PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

SEO対策にオススメな被リンクチェックツールをご紹介!

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム プロダクトオーナー

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. 被リンクチェックツールとは?
    2. 被リンクチェックツールまとめ
      1. Googleサーチコンソール
      2. Majestic SEO
      3. Open Site Explorer
      4. hanasakigani.jp
      5. Ahrefs
      6. SITEEXPLORER
    3. ツール利用の際の注意点
    4. ツールを利用することで得られるメリット
    5. まとめ:被リンクチェックツールで現状の把握と改善に役立てよう!

サイトが検索結果で上位化するには、コンテンツの質に加えて、どれだけユーザーに支持されているかが鍵となります。例えばSNS上や他サイトで、該当のサイト名やサービス名などについて言及する「サイテーション」は、ユーザーから高評価を受けているという指標になり、SEOにプラスに働きます。更に、言及されるだけでなく外部リンクとして受けることで、その効果はより大きくなります。それが「被リンク」と呼ばれるものですが、被リンクを集めるには、ユーザーに紹介したいと思わせる様なコンテンツの質が問われます。実際にどの様なコンテンツに被リンクが集まり易いかを確認するには、被リンクチェックツールが役立ちます。  

被リンクチェックツールとは?

被リンクチェックツールは、被リンクの数や参照元のURLなどが分かります。自身で保有するサイトに当たっているリンクだけでなく、競合サイトの被リンク数が確認出来るツールもあります。その為、被リンクから競合サイトの人気コンテンツが分かり、自身のサイトに役立てることが出来ます。コンテンツ強化の前に、まずは自身のサイトのどのページに被リンクが集まっているかをどうかを確認すると良いでしょう。  

被リンクチェックツールまとめ

ここからは有料、無料を含めたおすすめの被リンクチェックツールをご紹介します。  

Googleサーチコンソール

被リンクのチェックだけでなく、サイト内部のエラーチェックや、インデックス数の増減確認が出来るなど、SEO対策を行うには必要不可欠なツールです。被リンクチェックとして利用する場合は、左メニューから「リンク」を選択し、右上の「外部リンクをエクスポート」から、最新のリンクをダウンロードします。抽出されたファイルからは、リンク元のURLと検知した日付が確認出来ます。その他外部リンクに関しては「上位のリンクされているページ」「上位のリンク元サイト」「上位のリンク元テキスト」が確認出来ます。これらを参考に、自身のサイトにおいてどのコンテンツのニーズが高いかを把握しましょう。

https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

Majestic SEO

対象サイトのURLを入れるだけで、被リンクの数や参照元のURL、アンカーテキストなどが確認出来ます。また「トラストフロー」と「サイテーションフロー」という2つのツール独自の指標があり、これらのスコアが高いと、SEOの評価が高くなる傾向にあります。リンク元のサイトのテーマもツールが判断するので、同様のテーマのサイトからリンクされているかどうかが一目で分かります。自身のサイトだけでなく、他のサイトを調べることが出来るので、競合サイトのスコアと比較してみましょう。  

https://ja.majestic.com/

Open Site Explorer

こちらもMajestic SEOと同様に、サイトのURLを入力するだけで、被リンク数が確認出来ます。また、Open Site Explorer独自のスコアとして、Authority(サイトの権威性)が表示されます。SEOの評価が高いサイトは、こちらの数値も高まる傾向にあります。「compare metrics」という機能を利用することで、最大5つのサイトでスコア比較を表示し、各項目の差が一目で確認出来ます。他サイトと比べて数値が著しく低い場合は、実際の検索結果の順位も劣っている可能性があります。SEO対策に行き詰った際には、Open Site Explorer独自のスコアを参考にしてみてください。

https://moz.com/link-explorer

hanasakigani.jp

株式会社ディーボが提供している被リンクチェックツールです。純粋に被リンク元のページと被リンク数を確認するには、このツールが最もシンプルで分かり易いです。「マイサイト被リンクチェック」「競合サイト被リンクチェック」「競合サイト被リンク危険度チェック」の3つの機能が備わっています。(※2019年3月31日現在、競合サイト被リンク危険度チェックツールはメンテナンス中)被リンクチェックツール以外にも、順位チェックツールや、検索結果の変動の大きさを図るツールなど、SEO対策に役立つツールを提供しています。  

http://hanasakigani.jp/

Ahrefs

Ahrefsは、被リンク調査や競合調査だけでなく、キーワード毎の検索ボリュームや、上位化難易度、トラフィック数などのSEOに関する重要な数字が、このツール一つで確認することが出来ます。被リンクを獲得した期間がグラフで表示されるので、外部リンクが急激に増えた時期などが分かります。またコンテンツ概要を参照することで、被リンク数とFacebookやTwitterといったソーシャルシェアが多くあつまるコンテンツのURLが表示されます。人気のあるコンテンツの調査が簡単に行えますので、この機能を駆使して自身のサイトに載せるコンテンツを作るのも良いでしょう。有料のツールではありますが、SEO対策に本気で取り組みたいという方には導入をおすすめします。

http://ahrefs.jp/

SITEEXPLORER

チェック対象のサイトをドメイン単位、ページ単位で被リンク調査が可能です。被リンクチェックの他に「ページランクチェック」「キーワードチェック」の機能が備わっています。アカウント登録することで無料プランにて使用可能ですが、有料プランにすると調査出来るドメインの数に制限が無くなるなど、機能制限の解除が出来ます。

https://siteexplorer.info/

ツール利用の際の注意点

一部の被リンクチェックツールでは、独自のスコアリングを行っているものがあります。ツール上のスコアが高いからと言って、必ずしも上位化するというものではありません。その為、スコアを上げる為に被リンクを自作自演で構築するということは絶対にしない様にしてください。あくまでも参考値しとして扱い、リンクが集まり易いコンテンツを理解する目的で使用しましょう。  

ツールを利用することで得られるメリット

どの様なリンクが当たっているかが分かることで、質の悪い外部リンクが把握出来ます。ある程度サイトが育ってくると、知らぬ間に自動生成されたコンテンツから大量にリンクがされているなど、思わぬ形でSEOの順位低下が起こる恐れがあります。そうならない為にも、定期的に被リンクチェックツールを利用し、自身のサイトの調査を行うと良いでしょう。万が一質の悪い外部リンクを発見した際は、リンク否認、またはサイトのウェブマスターにコンタクトを取り、リンクを削除してもらうなどして対処します。 

▼リンクの否認はこちらから

・リンク否認ツール :https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-main?pli=1

まとめ:被リンクチェックツールで現状の把握と改善に役立てよう!

被リンクチェックツールは、自身のサイトのみならず、競合サイトの被リンクの状況が確認出来ます。他サイトと比べて被リンク量や、リンク元のサイトのテーマ性などを調べて、自身のサイトに足りない部分を理解しましょう。それを補う為にはコンテンツの質の向上や、質の悪いリンクへの対応が必要です。