PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2018.04.19

五十嵐 和希

INTERNET ADVERTISING

GoogleAdwordsのGmail広告|どこに出るの?設定方法・注意点を紹介

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. メール広告なんて効果あるの?と迷っている方
    2. Gmail広告とは? 特徴・表示はどんな感じ?
      1. 表示は以下の通り
      2. 画像テンプレートは5つ選べる
        1. 01:通常の画像テンプレート
        2. 02:画像+テキストのシングルプロモーションテンプレート
        3. 03:複数画像で展開するマルチ商品テンプレート
        4. 04:02と03を組み合わせたカタログテンプレート
        5. 05:HTML形式のテンプレート
    3. Gmail広告設定方法
      1. キャンペーンを作成(ディスプレイネットワークのみ)
      2. Gmail広告のテンプレートを5つの中から選択
    4. Gmail広告のコツ
    5. まとめ:Gmail広告は、まだまだ活用できる広告手法です

GoogleAdwordsには、Gmail広告というメニューがあります。Gmail広告はGmail内のメールボックスに表示できる広告で、2015年9月にAdwordsの広告に追加されました。

すでに利用されている方も多いのではないでしょうか。本コラムではGmail広告の概要と設定方法、Gmail広告を使って上手に集客するコツをご紹介していきます。


メール広告なんて効果あるの?と迷っている方

Gmail広告はGmail広告の受信トレイ内に表示される広告です。メール広告と言うと、メルマガ広告のように特定のメールアドレスに対して配信されるメール(広告)と混同する方もいるかもしれませんが、これとは全く違います。

ディスプレイ型の広告と同じで、サイトに設置されている広告枠に出る広告のようなものです。ですので、メルマガ広告用の文章を作る必要もなければ、広告メールを送るアドレスリストも必要ありません。Gmail広告は、普通のメール広告とは違うものだ、ということをまず認識しておきましょう。

正しくターゲットを決め、正しく広告を設定し配信すれば、一定の効果が期待できる広告メニューなのです。


Gmail広告とは? 特徴・表示はどんな感じ?

それではGmail広告の特徴について見ていきましょう。Gmail広告には以下のような特徴があります。

  1. 受信トレイの新着メールの上に表示される
  2. キーワードでターゲティングができる
  3. 5つの広告のテンプレートが選べる
  4. メール広告の開封時にクリックカウント(費用が発生)

Gmail広告は受信トレイの上に表示されます。つまり、ユーザーが新着メールを見ようとしてGmailのアカウントにアクセスし、受信ボックスを開くと必ず広告が目に入ることになります。Gmail広告の初期表示はメールとほぼ同じフォーマットで表示され、折りたたまれています。

表示は以下の通り

Gmail広告

長方形で「広告」と表示されているのが確認できるかと思いますが、こちらがGmail広告になります。

開いた広告

画像をクリックすると広告が開きます。表示時点ではメールと同じサイズで展開されますが、広告の中身には画像や動画の再生、問い合わせフォームなどを埋め込むこともできます。

またGmail広告には様々なターゲティング機能があり、キーワードもその1つです。キーワードでターゲティングを行うと、広告を表示させるユーザーをCookie情報や検索クエリを元に絞り込み、最適な広告表示を行います。

他には、年齢や性別といったユーザー属性、リマーケティングリスト、顧客リストなどをあらかじめ設定しておく広告配信も可能なほか、トピックやアフィニティカテゴリ、購買意向の強いユーザー層などのセグメントも可能です。

Gmail広告の受信トレイは非常にパーソナルな空間ですから、ターゲティングを細かくしておくことで、その人の趣味嗜好に合わせた広告配信が行えます。結果、効率的にクリックを集めつつ、ムダなクリックは省いていくという効率的な運用も可能になるはずです。

画像テンプレートは5つ選べる

広告用画像には5つのテンプレートが用意されています。

5つの画像テンプレート

01:通常の画像テンプレート

最大で650×1000ピクセルのイメージ画像なので迫力を伝えたい、インパクトを与えたい場合に有効です。

02:画像+テキストのシングルプロモーションテンプレート

画像だけで伝えられない内容をテキストで補足説明できます。

03:複数画像で展開するマルチ商品テンプレート

最大6種類の画像とタイトルを表示できるカタログ風。ECサイトの商品紹介などに有効です。

04:02と03を組み合わせたカタログテンプレート

02と03の良いところを組み合わせたテンプレート。一番売りたい商品を大きく表示させつつ、類似品を表示させたい場合に使用します。

05:HTML形式のテンプレート

メール広告内にWebサイトの要素を埋め込めるマルチなテンプレート。画像やキャッチコピーなども複数掲出できるうえ、スマホでの閲覧時に直電できるといった仕掛けも可能です。


以上の5種類が選べるようになっています。

ちなみにGmail広告は2018年1月の時点では、「メイン」の受信トレイには表示されず、主に「プロモーション」の受信トレイで表示されます。また、個人向けのGmailアカウントのみの配信となっています。

Gmail広告は、広告がクリックされたタイミングで費用が発生します。仮に広告にランディングページのリンクが貼られていて、LPに遷移しないと意味がない広告だったとしても、またLPに不備があり表示されなかったとしても、費用はしっかり発生しますのでご注意ください。


Gmail広告設定方法

それではGmail広告の設定方法を見ていきましょう。1つずつ丁寧に紹介していきます。

キャンペーンを作成(ディスプレイネットワークのみ)

ディスプレイネットワークのみ

広告テンプレート


広告タブから広告+をクリック、広告テンプレートを選びます。

広告テンプレートからGmail広告を選択
広告テンプレートからGmail広告を選択。拡大すると説明が出ます。

Gmail広告のテンプレートを5つの中から選択

Gmail広告のテンプレートを5つの中から選択

作成ボタン

クリックすると作成ボタンが出てきます。広告テンプレートに沿って広告したい内容を入力します。

  • 表示URL
  • 最終ページURL
  • ロゴマーク
  • 広告主名
  • メール広告の件名
  • 広告文
  • イメージ画像

などを入力する必要があります。

入稿

広告主名・件名・広告文には文字数の制限、ロゴ、イメージ画像には大きさの制限がありますので、適宜サイズを合わせて入稿しましょう。


Gmail広告のコツ

Gmail広告を効果的に利用していくコツを紹介します。

Gmail広告は、最初にご紹介したとおりメールのフォーマットとほぼ同じ形でユーザーの目に飛び込んできます。つまりここが重要です。この特徴を生かし、いかに普通のメールと同じようにふるまい、開封してもらうかがキモになります。

もし他のメールと全く異なりイケイケドンドンな売り文句が表示されていたら、ユーザーはきっとこのように思うでしょう。

「うわ!広告か!」「うわ!なんだこのいやらしい誘い文句は。絶対開かないぞ!」

急に知らない商品やサービスの「買ってください!見てください!」的なメッセージがメールとともに掲載されていたら、嫌われる可能性があります。

Gmail広告運用のコツ

メール広告はいかにして他のメールに溶け込むかが大切です。その上でメリットをしっかりと伝えることが大切です。傾向としては、無料サンプル配布や無料会員登録、限定配信といったユーザーがお金を支払わないで済むキャンペーン、あるいは文面に「買い物」臭がしない広告ほど、効果が高いと言われています。

そういった特徴を見逃さない手はありません。広告を見たユーザーは広告を受信トレイに保存できたり、メールとして転送したりすることもできます。

広告を保存できれば、ユーザーがあとからじっくり考え、他社と比較検討しやすくなります。そういった点でも魅力的な媒体かもしれません。


まとめ:Gmail広告は、まだまだ活用できる広告手法です

ここまでGoogleAdwordsのGmail広告についてご紹介してきました。

Adwordsでの集客にお悩みの方で、まだGmail広告を試していない方はぜひトライしてみてください。商材によってはGmail広告の方がマッチする可能性もあります。