PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

2019年のSEOのトレンドはどうなる?今年注目すべきSEO対策まとめ

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. 2019年のSEOのトレンドは?
      1. サイテーション
      2. ナレッジパネル
      3. 被リンク
      4. 大量のコンテンツより質の高いコンテンツ
      5. 検索結果のリッチ化
      6. 検索しないユーザーがかなり多いことを考えたコンテンツ作り
      7. 音声検索
    2. まとめ:2019年のSEOはモバイルを意識して基本を忘れずに対策しよう!

2018年でSEO関係の大きな変更と言うと、MFI(モバイルファーストインデックス)が挙げられます。これによりSEOの評価基準が、PCからモバイルへと変わりました。

まだ変更が完了していないサイトもありますが、いずれは全てのサイトがMFIの対象となります。この様に、モバイルでのSEO対策がより高まっていく中で、2019年のSEOのトレンドはどうなっていくのでしょうか?今回は、2019年に向けて確認しておきたいSEO対策についてお話します。

2019年のSEOのトレンドは?

今後はモバイル表示によるSEO対策を更に強化していく必要があると思います。昨年実施されたスピードアップデートも、モバイル検索によるページの表示速度に対してSEOの評価を加えるものでした。今後も暫くの間は、モバイル環境でのサイト整備がSEOのトレンドとして続くと予想されます。

今までPCページの確認を優先して行っていた方は、モバイルページを中心にして考える様にしましょう。2019年のSEOのトレンドとして、モバイル検索の強化を挙げましたが、その他に注目しておきたいSEO関連のキーワードと、対策についてもまとめてみました。

サイテーション

サイテーションとは、第三者に対象となる店名や商品名、サイト名について言及(引用)してもらうことが挙げられます。この数が増えることで、順位に良い影響を与えると言われています。効果としては被リンクと似ていますが、サイテーションの場合は対象となるサイトへリンクさせる必要はありません。

その為、ウェブサイトだけでなく、twitterの様な拡散性の高いSNSがより効果的です。ただし、あくまでも自作自演ではなく、自然に引用されたものが必要です。また、内容に関しては好意的なものが望ましいです。サイテーションの構築にはブランディングの確立が必要不可欠です。話題になりやすいCMの放映や、動画広告などを行うと良いでしょう。

ナレッジパネル

ナレッジパネルとは、特定のキーワードを検索した際に、検索結果の右側に表示されるキーワードの情報をまとめたパネルのことです。2018年から、様々なキーワードにてこのナレッジパネルが表示され、逆に強調スニペットの数が減ってしまったという現象が起きています。

SEO対策とは関係が無い様に思えますが、いままで強調スニペットが検索結果に表示されていたサイトの場合、ナレッジパネルが出現したことにより消えてしまっている可能性があります。

強調スニペットによりアクセスの恩恵を受けている場合は、ナレッジパネルの表示によりアクセスが減っていないかどうか確認すると良いでしょう。2019年は更にナレッジパネルが増える可能性があります。

被リンク

サイテーションだけでなく、やはり被リンクによるSEO効果は未だに捨てきれません。以前(被リンク効果が全盛だった頃)に比べると、その効果は落ちていると言われていますが、まだまだランキングで上位を獲得するには、やはり被リンクが必要です。

こちらもサイテーションと同様に、自作自演による被リンク施策を行うことはNGです。ペナルティの対象となる可能性があるので、自然の被リンクを集める努力をしましょう。

大量のコンテンツより質の高いコンテンツ

インデックス数の多いサイトが評価されやすいことは事実ですが、内容が乏しいコンテンツを大量に生成してはいけません。記事の数を増やすことに注力するのではなく、独自性のあるものや、ユーザーにとって有益(事実に基づいたもの)な情報を提供することが大切です。

コンテンツの質は検索結果の順位を上げる為に最も重要な要素であることは、長年に渡り言われ続けてきましたが、2019年のSEO対策としても変わらずに最重要であると言えます。

大量のコンテンツより質の高いコンテンツ

検索結果のリッチ化

構造化データマークアップを施すことで、検索結果のリッチ化が可能です。例えば、ページ内の商品のレビューの表示や、URLをパンくずリスト状に表示させることが出来ます。検索結果をリッチ化させ、サイトへのアクセスを積極的に促しましょう。

また、2019年1月にGoogle for jobsが正式にリリースされます。Google for jobsはエンリッチリザルトの形式で求人情報を表示させるもので、既に100カ国近くの国で実装されていましたが、ようやく日本でも利用可能となります。Google for jobsでは、求人情報にjob postingの構造化データマークアップを施すことで表示させることが出来ます。

Job postingの構造化データマークアップの方法に関しては、以下を参照してください。 https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting?hl=ja

検索しないユーザーがかなり多いことを考えたコンテンツ作り

スマートフォンの普及により、モバイル表示でのSEO対策に関する需要が高まると同時に、検索しないユーザーが増えていることも認識しておきましょう。SEOを目的としたコンテンツ作りに注力してしまうと、どうしてもユーザーではなく、検索エンジンに分かり易い文章や構成になりがちです。近年はSNSの利用により、検索機能自体を利用するユーザーが減ってきました。

そこで、SEOを目的としたコンテンツだけでなく、SNSを意識した拡散されるコンテンツ作りも同時に行う様にしましょう。ユーザーにより広められたコンテンツは、結果としてブランディングを高めると共に、サイテーションを増やすことにも繋がります。

音声検索

昨年からCMなどにより、音声検索の認知度が更に高まっています。特に「OK Google」や「Hey Siri」という音声検索の方法は、一般的に知られる様になりました。音声検索を利用するユーザーが増えているということは、それに伴い音声検索のSEO需要も高まるということです。

では音声検索に出やすくするにはどうしたら良いのでしょうか?スマートスピーカーの「Google Home」から1万件の音声検索を調査(Backlinko調べ)によると、以下の11項目において興味深い結果が出たとのことです。

  •  ページの表示速度が速いサイトが評価され易い
  • 検索されるサイトの多くがHTTPS化されている
  • 検索語句に対して、シンプルな回答(文字数が少ない)が選ばれ易
  • 構造化データは音声検索に対してあまり効果的ではない
  • 権限のあるドメイン(ドメインオーソリティの高い)サイトがヒットし易い
  • FacebookやtwitterといったSNSでの反響が多い方が良い
  • シンプルで読みやすいコンテンツが音声検索のSEOには役立つ
  • タイトルタグに検索語句が含まれているページはあまり選ばれない
  • 音声検索の回答はページ内の一部を抜き出している傾向にある
  • PCの検索結果で上位にいるサイトが回答として選ばれ易い
  • 強調スニペットが表示されている方が、音声検索には効果がありそう

音声検索の需要が高まっているとはいえ、まだまだ通常の検索ユーザーにはまだ及びません。今後音声検索のユーザーも取り入れていきたいという方は、この11項目の調査結果を参考に、サイトにテコ入れしてみてはいかがでしょうか。

1万件の音声検索調査結果記事ページ https://backlinko.com/voice-search-seo-study

まとめ:2019年のSEOはモバイルを意識して基本を忘れずに対策しよう!

2019年のSEO対策は、モバイル表示に対して更に強化する必要があります。検索結果の表示方法に関しても、新たな動きが見られると思います。

SEOのトレンドを捉えつつ、基本的な対策を忘れずに実施しましょう

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!