2021.10.12

中村海渡

SEO SOLUTION

Webライティングとは?|手順や、ポイント、注意点を徹底解説!

WRITER

中村海渡

東日本デジタルマーケティング本部 Webコンサルティング事業部 マーケティングユニット

東北大学を卒業後、2020年に新卒として株式会社PLAN-Bに入社。大学時代には就職支援団体に所属し数多くの学生の人生に向き合ってきた。入社後はインサイドセールスの立ち上げを担い、一年目ながらメンバーをまとめ上げている。

目次
    1. Webライティングとは?
      1. Webライティングをなぜ意識しないといけないの?自由に書いてはダメなの?
      2. Webライティングと紙媒体の違いとは?
      3. Webライティングの種類は?
        1. コラム記事
        2. 情報記事
        3. まとめ記事
        4. 商品紹介記事
      4. Webライティングの基本構成とは?|SDS法・PREP法
      5. SDS法:スピードと結論の納得感を重視
      6. PREP法:ストーリーを重視したい
    2. Webライティングを行う手順とは?
      1. 1.記事の構成を作る
      2. 2.ある程度まとまったら、書き始める
        1. SEOライティングを意識すべき
      3. 3.記事を推敲する
      4. 4.記事をリリースする
    3. Webライティングをするときのの注意点
      1. 読者目線でWebライティングを行うときのポイント
        1. 結論を先に伝える
        2. 論理が飛躍していないか注意する
        3. 画像や動画を適宜入れてコンテンツを作る
        4. 箇条書きや表でわかりやすく要点を伝える
        5. 適度な改行をいれて読みやすく
        6. 装飾を入れてメリハリをつける
        7. 35字程度の読みやすい文章にまとめる
        8. 句読点を適切に使う
        9. 分かりやすい言葉や表現を使う
        10. 文末に気を付ける
        11. レギュレーションは守れているか
        12. サイトのトンマナは問題ないか
        13. 記事のジャンルはSEO/ニュース?
        14. 検索結果の出方も意識する
      2. Google目線でWebライティングを行うときのポイント
        1. 網羅性を意識する
        2. 独自性を意識する
        3. EATの観点を意識する
    4. Webライティングの注意点
      1. 他サイトのコンテンツをコピーしない
      2. 権利を侵害しない
    5. まとめ:Webライティングは、やればやるほど後から結果になってついていくる

オウンドメディアやキュレーションメディアの台頭により、様々な箇所で「Webライティング」という言葉が聞かれるようになりました。

Webライティングとは、Web上で記事コンテンツを読者に届けるために適している書き方を指します。

同じライティングと言っても、紙媒体のライティングとは異なる部分が多いのが特徴です。

この記事では、これからWebライティングを行なっていこうと思っている人たちに向けて、やり方や注意点について紹介していきます。SEARCH WRITE

Webライティングとは?

Webライティングとは、自分が書いたコンテンツを、読者が得たい情報が得やすい構成・文章にし、かつ検索エンジンが読み取りやすいように整え、検索結果に表示させ、さらにランキングに入れてもらうための方法になります。

意図的にSEOでの順位上位を目指す記事ではなく、SEOを意識するものの、本質としてはユーザーにデバイスを通しても読みやすい記事を書く技術のことをさしています。

例としては見出しを作ることで記事の流れを理解しやすくしたり、読者が必要な情報だけを選択できるようにすることが挙げられます。
また、項目ごとに結論から述べることで、読者が理解しやす文章構成にすることも必要となります。

最近では、スマホでの見え方を気にして書くこともWebライティングの位置付けになってきています。

Webライティングとは

Webライティングをなぜ意識しないといけないの?自由に書いてはダメなの?

Web上に記事コンテンツを出すからには、一般的なライティングではなく、Webライティングを意識する必要があります。

Web向けにライティングを行うことはSEOだけでなく、いかにスマートフォンやPCで見る人が見やすい設計にするかどうかが非常に重要です。

自由にライティングをしてしまうと、検索ユーザーやSNSから訪問した読者がすぐに離脱する可能性が高くなります。

先程も述べたように、見出しを一切設定しないと記事の流れが把握しづらくなり、欲しい情報が得られず離脱してしまうことがあります。
また、自由に文章を書いてしまうと読者は要点を掴めず、内容を理解できないまま離脱してしまいます。

紙媒体と異なり、

  • Webではすぐに離脱されやすい点も考慮
  • いかに読者の読了率を高めるかを考慮

してWebライティングを行うのが大切です。

WebライティングでのSEO対策については「SEO対策完全マニュアル|費用対効果抜群のWEB集客方法について」をご参照ください。

Webライティングと紙媒体の違いとは?

Web媒体と紙媒体では読者の目的や、行動が異なります。

紙媒体では、「様々な情報を取り入れたい」「じっくり理解していきながら読みたい」という目的の方が多いので、より多くの情報や知識を盛り込むことや、全体観を書きつつ、流れを整理しながら最終的な結論に至る書き方でも読者は離脱しにくい傾向にあります。

一方、Web媒体では、「知りたい情報だけすぐに欲しい」「流し読みで要点だけ掴みたい」という目的の方が多いので、得たい情報をわかりやすく、結論から書いていく必要があります。

そして知りたい情報以外にも読み続けたいと思ってもらえるような書き方をしないとすぐに読者は離脱してしまいます。

Webライティングの種類は?

Webライティングにおける記事の種類は主に4種類あります。

その種別ごとの特徴やポイントをご紹介します。

コラム記事

コラム記事は「情報に加え、自分の体験、経験、意見を含めた記事」の事を指します。

例えば、「スポーツ」についての記事を書くときに、そのスポーツのルールや、歴史などの説明だけでなく、実際に自分がそのスポーツを行ったときの感想や、楽しさ、苦しさ、醍醐味などを含めて書いた記事になります。

自信の経験を踏まえて書くことにより、読者の共感や賛同を得られるのがコラム記事のメリットです。

なので、情報の羅列にならず、しっかりと自身の経験談や、意見を盛り込んでいきましょう。

情報記事

情報記事は「特定のテーマに対しての事実や仮説などの情報をまとめる記事」のことを指します。

「スポーツの種類」というテーマが仮にあるとします。

この場合、本や、ネットなど様々な場所からいろいろなスポーツの種類を探し、それをまとめて一つの記事にするのが情報記事になります。
スポーツって世の中にはどんなものがあるんだろう?と気になっている読者に対して、しっかりと網羅的にスポーツの種類を届けることが大切です。

情報記事はコラム記事と違って筆者の意見は重要ではなく、正確な情報を読者に届けるという事が大事になってきます。
したがって、一つの本やサイトを参考にするのではなく、様々なものから総合的に取捨選択をして間違いのない記事を書くことが大切です。

まとめ記事

まとめ記事は「様々なランキングであったり、比較をしていく記事」の事を指します。

例えば、「モテるスポーツランキング」などといったあるテーマで優劣をつけたり、比較をしていく記事になります。

ランキングなどは季節や時代によって変動することも多いので、常に新しい情報を読者に届けることが大切です。

しかし、似たような内容も多く見受けられるのがまとめ記事です。
自分なりの角度・視点で情報を届けていくことも大切になります。

商品紹介記事

商品紹介記事は「商品やサービスの紹介、それを実際に利用した感想を含めて書いた記事」の事を指します。

紹介する商品やサービスについてしっかりと理解し、その上利用してみることが大切です。
実際に利用することで利用者目線で記事を書けますし、その商品への理解が深まります。

実際に書く際には、要点をしっかり押さえて、その商品を手に取りたくなるような文章にしていく必要があります。

ただ機能を説明するだけでなく、その機能を使うことによって読者はどんなメリットがあるのか?利用することで今の生活の何が便利になるのか?というところをイメージさせてあげることが大事になります。

しかし、間違った情報を書いてしまうと、企業イメージに傷をつけたり、クレームに発展してしまう可能性があるので、注意しましょう。

Webライティングの基本構成とは?|SDS法・PREP法

Webライティングでは、Web上の特性から、特定の文章の型と親和性が高いとされています。

ここではWebライティングでよく用いられる、SDS法・PREP法の2つの方法について紹介しておきます。

SDS法→スピードと結論の納得感を重視したい
PREP法→ストーリーを重視したい

と少しライティングの方向性が変わりますので以下で解説をしていきます。

SDS法:スピードと結論の納得感を重視

SDSは以下の略です。

SDS法

  • Summary = 全体の概要
  • Details = 詳細の説明
  • Summary = 全体のまとめ

簡単にいうと、同じ内容を3回に分けて細かく説明する方法です。

つまりSDS法は、だらだら喋るのではなく結論を素早く伝える時に有効な手法となっており、Webメディアと親和性が高い方法と言えます。

PREP法:ストーリーを重視したい

PREPは現在多くのWebメディアで用いられている文章の型です。

PREP法

  • Point = 結論
  • Reason = 理由
  • Example = 具体的な例
  • Point = 再度結論

PREP法の場合は、途中に具体例を挟むことから、話をじっくりと説明したい時に向いています。

PREP法の場合は最初に結論が来るので、ユーザーの疑問を早く解決し、深堀の説明も読んでもらいやすくなるという利点があります。

WebメディアではPREP法を用いたライティングが使われる傾向が高いと言えます。

Webライティングを行う手順とは?

Webライティングを行う手順は以下の通りです。

Webライティングの手順

  1. 構成を作る、いきなり書き始めない
  2. ある程度まとまったら書き始める
  3. 完成したら読み直す(可能なら第三者に確認してもらう)
  4. リリースする

準備をしっかり行うことで精度の高いWebライティングを行うことが可能です。

1.記事の構成を作る

実際に記事をいきなり書き始めるのでなく、最初に構成を作りましょう。

構成を作ることで、情報を誰にどれくらいどこまで伝えるのかがまとめられ、スムーズな記事執筆が可能です。

逆に構成案がまとまっていないと、結論がずれやすく、SEO的にも評価の低い記事が出来上がる可能性が高くなります。

記事を書く前に、

  • 誰が読むものか
  • どんな情報を読者は求めているのか
  • いつ読んで欲しいのか
  • 逆に読むべきではない人は誰か

など細かくペルソナを設計し、想定読者が求めいてる情報を整理していきましょう。

この記事を書く際のペルソナ設計でわかりやすく説明していきます。

この記事のペルソナは、
「Webライティングを初めて3か月くらいが経ったけど、知識もあまりなく、Webライティングの基本から実際の記事の書き方まで知りたい」
という人です。

  • 誰が読むものか→Webライティングを初めて3か月程度のまだ知識もあまりない人
  • どんな情報を読者は求めているのか→Webライティングの基礎から正しい記事の書き方の手順やポイント
  • いつ読んで欲しいのか→正しい記事の書き方が分からず自己流で記事を書いてしまっているとき
  • 逆に読むべきではない人は誰か→Webライティングを1~2年以上行っていて、記事作成の基本や、書き方は理解している人

このようなペルソナ設計をすることによって記事の見出しや内容などどんな情報を届ければよいのかがわかります。
上記のペルソナの方が「興味深く読み進められるのか?」を基準に記事を書いていきます。

これらをまとめることでライティングをスタートする際にもスムーズに進めることが可能になります。

また、記事を書く際には自分の知識だけに頼らず、事前に情報の整理と収集を行うことが大切です。

書く前の準備

2.ある程度まとまったら、書き始める

構成がまとまったら、いよいよ記事を書き始める段階です。

記事を書く際には、決まった時間をとって一気に記事を書くことがおすすめです。

ライティングを隙間時間でやると、

  • 書くべきことが抜けてしまったり
  • そのまま忘れてしまったり

することがあります。

また、執筆時間が細切れだったために「文章の始めと結末で全く違ったことを言っている」ということも起きてしまいます。

Webライティングでは、特に見出しと本文に齟齬がある場合、離脱される可能性が高くなります。

見出しと本文はしっかり繋がっているか、よく確認するようにしましょう。

良い文章を書こうと思っている方は、必ずある程度の時間をとってライティングをするようにしてください。

SEOライティングを意識すべき

Webライティングの中でもSEOを意識して文章を書けるようになると、さらに磨きがかかるでしょう。

GoogleやYahoo!JAPANといった検索エンジンで上位に表示されると、記事の評価が高まります。

SEOライティングの方法は、以下記事にわかりやすくまとめていますので「SEOってなに?よくわからない!」という方はぜひご覧ください。

3.記事を推敲する

記事を書き終えたら、納品前に必ず誤字脱字のチェックと、この記事で何を伝えたかったのかを確認する推敲作業に入ります。

チェック項目

  • タイトルに対する解決策は記事の中にしっかりあるかどうか
  • タイトルの見出しとそこに付随するコンテンツはまとまりがあるか、脱線していないか
  • コピーアンドペーストはしていないか、している場合は引用の記述がしてあるか
  • 読む年齢層に合わせた文章の書き方になっているかどうか

上記は最低でもチェックするようにしましょう。

そして最初に設定したペルソナが欲している情報になっているか?興味深いような記事がかけているか?
というところも合わせて見直していきましょう。

また、自分だけでなく第三者にも記事推敲をしてもらうとより記事の質が高まります。

4.記事をリリースする

記事チェックが終わったら実際に記事をリリースをしましょう。

記事をリリースするタイミングについては、読んで欲しいユーザー層がSNSなどを見ている時間帯を選択するのがおすすめです。

大まかに分けると、早朝・お昼・夜の3つの時間帯がスマホやパソコンが見られていると言われています。

  • 7〜9時
  • 12時
  • 19時〜22時

記事の内容によって「ランチ時に見て欲しいのか」「帰る前にサクッと読んで欲しいのか」を判断してリリース時間を決めましょう。

*弊社では昼休みが終わり仕事に集中して一息つく15時ごろにメルマガコンテンツの配信を行い、開封率が向上したケースもあります。
試しに15時に記事の配信もしてみるといいかもしれません。

またリリース後はSNSやメルマガでの発信も忘れないように行うのが大切です。リリース時の注意点


Webライティングをするときのの注意点

実際にWebライティングを行う上では、メディアによって様々なルールが決められています。

今回はWebライティング全般に言える、注意すべきポイントについて説明します。

大きく読者目線でのポイントと、Google目線でのポイントに分けて説明していきます。

読者目線でWebライティングを行うときのポイント

Webライティングを行う上で一番大切なのが「読者目線」です。

読者にとってわかりやすい構成や文章、そして図や画像などを用いてより伝わりやすくしていくことが求められます。

分かりにくい文章や文字の羅列など、読者目線が足りていない記事ではユーザーはすぐに離脱してしまいます。

読者にとって興味深い内容となり、最後まで読んでもらうためのポイントを解説していきます。

結論を先に伝える

Webライティングでは「結論ファースト」が重要です。

Webサイトを回遊する読者は、必要な情報だけを得たいという目的を持っている人が多く、要点を簡潔に伝えることが大切です。

そのためまわりくどい文章ではなく、簡潔に結論から先に伝えることを心がけましょう。

論理が飛躍していないか注意する

結論ファーストと同じくらい重要なのが「論理が飛躍しないこと」です。

記事を書いているとありがちなのが、読者のわからない前提を省いてしまうこと。

「これは知っているだろう」という隠れた前提が筆者の中にあると、論理の飛躍が生まれ、読者が理解しづらい文章になってしまいます。

もう一つは根拠が不明瞭なこと。

筆者にとってはわかることも、読者からしたら「なんでそうなるんだ?」と疑問が生まれてしまうこともあります。

そうなってしまうと、読者が納得できず、記事への信頼性も失われてしまうので、気をつけて書きましょう。

自分では気づけないこともあるので、第三者の客観的な目線で確認してもらうのが大切です。

画像や動画を適宜入れてコンテンツを作る

記事を文字だけで埋め尽くすと、とても読みづらい文章になってしまいます。必ず適度に画像や動画を追加して、わかりやすい形の記事になるように心がけましょう。

特に最近では文字だけでなく、画像や動画が織り交ぜられた記事がユーザーから好まれる傾向が高く、記事における画像や動画の重要性は日々高まっています。

画像については、文章の内容がわかりづらいものであればデザイナーに依頼して図解を作ってもらうケースもあるため、デザイナーへの依頼に慣れておくのもライターとしては大事です。

SEOでもユニーク画像への評価は確実に上がってきていますので、文章だけで解決するのではなく、見栄えも含めた調整を忘れないようにしてください。

箇条書きや表でわかりやすく要点を伝える

伝えたい部分や大事な部分は箇条書きや図表などを用いて分かりやすくしていきましょう。

文章で伝えると冗長になってしまう部分も箇条書きでまとめたり、
表にして視覚化することに整理されたより伝わりやすい記事になります。

読者は長ったらしい文章よりも一目でわかる記事の方を好む傾向にあり、読了率が上がりやすくなります。

箇条書きと図表を用いることにより読者目線の要点の伝わりやすい記事を心掛けましょう。

適度な改行をいれて読みやすく

文章は、何行も連続して続くと読みづらくなってしまう傾向があります。

現在、インターネットはほとんどのユーザーがスマートフォンを通して閲覧しているため、改行がないと文字だらけのページが画面一面に出てしまう可能性もあります。

メディアごとにやるべき対応は違いますが、例えばライターに一定のルールをつけることでこのような問題は解決することができます。

  • 3行続いたら改行する
  • 3行で改行できないときは画像などを入れて、アクセントを追加する

このようなルールを作っておくだけでも新しいライターは改行を意識してコンテンツ制作を行ってくれます。

Webライティングは自分が書く側だけでなく、コンテンツのチェック側に回る場合もあるので、その時にチェック時間をできるだけ短くできるようにルール作りを行うこともテクニックのひとつです。

装飾を入れてメリハリをつける

画像や動画の追加とも重複してしまうところかもしれませんが、文章は何行も続くと単調になってしまうと先ほど説明しました。

その上で、改行が適度に行われていてもサイトのデザイン次第ではかなり読みづらい文章になってしまうなんてことはよくある話です。

文章を以下のような形で装飾することで、メリハリがついて読みやすくなります。

文章の装飾例

  • 読んで欲しいところは下線を引く
  • 下線の中でも大事なところは黄色下線にする
  • 見出しの中で大事なところ・ユーザーに一番読んで欲しいところは太字にする
  • ここを読まないと次の文章の意味がわからないところには赤字や赤字太字を使う

など、サイトごとにルールを作っておくことで、ただの文章の羅列ではなく、まとまりがある文章が作られます。

35字程度の読みやすい文章にまとめる

人には、視覚的に読みやすい文字数があります。

Webサイトでは横書きであれば、35文字程度が読みやすい文字数と言われています。

読者がストレスを感じずに情報を得られるようにするために、文字数というところも気を付けていきましょう。

冗長な文章は離脱の原因にもなりますので、読みやすい35字程度の文章を心掛けましょう。

句読点を適切に使う

35文字程度が読みやすい文章と先程お伝えしましたが、その中に一つも句読点がないと読みづらくなってしまいます。

句点、読点で区切りながら読者は読み進めますので、実際に声に出してみながらどこで句点をつけるか、読点を付けるかというところを考えていきましょう。

いくらわかりやすい文章でも、句点、読点がないと一気にわかりづらい文章になってしまうので注意が必要です。

分かりやすい言葉や表現を使う

専門用語など難しい表現を使用してしまうと読者が理解しづらい記事になってしまいます。

専門用語を使用するのであれば注釈をつけて捕捉するなど読者が理解しやすくなる工夫が必要です。

また、難しい漢字などもスムーズな理解を妨げる原因になってしまうので、注意が必要となります。

文末に気を付ける

「~です。」「~です。」と同じ文末が何度も続かないように注意しましょう。

毎回同じ文末の文章は読者目線に立つととても違和感を感じます。

記事を推敲する際に、同じ文末が続きすぎていないか確認することが大切です。

レギュレーションは守れているか

上記でもお伝えしましたが、文章をチェックしていると「文末・文頭がおかしい」というケースが頻繁に発覚します。

これは人間の癖のようなものの場合と、ライティングに慣れていない場合によく起こります。

そのため、記事を書く前にある程度のレギュレーションを作っておくことで解決できるケースが多いです。

(参考例)

  • 文頭と文末を毎回一緒にしない
  • 文末はですます調にする
  • 「しかし」「でも」など否定する場合は同じ言葉を頻発させない
  • ビジネステイストの記事になるので、「ですよね」という「ね」で終わる文章にしない

上記はあくまで参考例ですが、伸びているメディアやオウンドメディアではこのようなルールがしっかり決まっています。

決まっていないと、ライターごとに納品されるものが違い、チェック担当が忙殺されてしまうなんてこともよく聞く話です。

メディアをこれから立ち上げようと思っている方は事前にこのルール作りを時間をかけて必ず行いましょう。

特にライティング初心者の場合はレギュレーションを細かく適用していくのは大変かと思いますが、Webライティングで良い成果を出すために必要な過程と捉えましょう。


レギュレーションを守っていくことで、次第にWebライティングで必要なスキルも培われていきます。

サイトのトンマナは問題ないか

トンマナとは「トーン&マナー」の略です。 サイトや広告を作る時に一貫性を持たせるという意味で使われている言葉です。

調子と様式と言われているケースもありますが、Webライティングでは必ず使われる言葉なので覚えておいてください。

このトンマナを意識して記事を書かないと、サイトジャンルと全く違ったテイストの記事ができ上がってしまいます。

例えばお堅い法人メディアで、タメ口の文章が書かれていたら違和感を覚える人も多いのではないでしょうか。

このように、メディアのトンマナが統一されていないと、メディア自体の信用性も低下させる恐れがあるため気をつけたい部分です。

ライティングをする際は、自分のメディアが他からどう見えるかも少し意識しておくようにしましょう。

記事のジャンルはSEO/ニュース?

Webライティングを行う際には、記事のジャンルについても事前に確認してから行う必要があります。例えば、ニュース系の記事であれば細かいことよりも「情報の鮮度」重視とにかく急いでリリースすることが重要です。

逆に、SEOを意識した記事であれば「対策キーワード」を軸にしてタイトルから細部まで意識してコンテンツを書いて行かないと上位表示は見込めません。

SNSを意識した文章の場合もニュースやSEOとは違うアプローチの記事になるはずです。

記事のジャンルに注意

検索結果の出方も意識する

Webライティングでは、仮にSEOを意識していなかったとしても、Web上に記事が掲載されることから、検索結果の出方も意識する必要があります。

SEO記事でなくても、検索エンジン経由でユーザー記事を閲覧する可能性は非常に高いためです。

検索結果にどのように自分のサイトタイトルと説明が出るのか意識するようにしましょう。検索結果

タイトルと説明は長ければ省略されます。そのため、自分がターゲットとしている人にどんな文字を読ませたいのか、しっかりと認識してからライティングの設定なども行なってみてください。

Google目線でWebライティングを行うときのポイント

ここまで読者目線でのWebライティングのポイントをお伝えしてきましたが、
もう一つ「Google目線」というところもWebライティングにおいては重要になってきます。

読者にとって読みやすい文章にしたが、Googleから評価されずに、読者のもとに有益な情報が届かないという事も起きてしまいます。

そこで、Google目線でのWebライティングにポイントも抑えて、読者にしっかり届く記事を書いていきましょう。

Google目線でのWebライティングのポイントを説明していきます。

網羅性を意識する

網羅性」については、表示させたい検索キーワードに付随する、読者が求めている情報が過不足なく記載されているかが求められています。

例えば「SEO」というキーワード1つとっても、サイトの内部のタグ周り改善という意味合いでのSEO対策や、コンテンツ内容でのSEO対策、あるいは外部被リンクといった意味でのSEOように、読者は1つのキーワードに対してさまざまな意味合いの情報を求めているケースがあります。

1つのテーマに対して、情報が偏った内容のコンテンツになっていないでしょうか?

全体像や具体的な事例、関連する情報も1つのコンテンツ内で網羅するように心がけましょう。

独自性を意識する

たいていのことはインターネットで調べれば答えが出てくるほど情報量が膨大な現在、他のサイトと似たようなWebコンテンツを作っていても、読者にとって価値があるとは言えないでしょう。

そのため、Webコンテンツには独自の要素を入れること=「独自性」が必要になってきます。

独自性を持つための要素としては、取材で得た一次情報、自分自身の体験談、撮り下ろした写真素材やオリジナル動画、時勢にあわせた最新の情報などが挙げられます。

その記事でしか手に入らない情報が多くある場合、検索エンジンはその記事を検索結果上位に表示させる傾向があります。

ユーザーにとって、そのコンテンツを閲覧することでしか得られない情報を盛り込むようにしましょう。

EATの観点を意識する

E-A-TはWebコンテンツの質を評価する基準の一つで、それぞれ下記の要素から構成されています。

Expertise-専門性
Authoritativeness-権威性
TrustWorthiness-信頼性

これらの3要素を満たしていることが、Google目線でのWebライティングには求められます。

わかりやすくいうと、「自分だからこそ知っていること」「難しい言葉を使わずに子供でも理解できる言葉」「本当のこと」を書くということです。

何か知りたいことがあるときに、あなたは誰からの情報なら信頼できますか?

知りたかった内容の書いているブログがどこの誰かもわからない一般人が言っている内容だったら信じられますか?

もしそのブログの情報の引用元が公共サイトや論文または書籍だったときは信じますよね。

そのコンテンツの情報の引用先がどのような記事なのか、信頼できるものなのかは、読者が本当に有益な情報を得られるかどうかに関わるので、Googleの評価に大きく関わります。

常に、この情報は信頼できるものなのかどうかという所を確認しながら記事を作成していきましょう

また、信頼性の高さとして記事の新鮮度も関わってきます。なぜなら、情報は常に新しいものへと変わっていくものであり、古い情報は現在のものとは変わってしまっている可能性が大いにあります。

そのようなことがあるためGoogleは最新の情報、最新の記事を上位表示する傾向にあります。

下記にGoogleが発表しているコンテンツの質を担保するために必要な項目についてもぜひご確認ください。

Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと (googleblog.com)

Webライティングの注意点

Webライティングに限った話ではありませんが

  • 他サイトのコンテンツをコピーすること
  • 権利侵害すること

は、絶対にやらないようにしましょう。近年、キュレーションメディアが出始めてから権利侵害によるメディア閉鎖はたくさんのところで話題になっています。

他サイトのコンテンツをコピーしない

記事の網羅性を担保するにあたり、他サイトの記事を見ることがあると思いますが、Webライティング時にコピーは絶対にしてはいけません。

Googleは重複コンテンツというものを嫌います。

読者にとって同じ内容の記事が何個も上位表示されていては有益な情報を得にくくなってしまうので、Googleはコピーコンテンツの順位を下げる動きをします。

また、コピーコンテンツは権利侵害になったり、最悪の場合メディア閉鎖にも繋がってしまうので、気をつけましょう。

重複コンテンツを避ける方法について書いている記事も参考にしてみてください。
Googleが嫌う重複コンテンツって?重複を避けてサイト運営する方法

権利を侵害しない

記事を書く際に、他サイトの内容を捕捉として引用する場面があります。

しかし、他サイトの文章を無断で利用することは著作権侵害になる可能性があります。

著作権法上定められたルールに従っている場合には著作権者の許可を得ずに自分の記事を作成する際に引用することができます。

文化庁の整理によれば以下のとおりです。

①他人の著作物を引用する必然性があること。
②かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
③自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
④出所の明示がなされていること。

参照:文化庁HP「著作物が自由に使える場合」
「著作物が自由に使える場合」

上記のルールをしっかり守り、読者が理解しやすくなるような補足情報などを書いていきましょう。

まとめ:Webライティングは、やればやるほど後から結果になってついていくる

Webライティングは数をこなすほど慣れてきていい文章を書けるようになります。

もし、これから力をつけていきたいと思っている人は、まず自分で記事を毎日書くという癖をつけてみるのも良いでしょう。

読者目線とGoogle目線両方を意識してWebライティングを行ってみて下さい。

みなさんのWebライティングがうまくいくように応援しております。