Googleショッピングの仕組みは?商品の掲載方法と運用のポイント

リスティング広告で成果が出ない方へ。 今こそ見直したい11のポイント
今すぐ無料ダウンロード
リスティング広告で成果が出ない方へ。 今こそ見直したい11のポイント
今すぐ無料ダウンロード
目次
    1. Googleショッピングとは
    2. Googleショッピング広告でできること
      1. 費用をかけず無料で広告を掲載できる
      2. Googleショッピング広告(有料)に商品広告が出せる
    3. Googleショッピング広告のメリットとデメリット
      1. メリット
      2. デメリット
    4. Googleショッピングに商品を掲載する手順
      1. マーチャントセンターの登録方法
      2. Googleショッピング広告を作成
    5. Googleショッピング広告運用のポイント
      1. まずは小規模ではじめる
      2. 思わずほしくなる画像を掲載
      3. 掲載情報の精度を高める
      4. 除外キーワードを設定
    6. まとめ:まずはGoogleショッピング広告の無料版から

Googleショッピングとは、GoogleショッピングタブやGoogle検索などに表示される、検索連動型広告のことです。

このGoogleショッピングはGoogleが商品を販売しているものではなく、小売業者などが登録した商品販売情報をGoogleが検索しやすいようまとめたものになります。

本記事ではこのGoogleショッピングの概要や商品情報の掲載方法などについて解説していきます。

Googleショッピングとは

Googleショッピングとは、Google検索のショッピングタグやGoogle検索などに表示される、検索連動型広告のことをいいます。

上記のようなショッピングタグ以外にも、下記のようなエリアに商品情報を露出させることが可能。

  • Googleショッピングの検索結果画面
  • Google検索結果の画面
  • Google検索のパートナーサイト
  • YouTubeやGmailなどの関連サービス

通常の検索広告とは異なり、商品画像や商品名、概要、価格や評価などが表示される形式で、ずらりと多くの関連商品が並んで表示されるのが特徴です。

価格帯やカテゴリ、ブランドや評価などさまざまな条件で検索できるため、ユーザーは価格や画像を比較しながら、直感的に欲しい商品を見つけることが可能。

一見するとECサイトのようにも見えますが、これらの商品は決してGoogleで販売しているものではありません。

いずれも小売業者などが登録したオンラインショップの商品情報をもとに、Googleがユーザーの検索キーワードに応じて表示させています。

そのためリンク先はすべて運営者の異なるショッピングサイトやランディングページとなっており、購入はそのリンク先にて行う仕組みです。

Googleショッピングに商品を掲載するには、Googleマーチャントセンターに商品を登録し、無料商品リスティングまたはGoogleショッピング広告を出稿する必要があります。

Googleショッピング広告でできること

Googleショッピング広告を利用すると、さまざまなGoogleショッピング広告エリアに商品広告を表示させることができるようになります。

表示されるのは、下記のようなGoogle関連のページなどです。

  • Googleショッピングタブのスポンサー枠
  • Google検索
  • Google画像検索
  • Googleレンズ
  • YouTube
  • Google検索パートナーサイト(有料のGoogleショッピング広告のみ)

Googleショッピング広告エリアには、スポンサー枠と無料掲載枠があります。

それぞれ掲載される条件などが異なりますので、詳しく解説していきます。

費用をかけず無料で広告を掲載できる

Googleマーチャントセンターで「無料商品リスティング(無料リスティング)」の機能を有効にすると、Googleショッピングの無料枠に無料で商品情報を掲載できます。

ローンチされた当初はショッピングタグのみの掲載でしたが、現在は無料リスティングもGoogle検索や画像検索、YouTubeなどにも表示されるようになっています。

表示される位置は、有料のGoogleショッピング広告エリア(スポンサー枠)の下部です。

無料リスティングの表示形式には、「拡張リスティング」と「標準リスティング」の2種類の表示形式があり、表示される場所によって要件が異なります。

  • 拡張リスティング:多くの商品データ属性と高い品質基準が必要。掲載場所は、ショッピングタブ、YouTube、Google検索、Google画像検索、Googleレンズなど。
  • 標準リスティング:必要な商品データ属性が少ない。Google検索、Google画像検索、Google レンズなどに表示される。

無料リスティングは設定さえ済ませてしまえば、登録した商品情報から自動でGoogleが判断して広告を表示してくれます。

ただし管理者側では表示させたい商品を選んだり、掲載場所やカテゴリなどを指定することはできません。

Googleショッピング広告(有料)に商品広告が出せる

GoogleマーチャントセンターにGoogle広告をリンクさせると、Googleショッピング広告を出稿できるようになります。

表示できる面や表示形式は基本的に無料リスティングと同じですが、無料リスティングよりも上に表示されるため、クリック率やコンバージョン率が高くなるメリットがあります。

広告費はユーザーがクリックするごとに発生する仕組みとなっており、通常の検索広告のクリック単価よりも低い単価で入札できるのも大きな魅力です。

入札単価の設定次第で、広告の優先度や表示回数などをコントロールすることも可能です。

Googleショッピング広告のメリットとデメリット

Googleショッピング広告は、商品を購入したいと考えているユーザーに向けてアプローチしやすい広告キャンペーンです。

無料・有料問わず、活用の際に知っておくべきメリットとデメリットを紹介します。

メリット

Googleショッピング広告のメリットには以下のような点があげられます。

  • 検索広告や自然検索よりも目立つ位置に掲載される(クリックされやすい)
  • 無料ではじめられる(無料の広告枠が用意されている)
  • 商品ページに直接誘導できる
  • 顕在層だけでなく潜在層にもリーチしやすい
  • クリック単価が安く抑えられる
  • 楽天市場やAmazonの商品も掲載できる

Googleショッピング広告は、画像が中心のビジュアルで、商品の購入を検討している人の目に留まりやすいといった特徴があります。また検索結果やテキスト広告よりも上に表示されるため、クリック率やコンバージョン率が高いといったメリットもあります。

どういったユーザーに表示されるかは、フィードの情報をもとにGoogle側で決定するため、自分では想定をしていないような潜在層にもリーチしやすいといった利点も。新規顧客の獲得にも有効です。

またGoogleショッピング広告は入札単価が検索広告と比べても低く、無料での広告掲載も可能です。活用次第では、商品販売促進のコストを大幅に抑えられるといったメリットも期待できます。

デメリット

一方、Googleショッピング広告にはデメリットとなる点もあります。

  • キーワード単位で入札調整ができない
  • 掲載キーワードや掲載先を選べない
  • 商品情報の登録や更新が手間となる

たとえば広告出稿時はキーワード単位での入札調整が行えないため、任意の層へ露出を高めるなどのコントロールができません。同様に掲載したいキーワードや掲載先の指定もできないといったデメリットもあります。

また無料・有料とわず、商品情報を掲載する場合には、Googleマーチャントセンターへの登録を行い、商品情報(フィード)の登録を行う必要があります。また30日更新されない情報は掲載停止となってしまうため、定期的に情報更新が必要です。

すべての商品登録作業や更新を手動でやろうとすると、それなりに負担にはなってしまうでしょう。

Googleマーチャントセンターでは、Shopifyのような他のカートシステムと連携し、商品データーの登録や更新を自動化することも可能です。こうした外部サービスもうまく活用すれば、負担を軽減させることはできます。

Googleショッピングに商品を掲載する手順

Googleショッピングタブに自社商品を掲載したい場合は、Googleマーチャントセンターというサービスへの登録が必要です。

このGoogleマーチャントセンターに商品を登録し、無料商品リスティングやショッピング広告などを有効にすることで、Googleショッピングに商品を掲載することができます。

マーチャントセンターの登録方法

Googleマーチャントセンターの登録や利用は無料です。

あらかじめGoogleアカウントを用意しておき、Google広告のアカウント設定を済ませておきましょう。

  1. Googleマーチャントセンターにアクセスし「ご利用開始」をクリック
  2. オンラインショップや店舗情報などを入力
  3. 購入手続きを行う先を選択(自社のウェブサイトまたは実店舗)
  4. オンラインショップのURLを登録し、所有権の確認を行う
  5. Google広告のアカウントとリンクを行う
  6. Googleマーチャントセンターに商品データ(フィード)を登録する
  7. 登録情報に問題がないか確認

これで、Googleマーチャントセンターへの登録と、商品情報の登録が完了します。

Googleマーチャントセンターへの登録や各種設定までは、とくにむずかしい点はありません。

なお商品データを登録する際は、Googleマーチャントセンターで用意されているGoogleスプレッドシート(テンプレート)を使用し、まとめて登録を行うのがおすすめです。

テンプレートに沿って登録することで、登録ミスやエラーが防げるほか、更新時の作業もスムーズになります。

Googleショッピング広告を作成

無料リスティングを利用する場合は、Googleマーチャントセンターの設定で、「無料商品リスティング」機能を有効にするだけでOKです。

Googleショッピングに商品を掲載するには、無料または有料でショッピング広告を出稿する必要があります。

ショッピングキャンペーンの作成は、Google広告から行います。事前にGoogleマーチャントセンターでGoogle広告とリンクさせておきましょう。

  1. Google広告にログイン
  2. 「+新しいキャンペーン」をクリック
  3. キャンペーンタイプで「ショッピング」を選択
  4. 販売者の項目で自身のマーチャントセンターアカウントを選択
  5. 通常のショッピングキャンペーンを選択

下記必要項目を設定し、キャンペーンを作成します。

  • 任意のキャンペーン名を入力
  • 入札単価と1日の予算を設定
  • キャンペーンの優先順位を選択
  • ネットワーク:Google の検索パートナーを含める場合はチェック
  • デバイス:デフォルトではパソコンとモバイルすべて
  • 地域の設定(基本は日本)
  • 開始日と終了日の設定

上記項目を設定したら、「キャンペーンを作成」をクリックして完了です。

Googleショッピング広告運用のポイント

Googleショッピング広告運用のポイントを、いくつかの項目に分けて解説します。

まずは小規模ではじめる

入札単価を設定する場合は全商品に対して行わず、注目商品や最新の入荷商品など、品目や点数を絞り小規模ではじめるのがおすすめです。

反応を見たうえでほかの広告などと比較分析をしたうえで判断し、費用対効果が見えてきたところで運用を拡大することで広告費の最適化につなげることができます。

小規模でスタートすると大きなフィードの修正もせずに済みます。効果測定を行ったうえでより高い反応が見込めるクリエイティブを作成し、商品を追加登録するとよいでしょう。

思わずほしくなる画像を掲載

Googleショッピング広告に登録できる画像には、枠線や透かし・テキストを含めることができません。

同じような商品が並んだときにパッと見て興味を引き、思わずクリックしてしまうような画像を用意することが大切です。

商品の大きさや明るさ、清潔感や使用感などを意識するとよいでしょう。背景などは、ターゲットに合わせて工夫するのもおすすめです。

掲載情報の精度を高める

Googleショッピングに掲載する商品には、全角75文字のタイトルを表示できます。

ここには商品名やブランドなどの指名検索ワードはもちろん、色やサイズなど商品のキーワードとなる情報をしっかりと盛り込んでいくことが重要です。

タイトルを作成する際は、ブランド名など優先度の高い情報を先頭にし、順にキーワードを並べていくのがポイントです。

スペースなどを活用し、見やすさにも配慮することも、クリック率向上へつながります。

除外キーワードを設定

Googleショッピング広告では、ターゲットキーワードを個別に設定することはできません。

しかし特定のキーワードを除外することは可能です。

商品を広告グループに分類し、売り上げが見込めないグループには除外キーワードを設定するなどの工夫をするとよいでしょう。

こうすることで、売れ筋商品の優先度を高めることができ、コスト調整も行えます。

まとめ:まずはGoogleショッピング広告の無料版から

Googleショッピングは、オンラインショップを運営している場合に非常に有効な広告ツールとなります。

画像付きで商品を掲載できるため非常に目立つことや、顕在層へとアピールできること、直接商品ページへと移動できることなどから、クリック率やコンバージョン率を高めることが可能です。

無料リスティングを活用することで、広告費を抑えながら運用することもできます。

まずは少ない点数から商品登録をはじめ、無料の範囲でその効果を試してみてはいかがでしょうか。