PINTO!株式会社PLAN-Bの情報発信メディア

2019.06.07

五十嵐 和希

INTERNET ADVERTISING

Facebook広告の種類|何ができるのかを改めて解説

WRITER

五十嵐 和希

株式会社PLAN-B 事業統括本部 ビジネス開発部 Juicer

2013年中途採用でPLAN-Bに入社。東日本エリアの営業マネージャーを経て、2017年にビジネス開発ユニットを立ち上げ、オウンドメディア運用と事業開発を行う。その後、2018年よりJuicer事業部へ異動。自社開発DMP「Juicer」の販売戦略を中心としたマーケティング活動に従事。

目次
    1. Facebook広告の種類
    2. Facebook広告の掲載面の種類
      1. Facebook内の広告掲載面
      2. Instagram内の広告掲載面
      3. Audience Network
    3. ターゲティングの種類
      1. ユーザー属性ターゲティング
      2. 年齢・性別ターゲティング
      3. エリアターゲティング
      4. 利用者層ターゲティング
      5. インタレスト(興味・関心)ターゲティング
      6. 行動ターゲティング
      7. リマーケティング
      8. カスタムオーディエンス
      9. 類似オーディエンス
    4. クリエイティブフォーマットの種類
      1. 静止画広告
      2. 動画広告
      3. カルーセル広告
      4. スライドショー広告
      5. キャンバス広告
    5. まとめ:使ったことがない方はまず検討を!

近年GoogleAdwordsやYahoo!プロモーション広告と同様に、SNS広告が注目されています。

中でもFacebook広告は様々な企業のプロモーションで利用されており、年々その重要度は上がっています。そこで、今回は具体的にFacebook広告で何ができるのか、実際のターゲティングやクリエイティブの種類を取り上げてご紹介します。


Facebook広告の種類

Facebook広告を使えば、FacebookやInstagram内に広告を出稿することができます。

メインではないもののFacebookやInstagram以外の外部の掲載面も保有しており、配信ボリュームもある程度確保できます。またFacebook広告はターゲティングやクリエイティブの種類が豊富で、あらゆるユーザーに様々な方法でリーチすることができます。

ターゲティングではユーザーが登録しているプロフィールやユーザーの行動データを元にターゲティングするので精度も非常に高く、様々なプロモーションで実施できる広告です。


Facebook広告の掲載面の種類

上記でも簡単に述べましたが、Facebook広告の掲載面は大きく分けて下記3種類に分類できます。


Facebook内の広告掲載面

  • モバイルニュースフィード:スマートフォンのタイムラインに広告を掲載することが可能。
  • デスクトップニュースフィード:PCのタイムラインに広告を掲載することが可能。
  • 右側広告枠:PCサイトの右側に広告を掲載することが可能。
  • メッセンジャー:モバイルユーザーのメッセンジャー内に広告を掲載することが可能。最近ローンチされたばかり。

Instagram内の広告掲載面

インスタグラムのタイムラインのみならず、ストーリーの箇所にも広告を掲載することが可能。当初はコスメ商材が多かったが、近年カードローンなどあらゆるジャンルの商材のプロモーションに利用されています。


Audience Network

Facebookの広告ネットワークを使用するパブリッシャーのアプリやWebサイトに広告を掲載することが可能。


以上大きく分けて3種類の広告掲載面を持つFacebook広告ですが、商材によってどの掲載面に広告を掲載するかで大きく成果が変わります。

商材によって掲載面を変えよう

若者が使いそうな商材はInstagramに広告を出稿したり、不動産や投資系の商材の場合はFacebookニュースフィードへの出稿のみに絞るなど調整します。掲載面の種類も多くあらゆるユーザーにリーチできるため是非Facebook広告の導入をおすすめします。


ターゲティングの種類

Facebook広告には様々なターゲティングがあり、精度も非常に高いです。よく利用するターゲティングを順番にご紹介します。


ユーザー属性ターゲティング

Facebook広告で最も利用するターゲティングの1つかと思います。ユーザーのプロフィールをもとにターゲティングするため精度は非常に高いです。


年齢・性別ターゲティング

Facebook広告で最も利用するターゲティングの1つです。年齢や性別の情報をプロフィールに登録しているユーザーが多いので、かなり精度が高いターゲティングです。年齢ターゲティングでは13歳から65歳以上のユーザーまで配信できます。

年齢・性別ターゲティング


エリアターゲティング

国・地域や都道府県・州、市区町村、郵便番号、住所を入力して、その地域にいる人や、最近その地域にいた人、旅行中の人に広告を配信することができます。またそのエリアに広告を配信したくない場合はエリアを除外することもできます。


利用者層ターゲティング

ユーザーの属性に合わせてターゲティングをすることが可能です。基本的にユーザーがFacebook上に登録した情報をもとにターゲティングします。


インタレスト(興味・関心)ターゲティング

人の興味・関心に基づいてターゲティングを設定することが可能です。趣味・関心、アクティビティ、「いいね!」したページなどの情報を元にターゲティングします。

インタレストターゲティング

Facebook広告のインタレストターゲティングの種類は非常に多いです。そのため商材に合ったインタレストを選ぶことができますが、ターゲティングを絞りすぎることで広告の配信量が出なかったり、CPM・CPCが高騰する可能性があるので注意が必要です。


行動ターゲティング

ユーザーの行動データや電子機器の利用状況などの情報を元にターゲティングできます。


リマーケティング

サイトにFacebookピクセルを設置することで、そのサイトに訪れたユーザーに再度Facebookが保有する掲載面内で広告を配信することができます。

サイトに流入したがコンバージョンに至らずに離脱したユーザーは、1度もサイトを訪れたことがないユーザーと比べてCVRが高い傾向にあります。彼らのようなコンバージョンの確度の高いユーザーにアプローチするためにリマーケティングは有効です。


カスタムオーディエンス

Facebookではユーザーのデータ(電話番号やメールアドレスなど)を利用して、ユーザーに広告を配信することができます。例えば初回購入したユーザーのメールアドレスや電話番号があれば、そのデータを使って彼らに定期購入を促す広告を配信することが可能です。

または、既に購入したユーザーのメールアドレスや電話番号があれば、そのデータを使い彼らを広告の配信対象から除外することも可能です。


類似オーディエンス

ユーザーのデータ(電話番号やメールアドレスなど)や、ユーザーのWebサイトやアプリ内での行動データ、Facebookページや広告に反応したユーザーのデータ、などの情報を元に彼らに類似するユーザーに広告を配信することができます。

類似オーディエンス

例えば、今まで購入したことのあるユーザーのメールアドレスを集めて彼らと類似するユーザーをFacebookが抽出して広告を配信できたり、サイトにFacebookピクセルを埋めてそのサイトに訪れたユーザーと似たユーザーに広告を配信することも可能です。

アプリのプロモーションでは、アプリを使用した頻度が高いユーザーと似たユーザーに広告を配信できます。アプリを使用した頻度が高いユーザー=コアユーザーであるため彼らに類似したユーザーに広告を配信できるのは嬉しいですよね。


このようにあらゆるデータを元に、Facebookが類似するユーザーを抽出して広告を配信することができます。

以上がFacebook広告でよく実施するターゲティングです。ターゲティングの種類が多いため、色々試してプロモーションを拡大することができます。


クリエイティブフォーマットの種類

Facebook広告には様々なクリエイティブのフォーマットがあります。


静止画広告

通常の1枚画像の広告です。必ず入れておきたいフォーマットです。

▼クリエイティブ推奨事項(※プロモーションの目的や広告の掲載枠によっても異なります)

見出し文字数:25文字
説明文:90文字
画像サイズ:1200×628

注意点:画像内に占めるテキストの割合が20%以上だと配信が出にくい、もしくは出ない。


動画広告

最近取扱量が増えている動画広告です。ブランディングだけでなくインストールや購入を目的としたプロモーションでも実施されるようになりました。

▼クリエイティブ推奨事項(※プロモーションの目的や広告の掲載枠によっても異なります)

見出し文字数:25文字
説明文:90文字
動画アスペクト比: 9:16~16:9
動画のファイルサイズ: MAX4GB
動画の長さ: 1秒~240分


カルーセル広告

カルーセル広告とは、複数の画像や動画をくっつけた広告のことです。
ユーザーは横にスワイプすることで、一連の画像や動画を見ることができます。

引用:「facebook business

▼クリエイティブ推奨事項(※プロモーションの目的や広告の掲載枠によっても異なります)

カード数:2~10枚
テキスト:25文字
説明文:90文字
動画のファイルサイズ: MAX4GB
動画の長さ: 1秒~240分

注意点:画像内に占めるテキストの割合が20%以上だと配信が出にくい、もしくは出ない。


スライドショー広告

スライドショー広告とは、1つの動画や複数の静止画から、動画のように再生できる広告フォーマットです。また音楽を使用することも可能です。最長50秒の中でそれぞれの画像の表示時間を決めて、場合によっては音楽も入れてまるで動画を作ったかのように配信することができます。

引用:「facebook business

▼クリエイティブ推奨事項(※プロモーションの目的や広告の掲載枠によっても異なります)

画像サイズ:1280×720
アスペクト比:16:9または1:1、2:3
動画ファイル:.movまたは.mp4形式のファイル


キャンバス広告

画像や動画、カルーセル、リンクを組み合わせて作成できる広告フォーマットです。

モバイルのニュースフィードに広告が表示され、クリックすると画像や動画、カルーセルを組み合わせた広告が表示されます。広告をクリックした後に、画像や動画、カルーセルを組み合わせたLPと考えていただけると分かりやすいかもしれません。

このLP上のボタンをクリックすると、ストアやサイトに遷移することができます。ニュースフィードの広告→仮LP→ストアorサイト という流れです。

キャンバス広告の簡易LPの構成で重要なのは、ユーザーが簡易LPに遷移した際にファーストビューでどれだけインパクトを残せるかです。

ゲームアプリのプロモーションなどでは、このファーストビューに載せるコンテンツはやや過激なシーンを用います。そしてユーザーに興味を引かせたところで、テキストや動画を使ってユーザーの欲求を高めていきます。

動画ではなくカルーセルを入れる場合もありますし、両方入れる場合もあります。どの組み合わせが最も効果が良いかはその都度検証して、確かめる必要があります。

▼クリエイティブ推奨事項(※プロモーションの目的や広告の掲載枠によっても異なります)
画像の最小横幅(ピクセル) : 400
画像の最小縦幅(ピクセル) : 150
注意点:モバイルのみに配信可能

以上が代表的なFacebookの広告フォーマットです。広告の掲載面によって細かいクリエイティブの推奨事項は変わってきますので、その都度確認する必要があります。色々な広告フォーマットを検証してみましょう。


まとめ:使ったことがない方はまず検討を!

Facebook広告には様々なターゲティングや広告フォーマットがあります。それゆえにプロモーションの仕方も色々あるので、最適な組み合わせを見つける必要があります。

ただうまくいけば幅広いユーザーにリーチができる広告なので、是非これをきっかけにFacebook広告を実施してみてください。