PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

サテライトサイトの事例と有効的な使い方をご紹介

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム プロダクトオーナー

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. サテライトサイトとは?
    2. サテライトサイトの使い方
    3. サテライトサイトを活用した事例
    4. 利用する際に気をつけるべき注意点
    5. まとめ:サテライトサイトを活用して幅広いユーザー層を取り込もう!

サイトにアクセスを集めるには、SEO対策やWEB広告の運用が必要となります。
またそれぞれの施策はターゲティングを適切に行うことで、商品の購入や問い合わせといったコンバージョンを増やすことが出来ます。最適なターゲティングには「1サイト1テーマ」が基本で、複数のテーマを混合させることは、基本的にはおすすめ出来ません。その為、ターゲットの異なったユーザーを獲得したい場合は、サテライトサイトを利用します。

サテライトサイトとは?

サテライトサイトの事例と有効的な使い方をご紹介

メインで運用しているサイトとは別のドメインで作成したサイトのことを指します。
メインのサイトとジャンルを分けることで、異なったアプローチの仕方が出来る為、新たなユーザー層を獲得することが出来ます。また複数のサイトが上位表示することで、1つのサイトで集客するよりも、アクセスを大幅にアップさせることが可能です。
サテライトサイトのドメインは独自ドメイン、サブドメインのどちらを使用しても問題ないので、状況に応じて使い分ける様にしましょう。

サテライトサイトの使い方

サテライトサイトの使い方としては、主に2つ挙げられます。

1つは、記事系のコンテンツをまとめたサイトです。企業ページやECサイトなどは、サイト構造の理由や機会損失に繋がる恐れから、記事系のコンテンツを載せることが出来ない場合があります。
「企業名」や「商品名」を検索するユーザーのアクセスがある為、直接コンバージョンに繋がり易い顕在層の獲得には向いていますが、潜在層を集めるには記事系コンテンツをまとめたサイトが向いています。記事の内容はその商品やサービスに関するノウハウなどが一般的です。
例えばメインのサイトが「カメラ」を販売するECサイトであれば、サテライトサイトには「一眼レフ 初心者」というキーワードで上位化を狙い、選び方や使い方などを載せたコンテンツを書くことで、初めて一眼レフカメラを購入しようと考えているユーザーを集めることが出来ます。自社で別途サイトを作成する余裕がない場合は、アフィリエイトサービスを利用して、アフィリエイターにサイトを作成してもらうのも良いでしょう。

記事系コンテンツの他にもう1つの使い方が、メインサービスに関連した別のサービスを展開することです。メインサイトの中で訴求しているサービスから、新たなサービスを派生させた場合、別サイトとして取り扱った方が、ユーザーの迷いを軽減することが出来ます。例えば「人材派遣」を行っている会社が求人サイトを開始するとなった場合、1つのサイトで「人材派遣」と「求人」をまとめることは、人材に関連したサービスとは言え、ターゲットが「法人」と「個人」で全く異なるので、ドメインを分けた方が良いです。

サテライトサイトを活用した事例

実際にサテライトサイトを活用している事例をご紹介致します。

同じブランドでありながら、ドメインを分けて様々なサービスを展開しているのが「マイナビ」です。
総合求人サイトとして有名な「マイナビ」ですが、求人の他に「人材派遣」や「法人向けの研修サービス」など、人材にフォーカスしたサイトが複数あります。またその中でも「看護師」や「介護師」それぞれニーズの高いジャンルを細分化し、専門性の高い人材サービスに取り組んでいます。また「マイナビ」ニュースを始めとした情報配信をメインに行うサテライトサイトがいくつか存在します。顕在層だけでなく、潜在層を意識したサイトを複数抱えることで、幅広い層のユーザーに対してブランドを認知させることが出来ます。

・マイナビ2020 https://job.mynavi.jp/2020/
・マイナビスタッフ https://staff.mynavi.jp/
・マイナビ研修サービス https://hrd.mynavi.jp/
・マイナビ看護学生 https://nurse.mynavi.jp/
・マイナビ介護職 https://kaigoshoku.mynavi.jp/
・マイナビニュース https://news.mynavi.jp/

利用する際に気をつけるべき注意点

サテライトサイト利用時に気をつけるべき点

1つのサイトで完結させられるコンテンツを、細分化し過ぎない様に注意しましょう。
例えば「釣り道具」を販売するECサイトで「釣竿」「ルアー」「糸」「リール」など、ディレクトリの違いで済むものを、全て別のドメインでサイトを作成するのはNGです。いずれもターゲットが同じなので、あえてサテライトサイトにする必要はありません。SEO対策の観点でも、コンテンツボリュームが減ってしまうので逆効果となります。

サイト設計の際にはまずターゲットを明確にし、極力細分化せずに1つのサイトにまとめられないかどうかを確認する様にしましょう。また検索結果を埋め尽くす目的で、同じ様な内容のサテライトサイトを大量に作成してはいけません。あくまでもそれぞれが質の高いコンテンツで構成されている必要があります。コピーコンテンツに近いサイトを仮に作成したとしても、上位化することはまずありませんので、その様なスパム的な行為は絶対に行わないでください。

まとめ:サテライトサイトを活用して幅広いユーザー層を取り込もう!

サテライトサイトの効果を最大限に発揮するには、ターゲットを明確にすることがなによりも大切です。
闇雲にユーザーを集めるのではなく、十分に戦略を立てたうえでサイト制作を行う必要があります。サテライトサイトを有効活用出来れば、メインサイトだけではリーチ出来なかったユーザー層に、サイトを知ってもらう機会を与えることが出来ます。取り込みたいユーザー層が決まったら、その層に刺さるサテライトサイトの構築を目指しましょう。