PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

山下 由依乃

SEO SOLUTION

Google for Jobsをコーポレートサイトに導入してみた

WRITER

山下 由依乃

株式会社PLAN-B システム開発本部 プロダクトユニット フロントエンドグループ

クリエイティブユニットにてHTMLでのサイト制作とCMSのサイト構築を担当。現在はシステム開発本部にて新規プロダクトのフロントエンドの開発に携わる。Vue.jsに弄ばれている光の戦士。

目次
    1. 【求人ページをGoogle for Jobsに最適化するために必要なもの】
      1. 1.1つの求人に対して、1つの情報ページを用意
      2. 2.求人情報の構造化データを設定する
      3. 3.求人ページが検索でインデックスされる状態にする
    2. 【構造化データを求人詳細ページに埋め込む】
      1. 構造化データに掲載するデータの選定
      2. Google for Jobs必須コード
      3. 掲載情報
      4. 構造化データの作成
    3. 【WordPressでの運用見本】
      1. 構造化データに使用できる入力データ一覧
    4. 【構造化データ テストツールで設定データを確認する】
      1. 既にサイトを公開している場合は、ページURLを入力してテストを実行します
      2. サイトが非公開の場合や構造化データの書式の確認を行いたい場合は、コードスニペットにソースコードを入力してテストします。
      3. テスト実行ボタンを押すと、コードのテスト結果が表示されます。
      4. 問題がない場合
      5. 問題がある場合
      6. 設定内容のプレビュー
        1. ◆求人一覧
        2. ◆求人詳細
    5. 【サイトマップをGoogleに送信する】

2019年1月、Googleの新機能、Google for Jobsが日本でもリリースされました。
Google for Jobsとは、Googleが提供する求人検索機能です。
ユーザーがGoogle検索を用いて求人情報を検索すると、その検索結果ページ内に検索条件にマッチした「求人情報の一覧」が表示されます。

詳しくは、こちら「参考記事:検索エンジンに求人してもらう方法~Google for Jobs(Googleおしごと検索)は使える?」 もご覧ください。

PLAN-Bも以前から注目していたサービスなのですが、このたび求人ページに対してGoogle for Jobsへの対策を完了しました。
今回はその内容をまとめさせていただきます。

【求人ページをGoogle for Jobsに最適化するために必要なもの】


Google for Jobsは、AnalyticsやSearch ConsoleのようにGoogle上の専用の管理画面で設定を行うわけではありません。
また、たとえGoogleの検索結果に求人ページが載っていたとしても、それだけではGoogle for Jobsの表示枠には掲載されません。
Google for Jobsを利用するためには、求人を掲載したウェブページからGoogleに対して「必要な情報」を「必要な形」で送信する必要があります。

そのために必要な作業は大きく3つあります。

1.1つの求人に対して、1つの情報ページを用意


掲載された求人は検索ページ内で詳細を見ることができます。
そのなかには、情報の元ページへのリンクボタンが設定されます。
適切な求人にユーザーを誘導するためにも、一覧ページではなく求人それぞれの個別1ページを用意する必要があります。

求人票

2.求人情報の構造化データを設定する


構造化データとは、htmlソースコードに「これはGoogle for Jobsに掲載したい項目である」という意味を持たせるものです。
Google for Jobsに掲載したい情報、すなわち「求人タイトルはこれである」「勤務地はこれである」「基本給はこれである」と、Googleが判断できる“整理した情報”を送るためのテンプレートとなります。

3.求人ページが検索でインデックスされる状態にする


Google for Jobsに掲載される情報は、Googlebotのクロール時に取得されます。
robots.txt ファイルや robots メタタグ、htaccessなどロボットのクロールが除外されている場合には解除をしてください。

【構造化データを求人詳細ページに埋め込む】


では、実際に構造化データをWebページへと記載しましょう。
前項目の「1」で記載いたしましたが、1つの求人に対して1つのページの準備を行います。

そのページに掲載されている情報を、構造化データとして埋め込みましょう。

構造化データに掲載するデータの選定


構造化データはGoogleに情報を渡すための、情報のセットです。

2019年3月時点では、構造化データに必須とされている下記の情報が記載されていればGoogle for Jobsに掲載されると言われています。
必要な書式に沿って、下記の情報を入力すればGoogle for Jobsに掲載できるということです。

Google for Jobs必須コード


◯title(職種)
◯description(求人詳細・募集要項)
◯datePosted(投稿日)
◯validThrough(求人の有効期限)※有効期限がある場合のみ必須
◯hiringOrganization(募集企業)
◯jobLocation(勤務地)

これらの掲載可否・必須項目など内容の判断はGoogleの独自AIで行われており、掲載される項目は今後変化すると予測されます。
そのため、現時点で言えることとしては、表示されない設定項目も、仕様に沿った形でより多くの項目をマークアップしておくことを推奨します。

PLAN-Bでは必須コードにプラスして、下記の情報をGoogleへ送信することにしました。

掲載情報


◯求人タイトル
◯求人公開期限
 ・求人開始日
 ・求人終了日
◯求人企業
 ・株式会社PLAN-B(大阪)or株式会社PLAN-B(東京)
 ・各拠点の住所
 ・求人を掲載しているコーポレートサイトURL
◯募集要項
◯基本給
 ・給与額を幅で指定する場合、最低給与額~最高給与額を指定
◯給与タイプ
 ・時給/日給/週給/月給/年給
◯雇用形態[複数指定可]
 ・正社員/パート、アルバイト/契約社員/一時的な雇用 /インターンシップ /ボランティア /日雇い /その他
◯勤務時間

構造化データの作成


項目が決まればそれを構造化データの形に整形します。
下記にPLAN-Bで使用している構造化データを元にした見本を記載します。
分かりやすいように求人により異なる項目は【】で囲んでおります。

◯構造化データ見本

Google for JobsではJSON-LDフォーマットの宣言が必要ですので、情報は必ず <script type=”application/ld+json”></script>の間に記載し、フォーマットを守ってください。
掲載する情報はページの中に上記のソースが埋め込まれていればOKです。
記載場所は限定されておりません。 head内、body内のどちらにでも記述可能です。

なお、PLAN-Bの求人ページはWordPressで管理しております。
そのため、管理画面から求人毎に入力内容が変更出来るようにGoogle for Jobsの設定項目の追加も行っています。

【WordPressでの運用見本】

wordpress運用見本

構造化データに使用できる入力データ一覧


上記の例ではPLAN-Bで使用している項目のみを記載しましたが、Google for Jobsにはその他にも指定できる項目があります。
その他項目の一覧は下記に記載します。
※すべて記入する必要はありません。前項目のように必要に応じて設定を行ってください。

入力データ一覧

※上記画像「構造化データに使用できる入力データ一覧」テーブルのデータ
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1Yv9f_o9PpeYeAORDu4nsVCiXQRylGrojdfhOCLee1Mc/edit#gid=0

【構造化データ テストツールで設定データを確認する】


求人ページに構造化データを出力できたら、正しくGoogleが読み込み込めるかをテストツールでチェックします。

URLを入力するか、構造化データを含むソースコードを入力することでコードのテストを行うことができます。
チェックにおいて必要項目が抜けている場合や、タグの不備がある場合にはエラーの確認もここで行えます。

構造化データ テストツール:https://search.google.com/structured-data/testing-tool/u/0/

既にサイトを公開している場合は、ページURLを入力してテストを実行します

構造化データリスト

サイトが非公開の場合や構造化データの書式の確認を行いたい場合は、コードスニペットにソースコードを入力してテストします。

ページ全体のソースが揃っていなくても、<script type=”application/ld+json”></script>括った構造化マップコード部分だけでもテストが可能です。

構造化データテスト2

テスト実行ボタンを押すと、コードのテスト結果が表示されます。

テスト結果

問題がない場合

問題ない場合

問題がある場合

問題がある場合


エラーや警告の必要のある項目を含む場合、該当の値を同ページ内で確認することができますので、構造化データの修正を行ってください。
※上記例では、給与を下限~上限の範囲設定しているが、基本給与となる必須の値を設定していなかったために警告が出た。


プレビューボタンを押すことにより、Google for Jobsの表示形式に則った表示確認を行うことができます。

設定内容のプレビュー

◆求人一覧

求人一覧

◆求人詳細

求人詳細


※プレビュー時点では下記の情報はダミー情報で表示されます。本反映後確認をします。
 ・提供元(support.google.com)
 ・企業ロゴ
 ・詳細ページへのリンク

【サイトマップをGoogleに送信する】


構造化データに沿ってマークアップを完了したあと、そのデータをGoogleに送信する必要があります。
クロール開始後自動で登録が行われますが、リアルタイムでの収集は行われません。
Google Search Console(旧・ウェブマスターツール)にsitemap.xml登録し、最新の情報をGoogleに送ってください。

最新情報をGoogleが取得すれば、Google for Jobsの設定はすべて完了となります。

◯Search Consoleから
2018年12月時点でバージョンアップした、Fetch as Googleの使い方です。
Fetch as Googleでデータを送信することで、追加や編集したページの情報をGoogleにクロールのリクエストを行います。

1、[URL検査]を選択後ページ上部のフィールドにGoogleに送信するURLを入力

サーチコンソール画面1


2、[インデックス登録をリクエスト]を押す
◯新規ページの場合

新規ページの場合


◯登録済みページの場合

登録済みページ


上記の手順でページのリクエストを行えます。
ここまで完了すればGoogle検索が行われた検索内容に応じて、設定ページがGoogle for Jobsに表示されます。
※リクエストを行っても、反映まではしばらく時間がかかります。
 流入数にもよりますが、早くて 1日、長い場合数週間のラグがあります。

以上がGoogle for Jobsの設定手順となります。
ここまで終わりますと、Google for Jobs上に求人が掲載されるはずです。

◆実際に表示されたPLAN-B求人情報

実際に表示される求人画面

 

私が今回の手順で時間がかかったり、困ったりした部分は「構造化データの内容って実際何が必要なの?」というところです。

必須項目以外の項目に関しては、どの項目が・どう検索に関わるのか公開はされていません。
たくさんのサイトを参考にさせていただきましたが、サイトによって必須とするものや書き方が違うことが多々ありました。
そのためGoogle for Jobsで設定可能な情報をまとめて、自社の求人項目と照らし合わせて決定することに一番頭を悩ませました。

そこで私は『できるだけたくさんの正しい情報をマークアップすることで、よりユーザーと企業の希望条件を、検索の時点からすり合わせていくことが確実だ』
そう考え「運用に影響のない範囲」で、「確定情報を載せられるもの」を軸として情報を定めました。

現在設定した内容も、求人内容に沿ったもっと最適な記載方法があるかもしれません。
サービス自体もバージョンアップされていくと思いますので、求人採用の1つの手段となるようにこれからも情報を収集して追いかけていこうと思います。

▼アイティメディア株式会社さまが運営されている「キーマンズネット」にも掲載されました!併せてご一読ください。

検索エンジンに求人してもらう方法~Google for Jobs(Googleおしごと検索)は使える?