Facebook広告の費用相場はどのくらい?課金方法や予算設定について解説

Facebook/Instagramの特徴と広告運用時のポイント
今すぐ無料ダウンロード
Facebook/Instagramの特徴と広告運用時のポイント
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. Facebook広告の費用相場
    2. Facebook広告の課金方式
      1. リンククリック単価(CPC)
      2. インプレッション単価(CPM)
    3. Facebook広告の予算設定方法4つ
      1. キャンペーンの予算
      2. アカウントの予算
      3. 広告セットの予算
      4. 通算予算
    4. Facebook広告の支払い方法
    5. Facebook広告の最適な費用を知る方法
      1. 広告費のシミュレーションを行う
      2. 広告ライブラリを活用する
    6. Facebook広告の費用対効果を高める方法
      1. ターゲティングを詳細に設定する
      2. 広告文やクリエイティブを工夫する
      3. まずは低予算でテストしてみる
    7. まとめ

Facebook広告の導入を検討している中で、「Facebook広告にはどれくらいの予算が必要なのだろう」、「Facebook広告はそもそも導入すべき?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

Facebook広告はターゲティングが詳細に設定できたり、低予算から広告出稿ができるなど多くの利点がある広告媒体の1つです。

この記事では、Facebook広告の費用相場や課金方式、予算設定方法などについて紹介します。

Facebook広告の費用ついて理解し、自社に最適な広告費用を算出してみましょう。

Facebook広告について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

Facebook広告の費用相場

まずはじめに、Facebook広告の費用相場についてです。

Facebook広告の費用相場は、月10万〜30万円程度と言われています。

これより多くても少なくても問題ありませんが、月20万円以下の予算で運用できている場合が多いようです。

Facebook広告は最低100円から始めることができるので、まずは1日1,000円、月3万円程度の低予算から運用をはじめてみるのがおすすめです。

Facebook広告の課金方式

Facebook広告の課金方式には

  • リンククリック単価(CPC)
  • インプレッション単価(CPM)

の2種類があります。

それぞれの課金方式の特徴について以下で紹介します。

リンククリック単価(CPC)

リンククリック単価(CPC)は、広告がクリックされた時点で費用が発生する課金方式です。

広告がクリックされない限り費用が発生することがないため、広告に対して興味のないユーザーに対してコストをかけることなく運用することができます。

平均クリック単価は100円〜200円程度です。

広告を見てもらうだけではなく、サイトへの誘導や商品購入などに繋げたい場合の広告運用に向いています。

インプレッション単価(CPM)

インプレッション単価(CPM)は、広告が表示されると費用が発生する課金方式です。

費用の発生は表示1回ごとではなく、1,000回表示されるごとに課金される仕組みです。

平均インプレッション単価は100円〜500円程度です。

広告自体を多く配信し、商品・サービスの認知拡大やブランディングを目的としている場合の広告運用に向いています。

どちらの課金方式を採用するかは広告のキャンペーン目的によって変わります。

どちらか迷った場合には、Facebook側がキャンペーン目的に合わせて自動で調節してくれる「最適化配信」を選ぶこともできます。

Facebook広告の予算設定方法4つ

次に、Facebook広告の予算設定方法4つについて紹介します。

キャンペーンの予算

キャンペーン予算は、広告キャンペーン単位で上限予算を設定する方法です。

複数のキャンペーンを運用しており、あるキャンペーンにおいて上限予算の設定が必要な場合に利用することが多いでしょう。

設定したキャンペーンにおいて、予算上限に達すると広告の配信がストップします。

アカウントの予算

アカウント予算は、アカウント全体で上限予算を設定する方法です。

複数のキャンペーンをまたいで一括で予算設定したい場合に利用します。

キャンペーンごとの予算設定を行わない場合には、アカウント設定を使うといいでしょう。

広告セットの予算

広告セットごとに細かく、予算を設定する方法です。

広告セットの中で、効果が高いキャンペーンに注力することができます。

 

通算予算

1ヶ月や1週間など、特定の期間で予算を設定することでFacebook側が最適な頻度で広告を配信してくれる予算設定方法です。

基本的には指定期間内で予算を均等に使うように配信されますが、状況によっては特定の日時において配信を増やす・減らすなどの調整がされる場合もあります。

1日あたりの広告配信量に差が出ることが考えられるため、日毎の配信量は指定しなくても良いという場合に利用することをおすすめします。

Facebook広告の支払い方法

Facebook広告の費用の支払い方には、以下の3つの方法があります。

  • クレジットカード、クレジット機能付きデビットカード
  • Paypal
  • オンライン銀行振込

なお、利用できるクレジットカードの種類は以下の4つになります。

  • American Express
  • JCB
  • Mastercard
  • Visa

何らかの理由で決済に失敗した場合は、広告の配信がストップしてしまいます。

「クレジットカードの利用可能残高不足」や「銀行口座情報の入力ミス」などには十分注意しましょう。

支払いに関して懸念点がある場合には、Facebookオフィシャルサイトの問い合わせフォームから問い合わせが可能です。

Facebook広告の最適な費用を知る方法

ここまでお伝えしてきたように、Facebook広告にはさまざまな課金方法や予算設定方法があります。

その中で自社に最適な広告費用を知るにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、最適な費用を知るための2つの方法について紹介します。

広告費のシミュレーションを行う

Facebook広告には、予算のシミュレーションができる機能があります。

「広告マネージャ」で、広告目的、予算、配信期間を設定することで、予想される「コンバージョン数」と「リーチ数」の結果を確認することができます。

もしシミュレーション結果が満足いくものでなければ、 予算設定やターゲティングを変更し、もう一度シミュレーションしてみるといいでしょう。

広告出稿前にシミュレーション機能を活用することで、目標に合わせた予算を知ることができます。

広告ライブラリを活用する

広告ライブラリでは、Facebookに実際に掲載されている広告を誰でも検索することができ、その情報を確認することができます。

競合他社が、どのような広告を配信しているのかを知るのにも役立ちます。

特定分野の広告に関しては合計消化金額が掲載されているので、予算相場を知るのに役立ちます。

Facebook広告の費用対効果を高める方法

最後に、Facebook広告の費用対効果を高める方法について紹介します。

費用対効果を高めるにはさまざまな方法が考えられますが、ここでは

  • ターゲティングの設定
  • 広告文やクリエイティブの工夫
  • 低予算でのテスト運用

という3つのポイントについて紹介します。

ターゲティングを詳細に設定する

なんといっても広告配信で重要なのは「誰に向けて広告を配信するか」です。

オーディエンスの設定がターゲットと一致しているかしっかりと確認しましょう。

何度か異なるオーディエンスに対して広告配信を行い、A/Bテストで効果検証を行うなどすることで、最適なオーディエンス設定を見つけることができます。

広告文やクリエイティブを工夫する

広告文やクリエイティブをどういうものにするかも費用対効果を高めるためには重要です。

設定したそれぞれのターゲットに刺さるような広告文・クリエイティブにすることが求められます。

ターゲットの属性や抱えている課題を想定し、行動喚起につながるようなデザイン、文言にできるといいでしょう。

こちらもA/Bテスト機能を活用するなどして、最も効果の高いものを選んで配信していくことができます。

まずは低予算でテストしてみる

Facebook広告の特徴として、低予算で広告を出稿できるという点が挙げられます。

この利点を活用して、まずは作成した広告を低予算で運用し、効果を検証してみるといいでしょう。

結果を参考に改善できるところを見つけることで、より費用対効果の高い広告配信が可能になります。

まとめ

ここまで、Facebook広告の費用相場について紹介してきました。

Facebook広告の費用は、あらかじめ設定した予算と、採用した課金方式で決まります。

また、採用する課金方法や予算設定方法は、広告の目的によっても変わります。

そのため、まずは誰に、どんな広告を配信したいのかという目的を明確にすることが重要です。

その上で、この記事の内容を参考に自社に最適なFacebook広告予算を算出してみてくださいね。