2021.05.19

INFLUENCER MARKETING

【お客様導入事例】株式会社ティーオー様 | Cast Me!(キャストミー)

目次
    1. 工数に課題を感じCast Me!導入を決意
      1. 自社の商品とジャンルの合うインフルエンサーを選定することが重要
      2. 認知目的、ブランド力向上のためのインフルエンサーマーケティング
    2. Instagram公式アカウントのフォロワー数増加、売上アップを実現!
      1. Cast Me!で実現した圧倒的工数削減
      2. Instagram公式アカウントのフォロワー数増加、販売商品は翌日に完売!
    3. さらなるインフルエンサーマーケティングの幅を広げていく

D2Cビジネスを主軸に、ブランドを多数展開する株式会社ティーオー様。
今回はそんな同社でグラフィックデザインやSNSマーケティングを担当されている根来様に、Cast Me!の導入理由や魅力をお話しいただきました。

引用:HOME | 株式会社ティーオー (flatworld.co.jp)

工数に課題を感じCast Me!導入を決意

ー本日は宜しくお願いします。
早速ですが、Cast Me!を知った経緯をお教えください。

根来様:もともと自社だけでインフルエンサーマーケティングを行っていて、インフルエンサーに一人ひとりSNSで連絡をして案件を依頼していたのですが、あまりに手間と時間がかかり、かつ必ずしも交渉が上手くいくとは限らない、という状況下で、より業務を効率化するためにインフルエンサーマーケティングのサービスを探すことにしました。はじめは別のサービスを使っていましたが、より成果を出せる別サービスを探したところ、検索でヒットした記事でCast Me!を見つけました。

―ありがとうございます。工数という観点とは別に、Cast Me!を利用する前まで抱えていたインフルエンサーマーケティングの課題はございましたか?

根来様:インフルエンサーマーケティングはある種ファンビジネスと似ていて、「この人が好きだから投稿を見る」という傾向があると思うので、なかなか自社の公式Instagramではフォロワー数が増えにくいという課題がありました。たとえ商品に魅力があったとしても、企業アカウントよりはインフルエンサーが投稿したものの方が反応が良いという結果でした。

※オンライン通話での取材風景

自社の商品とジャンルの合うインフルエンサーを選定することが重要

―インフルエンサーの選定において気を付けていることはございますか?

根来様:Cast Me!の機能であるように、インフルエンサーの評価を事前にしっかり見ることと、インフルエンサーが自社の商品と合う投稿をしているかどうか、という点に気を付けています。例えば、弊社はアパレル商品を出していますが、案件の募集をかけた際に、普段はカフェの投稿をしているインフルエンサーから応募がくることがあります。しかしその方にお願いをしても、投稿のジャンルがそもそも違うため、見ているユーザー層もおそらく異なるので、あまり効果が得られないというのが弊社の考えです。

また投稿のジャンルだけでなく、「いいね数」や「コメント数」などのエンゲージメントも、依頼する前はチェックするようにしています。

※Cast Me!:インフルエンサー評価確認画面

認知目的、ブランド力向上のためのインフルエンサーマーケティング

―Web広告とインフルエンサーマーケティングを両立してお取組みだと伺っておりますが、実際に期待する効果の違いはございますか?

根来様:Web広告は基本的に商品を売ることをメインの目的としていて、インフルエンサーマーケティングは自社ブランドの知名度を向上させることを目的として実施しています。

Instagram公式アカウントのフォロワー数増加、売上アップを実現!

Cast Me!で実現した圧倒的工数削減

―実際にCast Me!を活用してみてよかった点、改善された点などがあればお教えください。

根来様:もともとは一からインフルエンサーを探すところから自社で行っていたので、向こうから応募してきてくれるという点で、かなりの工数削減が実現できています。

Cast Me!の機能としては、案件の登録にかかる時間が圧倒的に短く、すぐに募集案件を作成できる点が良いですね。また前回の案件をコピーして新規案件を複製できる機能も便利で、ちょっとした時間削減になるためよく使っています。会社名などは変わらないので、少し画像や内容を変えるだけで新規案件の登録ができるのはとても良いですね。

※Cast Me!:案件作成画面

―ありがとうございます!ちなみに、現在はCast Me!を無料で利用いただいていますが、無料の範囲内でインフルエンサーの質や応募数などは5点満点でいうとどれくらいでしょうか?

根来様:星4つです。本当に素晴らしいなと思っています。無料で出来るので導入のリスクが低く、私達も最初はとりあえずやってみようか、ぐらいの感覚で始めたのですが、実際に使ってみると、フォロワー数が7万人規模のインフルエンサーの方が応募してきてくれ、通常だとそこそこの費用がかかるので「これが無料なの?!」と衝撃が走りました(笑)

Instagram公式アカウントのフォロワー数増加、販売商品は翌日に完売!

―先ほどのお話しの中で、ブランド力向上を目的としてインフルエンサーマーケティングを活用されているというお話しがございましたが、具体的に改善された数値などはございますか?

根来様:Instagramのフォロワー数がもともと1日2~3名だったところ、10~20名ほど増えるようになりました。

Cast Me!導入と同時に、自社の投稿にも力を入れはじめたので、Cast Me!で依頼したインフルエンサーの投稿に自社投稿で使っているハッシュタグを付けてもらうようにしました。するとそこから自社の投稿にもいいねが来くるようになり、結果的にフォロワー数増加に繋がっていると考えています。

また、その他の成果としては、Cast Me!を利用した案件の商品が完売になり、売上が一気に跳ね上がったことがありました。その時はメイクボックスの案件で、売上個数でいうと134個でした。(投稿の翌日時点)

※実際の商品写真

―ありがとうございます!その際、インフルエンサーを複数名起用されたかと思いますが、インフルエンサーが投稿してから売上まで繋がるタイムスパンはどれくらいでしたか? 

根来様:売上が出たのはとても早く、インフルエンサーが投稿した翌日の午後には完売していました。

※当時のインフルエンサーによる投稿

(引用元はこちら

(引用元はこちら

―すごいですね!やはりInstagramならではの効果ですね。
また先ほど、案件登録の際に過去のものをコピーできる点が良いと仰っていただきましたが、他にもCast Me!で気に入っている機能があればお教えいただけますでしょうか?

根来様:操作画面がシンプルで、とても使いやすいです。
案件の募集開始、進行中、終了まで分かりやすく整理されていて、画面上が複雑ではないので、誰でも使いやすそうだなと初めて見た時に思いました。

※Cast Me!:案件進捗、タスク管理画面

さらなるインフルエンサーマーケティングの幅を広げていく

―今後インフルエンサーマーケティングの中で行っていきたいことや、Cast Me!に期待することがあればご教授ください。

根来様:現在は、Instagramのインフルエンサー募集のみですが、YouTuberなどの募集までできるようになれば良いなと思います。特に、個人のYouTuberを探すとなるとやはり手間がかかるので、募集まではいかずとも探すことができるようになればとても楽になります。できることなら、探すだけではなく公募で来てくれたら良いですね。

また機能面でいうと、インフルエンサーと連絡をとるチャットに関して、一度見てしまうと既読になってしまうので、すぐに返事ができない時は一旦未読に戻すことができる機能などあれば有り難いです。

―承知いたしました。機能改善やYouTuber案件は我々も前向きに実施していければと思っていますので、ぜひ今後に期待していただければと思います!
本日はありがとうございました!