PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2018.07.18

五十嵐 和希

MARKETING

Googleアナリティクス資格一覧|運用者なら取るべき?内容と業界の認知度などを紹介

目次
    1. Googleアナリティクスの資格ってあるの?
    2. GAIQとは?GAIQを取得するメリットとは?
    3. 試験内容・受験方法・対策方法
      1. 予想問題を行ってから利用しましょう
    4. 資格取得のためにオススメの本
      1. いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本 人気講師が教えるWeb解析と広告計測の基本
      2. 「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本
    5. 資格を取得したら、さらにアナリティクスを使いこなそう
    6. まとめ:資格勉強ではなく、アナリティクスを学ぶために勉強しよう

Googleアナリティクスをもっと勉強したい・仕事に生かしたい人にとって、重要な資格がGAIQです。今回は、Googleアナリティクスの資格についてご紹介していきます。


Googleアナリティクスの資格ってあるの?

Googleアナリティクスには、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)という資格が存在します。(Google アナリティクス認定パートナー(GACP)とは別ですのでご注意ください。)

受験会場にいく必要はなく、インターネット上でGoogleの試験に合格すればある程度の知識を保持したという証拠になる資格を手に入れることができます。有効期限は合格してから12カ月となっており、期限後に資格が必要になった場合には再受験しなければなりません。

再試験制にしている理由は開示されておりませんが、ネットの流れは速く、1〜2年でGoogleのルールが変わる場合もあるので、最新のものを理解している人に資格を付与したいということではないでしょうか。


GAIQとは?GAIQを取得するメリットとは?

資格を取得するメリットは、以下の通りです。

  • クライアントに対し、アナリティクスの知識があることを伝えられる
  • セミナーなどの登壇の際に実績として紹介できる
  • 会社によっては資格取得レベルを入社の基準にしている会社もある

資格がないからといって、必ずしも取らないといけないということはありません。しかし、取得することでたくさんのメリットもありますので、もし受けたことがないという方は受験してみてください。

なお、実際に知見がある人に仕事を依頼したい場合、資格だけを判断基準にしないようにしましょう。運用者の中には資格を持っていなくても案件数を多くこなし、資格者以上の実力がある人もかなりいます。

以下は、Googleからの正式な考え方の回答です。

Google はなぜ Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)を提供しているのですか?

Google アナリティクスは初心者にも使いやすいのが特長ですが、さらに深い知識を持つユーザーが使用すれば、強力なツールとなります。認定ユーザーになることで、社内でも社外の顧客に対しても Google アナリティクスの能力を最大限に引き出せるようになります。

なぜ認定を受ける必要があるのですか?

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)試験に合格すると、熟練した Google アナリティクス ユーザーであることを具体的に証明できます。

引用:Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)に関するよくある質問


試験内容・受験方法・対策方法

試験は無料で受けることができます。試験の準備ができたらAcademy for Adsのサイトへログインし試験を開始しましょう。

Googleアカウントのログインを求められますのでログインをして許可を行います。

Googleにログイン

許可すると以下の画面に移動します。言語が英語になっているので一番下の「English」をクリックします。

Englishをクリック

「日本語」に変更します。利用規約に同意し、送信をクリックします。

利用規約

もし、企業にお勤めの場合は「はい」を(会社がGoogleParterかどうかチェックしましょう)、個人の場合はいいえを選択し「保存して次へ」をクリック。

ようこそ

試験一覧画面に移動するので「Googleアナリティクス個人認定資格」をクリック。

Googleアナリティクス個人認定資格

「開始する」をクリックすることでテストが始まります。70件のクイズに90分以内で答えます。

理解度テスト

80%(70問中56問以上)で合格です。再受験は可能ですが、基礎的な問題も多いのでしっかり学習をしてから試験に挑戦し、1回で合格できるようにしましょう。

予想問題を行ってから利用しましょう

試験のためにGoogleも勉強課題を設けています。必須ではありませんが、知識に自信がない方はそれぞれ受講してみましょう。登録ボタンから先に進むことが可能です。

初級者向けコース・上級者向けコース

どちらも中身はしっかりとしており、動画でのコンテンツなのでスラスラと進めることが可能です。勉強嫌いの方にもオススメのコンテンツとなっています。試験は受けないがアナリティクスを学びたい、という方も、Googleのアカウントさえあれば利用することができるので、ぜひ一度試してみてください。


資格取得のためにオススメの本

映像学習だけでなく、実際に具体的な施策案などを知りながら学習を進めたいという方には本を読むこともオススメです。多くの広告代理店では、アカウントの中を触る前に数冊本を読んでから仕事を行うことを推奨しています。

いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本 人気講師が教えるWeb解析と広告計測の基本

Googleアナリティクスの本質を「取る」「見る」「使う」の3段階に分けて紹介しています。仕事の課題別に何をすればいいかがまとまっているので、中級者以上にもオススメです。Googleアナリティクスを使えるツールとして自分の強みのひとつにするために強力な手助けをしてくれる本です。

「やりたいこと」からパッと引ける Google アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本

・ユーザーの特徴を知るためのセグメントやディメンションの活用法
・メルマガ、Social、Directといった流入元ごとの特徴と分析
・新規とリピートの特徴や傾向を把握して改善に活かす
・ランディングページへの流入と離脱の特徴を把握する
・コンバージョンへ至るまでの流入・回遊・導線を把握する
・コンテンツ分析ための「集客力」「閲覧力」「誘導力」「成果力」
・「やりたい」「知りたい」ことから引ける目的別インデックス付き

など、さまざまな具体的施策と数値判断の方法を紹介しています。実際に運用経験者の中でも人気の本なので資格をすでに取得したという方にもオススメです。


資格を取得したら、さらにアナリティクスを使いこなそう

資格を取得してからが本当のスタートだといえます。資格自体は座学で解決しますが、実際の分析・改善・運用は、経験がものを言います。成果を出すコンサルタントの多くも、多数の経験から成功方程式を作り、クライアントの成果を出しています。

資格取得をひとつのステップとしてクライアントのサイトやサービスの集客・解約率改善・顧客満足度の向上などさまざまな成果を出していっていただければと思います。


まとめ:資格勉強ではなく、アナリティクスを学ぶために勉強しよう

資格勉強のためだけにアナリティクスを学んでも何も意味がありません。自分のサイト分析や仕事に生かすために資格勉強を行いましょう。

資格を取得したらさらに深い勉強を続け、本番で生かせる知識をどんどんつけていきましょう。