PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2018.06.18

五十嵐 和希

MARKETING

目次
    1. 無料の分析ツールをおすすめ順に紹介します
      1. Juicer(ジューサー)
      2. PageSpeed Insights
      3. SimilarWeb
      4. UserHeat
      5. SEOチェキ!
      6. WooRank
      7. FARO REPORT
    2. 分析ツールを利用すると良いこと
    3. 分析で終わらせない!これからのWebマーケティング
      1. 無料ツールに頼るべきところと有料ツールを検討するタイミング
    4. まとめ:これからはただサイトを作って終わりではない

Webサイトを運営している人にとって、「改善」というのは必須の業務です。

ただ、多忙なタスクを処理するのに必死になるあまり改善の時間を取れていない方も多いのではないでしょうか?そんな時に便利なのが分析をツールに任せてしまうという方法です。

ということで今回は、無料で利用できるサイト分析ツールを紹介します。ツールをチェックし、自分に必要なものはすぐ導入を検討しましょう。


無料の分析ツールをおすすめ順に紹介します

Juicer(ジューサー)

Juicerは、サイトに埋め込むことで無料でサイトの改善点やアクセス解析データをわかりやすく見せてくれるツールです。導入も簡単で1つのタグを追加するだけで利用できます。

  • Web接客
  • 広告連携
  • DMP/MA連携
  • クロスデバイス分析

まで無料で行ってくれるので、導入しておいて必要なときに利用するのが良いかと思われます。国内導入サイト数27,000 件以上という実績からも導入して間違いないことがわかります。

PageSpeed Insights

Googleの公式のツールで、サイトスピードを調べることができます。Googleはどんどんユーザーにとってやさしいサイトを好んできているので、今後はサイトの表示速度も大切になってくると思われます。

自分のサイトだけでなく、URLを入力すればどんなサイトでも速度を調べることができるので「他社サイトの方が表示が早いのか?」「業界全体で自分のサイトのスピードはどうか?」をチェックし、他社より遅い場合には改善するようにしましょう。

SimilarWeb

URLを入力することで、サイトへのアクセス数の予測値を知ることができます。SimilarWebはさまざまな方法でデータを取得して対象URLの全世界アクセスのうち1%から想定値を算出して「予測値」として公開しています。有料プランだとさらに細かいデータを見ることができるようになります。

他にもAhrefsでも同じような機能を利用することが可能です。予算に合わせて利用する方を選択しましょう。

UserHeat

UserHeatは、「ヒートマップ」「スマートフォンヒートマップ分析」機能を兼ね備えたツールです。

月間30万PVまで無料で使用できます。多くのサイトは30万PVよりも少ないサイトの方が多いので、まずはこのツールで十分です。ヒートマップを利用することで、ユーザーがどうやってサイトを見ているかが可視化できるようになります。

サイトのABテストを行う際にも有効なデータが取れるツールとなっています。

SEOチェキ!

SEOチェキ!はSEOをやっている人なら知っている、と言っても過言ではない有名サービスです。入力フォームにURLを入れ、上位表示しているかチェックしたキーワードを入力すると、すぐに検索順位が出てくるサービスです。

descriptionやtitleタグなどもチェックできるので、改めて自分の設定しているサイトの状態を可視化することが可能です。

WooRank

WebサイトのSEO設定をリアルタイムで無料で判断してくれるツールです。50項目以上の項目を自動で判断し、無料でSEOの改善点を提供してくれます。

SEOについて詳しくない人たちはまず自分のサイトがどのような状況なのかをチェックするだけでも十分価値がありそうです。なお、サイトは英語のためGoogle翻訳などを利用して調べるようにしましょう。

FARO REPORT

こちらは、分析とは少し違うのですが簡単にGoogleアナリティクスからレポートを作成してくれるツールです。

広告代理店の方や、Webコンサルをしている方には便利なツールです、無料で瞬時にレポートを作成してくれます。前月比データも出るので、レポート作成時間を短縮できます。


分析ツールを利用すると良いこと

分析ツールを利用することで、時間を短縮し問題点に早く気付くことができるようになります。

余った時間で早く施策に手をつけられるのでPDCAサイクルをよりスピーディーに回せます。Webマーケティングは、競合他社に負けないスピードで改善を繰り返さなければ生きて行けません。

今回紹介したツールはすべて無料で利用でき、「高いから…」という導入の言い訳もできません。まずはすぐに導入し、自社サイト分析、競合分析を行い次の施策を考えましょう。


分析で終わらせない!これからのWebマーケティング

今までのサイト分析は簡単な分析で終了でした。例えば、SEOならサイトの内部改善で終了、リスティングならCPAのみチェック、、、ただこれからは全体を見て、どの問題点から解決していくかを総合的に判断していかなければなりません。

これからのWebマーケティング

ただの簡単な分析では何も意味がないことの方が多くなってきています。売り上げに対して、それぞれの改善がどれくらい影響したのか時にはユーザーアンケートをとって、自分の判断が本当に正しいかチェックする必要があります。

無料ツールに頼るべきところと有料ツールを検討するタイミング

無料の分析ツールはとても便利です。ただ、状況によってはむしろ有料ツールを使わないと損しているケースもあるのがマーケティングの難しいところです。

  • 無料のためデータ抽出が遅く、待つ時間を無駄にしている
  • 無料ツールのため精度があまり良くない
  • 通知機能など痒いところまで手が届いていない

など、無料ツールの不満が溜まってきたタイミングにはぜひ有料ツールを検討するようにしてください。


まとめ:これからはただサイトを作って終わりではない

これからデジタルマーケティングはさらに激化する時代を迎えます。広告配信がより簡単になり誰でも運用できるようになったことで、競合はさらに増えていきます。

いままで分析をしたことがないという方はすぐに分析を始め、競合に負けない努力を続けていきましょう。