意識しましょう。

⑥CMSでビジネスブログを立ち上げる

キーワードを選定し、コンテンツ制作を終えて ようやくメディアの立ち上げが実現します。 WordPressなどのCMSを使って、チームで継続的・定期的に更新できる 仕組みを整えていきましょう。

以上の①~⑥までの工程を経て、ようやくオウンドメディア立ち上げが実現します。 ユーザーに有益なメディアを立ち上げ、自社にとってもユーザーにとっても WinWinのサイトを制作しましょう。

失敗しないオウンドメディアに必要な要素とは?

ここまで苦労して制作したオウンドメディアが 誰にも見てもらえず、すぐにたたんでしまうサイトになっては 苦労が水の泡となってしまいます。そこで、オウンドメディア立ち上げに失敗しないためには、 次の3つのことに注意することが重要です。

①すぐに結果を求めすぎて小手先の技法を用いないこと
②定めたペルソナ、ターゲット視点でコンテンツを考えること
③メディアの目的・コンセプトをぶらさないこと

立ち上げたばかりでは、この3つは当たり前に感じるかもしれませんが、 更新をくりかえす中で本来の目的を見失い、Googleからもユーザーからも評価されないメディアに衰退してしまうという例は少なくありません。この3つを遵守することは、Googleのアルゴリズムからの評価を結果的に担保するものでもあるので、必ず注意しましょう。

オウンドメディアの成功事例を知りたい方はこちらもチェック: https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/15219/

まとめ

様々なメリットがあるオウンドメディア。 ユーザーに誠実にコンテンツを更新していけば、 Googleのアルゴリズムにも評価をもらうことができ、 さらにユーザーにも運営者にとっても有益なオウンドメディアが完成されると思います。