PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.26

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

コンテンツSEOをおさらいしよう!良質なコンテンツが上位化の鍵になる!

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. コンテンツSEOとは
    2. コンテンツSEOのメリット
      1. 予算を掛けずに実施出来る
      2. 拡散性が高い
      3. ブランドの認知度を高める
    3. コンテンツSEOのデメリット
      1. 即効性が無い
      2. 定期的なメンテナンスが必要
      3. マイナス要素となる可能性がある
    4. 良質なコンテンツの作り方
      1. ユーザーが求めている情報を提供する
      2. 信頼できる情報を提供する
      3. 情報を詰め込み過ぎず、読みやすい形にする
    5. まとめ:良質なコンテンツを継続して作成し続けることが大事!

これからSEOに力を入れようと考えている方にとって「コンテンツSEO」は外すことの出来ない対策の一つと言えます。

Googleの度重なるアップデートにより、外部対策だけでなく、コンテンツSEOに対する評価も日々変化しています。現在の評価基準に則した対策を行う為にも、コンテンツSEOについておさらいしておきましょう。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、検索ユーザーにとって有益な情報を提供する記事系のコンテンツを作成し、SEOの評価を高める手法です。

ミドルワードやロングテールワードだけでなく、キーワードによってはビックワードにも有効で、幅広いキーワードに対応することが出来ます。

検索ユーザーの意図にマッチした記事を増やすことで、単体ページだけでなく、サイト全体のテーマ性も高まり、検索結果の上位を獲得し易くなります。

コンテンツSEOのメリット

SEO対策の一つであるコンテンツSEOですが、単に検索結果で上位化させる以外に、いくつかメリットがあります。

予算を掛けずに実施出来る

サイト内に良質な記事を投稿することが出来れば、コンテンツSEOは実施可能です。サイト運営者自身が専門的な知見を持っている場合、外部にライターを雇う必要もないので、予算を使うことなく始めることが出来ます。

またコンテンツSEOを実施するのに欠かせないGoogleアナリティクスや、Googleサーチコンソールなどは無料で導入出来ます。当然効果を出す為に、予算を掛けて専門のライターやコンテンツマーケティングに詳しい業者に任せるという手段もありますが、誰でも手軽に始めることが出来るので、自身で試行錯誤しながら進めるという方も少なくありません。

拡散性が高い

ユーザーが興味を持つ記事は、SNSやブログなどを通して拡散される可能性があります。拡散されることによりオーガニック検索以外のアクセスを獲得出来ます。

特に集客効果の高い媒体に転載されることで、今まで獲得出来なかったユーザー層にリーチします。商品やサービスそのものを知らなかったユーザーを獲得するには、拡散性の高い記事コンテンツを作成することもひとつの手です。また記事の拡散によって、自然な被リンクが集まり、SEO効果を高めることが出来ます。

ブランドの認知度を高める

コンテンツSEOの成功には、定期的なコンテンツの見直しと、継続して記事を作成することが重要です。その結果SEOの順位が上がりつつ、コンテンツの量も増えていき、ユーザーがサイトに訪れる機会も自然と増えていきます。

そこで初めてブランドを認知させることが出来ますし、専門分野におけるサイトの立ち位置を確立することにも繋がります。コンテンツSEOはブランディングの一環として、非常に強力な手法と言えます。

コンテンツSEOのデメリット

メリットだけ聞くと、SEO対策として万能なコンテンツSEOですが、デメリットも存在します。

即効性が無い

これはSEO全般に言えることですが、施策を始めてから効果が出る(上位化する)までに時間が掛かってしまうというデメリットがあります。

特に立ち上げたばかりのサイトとなると、効果が出始めるまで半年から1年は見積もっておいた方が良いです。すぐに結果を出さなければならないという場合は、リスティングなどのWEB広告を利用してアクセスを集めるといった対策が必要です。

定期的なメンテナンスが必要

有益なコンテンツを作り続ける且つ、一度作成した記事を更新する作業が必要です。検索結果は日々順位が変動しているので、上位化したからと言って記事をそのまま放置していては、徐々に順位が低下してしまいます。

そこで定期的に記事を確認し、新しい情報があれば追記するなど、更新をかけなければなりません。根気よく記事のメンテナンスを行うには、コンテンツ作成の専任を付けるなど、人員を割けるだけの余裕がなければ成立しないでしょう。

マイナス要素となる可能性がある

コンテンツSEOを実施するうえで、最も注意しなければならない点が、記事の質を意識することです。キーワードの網を広げる為に、とにかく記事を量産するという行為は、SEOにおいて逆効果となる可能性があります。

2017年にGoogleにより施行された、医療や健康に関するアップデートにより、質の伴わない記事を量産していたサイトの順位が軒並み落ちました。この頃からあらゆる分野で、コンテンツの質が問われる様になりました。以前にも増して、評価される記事を作成することが難しくなっています。

良質なコンテンツの作り方

コンテンツSEOのメリット、デメリットを理解したうえで、評価を受けやすい良質なコンテンツを作るにはどうしたら良いのでしょうか?

ユーザーが求めている情報を提供する

良質なコンテンツ作りの第一歩として、最も大切なのがユーザー目線で記事を作成することです。SEOとなるとどうしても「キーワード出現頻度」や「適切な文字数」など、検索ロボットを意識してしまいがちです。

しかし、本当に記事を読んでもらいたい相手は他でもないユーザーなので、狙ったキーワードに対して適切な情報を入れられているかどうかをという目線で記事の内容を考えましょう。

信頼できる情報を提供する

ユーザーが求めるものだけを追求すると、つい過激な表現や、脚色した情報を取り扱いたくなってしまいます。しかしそれでは記事の質を落としてしまう恐れがあるので、高品質な内容を維持する為には、正しい情報を伝えることが大切です。

またその分野において、信頼のおけるポジションを確立出来ているかどうかが重要になります。これは一朝一夕には構築出来ないものなので、まずは専門的な知識を有する方の意見を取り入れて、専門性の高い記事を投稿し続けると良いでしょう。それにより時間をかけて、信頼できるサイトとして構築されていきます。

情報を詰め込み過ぎず、読みやすい形にする

とにかく情報を詰め込み、文字数を稼ぐということはやめましょう。あくまでも適切な文字数かつ、必要な情報のみを記載することが大切です。読みやすさを向上させる為に、目次や見出しを設け、必要な情報を速やかに見つけられるようにします。

また文字だけでは伝えきれない情報は、画像や動画などのコンテンツを利用します。自身で記事を読み返して分かりづらいと判断した箇所は、積極的に修正する様にしましょう。

まとめ:良質なコンテンツを継続して作成し続けることが大事!

良質なコンテンツを作成することは、簡単なことではありません。どれだけ時間と労力をかけて作成した記事でも、検索結果の順位が振るわないこともあるでしょう。

それでもコンテンツSEOを成功させるには、とにかく記事の質を高めるしか方法がありません。順位が上がるまで粘り強く記事の更新、作成を続けることが大事です。