PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2018.06.04

田中 雄介

MARKETING

目次
    1. Yahoo!ニュースに掲載されたら?期待できる効果とは?
    2. Webメディアとは?種類と役割
      1. Webメディアの種類
    3. 待つだけでは載らない!Yahoo!ニュースへのアプローチ方法
      1. 方法①ニュースの提供会社を狙う
      2. 方法②個人を狙う
      3. 方法③THE PAGEを狙う
      4. トピックスに載せる記事の選出
    4. まとめ

世の中にはさまざまな「◯◯メディア」という言葉があふれています。今回は、このメディアの違いと大手ポータルサイトであるYahoo!に、ニュースの掲載をされるためのアプローチ方法を紹介します。


Yahoo!ニュースに掲載されたら?期待できる効果とは?

Yahoo!ニュースの編集部には、300社超、約450のメディアサイトから1日に4,000本以上の記事が配信されています。提供しているメディアサイトはYahoo!ニュースのトピックスと呼ばれる最も目立つ部分に掲載されることを目的にYahoo!へ記事を配信しているケースが多いです。

Yahoo!ニューストピックス

なぜかというと、ニュースには大量のユーザーが殺到するからです。年間1,500億PV、月間125億PVを記録しています。「国内」「経済」「エンタメ」「スポーツ」などのジャンルごとに8本、さらにそのなかでも選りすぐりの8本が「ニュース」タブ内に表示されます。

影響力は有名雑誌や大手紙、テレビで特集されることに匹敵するといっても過言ではなく、ここにリンクがつけられた企業サイトやブログがサーバダウンしてしまうこともあります。その現象は俗に、「Yahoo!砲」「ヤフトピ砲」と呼ばれることもあります。


Webメディアとは?種類と役割

Webメディアという言葉自体に定義はないとされていますが、Mediumの複数形であるメディア(Media)には「中間」「間に入って媒介するもの」という意味があります。それが転じて「情報の媒体」である新聞やテレビなどをメディアと呼ぶようになったとされています。

これにWebをつなげることから、Webメディアとは「なんらかの情報を発信しているWebサイトなどの媒体」ということになり、Webで公開されているものは、すべてWebメディアであるともいえるでしょう。

Webメディアの種類

さまざまなサイトが存在するWebの世界では、一般的には以下のような「メディア」として分類されることが多いようです。

  • 1次メディア:オリジナルコンテンツ中心の情報配信元
  • 2次メディア:1次メディアの情報を再配信するポータルサイトなど
  • User Generated Media:ユーザー自身が情報配信を行うサイト

これらの分類で最も大きな違いは、オリジナルコンテンツを配信するにあたって従来のメディアが持っている「編集部」としての機能を有しているかどうかであり、これは1次メディアにのみ存在する特徴といえます。

メディアの種類

ほとんどが編集部機能を持ち合わせているといえるオウンドメディアは、その意味において1次メディアだということができますが、多くの1次メディアの目的が「メディア運営による収益化」を大きな目的としているのに対し、価値ある情報提供によってユーザー自ら情報取得を促す「プル型マーケティング」が目的とされる点でオウンドメディアは異なっています。


待つだけでは載らない!Yahoo!ニュースへのアプローチ方法

本年3月に行われた「Yahoo!ニュース パートナーカンファレンス 2018 」で、年間1,500億PVにまで達していることが明かされました。この数値は4年前の約1.8倍の推移です。新聞社やエンタメ系に強いサイトでもPVが月間1億から数億ほどにとどまることを考えれば、Yahoo!ニュースは月間換算125億PVとケタ違いの数字をたたき出しているわけです。

今回は、Yahoo!!しぼりアプローチ方法をご紹介します。

newsHACK:YAhoo!ニュースパートナーカンファレンス2018を開催しました

方法①ニュースの提供会社を狙う

繰り返しますがこのメディアには、一日4,000以上もの記事が掲載されています。記事のもととなっているのが、「Yahoo!ニュース提供社」と呼ばれる各メディアです。

これらサイトに「記事」として取り上げてもらうことで、ほぼ自動的にヤフーニュースに掲載となるのです。提供社によっては、一部提携していないニュースカテゴリーもありますので確認の上アプローチしてください。

方法②個人を狙う

最近では、Yahoo!個人(Author)というカテゴリーも作られ、各分野のインフルエンサーの方がオリジナルの記事やブログ記事を投稿しています。

最近ではこうしたYahoo!個人の記事が、トピックスへ派生するケースも増えてきました。直接アプローチすることは難しいかもしれませんが、関連分野であれば情報提供してみるのも悪くないかと思います。

方法③THE PAGEを狙う

168ものニュース提供社を持つYahoo!ニュース。しかしトピックスで紹介したいほど面白いネタがあったとしても、提携元168メディアがどこも扱わなければ、仕組み上Yahoo!ニュースでは紹介できませんでした。

これを解決するために、Yahoo!は新会社を設立し、編集機能を持たせたTHE PAGEというニュースサイトを作りました。このニュースサイトができたことで、編集機能を持たなかったYahoo!ニュースが(子会社を通して)実質編集機能を持った、ということになります。

このPAGEは編集機能を持ったひとつのメディアですから、プレスリリースを送るなど、直接アプローチしてみてみるのもひとつの方法です。

トピックスに載せる記事の選出

記事を選ぶ上でのポイントは、以下の7つです。

  1. 速報性・時事性・今日性(事実が起きてからの鮮度、タイムリーであるか)
  2. 真実性・信頼性(虚偽が含まれていないか、信頼に足るか)
  3. 新奇性(目新しいことか、めずらしいことか)
  4. 公益性(多くの人の利益につながるか)
  5. 認知度(より多くの人が知っているか、関心があるか)
  6. 表現力(内容が多くの人が理解できる表現か)
  7. 品位(誰が見ても不快感を抱かないか、誰かを中傷していないか)

これらを総合的に判断してメンバー一人ひとりが記事を選び、トピックスとして掲出しています。


まとめ

アプローチ方法が完璧でも、配信しているコンテンツに面白さや役立つ情報がなければ掲載されることはありません。メディア運用者は数値を追うことの重要性とか価値あるコンテンツ制作に取り組みましょう。