2021.09.28

松本 健吾

INFLUENCER MARKETING

Instagramの運用代行とは?依頼する際のポイントや相場感を紹介

WRITER

松本 健吾

新規事業統括本部 マーケティング部

京都大学を卒業後、2020年に新卒として株式会社PLAN-Bに入社。学生時代からSEOコンサルティングやweb広告運用など幅広いWebマーケ手法に取り組んだ。現在はオウンドメディアPINTO!の編集長に抜擢され、メディア運営の指揮を執っている。

目次
    1. Instagramの運用代行とは?どんなことをしてもらえるの?
      1. どういったことをしてもらえるのか
    2. Instagramの運用を代行会社に依頼するメリット
      1. 作業にかける時間を軽減できる
      2. 定期的な投稿ができるようになる
      3. 安全にアカウントの運用ができる
      4. より効果的な施策ができる
      5. 改善案を提案してもらえる
    3. Instagram運用代行会社を選ぶときのポイントや注意点
      1. どのようなことを依頼したいのかまとめておく
      2. アカウント運用の目的を明確にすることも重要
      3. 目的に合った施策を提案してもらえる会社を選ぶ
      4. 実績や顧客数の多さを指標のひとつにする
      5. 費用が明確な会社を選ぶ
      6. すぐに結果が出るわけではないことを理解する
    4. Instagram運用代行費用の相場
      1. 月額20~30万円程度が一般的
      2. よりクリエイティブな投稿や分析を依頼すると50~70万円ほど
      3. 10万円くらいの費用だと何をしてもらえるのか
    5. 運用代行を利用して費用対効果をあげるためのポイント
      1. アカウント運用の目的と目標を明確にする
      2. PDCAサイクルをしっかりとまわす
    6. まとめ:Instagram運用代行を活用して効果的な運用を目指しましょう

企業アカウントとしてInstagramを導入した場合、社内スタッフだけでは思うように運用できないこともあります。

そのような場合には、Instagramの運用代行会社などを活用するのがおすすめです。

本記事ではInstagramの運用代行の特徴や料金相場、代行会社を選ぶ際のポイントや注意点について解説します。

Instagramの運用代行とは?どんなことをしてもらえるの?

Instagramの運用代行とは、文字通りInstagramアカウントを代わりに運用してくれるサービス、またはそのようなサービスを提供する会社をいいます。

さまざまなサービスが提供されており、目的や費用などによって対応してもらえる範囲や内容が異なるのが一般的です。

どういったことをしてもらえるのか

ではInstagram運用代行会社では、どのようなことを代行してもらえるのか、ごく一般的な代行内容を紹介しましょう。

  • 投稿(ポスト、ストーリーズ)作成
  • 投稿内の文章作成
  • ハッシュタグ選定
  • いいねやフォロー作業
  • コメント、DM返信
  • SNS広告(Instagram・Facebook)の運用
  • レポート作成
  • 改善点の分析
  • 投稿形態、方向性、戦略提案

運行代行の内容としては、「投稿作業」と「コミュニケ―ション関連作業」、「分析や改善」とで分けられるイメージです。

業種やアカウントのジャンル、目的や目標などによって、依頼する内容や項目が異なってくることでしょう。

また運用代行会社によって、対応してもらえる範囲や得意とする作業が異なる場合もあります。

スポット的に対応してくれる会社もあれば、すべて任せられる会社までとさまざまです。

Instagramの運用を代行会社に依頼するメリット

Instagramの運用を代行会社に依頼した場合、さまざまなメリットが得られます。それぞれのポイントに分けて解説します。

作業にかける時間を軽減できる

自社スタッフにてアカウント運用している場合には、代行業者に投稿作業などを任せることで、作業時間や投稿内容作成の負担を軽減できるメリットがあります。

単純に投稿作業時かかる時間を削減できるだけでなく、クリエイティブ作成作業の時間や文章などを考えて作成する時間も減らすことができるのです。

多くの企業では専任のスタッフを置かず、ほかの業務と兼任でInstagramの投稿作業をしているケースも少なくありません。

このような場合にも、運用代行に任せることで、別の業務に専念できるようになるでしょう。

定期的な投稿ができるようになる

Instagramの運用においては、定期的に投稿を行うことが非常に重要です。

自社でアカウントを管理していると、忙しさなどからつい更新頻度が低下してしまうこともあるでしょう。

その点代行を利用していれば、定期的な更新が行えるほか、更新頻度を高めることも可能です。

また業務時間内での対応がむずかしい、早朝や夜間帯での定期投稿なども任せられるといったメリットもあります。

安全にアカウントの運用ができる

自社でInstagramの運用を行っていると、しばし炎上のリスクにさらされる場合があります。

日ごろから十分に気を付けていたつもりでも、ちょっとしたタイミングや対応のミスひとつで、指摘を受けたり炎上してしまったりすることがあるのです。

運用代行会社では、どのような投稿内容やコメント対応が炎上につながりやすいのかを熟知しています。

何かあったときには適切に素早く対応してくれるため、こうした炎上を未然に防ぐことにもつながるのです。

安全にアカウントが運用できるということは、ブランドイメージや企業イメージを守ることにもつながるでしょう。

より効果的な施策ができる

Instagramの運用代行会社は、効果的な運用を行うためのノウハウや知識をもっています。

フォロワー増につなげるための施策や、反応を高めるクリエイティブの作成などもお手の物です。

運用代行会社のなかには、バス狙いの投稿を意図的に仕掛けることを得意とする会社などもあります。

Instagram広告などは技術的にむずかしく利用していなかった企業でも、代行会社に任せることで積極的に広告を運用できる場合もあるのです。

Instagram運用の目的にあわせて、最適な施策や提案をしてもらえる点も、運行代行を利用するメリットだといえるでしょう。

改善案を提案してもらえる

長らくInstagramを運用しているものの、反応がいまいちだったり、売り上げに結びつかなかったりすることもあるでしょう。

しかしInstagramの運用に慣れていない場合や、専門的な知識に乏しい場合などでは、どのように改善していけばよいのか見当もつかないという現場もあるのです。

運用代行のなかには、Instagram運用状況や問題点などをレポートにまとめて可視化し、改善点の洗い出しや改善案を提案してくれる会社もたくさんあります。

Instagramの運用だけでなく、企業にとって良い形で運用できるよう総合的にアドバイスが受けられる点も大きなメリットとなります。

Instagram運用代行会社を選ぶときのポイントや注意点

Instagram運用代行を依頼したい場合には、どのような会社を選ぶといいのでしょうか。

選び方のポイントや注意点について解説します。

どのようなことを依頼したいのかまとめておく

運用代行会社を選ぶ以前に、企業側として代行会社に何を依頼したいと考えているのかを明確にしておく必要があります。

たとえば投稿全般だけを依頼したいのか、分析や改善点の提案までトータルで見てもらいたいのか、依頼内容によって対応できる会社が異なる場合があるためです。

また依頼する内容によって代行費用が異なることなども理由としてあげられます。

まずは会社にどのようなことを依頼したいのか、内容やその範囲をまとめておきましょう。

アカウント運用の目的を明確にすることも重要

Instagramの運用目的や目標とするポイントを明確にすることも非常に重要です。

たとえばフォロワーを増やしたいだとか、ECサイトへの集客力を高めて売上げアップを目指したいといったことです。

何のためにInstagramのアカウントを運用しているのか、運行代行を利用することで何を成し遂げたいのかがはっきりしていることで、目的や目標にあう会社を選べるようにもなるでしょう。

目的に合った施策を提案してもらえる会社を選ぶ

目的が明確になったら、それを達成するのを得意とする運用代行会社を選びましょう。

問題点を伝え、それに対してどのような施策行っていくべきか、具体的に提案してもらえるような会社が理想的です。

自社で運用分析なども行いたい場合には、レポートの作成や分析なども行ってくれる会社がよいでしょう。

投稿から分析、改善案の提案から改善まですべて依頼したい場合には、トータルで運用代行を請け負っている会社を選ぶことも検討しましょう。

実績や顧客数の多さを指標のひとつにする

Instagram運用代行会社を選ぶ際には、それまでの実績や顧客数をもとに選ぶのもひとつの方法です。

顧客数が多い会社は、それだけ運用に関する経験や知識が豊富である会社だともいえます。

またそれまで携わった企業数は少なくとも、なんらかの大きな実績や目立った施策をもっている会社もあります。

大きな実績や顧客数が絶対というわけではありませんが、会社選びで迷った場合には一つの指標となるでしょう。

費用が明確な会社を選ぶ

料金体系が明確であるかどうかも非常に重要です。

Instagram運用代行では、依頼する作業内容や委託内容によって、毎月かかる費用が異なります。

たとえば同じ月額費用20万円でも、対応してもらえる内容や範囲が大きく異なる場合もあります。

単純な総額だけを見るのではなく、初期費用や毎月のコストや対応してもらえる業務の範囲などを把握しておくことも大切です。

また追加で作業を依頼した場合の費用感なども、しっかりと確認したうえで選ぶようにしましょう。

すぐに結果が出るわけではないことを理解する

なんらかの目標達成や改善目的でInstagram運用代行会社を利用する場合には、すぐには結果が出るものではないことを理解しておくことが重要です。

投稿作業だけを依頼するのであれば、あまり気にすることはありません。

しかし、フォロワー数の増加や集客アップ、売り上げ増などなんらかの結果を求める場合は、一定の期間が必要となります。

それを踏まえてどのようなスパンで作業を依頼するのか、どれくらいのコストがかかるのかなどを考えることが重要なのです。

またその間、運用代行会社とのお付き合いが続くことも、理解しておかなくてはなりません。

企業側の要望や相談が通る会社なのか、質問に誠実に答えてくれる会社なのかなど、安心して任せられる会社なのか考慮したうえで選ぶようにしましょう。

Instagram運用代行費用の相場

Instagram運用代行にかかる費用は、会社によってさまざまです。

ですがおおよその料金相場はありますので、いくつかのパターンに分けて紹介しましょう。

月額20~30万円程度が一般的

Instagram運用代行の費用相場として、だいたい平均的なのが20~30万円といった価格帯です。

多くの場合これくらいの費用だと、投稿作成や投稿などの運用代行から、簡易的なレポート作成まで対応しているイメージとなります。

そこまで力を入れているわけではないけれど、Instagramをしっかりと運用したいという企業や、PDCAを回しながらある程度効果的に運用したいという場合に最適な価格帯のプランだといえます。

よりクリエイティブな投稿や分析を依頼すると50~70万円ほど

プロのカメラマンによる撮影やクリエイティブな画像作成、広告出稿など、より戦略的な施策を任せる場合には、月額費用がぐっと上がります。

このようなケースでは、分析や改善策の提案など、コンサルティング業務なども含まれているケースが多いです。

単純なアカウントの運用だけでなく、なんらかの目的がある場合には、これくらいの費用感はイメージしておいた方がよいでしょう。

アカウントの作成から運用、ディレクションからキャスティングなど、すべてまるっと任せる場合にも、同等またはそれ以上の費用がかかることを理解しておくといいかもしれません。

10万円くらいの費用だと何をしてもらえるのか

Instagram運用代行会社のなかには、月額費用10万円程度を最低ラインとしているところもあります。

このようなプランの場合、投稿作業のみや単発的なコンサルティングなど、基礎的な対応のみとなるケースがほとんどです。

「施策や改善というところまでは考えていないが、とりあえず運用代行がどのような感じなのか知りたい」という場合にはおすすめの価格帯プランでしょう。

運用代行を利用して費用対効果をあげるためのポイント

費用をかけてInstagram運用代行を利用する以上、できる限り費用対効果を高めたいと考えるものです。

運用代行を利用してより売り上げや顧客単価が上がれば、その分費用対効果も高まりますが、いったいどうすれば実現できるのでしょうか。

ここでは、運行代行を利用して費用対効果をあげるための、ポイントについて解説します。

アカウント運用の目的と目標を明確にする

まず目的と目標がはっきりしていなければ、何を元に改善してよいかわかりません。

趣味のアカウントならともかく、企業アカウントなのであれば、集客や売上促進など目的や目標があるはずです。

フォロワーを増やすのが目的であれば、どれくらいのフォロワー数増を目指すのか。販売サイトへの誘致が目的であれば、いつまでにどれくらいの集客を目指すのか。

まずはこれらの目標などを明確にし、数字を具体的にすることが大切なポイントとなります。

このような目的や目標を明確し、それに沿った分析や施策を行うことで、ムダな費用をかけることなく最適な状態でInstagramの運用ができるのです。

PDCAサイクルをしっかりとまわす

PDCAサイクルとは「計画(Plan)、実行(Do)、分析(Check)、改善(Action)」を意味する言葉です。

費用対効果を求めてInstagramの運用をする上では、目的と目標を決めるだけでは意味がありません。

目標達成のために、何をすべきなのかを具体的に考えることも重要です。

実際に実行するのは運用代行会社ですが、その内容が適切なのかは任せっきりにしていては、費用対効果を高めるのはむずかしくなります。

どのような施策を行う(行ったのか)なども、しっかりと把握しておく必要もあるでしょう。

施策を行ったあとはどういった結果が得られたのか、その分析も重要です。

運用代行のプラン内にレポート作成などのサービスがあれば利用し、施策の結果や達成度を測るようにしましょう。

そのうえで次はどのような施策を行うべきなのか、不要な施策があるのであれば見直しをするなど、改善を講じることが大切です。

まとめ:Instagram運用代行を活用して効果的な運用を目指しましょう

自社でInstagramのアカウントを作成し、さまざまな目的や理由で運用しているというところも少なくないでしょう。

ただしInstagramを安定して運用していくためには、それなりの時間やスキル、人手などが必要です。

集客や売り上げ増などにつなげて効果的に運用していくためには、Instagram運用代行を活用するのもひとつの手です。

さまざまなサービスを提供している会社もあるので、運用目的などに合わせて選ぶのがおすすめです。

ぜひInstagram運用代行を利用し、Instagramを効果的に活用していきましょう。

また、Instagramを活用したマーケティング手法としては、すでに市場(=フォロワー)からの信頼を獲得しているインスタグラマーをアサインするという方法もあります。インスタグラマーを活用した施策にもしご興味があれば、以下から資料をご覧ください。

Cast Me!