PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

SEO SOLUTION

SEOで成果が出ない時にチェックすること|中級者でもやってしまうミスを紹介

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム プロダクトオーナー

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. SEOで成果が出ていないよくあるケース
      1. 色々とコンテンツに手を加えたらアクセスが減った
      2. 記事はたくさん入れているが(コンテンツSEO)アクセスが伸びない
      3. アクセスは増えているがコンバージョンに繋がらない
      4. アクセス、問い合わせは増えているが売り上げに貢献していない
      5. SEOでの成果の測り方がわからない
    2. SEOで成果を出すためにやるべきこと
      1. 正しく数値を測定する
        1. 01:順位
          1. SEOチェキ
          2. GRC
          3. BULL
        2. 02:アクセス数
        3. 03:売り上げ
    3. SEOでアクセスを増やすためにやること
    4. まとめ:SEOで成果が出ない場合は、サイト内のデータを正しく計測して対策しよう!

提供するサービス内容により、サイトの成果地点(コンバージョンポイント)は異なります。ECサイトの場合は商品の購入、専門学校やトレーニングジムといった施設のホームページでは資料請求やお問い合わせなどが成果となります。

成果を達成するには、サービスに興味関心のあるユーザーを集める必要があり、そのためにSEOの改善に注力している方も多いのではないでしょうか。

SEOは広告費をかけずに検索ユーザーを集められるのが魅力ですが、時間をかけなければ成果をあげることができません。今回はSEOでなかなか成果が出せない方向けに成果を出すための方法をいくつかご紹介します。


SEOで成果が出ていないよくあるケース

まずはSEOで成果を出す方法を知る前に、上手くいかないケースをいくつか覚えておきましょう。

色々とコンテンツに手を加えたらアクセスが減った

SEOで成果を出すために、狙ったキーワードに応じたテキストを追加したり、サイトのソースを修正すると思います。ただし上位表示を目的とした修正が、逆にSEOの効果を下げてしまい、オーガニック検索の順位が下がることでアクセスが減ってしまうケースがあります。

SEOに良いと思いやってしまいがちな修正

SEOに良いと思いやってしまいがちな修正が、対策キーワードをテキスト内に盛り込み過ぎてしまうことです。

上位化対象となるキーワードでランキングを上げたい場合は、そのキーワードに関する情報を深堀した文章を加えるようにしましょう。その際に共起語を含めることを忘れてはいけません。

記事はたくさん入れているが(コンテンツSEO)アクセスが伸びない

コンテンツSEOを意識して記事を大量に追加していても、一向に順位が改善せずトラフィックを獲得できないケースがあります。まず原因の1つとして考えられるのは、サイト自体に重大な問題がある可能性です。

例えばGoogleから手動対策、または自動ペナルティがサイトにかかっている場合は、記事をいくら投入したとしても順位が上がらないでしょう。

アクセスが伸びない時の対処法

オーガニック検索でなかなか上位を獲得できない場合は、まずGoogle Search Consoleで手動対策を受けていないか、または直近で複数のキーワードで順位が下落していないかどうかを確認してください。

サイト自体に問題が無い場合は、記事の質を高める必要があります。コンテンツは量よりも質が重要なので、サイト内に同じような内容の記事がいくつも存在していないかどうかをチェックし、なるべく1つの記事にまとめるように意識しましょう。

アクセスは増えているがコンバージョンに繋がらない

サイトへユーザーが集まっているにも関わらず、問い合わせや資料請求といったコンバージョンに結び付かない場合があります。

コンバージョンに繋がらない原因

理由の1つとしてはサイト内の導線が悪く、ユーザーがコンバージョンに辿りつく前に離脱してしまっている可能性があります。UI(ユーザーインターフェイス)を改善することで、コンバージョン率を上げることができます。

例えば、お問い合わせや資料請求の場合は入力フォームの項目を減らしたり、基準を満たしていない項目をリアルタイムでエラーを表示させることで、入力フォーム内での離脱を減らす効果があります。

最近はPCよりもスマートフォンからのアクセスが多いので、なるべくシンプルな設計にし、ワンタップでコンバージョンページへ到達できるようにしましょう。何度もボタンをタップさせて、無駄にページ遷移させるのは避けてください。

導線の問題以外の原因としては、コンバージョンに至るユーザーを集められていないことが挙げられます。

例えば、商品の販売を目的としている場合、「商品名」で検索してくるユーザーはコンバージョンに至り易いです。しかしその使用方法や効果など「ノウハウ系」の検索ユーザーの場合は、コンバージョンの一歩手前の潜在的なユーザーであり、商品を購入することなくサイトを離れていくことが多いです。

アクセスが集まるページを、潜在ニーズのあるユーザーにコンバージョンを促すような内容に修正することで、購買率を上げることができます。

アクセス、問い合わせは増えているが売り上げに貢献していない

ECサイトのような商品の販売(売り上げ)を成果としているサイトの場合に、アクセスが増えているが直接コンバージョンに至らず、問い合わせに流れてしまうことがあります。

商品購入に結び付かない際は、商品に関する説明や決済方法などを分かり易く明記するとよいでしょう。問い合わせの内容に沿ったコンテンツを提供し、ユーザーにできるだけ迷わせずに購入までアシストします。

SEOでの成果の測り方がわからない

SEOの成果というと検索結果の上位に位置することをイメージしている方も多いと思います。しかし実際に特定のキーワードで順位を上げたとしても、アクセスが思ったように伸びないこともしばしばあります。

SEOの成果は単純にサイトの順位を上げることではなく、オーガニック検索から集めたユーザーがどれだけコンバージョンに貢献しているかどうかで測りましょう。


SEOで成果を出すためにやるべきこと

ここまでSEOの成果が出ない例をいくつかご紹介してきましたが、当てはまるものはありましたか?同様のケースが発生している場合は改善が必要です。またSEOで成果を出すためには、サイトに関する数値を計測するようにしましょう。

正しく数値を測定する

SEOで成果を出すために必要な数値は、以下の3つです。

01:順位

オーガニック検索結果でサイトの順位が何位か確認しましょう。主な順位の計測ツールをご紹介します。

SEOチェキ

SEOチェキ!

http://seocheki.net/

サイトのURLとキーワードを入力するだけで順位が計測できる無料のツールです。1URLでチェックするキーワード数も少ない場合に便利なツールです。


GRC

SEOツールラボ

http://seopro.jp/grc/

有料のツールですが1度に複数のURLとキーワードの順位を取得できるので、サイトを複数所有している場合や、競合サイトの順位も確認することが可能です。デスクトップアプリなので、順位を取得する際にはPCが起動している必要があります。


BULL

BULL

http://bullseo.jp/

GRCと同様に複数のURLとキーワードの順位チェックが可能で、尚且つクラウド型のツールであるためPCを起動する必要がありません。

02:アクセス数

Google Analyticsを利用して、サイトへのアクセス数を確認します。検索結果で上位化しているページへどれだけ流入しているかを見ると、そのキーワードがどれだけ集客に貢献しているかが分かります。

03:売り上げ

Google Analyticsでコンバージョン毎に金額を設定し、計測しましょう。ECサイトの場合はeコマースのトラッキングコードを実装することで、サイトへの流入から売り上げまでの分析を行うことができます。


SEOでアクセスを増やすためにやること

上記の数値を正しく計測できるようになった上で、アクセスを増やすための施策を行うとよりSEOの効果を実感することができます。

アクセスを増やすためにやること

SEOでアクセスを増やすには、オーガニック検索の順位を上げる以外に道はありません。そのためには、検索ユーザーが求めるコンテンツを作成し続けることが大切です。

ただコンテンツを作るだけではなく、ユーザーが使用しやすいようにUIの改善も忘れずに行いましょう。MFI(モバイルファーストインデックス)が実施されたこともあり、スマートフォンでのサイトの使いやすさがより重要となります。UX(ユーザー体験)を損ねることの無いようなコンテンツの提供を目指してください。


まとめ:SEOで成果が出ない場合は、サイト内のデータを正しく計測して対策しよう!

SEOを目的とした改善を施しても、なかなか狙ったキーワードで順位が上がらず頭を悩ますウェブマスターの方もいると思います。

そんな時は順位だけにとらわれるのではなく、アクセス数や売り上げといった数値を正しく分析し、他にコンバージョンに貢献しているキーワードが無いかどうか調査してみましょう。

狙ったキーワードで順位が悪くても、SEOで成果に繋がっているキーワードが他にあるかもしれません。

弊社では、Webサイトの順位調査や競合調査、UI/UX改善提案に至るまでを一括してコンサルティングさせて頂いております。現状のSEO施策に頭打ちを感じていらっしゃるご担当者様は、是非弊社の「SEOコンサルティングサービス」へお問い合わせください。

SEOをもっと学びたい方はこちらもチェック:SEO対策の全てを紹介!