PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

SEOの被リンク対策|やってはいけない被リンクパターン紹介

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. SEOで良い影響を受けにくい被リンクパターン
      1. 1.相互リンク
      2. 2.掲示板リンク
      3. 3.ひとつのページに多数のリンクを設置する
    2. 質がいいかどうかの判断基準
      1. コンテンツのマッチ度も重要な指標
    3. よくある質問:被リンク数が多いのに競合サイトに勝てないのはなぜですか?
    4. リンクを定期的にチェックしよう
    5. まとめ:リンクは大切だが、自分のサイトを育て続けることを忘れない

SEOをやっていると自ら「被リンクを貼りたい!」という状況に遭遇したことはないでしょうか?

被リンク自体はGoogleからペナルティを受けたり、サイトの評価を下げてしまう可能性があるものですが、上位表示に大きく影響を受けるケースもあるのが事実です。

今回は、SEOで良くないリンクのパターンについてご紹介していきます。


SEOで良い影響を受けにくい被リンクパターン

以下のようなサイトは、一昔前に「SEOに効果がある!」と流行ったサイトのパターンです。(あくまで一例のため、モザイクで一部を隠しています。)

もしこういったサイトの効果を期待している方は利用を控えることをおすすめいたします。

1.相互リンク

上記のような相互リンクを集めているサイトからのリンクはペナルティの対象にもなりやすく、効果としてはあまりよくありません。少し前は、こういった相互リンクサイトに登録してもらうことで効果を発揮していたサイトもありましたが、今では登録する方は少なくなったように感じます。

この手のサイトは、Googleのペナルティの対象となっているケースも実際にあるため取り扱いには十分注意しましょう。

2.掲示板リンク

こういった掲示板の自由投稿欄に自分で投稿をして、URL付きでコメントを残すというのも以前流行った手法です。これは最近でも利用している方を見かけますが、相互リンクと同じくメリットよりデメリットの方が大きいため利用しないようにしましょう。

最悪の場合、掲示板側からクレームがきたり、訴訟問題になる可能性もあるので、利用は正しく行うようにしましょう。

3.ひとつのページに多数のリンクを設置する

ひとつのページから多数のリンクを設置して、多数のサイトに飛ばすサイトを見かけますが、過度なものはやはり評価を落とします。

また、コンテンツと全く関連性のないページから飛ばしているサイトに関しては、Googleからも良い評価どころかペナルティを受けたり、ガクッと順位を落とす可能性があるため利用は控えましょう。

こういったサイトが、今でもSEO会社の間で多数使われているためSEO会社に依頼する際はリンクパターンを確認することでリスクを軽減できます。SEO会社に依頼する際の注意点はこちらもチェックしてみて下さい。


質がいいかどうかの判断基準

リンクに関して、質がいいかどうかの判断基準はGoogleが開示していいませんが、やはり「ユーザーにとって便利なリンク」が大切となります。

例えば、当サイトでは上記の「参考記事:本物に出会える!SEO会社の選び方をご紹介します」というページへユーザーを移動させるため、内部リンクを設定しています。これは、ユーザーを無理やり誘導するために設置しているわけではなく、この記事を読んだ後に読んでもらうことでさらに理解が深まると本気で考えているからです。

記事を読んだユーザーがリンクページ先の情報を有益だと思えるのか、ユーザーにとって便利で正確な情報を与えているのかを判断してリンクを設置することで、Googleからも評価されやすくなります。

コンテンツのマッチ度も重要な指標

リンクを発しているページとリンク先ページのコンテンツがある程度似ていたり関連性がある方が、リンクの効果がより出やすいです。

コンテンツのマッチ度

もしリンクを駆使してサイトを上位表示したいという方は、まず簡単に設置できるところからリンクを設置し、効果を確かめながら「どれがユーザーにとって良いページなんだろう」「AとBの記事の関連性を考えると、新しくCという記事を書いた方が良さそうだ」という判断をしながら対策を進めていきましょう。

内部リンクを意識しながら、次のコンテンツ案を考えることができるようになるとさらにサイトの順位だけでなくアクセス数が伸びて行くはずです。


よくある質問:被リンク数が多いのに競合サイトに勝てないのはなぜですか?

先ほどから案内しているように、今のSEO対策は単にリンクを集めれば順位が上がるというシンプルな構造ではありません。サイトの設計や、どうやって記事を作り、どういったフローでお客さんを呼んでくるか綿密に考える必要があります。

その中でもちろんリンクも重要な指標ですが、まずは対象となるページに「ユーザーが求めているコンテンツがしっかりと入っているか」を確認すべきです。

入っていると思っていても、第三者にその記事を見てもらうことで新しい発見があったりもします。悩んだら第三者の意見を聞いてみましょう。自分はいいと思っているけれど、読者からは「これは自分の言いたいことだけ書いた記事だから読みたくない」という意見をもらうかもしれません。

ユーザーが求めているコンテンツを入れる

例えば、「ダイエット やり方」というキーワードを調べている方にやり方を説明せず「この商品を買え!」とだけ書いてあるページを提供しても誰も納得しませんよね。つまり、リンクでそのページの順位をあげようとしても、今のGoogleでは上位表示しないのです。

よりユーザーのことを考えて、

  1. 「ダイエットとはこうやる」
  2. 「注意点はここ」
  3. 「プロはこうやって痩せているよ」
  4. 「もし楽にダイエットしたいならこの商品も検討してみてね」

というような、購入まで自然な流れで誘導するサイト設計が、Googleにもユーザーにも評価される記事です。こういったユーザーのことを考えたサイトをまずは作成するようにしましょう。


リンクを定期的にチェックしよう

ここまでリンクのデメリットや注意点について触れてきましたが、最後に「リンク対策をやっていないのになぜか順位が下がってしまった!なぜ?」という予測不可能な自体になった時のための対策についてご紹介します。

Googleは自演のリンク対策を極端に嫌います。そのため、自分が意図的にしていなかったとしてもGoogleが「これは悪い対応をしている」と判断すれば手動ペナルティの対象となる可能性があります。

そのため、定期的にサーチコンソールで最初にご紹介した質の低いリンクがないかどうかチェックし、もし管理画面に「手動の対策」の内容が記載されていたら以下記事を参考に対応しましょう。

最後まで細かくチェックしておいた人が得をするのがSEOの面白いところです。サーチコンソールはSEOツールの中でも必須なので、これを機に勉強してみてください。

その他の被リンクチェックツールはこちら:被リンクチェックツールの紹介


まとめ:リンクは大切だが、自分のサイトを育て続けることを忘れない

今回は、被リンクの注意点を中心にご紹介しました。この記事をご紹介することで質の悪い対策をしているSEO会社に依頼する人が減り、より良いコンテンツを発信する会社が増えてくれれば嬉しい限りです。

「リンクも大切だが、コンテンツ・ユーザーをより意識する」ということを忘れずに行なってみてください。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!