2021.08.17

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

無料版も!コピペチェックツールを徹底比較!【2021年最新版】

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム

大手広告主企業での広告宣伝部、総合広告代理店でのプロモーション部を経験し、PLAN-Bへ入社。企業のオウンドメディア「PINTO!」の立ち上げを行い数多くの記事を作成しメディアとして成長させた。その経験からコンテンツSEOのインハウス化を支援するツールの「SEARCHWRITE」をローンチし、プロダクトオーナーを務める。

目次
    1. そもそもコピペチェックとは?
    2. コピペチェックはなぜ重要なのか?
    3. コピペチェックが重要なケースとは?
      1. 1.記事作成を外部のライターに依頼した場合
      2. 2.記事のライティングスキルを向上させたい場合
      3. 3.記事テーマに関する情報が少ない場合
    4. コピペチェックツール選定時の3つのポイント
      1. ポイント1: 費用とチェック可能な文章量とのコスパ
      2. ポイント2:チェック可能な文字数の制限
      3. ポイント3:ツールの使用時にストレスがないか
    5. おすすめのコピペチェックツール10選!
      1. こぴらん
      2. CopyContentDetector
      3. コピペリン
      4. クラウドワークス コピーコンテンツチェックサイト
      5. ランサーズ コピーコンテンツチェックサイト
      6. 剽窃チェッカー
      7. コピペルナー
      8. chiyo-co
      9. リファイド コピペチェック
      10. Plagiarism Checker.co
    6. コピペが発覚した場合の適切な対処とは
    7. コピペチェックを効率化してコンテンツの質を高めよう!

「記事制作を外注/社内で依頼したけど、内容がコピペになっていないか確認するの大変だな・・・」

これはメディアを運営されている方、特に記事のディレクションを担当している方の多くが抱える悩みかと思います。

本記事ではおすすめのコピペチェックツールをご紹介しますので、それらを駆使して楽にコピーコンテンツのチェックを行いましょう。

また、こちらの資料でコンテンツの品質をチェックすることができます!SEOでは高い品質のコンテンツが求められるので、リリース前のチェックは必ず行いましょう!


そもそもコピペチェックとは?

そもそもコピペとは、コピー&ペーストの略で、ネット上に掲載されている文章をコピーして貼り付けることを意味します。

ユーザーにとって有益な記事コンテンツを作成する場合、多くの方が「専門性(Expetise)」・「権威性(Authoritativeness)」・「信頼性(Trustworthiness)」が担保されたサイトの情報を参考にして記事を執筆すると思います。

その際、参考にしたサイトの文章をそっくりそのまま転用することはもちろんコピペとなり、SEOにおいて評価が下がる原因になります。注意しなくてはいけない点は、表現の一部を僅かに変更しただけの文章や語尾の表現を変更しただけの文章も、コピペや重複コンテンツだと判断されてしまうということです。

コピペチェックを怠ると大切なサイトの評価を下げてしまいかねないため、コピペチェックを行うことが重要です。


コピペチェックはなぜ重要なのか?

そもそもコピーコンテンツは、ネット上に存在する必要がありません。オリジナルコンテンツ側が残り続ければ、それを読むだけで事足りるからです。

またGoogleは保有するデータや検索結果に出すデータを整えたいという気持ちがあるので、コピーが多い文章は検索結果に出てこないケースも存在します。

参考:無断複製されたコンテンツ  |  検索セントラル  |  Google Developers

さらにはコピーコンテンツを掲載してしまうと、SEO上の評価が下がってしまいます。ともすればペナルティの対象にもなります。

そのため、自然検索によるサイト流入を獲得したいと考えている方にとっては、コピーコンテンツを掲載してしまうことは必ず避けなければいけません。

場合によっては、盗用や著作権侵害に該当する可能性があるので、細心の注意を払いましょう。

さらには今のコンテンツSEOの時流においては、コンテンツに独自性が求められるため他サイトから内容をコピーしてきても評価されるコンテンツを作ることができません。

「独自性」を踏まえたSEOに強いコンテンツの書き方を知りたい方はこちら!


コピペチェックが重要なケースとは?

1.記事作成を外部のライターに依頼した場合

特に社外のライターに記事の作成を依頼した場合は、必ずコピーコンテンツチェックを行ったほうがいいでしょう。

記事を自社で作成するのであれば、こまめな周知、教育やルール化・仕組み化などでコピペを未然に防ぐことは可能かもしれませんが、社外のライターに作成を依頼する場合細かいコミュニケーションが取りにくい場合が多いです。

そのため、こまめな周知やルールの徹底が難しいというのはよくあることです。ライターが何を参考にして記事を書いたのかわからないため、社外のライターに記事作成を依頼した場合にはコピーコンテンツチェックをしましょう。

そして、記事作成を社内で実施するか、外注するかに関わらず、執筆した際に参考にした全ての記事に関して元記事が特定できる情報を共有していただくようにしましょう。

記事を外注で制作する際の注意点を確認するにはこちら!

2.記事のライティングスキルを向上させたい場合

ライティングスキルを今よりもっと向上させたい人にも、コピーコンテンツチェックは効果的と言えます。ベテランのライターであっても、自分では気づかないうちに重複してしまっていることがあります。簡単にコピーコンテンツチェックできるツールもありますので、活用してみましょう。

3.記事テーマに関する情報が少ない場合

ライティングする記事のテーマの情報が少ない場合、特定の記事からしか情報を得ることができず、重複した内容になってしまうことがあります。

このように、自分(自社)にノウハウがないような内容に対して記事を作成する際には、なおさら外部の専門性の高いライターに記事の作成を依頼するケースが多いので、コピペチェックは慎重に行いましょう。

コピペチェックツール選定時の3つのポイント

コピペが行われているかどうかを確認するには、専用のツールを使用することがおすすめです。本見出しでどのツールを使うかを選択する際のポイントをお伝えし、次段落にて様々なツールをご紹介いたします。

ただし、コピーコンテンツチェックツールは、あくまでひとつのチェック項目にすぎません。多少のリライトをして、クライアントにバレないように小細工しているライターも中には存在するのが事実です。そのため、

  • コンテンツの質はどうか
  • 文章に違和感がないか
  • 無理やり書き換えている感じがないか

を目視でも確認し、コンテンツの質を確認するという点はツールの導入を検討する際も前提として意識しておきましょう。

ポイント1: 費用とチェック可能な文章量とのコスパ

コピペチェックツールの中には無料版と有料版があります。ツールの導入に際して、費用という面にどうしても目がいきがちですが、チェック可能な文章量も確認しておく必要があります。自社でチェックしたいテキストの内容や文章量などと照らし合わせながら、一番自社にとって費用対効果の高いツールを選定しましょう。

加えて、コピーコンテンツチェックツールはGoogleのAPIを利用しているため、エラーが出ることもあります。その際は、他のツールの利用を検討するもしくはエラーが起こりづらい有料のツールを検討するようにしましょう。

ポイント2:チェック可能な文字数の制限

無料のコピペチェックツールの多くは、同時にチェックできる文字数に制限があります。文字数の多い記事を作成することが多い際は、せっかくコピペチェックツールを導入しても全ての文字をチェックするのに、何回かに分けてチェックする必要がでてくる可能性があります。

コピペチェックを正確に実施し、かつ工数を削減するために導入しているはずが、すべての範囲を網羅できなければ2度手間になってしまいます。そのため、コピペチェックツールの導入前にそのツールでチェック可能な文字数に関して把握しておきましょう。

ポイント3:ツールの使用時にストレスがないか

オウンドメディアの運営や記事のディレクションを担当する方は、日常的にコピペチェックツールを使用することでしょう。そのため、ツールを使う際に使いやすさ・見やすさ(UX・UI)という点でストレスがないかどうかは非常に重要です。

文章を毎回所定の欄に貼り付けるタイプなのか、ドキュメントやファイル形式でアップロードしてチェックすることが可能かなど、日常的にストレスがかからないツールかどうかは検討すべきでしょう。


おすすめのコピペチェックツール10選!

コピペチェックツール選定時のポイントは理解できたと思うので、ここでは実際におすすめのコピペチェックツールを10個ご紹介します!

こぴらん

こぴらんは完全無料で利用できるコピーコンテンツチェックツールです。ブックマークレット機能があり、リリースした後の記事も簡単にチェックできます。

  • 完全無料
  • ブックマークレット機能あり
  • チェックスピードが速い
  • 検索結果がシンプル

初心者にも使いやすいツールなので、コピーコンテンツチェックを初めてやるという方にもおすすめしたいです。

CopyContentDetector

CopyContentDetectorは、完全無料で利用できるコピーコンテンツチェックツールです。

  • 無料
  • 回数制限なく利用可能
  • CSV一括登録機能

株式会社ウェブサークルが運営しているツールで、WordPressのプラグインも提供しています。有料のAPIも存在するので多数のファイルを自動で処理したい人には向いているツールです。

コピペリン

年間6,000円で利用できる有料のコピペチェックツールです。運営会社は「サクラボ」で、アッチューマ・キジポンなども運営しています。

  • レポート機能あり
  • テキスト貼り付け機能
  • さまざまなファイルが読み込み可能

スピードも速く無制限で利用できますので、無料ツールに使いづらさを感じている方は検討してみてください。有料ツールということだけあってとても使いやすいです。

クラウドワークス コピーコンテンツチェックサイト

クラウドワークスを利用している人が使えるコピーコンテンツチェックツールです。100文字以上入力するとチェックできるようになるので、少ない文章をチェックしたい人には向きません。

UIも綺麗で、クラウドワークスで日頃コンテンツを依頼している人にはぜひお試しいただきたいツールです。

ランサーズ コピーコンテンツチェックサイト

ランサーズを利用している人が使えるツールです。法人アカウントのみの利用となっているので、ランサーズは利用しているが法人登録していない、という方はまず法人登録を行ってからツールを利用するようにしてください。

なお、法人アカウントにすることで専任のディレクターがついたり、部署別管理ができたりするので、会社で利用している際は法人アカウントへの検討もしてみると良いでしょう。

剽窃チェッカー

以前はかなり使いやすいツールだったのですが、検索エンジンの仕様変更によりヒット件数の取得が困難になったようで、コンマで区切らないとチェックができないようになってしまいました。(入力できる文字数は全角・半角合わせて2,000文字以内、あるいは合計30項目以下です。)

ただ速度としてはかなり速いので、スピードやサイトの軽さ優先という方は利用してみてください。

コピペルナー

レポート・論文の「試験監督」用に作成されたツールですが、Webページのコピーチェックができるのでコピーコンテンツチェックツールとしても役立ちます。

chiyo-co

chiyo-co

                                                                 chiyo-co

株式会社CROCOの運営するツールです。旧名は「影武者」というサービス名で、テキストの「コピペチェック」だけでなく、文章同士が似ているか否かを判断する「類似チェック」も行うことができます。

コピペチェック結果画面がシンプルなUIになっており、無料プランもあるので、是非一度コピペや類似文章をチェックしたいという方にお勧めです。

リファイド コピペチェック

リファイドが運営するコピペチェックツールです。1記事ずつコピペチェックを依頼するスタイルになっているのでツールというよりコピペチェックを代行してくれる会社になります。

料金は、1記事(1,000文字の場合)500円からとなっており、最大で1記事(1,000文字の場合)1,600円からとツールに比べて割高です。ツールを使うのさえ面倒だ、という方には相性が良いサービスかもしれません。

Plagiarism Checker.co

Plagiarism Checker.co

                                                                          Plagiarism Checker.co

plagiarismchecker.coが運営する剽窃・盗用チェックツールです。料金プランによっては最大30000語のコピペチェックが可能です。
24時間365日のサポート体制が整っている点や、テキストではなくファイルのアップロードでのコピペチェックが可能な点が利点です。

コピペチェック機能に加えて、コンテンツを1行ずつ詳細に分析しWEBサイト全体でコンテンツの重複チェックを行うなどの機能があります。
より高度な分析結果と、詳細な関連情報が欲しい方は使用してみるのも良いかもしれません。

コピペが発覚した場合の適切な対処とは

コピペチェックツールを使うことで、コピーコンテンツが発覚した場合、多くのツールではこのような結果が表示されます。

結果表示

対象のサイトも表示してくれるので、そのサイトでコピーとして判断された文章を探します。もしその文章と似ている箇所が多かったら、コピーコンテンツと判断して間違いないでしょう。

自社のリリース前の記事においてコピペが発覚した場合には、すぐに記事内の表現を見直しましょう。リリース後の記事に関しては、最悪の場合著作権侵害や盗作として訴えられる場合もあるので、リリース前のコピペチェックを徹底するようにしましょう。

コピペチェックを効率化してコンテンツの質を高めよう!

コンテンツSEOでは、コピーコンテンツチェックはユーザによって有益なコンテンツを提供するための必須業務のひとつです。

日々膨大な数の記事をアップロードしなくてはいけないオウンドメディアの運営者や記事のディレクション担当者にとっては、非常に工数のかかる大変な作業かもしれません。

ただ、ここで手を抜いてしまうと後からの修正の方がより大変になります。成果を出すために必要な作業と理解して、こまめにコピペチェックを行いましょう。
そして、コピペチェックにかかる工数をコピペチェックツールなどを使って徐々に効率化することで、コンテンツの質を高めていきましょう!

弊社でも、記事コンテンツのクオリティに関して簡単にチェックできる「コンテンツライティングチェックシート」を提供させていただいております。コピペチェックツールと併用していただくことで、質の高いコンテンツかどうかをより正確に確認することができるので、是非お問い合わせください!