Pinto!

企業のマーケティングを支援する「ピント!」

3分でわかる「Juicer」を使ったA/Bテスト|無料ツールでサイト改善!

Writerライター

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B プロジェクト推進室 ビジネス開発

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、各種アライアンス構築活動を中心とした事業開発や、SFA/MAなどを駆使した営業支援業務に従事。

目次
    1. まずはおさらい。「A/Bテスト」とは?
    2. Juicerが推奨する「小さな改善」とは?
    3. 「Juicer」で簡単にサイト改善!
      1. 画像1枚、テキスト1文字からはじめられる
      2. マルチデバイス対応でPC・スマホ、それぞれの改善が可能
      3. 自動で最適化するサイトを実現
    4. はじめての方でも安心!完全代行プランのご紹介
      1. A/Bテスト完全代行プランの価格表
    5. A/Bだけじゃない?!「Juicer」の最新機能

Web経由の売上を最大化させる方法は大きく3通りあり、その3つの掛け算でWeb収益は決定します。

「 集客数(質の高いユーザーを安く多く流入させることができるか) 
×
「 反応率(ひとりでも多くのユーザーをゴールへ導けるか) 」
×
「 LTV(顧客化したユーザーに長く多く使っていただけるか) 」

SEOや広告の改善PDCAは、多くの企業様が必死にお取り組みされています。また昨今は、顧客化したユーザーへのアップセルやクロスセルの戦略についても多く語られているように見受けられます。

しかしながら、真ん中にあるべき「反応率(CVR)」を最大化させるための取組みについては、まだまだ未発展なように感じます。理由はいくつかありますが多くの場合、「やり方がわからない」「サイトリニューアルはお金がかかりすぎる」というものではないでしょうか。

本記事では、弊社の独自開発ツールである「Juicer(ジューサー)」を用いた”「小さな改善」の繰り返しで劇的な効果を得るA/Bテスト”についてご紹介していきたいと思います。


まずはおさらい。「A/Bテスト」とは?

A/Bテストとは2つまたは複数ある選択肢のうち、最も良い結果をもたらすことができるのかを見極めるテストのことです。例えば、犬の画像と猫の画像ではどちらが購買率が高いでしょうか?A/Bテストは要素単位で検証でき、高い改善効果を見込むことができます。


Juicerが推奨する「小さな改善」とは?

Webサイトの反応率(CVR)に課題を感じた際、Webサイトのリニューアルという結論に結びつけることが多いのではないでしょうか。

確かに最新トレンドを盛り込み、マーケティング中心にデザインされたWebサイトリニューアルは、多くの場合でCVRの改善が見られることでしょう。しかし、リニューアル後はまた2〜3年サイトを放置……となってしまっては、せっかくのリニューアルも最大の効果を得ることはできません。

またWebサイトリニューアルには時間もお金もかかります。また、大規模なリニューアルをすると、あとから小さな変更を加えたり軌道修正するのも大変です。反面、A/Bテストなら、パーツ単位で細かく調整できるので、改善PDCAを効率よく回すことができます。

小さな改善とは?

サイトをまるごとリニューアルする場合

  • 仕様の設計や変更で、たびたび作業が停滞する……
  • 3ヶ月後〜6ヶ月後にリリースするまで成果がわからない……
  • 時間や人員などの確保が難しい……
  • 次のリニューアルまで数年間放置されることも…

小さな改善の場合

  • 今すぐに試せる!
  • 途中ですぐ方向転換できるので無駄な時間が発生しない!
  • 自分でできるから、費用が節約できる!
  • 次の改善アクションがすぐに取れて成長が停滞しない!

「Juicer」で簡単にサイト改善!

Juicerでできるサイト改善のメリットについてご紹介します。

はじめての方でも、画面の指示に沿って操作していくだけ。ソースコードを触ることなく基本的なクリック操作のみでブラウザ上でA/Bテストが始められます。

画像もドラッグ&ドロップでアップロードでき、プレビュー機能であらかじめ仕上がりを確認できるので、安心です。

誰でもかんたんにチャレンジできる操作感で、改善アクションの効率がぐっと上がります。


画像1枚、テキスト1文字からはじめられる

A/Bテストは、サイト内の一ヶ所から始められ、実際のユーザーの反応を見ながら柔軟に軌道修正できるのが魅力です。大規模なサイト改変を必要とせず、毎日の成果を確認しながら意思決定できるので安心、着実、スピーディなサイト改善が実現できます。

画像1枚、テキスト1文字からはじめられる


マルチデバイス対応でPC・スマホ、それぞれの改善が可能

PCを使うときとスマホを使うときでは、サイトの利用目的が違うはずです。JuicerではPC・スマホそれぞれ異なる改善施策を行なうことができるので、デバイスごとのユーザー体験の違いに気を配り、それぞれに最適化されたサイトを表示することが可能です。

マルチデバイス対応でPC・スマホ、それぞれの改善が可能


自動で最適化するサイトを実現

Juicer(ジューサー)では、効率の良いサイト改善を実現するために、「あなたがいない間も良くなるサイト」を目指します。

自動で最適化するサイトを実現

サバイバル機能をONにしておけば、1位にならないと判断されたクリエイティブは自動で非表示になります。より成果を出すものがユーザーの目に多く触れるようになり、テスト中も自動で成果が上がっていきます。


はじめての方でも安心!完全代行プランのご紹介

とは言っても、「サイト内のどこから手を付けたらいいかわからない……」「自社内でクリエイティブ制作のリソースがない……」というお客様もいらっしゃるかと思います。

そこで、ご希望のお客様には、バナー画像やコピーライティングといったクリエイティブの作成からA/Bテストの改善運用まで、A/Bテストにまつわる作業を弊社で完全代行するプランをご用意いたしました。

シナリオ設計から結果検証まで、A/Bテストにかかる作業を「平均勝率77%/平均改善幅142%のA/Bテスト専門チーム」にまるごとお任せいただけるので、サイト改善にかける時間が取れないときも「勝手に良くなるサイト」を実現できます。

A/Bテスト改善事例

また、当月の結果と次月への仮設を毎月ご提出させていただきますので、改善PDCAの運用ノウハウを貴社内に取り入れていただくことが出来ます。


A/Bテスト完全代行プランの価格表

完全代行プランの価格表は下記をご参照ください。まずはライトプランからお試しいただくことを推奨しています。

Juicer_A/Bテスト完全代行_料金表


A/Bだけじゃない?!「Juicer」の最新機能

本記事でご紹介した「A/Bテスト機能」以外にも、下記の様々な機能をご用意し、且つすべての機能が無料でご利用いただけます

  • 訪問ユーザーのモチベーションに合わせた「ポップアップ表示機能」
  • 顧客ロイヤルティを測る「NPS(ネットプロモータースコア)調査機能」
  • 顧客モチベーションを把握する「リードナーチャリング機能」
  • Webサイトを訪れたユーザーを人工知能が自動的に分析「自動ペルソナ作成機能」

是非、下記のボタンよりご登録ください。また、A/Bテスト完全代行プランへのお問い合わせは、本サイトの「お問い合わせ」より気軽にご連絡ください。

Juicer サービスページはこちら

関連する記事を読む