PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

アウトバウンドリンクとは?正しい設置方法を知らないと順位低下に繋がる!?

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム プロダクトオーナー

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. アウトバウンドリンクとは?
    2. アウトバウンドリンクを設置する際に気をつけるべきこと
      1. リンクの売買
      2. 過剰なリンク交換、相互リンク
      3. 投稿機能を利用したスパムリンク
      4. 低品質、または悪質なサイトへのリンク
    3. SEO対策でアウトバウンドリンクを設置しないほうがいいのか?
    4. アウトバウンドリンクはユーザーが便利だと思うなら設置すべき
    5. まとめ:アウトバウンドリンクはユーザー目線で設置しよう!

SEO対策において、サイト内に設置するリンクは重要な役割を果たします。
リンクには「インバウンドリンク」と「アウトバウンドリンク」の2種類が存在し、この使い分けによっては、順位の良し悪しを左右することがあります。
今回は、その中でもアウトバウンドリンクに焦点を当てて解説していきます。

アウトバウンドリンクとは?

インバウンドリンクがサイト内部(同じドメイン内)のページに当てるリンクであるのに対して、アウトバウンドリンクは外部サイト(別ドメイン)へのリンクを指します。

アウトバウンドリンクは主に、記事の内容を補足する目的や、取り扱っているサービスや商品について紹介する際に使用します。アウトバウンドリンクを受けているサイトは、被リンクとして扱われるので、SEOに良い影響を与えます。
質の高い記事や、人気のサービスなどは、サイト内で紹介される可能性が高くなるので、自然と被リンクが増えていきます。

アウトバウンドリンクを設置する際に気をつけるべきこと

アウトバウンドリンクは、誤った設置の仕方をしてしまうと、ランキングに悪い影響を与えてしまう恐れがあります。
不適切なリンク設置とは、Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反するリンク設置のことで、最悪の場合大きな順位低下に繋がる手動対策の対象となってしまうので、注意が必要です。
ガイドライン違反に該当するリンク設置には、以下のものが挙げられます。

アウトバウンドリンクを設置する際に気をつけるべきこと

リンクの売買

サイトへのリンクを設置する代わりに、その対価として商品を無料で受け取るなどの行為が悪質なリンクプログラムに該当します。リンクの売買は絶対に行わない様にしましょう。

過剰なリンク交換、相互リンク

アウトバウンドリンクをサイト内に大量に設置する行為や、相互リンクのみを目的としたページの作成はNGです。
また低品質なページが増えるので、手動対策を受ける以前の問題で、順位が上昇しない可能性があります。

投稿機能を利用したスパムリンク

コメント投稿から第三者を装って、故意的なアウトバウンドリンクを複数設置する行為は、スパムリンクに値します。
コメントを承認する際は、リンク目的の投稿ではないかどうかを見極める必要があります。

低品質、または悪質なサイトへのリンク

コピーコンテンツやリンクのみで構成された内容の薄い低品質なサイトや、閲覧するとウィルスに感染したり、詐欺被害に遭ってしまう様な悪質なサイトへのリンクは、ランキングを下げてしまう原因になる恐れがあるので、リンク先のサイトの状態を事前に調べておきましょう。
その他リンクプログラムに関する内容は、Search Console ヘルプページ「リンクプログラム」を参照してください。 

SEO対策でアウトバウンドリンクを設置しないほうがいいのか?

アウトバウンドリンクの注意点の多くは、ランキングを操作する目的でのリンク設置に関するものです。
その為SEO対策としてアウトバウンドリンクを設けるのは危険です。
SEOを意識せずにリンク設置をしている場合でも、念の為危険なアウトバウンドリンクの設置方法については確認しておくことをおすすめします。

ユーザーが自由に扱えるコメント投稿機能などは、投稿内容に問題がない場合でも、リンクとしてランキング操作目的と捉えられてしまいそうなものもあります。
その判断に迷ってしまう場合は、nofollowタグを利用してGoogleのクローラーに対してリンクを辿らない様に指示を出すと良いでしょう。
nofollowタグについてはSearch Console ヘルプページ「リンクプログラム」を参照してください。

アウトバウンドリンクはユーザーが便利だと思うなら設置すべき

SEO対策が目的ではなく、ユーザーにとって必要なものであれば積極的に設置すべきです。

例えば今回の記事では「リンクプログラムに関する詳細」や、「nofollowを使用する」などのページへアウトバウンドリンクを設置していますが、こちらはランキングの操作が目的ではなく、記事の内容を補足する為に設置しています。
この様にユーザーにとって有益な情報をリンクとして使用することで、SEO対策には欠かせない記事の質を高めることにも繋がります。

まとめ:アウトバウンドリンクはユーザー目線で設置しよう!

SEOで成果を出す為にはインバウンドリンクだけでなく、アウトバウンドリンクも適切に使用する必要があります。
いずれもSEO対策ということをメインに考えてしまうと、故意にリンクを設置してしまう恐れがあります。
まずは記事の内容に沿った形で、意味のあるリンク設置が出来ているかどうか確認します。
ユーザー目線で記事を作成すると、必要以上にアウトバウンドリンクが増えてしまうということはまずありません。
あくまでも自然な形でリンクさせることが、正しいSEO対策と言えるでしょう。