PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2020.03.19

五十嵐 和希

WEB CREATION

WordPressをインストールする方法は?簡単に導入できるサーバー2つを写真付きで解説

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム

大手広告主企業での広告宣伝部、総合広告代理店でのプロモーション部を経験し、PLAN-Bへ入社。
企業のオウンドメディア立ち上げ支援や自社開発DMP「Juicer」のマーケティング責任者を担う。
現在は自社開発プロダクト「SEARCHWRITE」のプロダクトオーナーとしてPMFに向けた活動を担当している。Twitterを見る

目次
    1. WordPressをインストールする手順
    2. WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー2つ
      1. Xサーバーとは
      2. ロリポップとは
    3. Xサーバーの簡単インストールの手順
      1. サーバーパネルへログイン
      2. インストール先とWordPressの設定
      3. インストール完了
      4. ログインしてWordPressの設定の確認
    4. ロリポップの簡単インストールの手順
      1. ユーザー専用ページへログイン
      2. インストール先とWordPressの設定
      3. ログインしてWordPressの設定の確認
    5. WordPress初心者は簡単インストールが最適

WordPressは無料で使え、更新もしやすく非常に人気のCMSです。

しかし、「WordPressをインストールしたいけど、方法がわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、

  • WordPressをインストールする手順
  • 簡単にWordPressがインストールできるレンタルサーバー
  • 簡単インストールの方法

について解説していきます。 WordPressをインストールし、自社のサイトやブログとして活用していきましょう。

WordPressをインストールする手順

WordPressをインストールする手順は以下の流れです。

  1. レンタルサーバーとFTPクライアントを用意
  2. データベース(MySQL)の作成
  3. WordPressダウンロード サーバーへのアップロード
  4. ブラウザからログイン

FTPクライアントとは、サーバーへファイルを転送するためのソフトです。

FTPクライアントを使用して、レンタルサーバーへWordPressをインストールしていきます。

しかし、WordPressを一から手動でインストールするのは、初心者の方にとってはハードルが高いと感じるのではないでしょうか。

そのような方に向けて、簡単にWordPressがインストールできるレンタルサーバー会社を2つ紹介していきます。

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー2つ

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー会社は、以下の2社です。

  • Xサーバー
  • ロリポップ

それぞれの会社について解説していきます。

Xサーバーとは

公式サイト:https://www.xserver.ne.jp/

Xサーバーは、個人でブログを始めたい方から、法人でwebサイトを作成・運用したい方まで幅広く多くの人に利用されているサービスです。

Xサーバーの特徴は、大きく以下の3つになります。

  1. WordPressの動作・表示の高速化
  2. アクセス集中時も安定したサイト表示
  3. 自動バックアップや無料独自SSLなどの多機能性

Xサーバーでは、WordPressの動作やサイトの表示を高速化を実現するために、200GB以上の大容量サーバーを用意しています。

個人用途であれば10GB程度で十分と言われていますので、Xサーバーを利用すると画像や動画の容量を気にする必要はありません。

また、自然災害や停電対策を徹底したデータセンターで管理されているため、Xサーバーのサーバー稼動率は99.99%以上の高い安定性を誇ります。

高い安定性に加えて、24時間365日サポート体制を完備完備しているので、初心者の方でも安心して利用可能です。 他にも、自動バックアップ機能や無料独自SSLなど、サイト運営を多方面からサポートしてくれる機能が搭載されています。

高品質なサーバーでありながら、月額900円〜とリーズナブルな値段で契約できます。

ロリポップとは

公式サイト:https://lolipop.jp/

ロリポップは、月額100円からのプランが用意され、気軽に始めやすいサーバーとして多くの方に利用されています。

低価格でありながら、サーバーとして必要な機能は全て搭載されています。

基本機能に加え、下記の機能も利用可能です。

  • 簡単インストール
  • WordPress簡単引っ越し
  • ショッピングカート
  • バックアップ
  • 同時アクセス数拡張
  • 独自SSL

また、ユーザーのサポートが充実しているのもロリポップの特徴の一つです。

メールや電話での問い合わせはもちろん、リアルタイムにスタッフと話せるチャットサポートも利用できます。

他にも、580種類以上のマニュアルやこれまでのQ&Aが用意されているので、「こんなときどうするの?」を瞬時に解決できます。

ロリポップは、初めてサーバーを利用する方におすすめなレンタルサーバーです。

Xサーバーの簡単インストールの手順

Xサーバーの簡単インストールの手順は、以下の流れです。

  1. サーバーパネルへログイン
  2. インストール先とWordPressの設定
  3. インストール先とWordPressの設定の確認
  4. インストール完了
  5. ログインしてWordPressの設定の確認

一つひとつの手順をみていきましょう。

サーバーパネルへログイン

まずは、Xサーバーのサーバーパネルへログインします。

Xサーバのサーバーパネルは、以下の設定等が可能です。

  • アカウントのパスワード変更
  • メールアカウントの設定
  • ドメインの設定
  • MySQLの設定
  • WordPress簡単インストール

サーバーパネルにログインし、「WordPress簡単インストール」をクリックします。 続いて、「WordPressインストール」をクリックしてインストール先とWordPressの設定を行います。

インストール先とWordPressの設定

インストール先には、WordPressを設定したいドメインを選択します。

ドメインを選択後、以下の項目を入力する必要があります。

  • サイトURL(空欄のままでOK)
  • ブログ名
  • ユーザー名(WordPress管理画面へのログインユーザー名)
  • パスワード(WordPress管理画面へのログインパスワード)
  • メールアドレス
  • キャッシュ自動削除(WordPressを一定間隔で自動的に削除する機能)
  • データベース(今回新たに作成する場合は「自動でデータベースを生成する」を選択)

項目を入力したら、「インストール(確認)」をクリックし、自動インストールを実施します。

インストール完了

自動インストールが完了したら、WordPressの管理画面にログインするための情報やMySQLの情報が表示されます。

  • ログインURL
  • ID
  • PASSWORD
  • MySQLデータベース
  • MySQLユーザ
  • MySQL接続パスワード

今後WordPressを運営していくにあたって必要な情報になるため、保存しておきましょう。 続いて、実際にWordPressにログインする手順を紹介します。

ログインしてWordPressの設定の確認

WordPressのログインURLをクリックし、設定したユーザー名とパスワードを入力して管理画面にログインします。

管理画面からログインすると、WordPressのダッシュボードが開きます。

WordPressのダッシュボード画面から、記事を更新したり、ブログをカスタマイズ等が可能です。

ロリポップの簡単インストールの手順

ロリポップのWordPress簡単インストール方法について解説していきます。 手順は、以下の流れになります。

  1. ユーザー専用ページへログイン
  2. インストール先とWordPressの設定
  3. インストール完了
  4. ログインしてWordPressの設定の確認

手順の流れとしては、Xサーバーと同じです。 それぞれの手順を詳しくみていきましょう。

ユーザー専用ページへログイン

まずは、ロリポップのユーザー専用のページにログインしましょう。

ログイン情報は、申し込み時に届くメールに記載されています。

ログインできない場合は、 パスワードが半角で入力されているか 不要なスペースが入っていないか 等を確認し、再度入力情報を確認しましょう。 もし確認してもログインできない場合は、パスワードの再設定を利用します。

インストール先とWordPressの設定

ログイン後、「WordPress」をクリックして開きます。

複数の独自ドメインを設定している場合は、「サイトURL」でWordPressを設定したいドメインを選択します。

続いて、以下の項目を設定します。

  • 利用データベース(新規自動作成を選んだ場合、ランダムな半角英数字で「データベース名」と「データベースパスワード」が作成)
  • サイトのタイトル ユーザー名(WordPressにログインするときのユーザー名)
  • パスワード(WordPressにログインするときのパスワード)
  • メールアドレス

WordPressのユーザー名とパスワードは、不正ログインを防止するために8桁以上のランダムな英数字での設定が推奨されています。

入力内容を確認し、インストールをクリックするとWordPressのインストールが完了します。

ログインしてWordPressの設定の確認

インストールが完了すると、 サイトURL 管理者ページURL 利用データベース が表示されます。

管理者ページURLが、WordPressのログイン画面です。

先ほど設定したユーザー名とパスワードでログインできます。

WordPress初心者は簡単インストールが最適

今回の記事では、WordPressのインストールの方法をご紹介しました。

WordPressのインストールは手動でも行えますが「難しそう」と感じる方も多いはず。

そんな方に向けたサービスとして、Xサーバーとロリポップでは「簡単インストール」が用意されています。

WordPressをこれから利用してみたいと検討している方は、簡単インストールで設置し、空いた時間を活用してサイトのコンテンツを充実させるのがおすすめです。