PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

MARKETING

YouTubeの本おすすめ10選!動画マーケティングに必要なこと

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム プロダクトオーナー

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. YouTubeの本を読んだ方がいい理由
    2. YouTubeの本おすすめ10選
      1. 1、改訂 YouTube 成功の実践法則60
      2. 2、世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書1年生
      3. 3、YouTube 投稿&集客で稼ぐ! コレだけ! 技 (得する<コレだけ! >技)
      4. 4、YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち
      5. 5、仕事に使える動画術 成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法
      6. 6、倒産寸前の会社社長・鈴木さんが、YouTubeを活用して年商2億円になった方法
      7. 7、YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方
      8. 8、新版YouTube大富豪7つの教え
      9. 9、YouTubeでお客様のハートを掴め!: 初対面100人を3秒でファンに変えた方法
      10. 10、YouTube完全マニュアル
    3. YouTuberの影響力の凄さ
    4. マーケティング的にも今後動画のチャネルニーズはもっと増えていく
    5. まとめ:YouTubeの本を読んで動画マーケティングを実践してみよう!

商品や企業のPRには、多様化するウェブマーケティングの特性を知り、適切な集客方法を選ぶ必要があります。ウェブマーケティングの中にはSEO対策、PPC広告、またFscebookやtwitterと言ったSNSによる施策などが含まれます。どの施策を利用するか迷うことがあると思いますが、まずは一つ一つの施策方法を掘り下げて調査し、商品のPRに相応しいかどうかを確認しましょう。今回はマーケティングに活用出来るYouTubeについてお話します。


YouTubeの本を読んだ方がいい理由

YouTubeの本を読んだ方がいい理由

YouTubeを利用したマーケティングを行う前に、関連の書籍を読むことから始めると良いです。YouTube関連の書籍には、YouTuberとして稼ぐというテーマのものが多いですが、その中にはマーケティングに役立つ情報が散りばめられています。動画再生回数を増やすという目的ではありますが、それは商品をどの様に販売するかにも通じる部分があります。また事前に稼げるYouTuberの特徴を知っておくことで、実際に商品のPRをお願いして良い相手かどうかの判断もし易くなります。


YouTubeの本おすすめ10選

ここからは、YouTube関連でおすすめしたい本をご紹介します。

1、改訂 YouTube 成功の実践法則60

個人、企業を問わずこれから動画を利用していきたいという初心者の方におすすめの本です。動画の撮影方法だけでなく、YouTubeの効果的な使用方法まで網羅しています。改訂版ということもあり、最新のYouTubeの規定に沿っているのも良い点です。

2、世界一やさしい ブログ×YouTubeの教科書1年生

個人のブログにYouTube動画を取り入れたいと思っている方は必読です。まだブログを始めていないという方でも、wordpressによるサイト開設の方法を教えてくれるので、一石二鳥です。

3、YouTube 投稿&集客で稼ぐ! コレだけ! 技 (得する<コレだけ! >技)

動画マーケティングの基礎を学ぶには十分な内容が含まれています。動画による集客の方法だけでなく、YouTubeアナリティクスを利用した分析方法も解説されています。YouTubeの仕組みから、ビジネスに役立てるまでを勉強したい人におすすめの本です。

4、YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち

YouTubeを利用した具体的な動画投稿や、再生回数の増加方法を取り上げた本ではなく、YouTubeの歴史に迫った本です。YouTubeの副社長が著者ということもあり、どのようYouTubeが成長し、現在に至ったかなどが綴られています。アメリカのYouTuberの事例が載っているので、日本との違いを感じながら読むことが出来ます。

5、仕事に使える動画術 成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法

漠然と動画マーケティングを行ってみたいと考えている方におすすめの本です。他社の動画を活用した事例を見ることで、自社のPRの参考になります。事例を基にして、オリジナル動画の作成方法を教えてもらえるので、ビジネスで活用出来る動画マーケティングの手法が養えます。

6、倒産寸前の会社社長・鈴木さんが、YouTubeを活用して年商2億円になった方法

YouTubeがどうビジネスに活かせるかが明確に記されています。現在ビジネス展開が上手くいかないという事業者の方であれば、事例を見て共感するポイントも多いはずです。マーケティング手法に手詰まり感を感じているマーケターの方に、一読することをおすすめします。

7、YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方

YouTubeのノウハウ本ではなく、YouTuberの方がどの様に成功したかの体験談が中心となります。稼ぐことよりも、動画で何を表現したいかに焦点を当てることの大切さが分かります。YouTuberという職業を理解するには良い本だと思います。

8、新版YouTube大富豪7つの教え

中小企業をターゲットとした動画広告の指南書とも言えます。費用の掛からないYouTubeというツールを利用して、大きな宣伝効果を得る為の方法が記されています。著者でもあるYouTubeコンサルティングの菅谷信一さんのノウハウが詰まっています。企業の魅力を伝える方法を知りたい方におすすめの本です。

9、YouTubeでお客様のハートを掴め!: 初対面100人を3秒でファンに変えた方法

YouTube動画で人の気持ちを掴むことにフォーカスした1冊です。動画の再生回数を増やすことよりも、特定の対象に向けて刺さる内容かどうかが重要である旨が記載されています。自分を売り込む力を養いたい方におすすめです。

10、YouTube完全マニュアル

YouTubeの視聴、動画投稿、収益化など、YouTubeで出来ることを網羅した説明書とも言うべき1冊です。この1冊でYouTubeによる集客や、企業のブランディングは一通り学ぶことが出来ます。YouTubeの仕組みを理解し、実際に利用してみたいという方におすすめです。


YouTuberの影響力の凄さ

YouTuberの影響力の凄さ

中高生のなりたい職業ランキングに「YouTuber」が入る程、人気のある職業として定着しつつあります。実際トップYouTuberと言われる方の登録者数は100万人を超えており、現在(2019年1月時点)日本人トップのはじめしゃちょーの登録者数は748万人にものぼります。748万人ものユーザーに一度に情報を発信することが出来るということで、その影響力は計り知れません。一度に100万人以上ものユーザーに影響を与えることが出来る人が、芸能人や著名人以外から出てくるというのは、YouTubeというツールならではないでしょうか。


マーケティング的にも今後動画のチャネルニーズはもっと増えていく

テレビや雑誌を見ない若年層へのマーケティング手法として、やはり動画を利用した広告戦略へのニーズは更に増してくると予想されます。中でも影響力のある人物の起用や、ユーザーの興味を引くオリジナリティのある内容など、マーケティングとして成功させるには動画自体の質が問われます。より効果的な動画マーケティングを行う為にも、事前に動画広告について学ぶことが必要です。


まとめ:YouTubeの本を読んで動画マーケティングを実践してみよう!

YouTubeを活用した動画マーケティングのノウハウを得るだけでなく、すぐに実践に移すことが大切です。個人でYouTubeを利用する方だけでなく、企業として販促PRのツールとして利用する方も同じです。実践するうえですぐに効果が現れなかったとしても、継続してみてください。1つの動画で1発当てようとせず、SEOと同様に質の高いコンテンツを提供し続けることが重要です。