PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

SEOはキーワード難易度で決まる!競合サイトに勝つために必要な難易度の調査方法

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. SEOのキーワード難易度ってなぜ確認した方がいいの?
    2. キーワード難易度をチェックする方法
      1. 検索ボリュームから考える
        1. Google Adwordsキーワードプランナー
      2. キーワード検索数チェックツールaramakijake.jp
      3. ツールを活用する
        1. SEO難易度チェックツール rishirikonbu.jp
      4. 競合サイトのドメインを確認する
        1. インデックス数
        2. バックリンク数
      5. 上位サイトの文字数を確認する
    3. 「難易度が高いから諦める」ではない
    4. 難易度が高いときに戦う方法
    5. まとめ:SEOは難易度の低いものから高いものまで複数キーワードを同時に対策する!

SEO対策を始める前に、集客をするためにメインとなるキーワードを決めなければなりません。Webサイトのテーマやアクセス状況によって上位化させたいキーワードは異なりますが、「SEOのキーワード難易度」を大前提に考える必要があります。

今回はキーワード選定の際に考慮しなければいけない「SEOのキーワード難易度」についてお話します。


SEOのキーワード難易度ってなぜ確認した方がいいの?

SEOだけでなく、リスティング広告などを利用し、ある程度サイトへのアクセスが増えてくると、コンバージョンを獲得しやすいキーワードが分かってきます。当然そのキーワードでオーガニック検索による流入を増やそうと考えますが、ここで問題になるのがキーワード難易度です。SEO対策は一朝一夕で成果が出せるものではなく、検索結果の上位を獲得するまでに1年以上かかってしまうような高難易度のものもあります。

キーワードの難易度が高すぎる弊害

それ故、事前に難易度を確認せずに対策を始めてしまうと、キーワードによっては長期間上位化ができず、想定していたアクセスを集められずにコストばかりが掛かってしまう可能性があります。SEO対策を開始する前に、必ずキーワードの難易度をチェックしておきましょう。


キーワード難易度をチェックする方法

キーワードの難易度を測る方法はいくつかありますが、その中でもメインとなる4つのポイントをご紹介します。  

検索ボリュームから考える

基本的にユーザーがよく検索するキーワードはニーズが高く、その分上位化の難易度は上がります。検索ボリュームがどれ位あるのかを知っておくことで、ある程度そのキーワードで上位化がし易いか否かを確認することができます。

検索ボリュームを調べる際は、ツールを使用しましょう。

Google Adwordsキーワードプランナー

リスティング広告を出稿している方であればご存じの方も多いツール「Google Adwordsキーワードプランナー」で検索ボリュームを確認します。

キーワードプランナーを開くと、検索ボリュームを調べたいキーワードを入力する検索ボックスがあるので、そこに対象のキーワードを入力します。調査対象は「SEO」のように1語だけでなく、「SEO 対策」といった2語以上を掛け合わせたキーワードでも調査が可能です。

基本的に単一キーワードは検索ボリュームが多く、俗に「ビッグワード」と言われる上位化が難しいキーワードです。立ち上げたばかりのサイトでは、複合キーワードでの上位化を狙うようにしましょう。

キーワードプランナーは広告を出稿していなくても利用ができますが、ざっくりとした数値しか算出されません。もう少し詳細なデータを確認するには、広告を出稿しているアカウントが必要です。 

キーワード検索数チェックツールaramakijake.jp

Googleの有料広告を利用していない場合は、aramakijake.jpのキーワード検索数チェックツールを使用しましょう。こちらもキーワードプランナーと同様に、検索ボリュームを調べることができますが、GoogleだけでなくYahoo!の検索ボリュームが分かるのが特徴です。また掲載順位毎に予想されるクリック数が表示されるので、おおよその流入数が予測できます。 

ツールを活用する

SEOのキーワード難易度を測るツールがあります。検索ボリュームや競合サイト数などがあらかじめ加味されているので、別途ツールで調べる必要がありません。ただしツールの提供元が独自に算出している数値なので、参考程度に利用してください。

SEO難易度チェックツール rishirikonbu.jp

SEOの難易度を調べたいキーワードを最大3つ同時に調べることができます。難易度は0~100で表され、数値が高い程上位表示が難しいキーワードとなります。SEO対策を初めて行う場合は、スコアが20程度のキーワードをいくつか選びましょう。まずは簡単なキーワードから対策をして、サイトの順位が上がる感覚を養うことが大切です。 

競合サイトのドメインを確認する

競合サイトのドメインを確認することは、SEOのキーワード難易度を測るうえで最も重要な作業といっても過言ではありません。先述した検索ボリュームや難易度の数値は、あくまでも目安でしかなく、実際に上位化させるには競合サイトよりも優れたサイトにしなければなりません。

どれだけ検索ボリュームが少ないキーワードでも、1ページ目に位置しているサイトが強いサイトばかりだと、上位化の難易度は高くなります。そのため、自分が上位化させたいと考えているキーワードの競合サイトを事前に調べておく必要があります。

では実際に調査する方法と項目を見ていきましょう。

インデックス数

対象サイトのインデックス数がどれ位あるかを確認します。基本的にはインデックス数が多い方が上位化しやすい傾向にあります。Googleの検索結果に「site:対象のドメイン名」で検索すると、そのドメインのインデックス数が概算で表示されます。

検索結果1ページ目に存在するサイトのインデックス数よりも多くコンテンツを作成するように心がけましょう。ただし、闇雲にコンテンツを増やすのではなく、質を重視して追加する必要があります。

バックリンク数

ドメインに付いているバックリンク数を確認しましょう。バックリンクとは、外部サイトから受けるリンクのことを指します。SEOにおいて、コンテンツの質に次いでこのバックリンクが上位化を目指すうえで重要な項目です。バックリンク数は以下の有料ツールで確認が可能です。

有料のツールを購入する予算が無いという方は、無料ツールを使用しましょう。

被リンクの数とドメイン数だけでなく、リンク元のページとアンカーリンクも確認ができるので、無料のツールとしては十分な機能が備えられています。  

上位サイトの文字数を確認する

競合サイトのドメインを確認したら、次は上位化しているページの文字数を確認しましょう。上位サイトの文字数は、上位化に必要な文字数の参考値となります。単純にテキスト量が多ければ競合サイトに勝るという訳ではありませんが、数を近づける、またはそれよりも多くテキストを挿入するように意識してください。


「難易度が高いから諦める」ではない

SEOのキーワード難易度を調べていくと、上位化が難しいものは諦めてしまいたくなります。しかし難易度が高いからといって諦めてしまうのはもったいないです。SEO対策は時間がかかるものなので、ビックワードを狙いつつ、難易度の低いキーワードも対策していくようにしましょう。


難易度が高いときに戦う方法

難易度が高いキーワードで上位化を狙うには、難易度の低いキーワードでいくつも上位表示させて、ドメイン自体の力を高める必要があります。サイトがその分野において信頼度の高い情報を保持していると判断されることで、ビックワードでも成果が出せる土台が形成されます。またドメインパワーを高めるうえで重要になるのが、質の高いコンテンツです。質の高いコンテンツに必要なものとして「E-A-T」が求められます。

E-A-T

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness (権威性)
  • TrustWorthiness (信頼性)

上記の3つを意識したコンテンツ作りを継続して行い、ビックワードでの上位獲得を目指しましょう。


まとめ:SEOは難易度の低いものから高いものまで複数キーワードを同時に対策する!

SEO対策を始める前に、キーワードの難易度が高いものは無理だと決めつけ、諦めてしまっていなかったでしょうか?そこをぐっと堪えてSEOは時間がかかるものだと理解し、ビックワードにも果敢に挑みましょう。

それと同時に比較的難易度が低いキーワードも対策し、ビックワードでの上位化という大きな成果に繋げましょう。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!