PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

INTERNET ADVERTISING

Facebookスライドショー広告|設定方法・注意点・おすすめの運用を紹介

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B システム開発本部 PDMチーム

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。現在はPDMチームにてプロダクトオーナーとして新規事業の立ち上げを行っている。

目次
    1. Facebookスライドショー広告とは?
    2. なぜ動画ではなく、スライドショーなのか?
      1. 01:動画を制作するより安い
      2. 02:すぐに作って配信できる
      3. 03:ネット環境が遅くても同じように閲覧できる
    3. Facebookスライドショー広告の作り方
      1. まずは広告マネージャーを開きます
      2. 広告セットを作成します
      3. 「新しい広告を作成」ページで、スライドショー形式を選択
      4. 画像を入力したらアスペクト比(画像のバランス)を決めます
    4. スライドショー広告のコツ
    5. まとめ:一度は試して欲しいFacebook広告の機能

Facebookスライドショー広告とは、動画ではなくスライドショーを使ったFacebookの広告で、数分で作成できる上に動画が視聴できないネット環境でも、動画のようなストーリー性を持たせた広告の掲出ができるようになります。

こちらではFacebookスライドショー広告の概要と設定方法、効果的なスライドショー広告についてご紹介していきます。


Facebookスライドショー広告とは?

スライドショー広告は先ほど上げたようにいくつかのメリットがあります。動画のような動き、音、音楽、テキストを使ってスライドをつなぎ合わせれば、動画にも負けない映像によるストーリーテリングが可能になります。

つなぎ合わせることのできる動画枚数は10枚まで、それを1秒から5秒間で表示させていきます。ありものの画像を使う場合、スライドショー広告では画像サイズを元の比率、正方形、長方形(16:9)、縦長(2:3)の4種類から設定できます。

つまり、リサイズする必要もなく素材をすぐに使えるということです。


なぜ動画ではなく、スライドショーなのか?

なぜわざわざ動画ではなく表現の幅が狭くなるスライドショー形式の広告を出すのか。みなさん疑問に思われるかもしれません。スライドショー形式の広告には以下のメリットがあります。

スライドショー広告3つのメリット


01:動画を制作するより安い

動画作成には動画作成ツールや素材、動画作成をするスタッフが必要です。これらを揃えるには少なからずお金がかかりますが、画像やテキストを組み合わせたスライドショーであれば自分で用意できますし有料の画像を利用したとしてもそれほど大きなコストはかかりません。


02:すぐに作って配信できる

Facebookの広告メニューの案内に従って簡単に制作できます。何回でもテストができるので納得のいくものができるまでこだわりながら作れます。


03:ネット環境が遅くても同じように閲覧できる

スライドショー形式の広告は動画広告よりもデータ使用量が段違いに少なくて済みます。およそ5分の1程度のファイルサイズになるので、たとえ閲覧者のインターネット接続速度が遅くてもスライドショーならスムーズに再生されます。

また自分がスマホなどで撮影した画像や、Facebookにアップしている既存の画像を使って、それらをつなぎ合わせてもそれなりのものが作れます。お金も時間もかからず、誰でも簡単にそれなりの「動画広告」が作れるのがスライドショー広告のメリットです。


Facebookスライドショー広告の作り方

スライドショー広告の作成方法を説明します。こちらのページにある動画にも紹介されているので見てみてください。
facebookbusiness:「スライドショー広告の効果をご紹介します


まずは広告マネージャーを開きます

広告マネージャー

「広告の目的」を選択、今回はブランドの認知度アップを選択しました。(目的に関してはご自身の広告目標にマッチするものを利用してください。)


広告セットを作成します

広告セットを作成


ターゲット設定、予算、掲載期間の情報を入力しましょう。ちなみにスライドショー広告をInstagramでも掲載する場合、[トラフィック]、[コンバージョン]、[アプリのインストール]、[動画の再生]のいずれかを選択します。


「新しい広告を作成」ページで、スライドショー形式を選択

スライドショー形式を選択

スライドショーを作成


「スライドショーを作成」をクリックします。スライドショー広告では、最大10枚の画像を利用できます。

編集画面


こちらがスライドショー広告の編集画面です。予め用意してある、もしくは保存してある写真、動画を追加していきます。もし画像がないという方は、Facebookの画像ライブラリーから画像を選択できるので広告のイメージに合った画像を利用しましょう。


画像を入力したらアスペクト比(画像のバランス)を決めます

アスペクト比

そのままのサイズならデフォルト設定の「元の比率」のままで良いでしょう。

表示時間

画像の表示時間を1秒から5秒までの間で設定します。設定が終わったら「作成」をクリック、最短30秒で作成が完了します。

最短30秒で


作成完了後の画面です。テキストを入力してスライドショー広告の紹介キャプションを付けることができます。


スライドショー広告のコツ

スライドショー広告は、製品のカタログ的な見せ方も効果的です。どんな製品があるのか分かりやすくなりますし、イチオシの商品や売り出し中の商品をいくつかピックアップしてキャンペーン感を演出できます。

製品やサービスに関するテキスト説明を含んだチュートリアルを作れば、より短時間でシンプルに製品やサービスの良さを見ている人に伝えられます。

レシピや日曜大工などのハウツーものをサービスとして提供する場合も、動画なら冗長になりがちですがスライドショーならスマートにモノの作成プロセスを表現できるでしょう。

テキストコピーだけを使って物語を作り最後に画像を掲出すると、よりインパクトがあり印象に残りやすい広告を作ることもできます。

このように、スライドショー広告は工夫一つで見ている人により印象深く、イメージを膨らませやすいものになります。


まとめ:一度は試して欲しいFacebook広告の機能

ここまでFacebookのスライドショー広告について見てきました。スライドショー広告は低コストかつ手軽に作れる上に、印象に残りやすい効果的な訴求が可能になります。

まだ試していない方はぜひチャレンジしてみてください。