PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

Webライティングとは?|ユーザーのことを考えた上でSEOにもいいコンテンツの作り方

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. Webライティングとは?
      1. Webライティングをなぜ意識しないといけないの?自由に書いてはダメなの?
    2. SDS法・PREP法について事前に理解しておく
      1. SDS法
      2. PREP法
    3. Webライティングをする手順
      1. 1.書く前の準備
      2. 2.記事を書こう
        1. SEOライティングを意識すべき
      3. 3.推敲
      4. 4.リリース
    4. Webライティングをする際に注意すること
      1. 構造を意識したコンテンツ (画像や動画)
      2. 適度な改行
      3. 装飾
      4. 文末などはレギュレーションは守れているか
      5. サイトのトンマナは問題ないか
      6. 記事の種類は?SEO/ニュース?
      7. 検索結果の出方も意識する
    5. Webライティングでやってはいけないこと
    6. まとめ:Webライティングは、やればやるほど後から結果になってついていくる

オウンドメディアやキュレーションメディアが出てきたことで、「Webライティング」という言葉をかなりたくさんのところで聞くようになりました。

この記事では、これからWebライティングを行なっていこうと思っている人たちに向けて、やり方や注意点について紹介していきます。


Webライティングとは?

Webライティングとは、自分が書いたコンテンツを検索エンジンが読み取りやすいように整え、検索結果に表示させ、さらにランキングに入れてもらうための方法になります。意図的にSEOでの順位上位を目指す記事ではなく、SEOを意識するものの、本質としてはユーザーにデバイスを通しても読みやすい記事を書く技術のことをさしています。

また最近では、スマホでの見え方を気にして書くこともWebライティングの位置付けになってきています。

Webライティングとは

Webライティングをなぜ意識しないといけないの?自由に書いてはダメなの?

WebライティングでのSEO対策については「SEO対策完全マニュアル|費用対効果抜群のWEB集客方法について」をご参照いただくと良いのですが、そもそもWeb向けにライティングすることはSEOだけでなく、いかにスマートフォンやPCで見る人が見やすい設計にするかどうかです。

自由にライティングをしてしまうと、検索ユーザーやSNSから記事を見に来てくれた人に読みづらい記事を見せてしまう可能性があるからです。例えば、見出しを一切設定しない記事は単調で読みづらく、すぐにユーザーが離脱してしまいます。


SDS法・PREP法について事前に理解しておく

Webライティングでよく語られる2つの方法についても紹介しておきます。

SDS法

SDSは以下の略です。

SDS法

  • Summary = 全体の概要
  • Details = 詳細の説明
  • Summary = 全体のまとめ

簡単にいうと、同じ内容を3回に分けて細かく説明する方法です。つまりSDS法は、だらだら喋るのではなく結論を素早く伝える時に使いたい手法となっています。

PREP法

PREPは以下の略です。

PREP法

  • Point = 結論
  • Reason = 理由
  • Example = 具体的な例
  • Point = 再度結論

話をじっくりと説明したい時に向いています。PREP法の場合は最初に結論が来るので、ユーザーの疑問を早く解決し、深堀の説明も読んでもらいやすくなるという利点があります。多くのWebメディアではこちらのスタイルのライティングが多いように感じます。

スピードと結論の納得感を重視したい方は「SDS法」、ストーリーを重視したい方は「PREP法」を使うことで良い文章を作ることができるようになります。


Webライティングをする手順

Webライティングをする手順は以下の通りです。

Webライティングの手順

  1. 構成を作る、いきなり書き始めない
  2. ある程度まとまったら書き始める
  3. 完成したら読み直す(可能なら第三者に確認してもらう)
  4. リリースする

準備からしっかりすることでWebライティングは精度を高めることができるようになります。

1.書く前の準備

情報を誰にどれくらいどこまで伝えるのかをまとめる必要があります。これがまとまっていないと結論がずれてしまうので、記事を書く前に

  • 誰が読むものか
  • どれくらいの情報を与えたいのか
  • いつ読んで欲しいのか
  • 逆に読むべきではない人は誰か

など細かくペルソナを作っていきます。これをまとめることでライティングをスタートする際にもスムーズに進めることが可能になります。

また、記事を書く際には自分の知識だけに頼らず、事前に情報の整理と情報収集を行うようにしましょう。これをしないと深堀した記事は書けません。情報収集は必ず行なってからライティングしましょう。

書く前の準備

2.記事を書こう

記事を書く際には、決まった時間をとって一気に記事を書くようにしましょう。

ライティングを隙間時間でやると、書くべきと思っていたことが抜けてしまったり、そのまま忘れてしまうことがあります。執筆時間が細切れだったために、文章の始めと結末で全く違ったことを言っている、という文章を見たこともあります。

これから自分にとって良い文章を書こうと思っている方は、必ず時間をとってライティングをするようにしてください。

SEOライティングを意識すべき

WebライティングでもSEOを意識して文章を書けるようになると、GoogleやYahoo!JAPANからアクセスを集めやすくなる可能性が高くなります。

ライティングの方法としては、以下記事にわかりやすくまとめていますので「SEOってなに?よくわからない!」という方はぜひご覧ください。

3.推敲

記事を書き終えたら、納品前に必ず誤字脱字のチェックと、この記事で何を伝えたかったのかを確認するようにしましょう。

チェック項目

  • タイトルに対する解決策は記事の中にしっかりあるかどうか
  • タイトルの見出しとそこに付随するコンテンツはまとまりがあるか、脱線していないか
  • コピーアンドペーストはしていないか、している場合は引用の記述がしてあるか
  • 読む年齢層に合わせた文章の書き方になっているかどうか

上記は最低でもチェックするようにしましょう。そうすることで、グッと記事の質が高まります。

4.リリース

記事チェックが終わったらリリースをしましょう。リリースのタイミングについては、読んで欲しいユーザー層がSNSなどを見ている時間帯を選択するようにしましょう。

  • 7〜9時
  • 12時
  • 19時〜22時

この時間が一番見られていると言われていますので、記事の質によって「ランチ時に見て欲しいのか」「帰る前にサクッと読んで欲しいのか」を判断してリリース時間を決めましょう。また、忘れずリリース後はSNSやメルマガで発信するようにしましょう。

リリース時の注意点


Webライティングをする際に注意すること

Webライティングをする際に最低限以下のことは注意してライティングをするようにしましょう。

構造を意識したコンテンツ (画像や動画)

記事を文字だけで埋め尽くすと、とても読みづらい文章になってしまいます。必ず適度に画像や動画を追加して、わかりやすい形の記事になるように心がけましょう。

画像については、文章の内容がわかりづらいものであればデザイナーに依頼して図解を作ってもらうケースもあるため、デザイナーへの依頼に慣れておくのもライターとしては大事です。

SEOでもユニーク画像への評価は確実に上がってきていますので、文章だけで解決するのではなく、見栄えも含めた調整を忘れないようにしてください。

適度な改行

文章は、何行も連続して続くと読みづらくなってしまう傾向があります。現在、インターネットはほとんどのユーザーがスマートフォンを通して閲覧しているため、改行がないと文字だらけのページが画面一面に出てしまう可能性もあります。

メディアごとにやるべき対応は違いますが、例えばライターに一定のルールをつけることでこのような問題は解決することができます。

  • 3行続いたら改行する
  • 3行で改行できないときは画像などを入れて、アクセントを追加する

このようなルールを作っておくだけでも新しいライターは改行を意識してコンテンツ制作を行ってくれます。Webライティングは自分が書く側だけでなく、コンテンツのチェック側に回る場合もあるので、その時にチェック時間をできるだけ短くできるようにルール作りを行うこともテクニックのひとつです。

装飾

画像や動画の追加とも重複してしまうところかもしれませんが、文章は何行も続くと単調になってしまうと先ほど説明しました。その上で、改行が適度に行われていてもサイトのデザイン次第ではかなり読みづらい文章になってしまうなんてことはよくある話です。

文章を以下のような形で装飾することで、メリハリがついて読みやすくなります。

文章の装飾例

  • 読んで欲しいところは下線を引く
  • 下線の中でも大事なところは黄色下線にする
  • 見出しの中で大事なところ・ユーザーに一番読んで欲しいところは太字にする
  • ここを読まないと次の文章の意味がわからないところには赤字や赤字太字を使う

など、サイトごとにルールを作っておくことで、ただの文章の羅列ではなく、まとまりがある文章が作られます。

文末などはレギュレーションは守れているか

文章をチェックしていると「文末・文頭がおかしい」というケースが頻繁に発覚します。これは人間の癖のようなものの場合と、ライティングに慣れていない場合によく起こります。

そのため、記事を書く前にある程度のレギュレーションを作っておくことで解決できるケースが多いです。

(参考例)

  • 文頭と文末を毎回一緒にしない
  • 文末はですます調にする
  • 「しかし」「でも」など否定する場合は同じ言葉を頻発させない
  • ビジネステイストの記事になるので、「ですよね」という「ね」で終わる文章にしない

上記はあくまで参考例ですが、伸びているメディアやオウンドメディアではこのようなルールがしっかり決まっています。決まっていないと、ライターごとに納品されるものが違い、チェック担当が忙殺されてしまうなんてこともよく聞く話です。

メディアをこれから立ち上げようと思っている方は事前にこのルール作りを時間をかけて必ず行いましょう。

サイトのトンマナは問題ないか

トンマナとは「トーン&マナー」の略です。 サイトや広告を作る時に一貫性を持たせるという意味で使われている言葉です。調子と様式と言われているケースもありますが、Webライティングでは必ず使われる言葉なので覚えておいてください。

このトンマナを意識して記事を書かないと、サイトジャンルと全く違ったテイストの記事ができ上がってしまいます。ライティングをする際は、自分のメディアが他からどう見えるかも少し意識しておくようにしましょう。

記事の種類は?SEO/ニュース?

Webライティングを行う際には、記事のジャンル、種類についても事前に確認してから行う必要があります。例えば、ニュース系の記事であれば細かいことよりとにかく急いでリリースすることが重要です。

逆に、SEOを意識した記事であればタイトルから細部まで意識してコンテンツを書いて行かないと上位表示は見込めません。SNSを意識した文章の場合もニュースやSEOとは違うアプローチの記事になるはずです。

記事のジャンルに注意

検索結果の出方も意識する

SEOを意識していなかったとしても検索ユーザーがあなたの書いた記事を探す可能性があります。検索結果にどのように自分のサイトタイトルと説明が出るのか意識するようにしましょう。

検索結果

タイトルと説明は長ければ省略されます。そのため、自分がターゲットとしている人にどんな文字を読ませたいのか、しっかりと認識してからライティングの設定なども行なってみてください。


Webライティングでやってはいけないこと

Webライティングに限った話ではありませんが

  • 他サイトのコンテンツをコピーすること
  • 他サイトのコンテンツをリライトすること
  • 権利侵害すること

は、絶対にやらないようにしましょう。近年、キュレーションメディアが出始めてから権利侵害によるメディア閉鎖はたくさんのところで話題になっています。


まとめ:Webライティングは、やればやるほど後から結果になってついていくる

Webライティングは数をこなすほど慣れてきていい文章を書けるようになります。

もし、これから力をつけていきたいと思っている人は、まず自分で記事を毎日書くという癖をつけてみるのも良いでしょう。みなさんのWebライティングがうまくいくように応援しております。