PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

誤字脱字が与えるSEOへの影響とは?おすすめの誤字脱字チェックツールを紹介!

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. 誤字脱字チェックの必要性
    2. 誤字脱字チェックをするのに便利なツール
      1. Microsoft Word
      2. Enno
      3. 日本語校正サポート
      4. 文賢
      5. ATOKクラウドチェッカー
      6. Just Right!6 Pro
      7. Tomarigi
    3. 誤字脱字チェックの注意点
    4. まとめ:誤字脱字チェックツールは用途に合わせて駆使しよう!

皆さんは普段から誤字脱字の無いように気をつけていますか?誤字脱字が読み手に与える印象というのは、決して良いものではありません。特にビジネスシーンでは、メールの文章や資料の中に誤字脱字があると、信頼や評価に響いてしまう恐れがあります。また誤字脱字はビジネスシーンだけでなく、SEOの世界でも同様に悪影響を及ぼします。

誤字脱字チェックの必要性

SEOの評価は検索エンジンのロボットによって行われています。評価対象となるコンテンツには画像や動画なども含まれますが、とりわけテキストの比重が高く、特に記事系のコンテンツではテキストが最重要であると言われています。誤字脱字は読み手に不快感を与えるだけでなく、クローラーにとっても読みづらいものとして捉えられてしまいます。これを回避するには、誤字脱字のチェックが欠かせません。

SEOを意識したWebライティング・コンテンツ作りにおいて、いかにユーザー(読み手)にとって有益な読み物にしていくかについては、下記の記事にもまとめておりますので参考にしてください。

当然目視によるチェックは必要ですが、SEOを意識した記事系コンテンツなどは、大抵の場合長文になり易く、ミスなくチェックするのは相当な作業となるでしょう。そこで、誤字脱字チェックに使える便利なツールの出番です。

誤字脱字チェックをするのに便利なツール

誤字脱字チェックツールはいくつか存在し、それぞれに特徴があります。今回はその一部をご紹介します。

Microsoft Word

身近に利用出来るものとして挙げられるのがWordの文章校正機能です。上部メニューにある校閲から「スペルチェックと文章校正」という項目を選択すると(Macの場合は「ツール」から「文章校正」)、自動で検閲され誤りと思われる文言がピックアップされます。修正候補が表示されるので、どのように文章が間違っているのかがすぐに分かります。

日本語だけでなく、よく間違いやすいスペルチェックも行えるのが特徴です。

Enno

無料で利用可能な誤字脱字チェックツールで、チェックしたい文章をフォームに入力し「タイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェックする」ボタンを押すだけで校正出来ます。誤字脱字が見つかると該当箇所が黄色くハイライトされます。

カーソルを合わせるとエラーになった理由の解説が表示されるので、指示通りに修正を行います。長文の場合は1度に行うと処理が遅くなってしまうので、複数回に分けて利用しましょう。

日本語校正サポート

こちらもEnnoと同様に、サイト上で利用出来る誤字脱字チェックツールです。1度に最大1万字までチェックが可能なので、SEOで上位化を目指すライティング記事などには十分な長さです。このツールの特徴は、ウェブブラウザのツールでありながら設定をカスタマイズ出来る点です。

デフォルトの設定では全ての項目にチェックが入っていますが、文章の校正に必要ないと思う項目は外すことが出来ます。例えば文中にあえて難しい漢字を使用している場合は「常用漢字表外の漢字」のチェックを外すと良いでしょう。

文賢

WEBライティングの分野で知られているウェブライダーが開発した「校正・校閲・推敲」を簡単に行える有料のツールです。有料というだけあり、他の誤字脱字チェックツールとは機能面で一線を画しています。誤字脱字のチェックだけでなく、文章表現のレコメンドが表示されるので、同じ様な言い回しを複数使用してしまっている場合に役立ちます。

またWEBライティングを専門とした企業が開発している為、SEOを意識した記事の作成を目指すには最適なツールです。

https://rider-store.jp/bun-ken
初期費用:10,800円(税込)
月額費用:1,980円(税込) ※2019年2月24日現在

ATOKクラウドチェッカー

日本語入力ソフトを提供しているATOKが開発した有料の文章校正ツールです。標準的な誤字脱字の修正に加えて、機種依存文字の使用を指摘してくれます。複数のデバイスで見られるWEB上の記事には、極力機種依存文字の使用は避けたいので便利な機能です。

また古い名称を使用すると誤りとして判断されるので、間違った情報を流してしまうのを、事前に対処することが出来ます。

https://jproofreading.atok.com/
月額費用:476円(税抜)

Just Right!6 Pro

ダウンロードして使用する有料の文章校正ソフトです。Just Right!6 Proの最大の特徴は、Microsoft ExcelやPowerPointなど、他のアプリケーションと連携させることが出来る点です。連携することで、わざわざ別のフォームに文章を入れることなく、直接的に誤字脱字のチェックが出来るので、作業効率が大幅に改善します。ウェブライティングに使用するよりも、営業資料の作成など企業向けの校正ツールと言えるでしょう。

https://www.justsystems.com/jp/products/justright/
個人向けパッケージ価格:47,000円(税別)

Tomarigi

日本語表現法開発プロジェクトにて開発された無料の校正・推敲支援ツールです。ソフトをダウンロードし、エディタ部分に文章を入力することで誤字脱字のチェックを行います。応用の機能として「係り受け解析」があり、文章が長くなることで修飾関係が複雑になってしまわない様、分かり易く図に表すことが出来ます。表現の曖昧さを解消するのに便利な機能です。

誤字脱字チェックの注意点

誤字脱字チェックツールはあくまでも「文章的な誤り」を正すツールなので、実際に目視をした時に、魅力的な表現ではなくなっている可能性があります。また、文章のファクトチェックは出来ないので、最終的に誤った情報を記載していないか、炎上のリスクが無いかなどは、人間の目で確かめる必要があります。ツールが万能であるが故に、目視によるチェックがおろそかになってしまわない様に注意をしましょう。

まとめ:誤字脱字チェックツールは用途に合わせて駆使しよう!

最近の誤字脱字チェックツールは、純粋に誤った記述をチェックする以外の用途も備わっています。それにより作業効率が上がるだけでなく、文章の質も向上します。SEOの評価を上げるには、スピード感を持って記事の作成と修正を繰り返すことが重要です。その為には性能を理解したうえで、自身の状況に合った誤字脱字チェックツールを選ぶと良いでしょう。